ANAマイルを貯めるなら【ANA VISA ワイドゴールドカード】が最強におすすめ

ANAマイルを貯めるのに僕が1番オススメしていて、なおかつ自分自身が使っているクレジットカードこそANA VISAワイドゴールドカードです。

ANA VISA ワイドゴールドはマイルへの還元率がなんと最大で1.648%とかなり高く、一般的なクレジットカードとはマイルの貯まる量がかなり違ってきます。

還元率だけではなく、年会費も安く、さらに飛行機に乗るときに一部ビジネスクラスの優遇を受けられたりとマイルを貯める人にとって嬉しい特典だらけ!

そんなANA VISA ワイドゴールドをご紹介していきます

ANA VISAワイドゴールドは還元率最大1.648%で年会費最安9,500円の最強クレジットカード

ANAマイルを貯めるのに1番オススメのANA VISAワイドゴールドカード

今回ご紹介するANA VISAワイドゴールドは、普段の決済でANAマイルを貯めるのに特化したカードなのでANAマイルを貯める人以外にはそれほどメリットはありません。

ですがもしもANAマイルを貯めるようと思っているなら、このANA VISAワイドゴールドは強くお勧めします!

その理由がANAマイルへの還元率の高さにあります。還元率は最大で1.648%です。

ANAマイルへの還元率1.648%のすごさ

では、実際にどのくらい還元率1.648%がマイルを貯めるのにどれほどすごいのか、他のクレジットカードと比較して見てみます。

年会費無料のクレジットカードは大体が還元率0.5%であり、年会費がかかってくるゴールドカードなどでも還元率が1.0%ほどあれば良い方と言う感じです。

では決済額ごとの得られるマイル数の表をご覧ください!

決済額:100万円 決済額:200万円 決済額:300万円 決済額:400万円
還元率:1.648% 16,480マイル 32,960マイル 49,440マイル 65,920マイル
還元率:1.0% 10,000マイル 20,000マイル 30,000マイル 40,000マイル
還元率:0.5% 5,000マイル 10,000マイル 15,000マイル 20,000マイル

クレジットカードは普段の買い物などの支払いや、ちょっとした大きな買い物や旅行などに使うのはもちろんのこと、水道光熱費やスマホ代、そして税金類までクレジットカード払いにすることができます。

なので工夫したら、一般的な20~30代だと年間に200万円ほどは決済することになります!そうすると2年で400万円です。

図を見ると、決済額が200万円の段階ですら還元率1.648%と0.5%のカードでは22,960マイルの差がでてきています。ちなみに札幌〜沖縄の往復チケットに必要なANAマイルが17,000〜23,000マイルなので、たった1年ですごい差ですよね!

決済額が400万円になると還元率1.648%と0.5%のカードでは45,920マイルの差が出てきますが、これは東京〜ハワイの往復分のマイルです。

ANA VISAワイドゴールドは年会費が9,500円かかりますが、キチンと使うことでそれ以上の恩恵を受けることができます!

年会費が無料のクレジットカードは一見リスクもなくお得に思えますが、実は気づかぬうちに損をしてしまっているのです…。

この還元率で年会費9,500円は破格

ANA VISAワイドゴールドの還元率は1.648%とかなり良いのですが、そんなクレジットカードを年会費9,500円で持てることもまたすごいことです。

通常年会費は14,000円ですが、2つのステップで誰でも年会費を4,500円減額の9,500円にすることができます。

ANA VISAワイドゴールドと他のANAカードとの比較

ANA VISAワイドゴールドが実現できるANAマイルへの還元率1.648%に近い還元率のクレジットカードは以下の2枚です。

  • ANA VISAプラチナ プレミアムカード
  • ANAダイナースプレミアムカード

この2枚のクレジットカードとANA VISAワイドゴールドを比較してみます。

カード名 還元率 年会費
ANA VISAワイドゴールドカード 1.648% 9,500円
ANA VISAプラチナ プレミアムカード 1.8% 80,000円
ANAダイナースプレミアムカード 2.0% 155,000円

※ANA  VISAワイドゴールドの還元率は最大、年会費は最安の場合

ANA VISAワイドゴールドよりもANAマイルへの還元率が高いクレジットカードもありますが、年会費が一気に上がり、僕を含め一般人にはなかなか保有できたクレジットカードではありません…。

ANAマイルを貯める上でのANA VISAワイドゴールドのメリット・デメリット

ANA VISAワイドゴールドカードは還元率が高く、さらに年会費も9,500円とかなり魅力的なクレジットカードですが、まだまだ魅力(メリット)はあります。そして、デメリットもあるので、一緒に説明します。

