|・ω・)ノ 再訪問は【マイルの聖書】で検索!

マイルの聖書

空港ラウンジ

【タイ】プーケット空港の国内線空港ラウンジのCoral Lounge(コーラルラウンジ)を徹底解説

更新日:

2018年10月、プーケット国際空港の国内線にある空港ラウンジ「Coral Lounge(コーラルラウンジ)」に行ってきました!

タイ旅行で、バンコク〜プーケット〜バンコクのフライトの「プーケット〜バンコク」のときに利用しました。

バンコクのドンムアン空港の国内線ラウンジ「Miracle Co-Working Space」の記事はこちら
>>【タイ】バンコクのドンムアン空港の空港ラウンジ「Miracle Co-Working Space」を徹底解説!

バンコクのドンムアン空港の国際線ラウンジ「The Coral Executive Lounge」の記事はこちら
>>【タイ】ドンムアン空港の国際線空港ラウンジ「The Coral Executive Lounge」を徹底解説!

※2つともプライオリティパスで無料利用可能です

Coral Lounge(コーラルラウンジ)はプライオリティ・パスで無料利用できる空港ラウンジです。

さっそく紹介します。

プーケット空港の国内線空港ラウンジのCoral Lounge(コーラルラウンジ)のあれこれ

プーケット空港の国内線空港ラウンジのCoral Lounge(コーラルラウンジ)

ではさっそくラウンジの紹介をしていきます。

  • 時間:6:00~24:00
  • 場所:搭乗ゲート82のあたり

プーケット空港の国内線空港ラウンジの場所

Coral Lounge(コーラルラウンジ)はチェックインし、手荷物検査を受けた先にあります。

手荷物検査を受けて(保安検査終了後)直進すると、階段があり、それをあがるとCoral Lounge(コーラルラウンジ)があります。

プーケット空港の国内線空港ラウンジのCoral Lounge(コーラルラウンジ)の入り口

狭い空港なので、すぐにわかると思います。また空港の係員さんに聞けばすぐに教えてくれます^ ^

プーケット空港の国内線空港ラウンジ内の様子

ではラウンジ内の様子をご覧ください。

座席はゆったりしたソファとカウンター席

まずは座席から。

  • ゆったりしたソファ
  • カウンター席

の2パターンでした。

▼ゆったりしたソファ

プーケット空港の国内線空港ラウンジのCoral Lounge(コーラルラウンジ)の座席

▼カウンター席

プーケット空港の国内線空港ラウンジのCoral Lounge(コーラルラウンジ)の様子

目の前が飛行場となっている座席が8席ほどあるので、飛行機好きには堪らなさそうでした。

筆者は食事に夢中で、食事の置いてある場所の近くの席で黙々と食べて飲んでました(笑)

料理はメイン〜デザートまで一通り揃っている

料理は以下のように、一通り揃っていました。

  • ライス
  • パスタ
  • サラダ
  • パン
  • ケーキ

実際に写真でご覧ください。

プーケット空港の国内線空港ラウンジのCoral Lounge(コーラルラウンジ)のご飯

プーケット空港の国内線空港ラウンジのCoral Lounge(コーラルラウンジ)のご飯

プーケット空港の国内線空港ラウンジのCoral Lounge(コーラルラウンジ)のケーキ

すべて食べましたが、どれもタイにしては美味しかった印象です。

空港ラウンジを使う人にタイ人はいないからか、日本人や欧米人の口に合う味付けにしてありました。

ですが、カレーだけびっくりするほど辛かったです(笑)ただ、ついつい癖になって3杯ほどいただきました。

ドリンクはアルコールがビールのみ

ドリンクですが、アルコールはシンハービール(SINGHA BEER)の缶のみでした。少し残念。

プーケット空港の国内線空港ラウンジのCoral Lounge(コーラルラウンジ)のビール

ソフトドリンクやコーヒー類はしっかり揃っています。

プーケット空港の国内線空港ラウンジのCoral Lounge(コーラルラウンジ)のドリンク

プーケット空港の国内線空港ラウンジのCoral Lounge(コーラルラウンジ)のドリンク

ここまでしっかり揃ってるのはありがたいですよね。空港ラウンジの強みです。

トイレ・シャワーはなし

残念ながら、トイレとシャワーはありません。

wifiはサクサク

プーケット国際空港のwifiがありますが、やはり空港ラウンジのwifiの方が速いです。

プーケット空港の国内線空港ラウンジのCoral Lounge(コーラルラウンジ)のwifi

youtubeでハイビジョン(720p)の動画を見ましたが、サクサク見れたので十分だと感じました^ ^

プーケット空港のCoral Lounge(コーラルラウンジ)に無料で入る方法

Coral Lounge(コーラルラウンジ)を無料で利用できたのはプライオリティ・パスを保有していたからです。

旅行のときに空港ラウンジを利用できるのは、かなり魅力的です。保有していなかったら、ぜひ手に入れてください。

まとめ

プーケット国際空港は小さな空港なので、時間帯によっては座る席もないこともあります。

Coral Lounge(コーラルラウンジ)は設備的にはすこし物足らなさもありましたが、それでも空いていてゆっくり軽食を食べたり、ドリンクを飲みながらひと息つけるので、やっぱりありがたいです。

プーケット国際空港の国内線を利用するときには、ぜひ立ち寄ってみてください。

バンコクのドンムアン空港の国内線ラウンジ「Miracle Co-Working Space」の記事はこちら
>>【タイ】バンコクのドンムアン空港の空港ラウンジ「Miracle Co-Working Space」を徹底解説!

バンコクのドンムアン空港の国際線ラウンジ「The Coral Executive Lounge」の記事はこちら
>>【タイ】ドンムアン空港の国際線空港ラウンジ「The Coral Executive Lounge」を徹底解説!

※2つともプライオリティパスで無料利用可能です

-空港ラウンジ
-,

Copyright© マイルの聖書 , 2019 All Rights Reserved.