【タイ|ドンムアン空港】空港ラウンジ(カードラウンジ)まとめ!フライトまでの時間を優雅に過ごせます

更新日:

2018年10月、ドンムアン空港にある空港ラウンジ「The Coral Executive Lounge(以下、コーラルエグゼクティブラウンジ)」と「Miracle Co-Working Space(以下、ミラクルコワーキングスペース)」に行ってきました!

コーラルエグゼクティブラウンジは保安検査をしたあと利用できる国際線のラウンジであり、ミラクルコワーキングスペースは保安検査をする前に利用できるラウンジなので、国内線でも国際線でも使うことができます。

どちらのラウンジもプライオリティ・パスで無料利用できる空港ラウンジです。

ドンムアン空港の国内線ラウンジ「コーラルエグゼクティブラウンジ」

  • 時間:24時間営業
  • 場所:国際線の保安検査場を通過後すぐ

ドンムアン空港のラウンジ「コーラルエグゼクティブラウンジ」の場所

まず、前提として、コーラルエグゼクティブラウンジは国際線限定であり、保安検査場を通過後に利用できるラウンジです。

場所は保安検査場を出てすぐ目の前にあります。

ドンムアン空港の国際線空港ラウンジ「コーラルエグゼクティブラウンジ」の様子

では、ラウンジ内の様子をご覧ください。

座席はソファ席・カウンター席・丸テーブル席と豊富

ここコーラルエグゼクティブラウンジは、プライオリティパスで利用できるドンムアン空港のラウンジで一番豪華でした。

座席はソファ席とカウンター席があり、どちらも数も多く、かなり利用しやすいです。

ソファ席には一部コンセントのない席もあったので、もしもコンセントを利用したい場合は、確認しましょう。

隣との間隔も狭くなく、かなり快適に過ごせました!

料理は

料理は以下のように、一通り揃っていました。

  • ライス
  • パスタ
  • スープ
  • サラダ
  • パン
  • ケーキ

主食となりそうなものは、塩焼きそばのようなものとチャーハンがありました。あとは酢豚もあったので、中華だな〜という印象。

ちなみに味は抜群で、とくにチャーハンは3杯ほどいただきました(笑)

チョコレートやデザートが豊富なので、コーヒーを飲みながらホッと一息つくことなんかもできます。

ドリンクはアルコール類はカクテルまであり、ソフトドリンク等は一通り揃っている

驚いたのは、バーカウンターのようなところがあって、目の前でお酒を作ってくれることでした!

せっかくなので、カクテルは4種類ともいただきました(←飲みすぎですね笑)

ドンムアン国際空港のコーラルラウンジ(The Coral Executive Lounge)のカクテル

ドンムアン国際空港のコーラルラウンジ(The Coral Executive Lounge)のカクテル

ピンクコーラルカクテル、というカクテルだけは甘すぎて、飲み切れませんでしたが、他のは美味しくいただきました^ ^

その他の情報(wifiやトイレ・シャワーやマッサージ)

Wifiは720p(ハイビジョン)でyoutubeを見ることもできるほどサクサクでした。

シャワーはないものの、なんとここコーラルエグゼクティブラウンジにはマッサージがあります!

マッサージといってもその場で肩〜頭までをほぐすような5分ほどのものでしたが、空港ラウンジでマッサージがあるなんて...と感激でした!!

ちなみに、マッサージをしてくれる方が声をかけてくれるので、もしもそれがなかったら忙しくてそれどころではなく、受けられてない可能性もありそうです。

ドンムアン空港の国内線ラウンジ「ミラクルコワーキングスペース」のあれこれ

  • 時間:6:00~24:00
  • 場所:ドンムアン空港国内線側の4F

ドンムアン空港のラウンジ「ミラクルコワーキングスペース」の場所

まず、前提として、ミラクルコワーキングスペースは保安検査場(搭乗口に行く前にある手荷物チェックをする場所)を通る前に行くラウンジです。

なので飛行機が国内線でも、国際線でもミラクルコワーキングスペースを利用することができます。

場所ですが、ミラクルコワーキングスペースは国内線の方面の4Fにあります。国内線と国際線は同じ建物なのですが、国際線側からだと歩いて5~8分くらいです。

ドンムアン空港のラウンジ「ミラクルコワーキングスペース」の様子

では、ラウンジ内の様子をご覧ください。

座席はソファ席がメイン(作業向けは少ない)

コワーキングスペース、という呼び名ですが、それほどパソコンなどの作業に向いたような座席はありません。

あるのは写真のようなソファ席がメインです。なのでふつうの空港ラウンジというイメージで問題ありません^ ^

また、コンセントがある席も多く、電子機器類を充電したり、パソコン作業することも可能です。

料理はメイン〜デザートまで一通り揃っている

料理は以下のように、一通り揃っていました。

  • ライス
  • パスタ
  • スープ
  • サラダ
  • パン
  • ケーキ

実際に写真でご覧ください。

ドンムアン空港国内線空港ラウンジミラクル コワーキング スペースの食事

筆者が訪れた日はパスタがペペロンチーノで、カレーは豆類の(激辛)カレーでした。

カレーが口に合わず、ペペロンチーノばかり食べました(笑)

果物やケーキはタイのラウンジの定番なのか、他に4箇所のラウンジを訪れましたが、ほぼ同じでした。

ドリンクはアルコール・ソフトドリンク・コーヒーまで充実

ミラクルコワーキングスペースでは、空港ラウンジとして少しだけ珍しく「シャンパン」と「白ワイン」がありました!

さらに、ビールの種類も何種類かあったので、お酒好きには嬉しいバリエーションですね。

もちろん、コーヒーやソフトドリンクまでキッチリ揃っています!

ここまでしっかり揃ってるのはありがたいですよね。

空港ラウンジの強みです。

その他の情報(wifiやトイレ・シャワー)

残念ながら、ラウンジ内にトイレとシャワーはありませんでした。

Wifiは使わなかったのですが、空港自体のWifiよりもラウンジのWifiの方がサクサクな印象があるので、ミラクルコワーキングスペースはそうではないかと推測されます(次回訪れたときにチェックします)

まとめ

コーラルエグゼクティブラウンジは国際線のときしか利用できない空港ラウンジですが、もしも日本に帰国するときや、別の国に移動するときには是非とも利用してみてほしいラウンジです!

施設自体が広いので、フライトまでの時間をゆっくり過ごすこともできますよ^ ^

さらには、その場でカクテルを作ってくれたり、マッサージをしてもらえるので、かなり優雅に過ごすことができるので、ぜひ足を運んでみてください。

ミラクルコワーキングスペースは、保安検査をする前に利用できるラウンジなので、国内線でも国際線でも使うことができます!

帰国するときだけではなく、タイの国内線利用時にも利用できるので、ぜひ立ち寄ってみてください。

-空港ラウンジ

Copyright© マイルの聖書 , 2019 All Rights Reserved.