アライアンスはマイルを貯める上で理解しておくべき重要項目!

マイルを貯めるには知ってくべきことが多々ありますが、今後マイルを貯めてたくさん旅行するに当たって「アライアンス」の知識が大切です。

アライアンスとは航空連合のことで、同じアライアンス同士ならマイレージサービスの相互利用ができたりします!

なので、マイルを貯める時は「どのアライアンスで貯めるのか?」を決める必要があるというわけです。

そんなアライアンスについてわかりやすく説明します。

マイルを貯めるにはアライアンス選びが大切

筆者は「マイルを貯めるにはまずアライアンスを決めて、次にどの航空会社でマイルを貯めるのか決める」というステップをオススメしています。

※もちろん、JALが好きだからJALで貯める!というのもOKです

同じアライアンス同士だと、飛行機に乗ったときに得られるマイルを好きな航空会社に付与してもらうことができます。

例えば、ANAとユナイテッド航空はスターアライアンス同士なのですが、ユナイテッド航空の飛行機に乗ったときにもらえるマイルをユナイテッド航空のマイルではなく、ANAマイルにすることができます。

ただし、ユナイテッド航空のマイルとANAマイルを合算することができなので、どのアライアンスの飛行機によく乗るか考えて、その後でどの航空会社でマイルを集めるかを決める必要があります。

たとえば、マイルでニューヨーク(必要マイル数:約5万マイル)に行きたいときに、ANAのマイルが3万マイル、ユナイテッド航空のマイルが3万マイルあっても航空券は獲得できません。

ですがANAマイルが6万マイルあるとマイルで航空券が獲得できます。

 

以上の理由から、どのアライアンスの航空会社をよく使いそうか選び、どの航空会社でマイルを貯めるか決めた方が賢明なのです!

アライアンスについて

アライアンスは大きく3つあります。

  • スターアライアンス
  • スカイチーム
  • ワンワールド

ほとんどの航空会社がこの3つのうちのどれかに属していますが、エミレーツ航空のようにどのアライアンスにも属していない航空会社もあります。

ちなみに日本の航空会社だとANAはスターアライアンスに、JALはワンワールドに属しています。

アライアンスの基本情報

ではアライアンスの基本情報です

右にスクロールできます

アライアンス(スターアライアンス)
スターアライアンス
アライアンス(スカイチーム)
スカイチーム
アライアンス(ワンワールド)
ワンワールド
加盟数 28社 20社 16社
就航国 192カ国 179カ国 150カ国以上
就航空港数 1330空港 1057空港 1011空港
加盟航空会社 アドリア航空

エーゲ航空

エア・カナダ

エアチャイナ(中国国際航空)

エアインディア

ニュージーランド航空

ANA(全日空)

アシアナ航空

オーストリア航空

アビアンカ ブリュッセル航空

コパ航空

クロアチア航空

エジプト航空

エチオピア航空

エバー航空

LOT ポーランド航空

ルフトハンザ ドイツ航空

スカンジナビア航空

深セン航空

シンガポール航空

南アフリカ航空

スイス インターナショナル エアラインズ

TAP ポルトガル航空

タイ国際航空

トルコ航空

ユナイテッド航空

アビアンカ・エルサルバドル

アエロフロート ・ ロシア航空

アルゼンチン航空

アエロメヒコ航空

エア・ヨーロッパ

エールフランス航空

アリタリア-イタリア航空

チャイナ エアライン

中国東方航空

中国南方航空

チェコ航空

デルタ航空

ガルーダ・インドネシア航空

ケニア航空

KLMオランダ航空

大韓航空

ミドル・イースト航空

サウディア タロム航空

ベトナム航空

廈門航空

アメリカン航空

ブリティッシュ・エアウェイズ

キャセイパシフィック航空

フィンエアー(フィンランド航空)

イベリア航空

JAL(日本航空)

LATAM チリ

LATAM ブラジル

マレーシア航空

カンタス航空

カタール航空

ロイヤルヨルダン航空

S7航空

スリランカ航空

アライアンスを決めたらマイルを貯める航空会社を決める

アライアンスのことをざっくりご紹介しましたが、アライアンス選びで迷うとしたら、ANA加盟のスターアライアンスかJAL加盟のワンワールドだと思います。

一般的に人気なのはANA加盟のスターアライアンスですが、サービス・就航先・マイルの貯めやすさで比較してもJAL加盟のワンワールドと大差はありません。

※座席の取りやすさはJAL加盟のワンワールドなので、旅行する日が一般的な祝日ならJALがオススメです

ちなみに僕は今までANAでマイルを貯めていましたが、座席の取りやすさからJALにシフトしつつあります。

マイルを貯める航空会社が決まったらマイレージクラブに加入しよう(無料)

どの航空会社でマイルを貯めるか決めたら、マイレージクラブに加入しましょう。楽天で言うと楽天Point Clubのようなものです。

マイルを貯めるなら知っておくべき有効期限(ANA・JAL・デルタ航空・ユナイテッド航空)

マイルには有効期限があります。日本人がよく利用する航空会社をピックアップしました。

スターアライアンスのANA
ANA
ワンワールドのJAL
JAL
スカイチームのデルタ航空
デルタ航空
スターアライアンスのユナイテッド航空
ユナイテッド航空
有効期限 3年間 3年間 有効期限なし 1年半*

※ユナイテッド航空のマイルは加算やマイル交換があった場合に有効期限を18ヶ月延長可能

 

マイルには有効期限があるからこそ、一点集中でマイルを貯めた方が良いのです。

ちなみにマイルは飛行機に乗って貯める方法以外にも、クレジットカードのポイントをマイルに移行したりなど、他の方法も一緒に取り組んでコツコツとマイルを貯めるのがオススメです!

 

マイルを貯める方法については以下の記事をご覧ください。
>>マイルの貯め方(作成中)

僕は飛行機に乗ってマイルを貯める方法以外の方法で、1年でANAマイルを16万マイル貯めました(ハワイ4往復分)

6万マイルは沖縄旅行を3回したときに使いました

まとめ:マイルを貯め始める前にしっかりアライアンスの理解を!

僕がマイルを貯め始めるときに、このアライアンスの部分がわかりづらく、もらえたはずのマイルを取りこぼして損をしてしまったことがありました。

もらえるはずのものがもらえないのはとても勿体無いことなので、僕みたいに損をしないように注意してください。

 

アライアンスのことが理解できたら、ぜひマイルの効率な貯め方等も知っておいて損はないですよ^ ^

飛行機だけでハワイ往復分の貯めようとすると東京〜沖縄を30往復くらい必要ですが、他のとある方法だと誰でも毎年タダでハワイに行くくらいのマイルならためることができます!

>>マイルの貯め方まとめ(作成中)

4 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です