ANA VISAワイドゴールドのメリット

還元率の高さと年会費の安さ(コスパの良さ)はここでは割愛して、そのほかのメリットにスポットを当てていきます。

  • 空港ラウンジ
  • ビジネスクラス専用チェックイン
  • 自動付帯の海外旅行傷害保険

ちなみにゴールドカードだけあり、他にもたくさんの魅力的な特典はありますが、今回はこの3つをピックアップします。

空港ラウンジを利用できる

国内の主要な空港ラウンジが無料で利用できます。対象の空港ラウンジ一覧は以下になります。

  • 新千歳空港 スーパーラウンジ/ロイヤルラウンジ
  • 函館空港 ビジネスラウンジ A Spring
  • 青森空港 エアポートラウンジ
  • 秋田空港 ロイヤルスカイ
  • 仙台国際空港 ビジネスラウンジEAST SIDE
  • 新潟空港 エアリウムラウンジ
  • 富山空港 ラウンジ らいちょう
  • 小松空港 スカイラウンジ白山
  • 中部国際空港 プレミアムラウンジセントレア
  • 成田国際空港 ビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ/T.E.Iラウンジ
  • 羽田空港 第1旅客ターミナル エアポートラウンジ(中央)/POWER LOUNGE SOUTH/POWER LOUNGE NORTH
  • 羽田空港 第2旅客ターミナル エアポートラウンジ(南)/(北)/POWER LOUNGE NORTH
  • 羽田空港 国際旅客ターミナル SKY LOUNGE/SKY LOUNGE ANNEX
  • 伊丹空港 ラウンジオーサカ
  • 関西国際空港 カードメンバーズラウンジ 「六甲」/「金剛」/「アネックス六甲」
  • 関西国際空港 カードメンバーズラウンジ 「比叡」
  • 神戸空港 ラウンジ神戸
  • 岡山空港 ラウンジマスカット
  • 広島空港 ビジネスラウンジ もみじ
  • 米子空港 ラウンジ DAISEN
  • 山口宇部空港 ラウンジきらら
  • 徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス
  • 高松空港 ラウンジ讃岐
  • 松山空港 ビジネスラウンジ/スカイラウンジ
  • 福岡空港 くつろぎのラウンジTIME/ラウンジTIME インターナショナル
  • 北九州空港 ラウンジひまわり
  • 長崎空港 ビジネスラウンジ アザレア
  • 大分空港 ラウンジ くにさき
  • 熊本空港 ラウンジ「ASO」
  • 鹿児島空港 スカイラウンジ菜の花
  • 那覇空港 ラウンジ 華 ~hana~

空港に早めに到着してもラウンジでゆっくり軽食を食べたり、お酒を飲んだりしながら優雅に飛行機までの時間を過ごすことができます^ ^

また、電源コンセントや新聞・雑誌なども用意されているので忙しいビジネスマンの方でも作業をすることができるので、その点からも空港ラウンジはオススメです。

僕は空港ラウンジが好きなので、いつも早めに空港に行ってのんびりするのが旅のちょっとした楽しみになっています!

ビジネスクラス専用チェックインを使える

ANAの国際線エコノミークラスの飛行機に乗るときに、エコノミーカウンターではなくビジネスクラス専用カウンターを利用できます。

エコノミークラスのうんざりするほどの大混雑に巻き込まれずに、スムーズなチェックインが可能なのは大きなメリットです!

海外旅行傷害保険は嬉しい自動付帯

海外に行くとなったときに絶対に必要なのが海外保険です。ゴールドカードだけあり保険が充実しています。

補償内容 最高保険金額
死亡・後遺障害 5,000万円
傷害治療 150万円
疾病治療 150万円
救援者費用 100万円
賠償費用 3,000万円
携行品損害 年50万円/1旅行50万円

僕は2年ほど前にタイで緊急入院をしてしまい、15万円ほどの請求がありましたが海外保険の自動付帯のおかげでキャッシュレス(タダ)で入院することができました。

ちなみにタイはまだ入院費や診療費が安い方で、アメリカなどは盲腸の入院で数百万円の請求があります。そう考えると、正直なところANA VISAワイドゴールドだけでは心もとないです。

なので年会費無料で構わないので他にも海外保険が付いているクレジットカードは保有するに越したことはありません。

ANA VISAワイドゴールドのデメリット

ANA VISAワイドゴールドはここまでだと、かなり魅力的なクレジットカードに感じるはずです。ですがデメリットもあるので、そちらも頭に入れておいて欲しいです。

僕が考えるANA VISAワイドゴールドのデメリットは以下の2点です。

  • ANAマイルへの還元率を上げるためのマイペイスリボの利用
  • 年会費が9,500円(最大14,000円)かかる

ANAマイルへの還元率を上げるためのマイペイすリボの利用

ANA VISAワイドゴールドのリボ払い

ここが1番のデメリットです。年会費を14,000円から9,500円にしたり、ANAマイルへの還元率をアップさせるのにリボ払いが必須なのです。

リボ払いにするとたくさんの利子を支払う羽目になるイメージがありますが、毎月1度の手続きで数円〜130円ほどに抑えられるのでご安心ください。

マイぺいすリボは毎月決めた金額が引き落とされるシステムです。

例えば月5万円に設定して、月6万円分決済したとすると、5万円+利子を支払います。利子は残高に比例します。

月利が1.25%(実質年率15.0%)なので今回の場合だと差額分の1万円の1.25%である125円余分に支払うことになります。

マイペイすリボは毎月ごとに変更することができます。増額は1,000円単位で増額できますが、減額は10,000円単位となってしまうので、マイペイすリボの設定は毎月の予定額の若干少なめで設定するのがオススメです。最大で支払う手数料は9,999円の1.25%で125円ほどです。

このマイペイすリボの設定を毎月変えるのが少し手間ではありますが、そうすることで年会費が4,500円も下がり、ANAマイルへの還元率が30%もアップするのでしっかり設定しましょう。

年会費が9,500円(最大14,000円)かかる

ANAマイルがかなり貯まりやすいとわかっていても、年会費があるクレジットカードは少し怖いという方も少なからずいます。

ANA VISAワイドゴールドを持たないことは、せっかくのマイルを貯めるチャンスを逃してしまうことにはなりますが、そういう場合にはエポスカードを推奨しています!

年会費永久無料で、ANAマイルへの還元率が最大で0.6%を実現できるので、無料のクレジットカードだと1番オススメです。

【重要】ANA VISAワイドゴールドでの裏ワザ

裏ワザと言うほどでもないのですが、ANA VISAワイドゴールドは通常だと還元率1.0%で年会費は14,000円です。

還元率を1.648%にアップさせて、年会費を9,500円までダウンさせる方法を説明します。

ここは実際にANA VISAワイドゴールドが手元に届いてからでもOKですが、気になる場合はそのままお読み進めください。

ANAマイル還元率1.648%を実現する方法

ANA VISAワイドゴールドは通常還元率が1.0%です。それを1.648%までアップさせる方法を説明します。以下の3つをクリアすることで還元率をアップさせることができます!

  1. マイペイすリボの登録→30%アップ
  2. ポイントの交換ルートを工夫→10.5%アップ
  3. 年間300万円以上の決済→24.3%アップ

その前にANA VISAワイドゴールドでの獲得できるポイントについて触れておきます。

ANA VISAワイドゴールドで得られるポイントとANAマイルの関係性

まずANA VISAワイドゴールドを使うことによって得られるポイントについて説明します。

ANA VISAワイドゴールドは1,000円決済ごとにワールドプレゼントポイントが1ポイント付きます。このワールドプレゼントポイントは1ポイントに付き10マイルに交換できます(※ANA VISAワイドゴールドの場合)

ANA VISAワイドゴールドカードの還元率を上げる方法

なので、1,000円決済するごとに10マイルなので、100円で1マイル=還元率1.0%となっています。

マイペイすリボの登録

まずはマイペイすリボの登録です。マイペイすリボに登録していると、1,000円決済ごとにもらえるワールドプレゼントポイント1ポイントとは別に、プレミアム・ボーナスポイントが1ポイント付きます。

このプレミアム・ボーナスポイントは1ポイントあたり3マイルに交換できるので、1,000円決済ごとに3マイルもプラスしてもらうことができます!

  • ワールドプレゼントポイント:1ポイント=10マイル
  • プレミアム・ボーナスポイント:1ポイント=3マイル

ポイントの交換ルートを工夫

続いてポイント交換ルートの工夫です。

ワールドプレゼントポイントもプレミアム・ボーナスポイントもそのままANAマイルに交換することができますが、別のポイントに変えてからANAマイルに交換するだけで、最終的にもらえるマイルに差がついてきます(まさに急がば回れ、みたいな話です)

ワールドプレゼントポイントをANAマイルに交換するときの最高レートは、そのまま交換した1ポイント=10マイルです。しかしプレミアム・ボーナスポイントは別ルートを経由することでもらえるポイントが10.5%も増えます。

  • STEP1
    プレミアム・ボーナスポイント→Gポイント
     ワールドプレゼントのポイントは1ポイントにつきGポイントのポイントで5ポイントです。
  • STEP2
    Gポイント→LINEポイント
    Gポイントのポイントが5ポイントにつき、LINEポイントで5ポイントです。
  • 手順3
    LINEポイント→メトロポイント
     LINEポイントのポイントが5ポイントにつきメトロポイントで4.5ポイントです。
  • STEP4
    メトロポイント→ANAマイル
    メトロポイントが4.5ポイントにつきANAマイルで4.05マイルです。

この交換ルートは別記事でより詳しく解説していますので、実際にポイント交換するときは「ポイント交換ルートの工夫(作成中)」をご覧ください。

年間300万円以上の決済

ANA VISAワイドゴールドカードの還元率を上げる方法

年間の決済額に応じて、ANA VISAワイドゴールドの還元率アップ具合が変わってきます。

年間決済額が300万円を超えると次の年は10万円ごとにプラチナ・ボーナスポイント60ポイントの獲得できます。10万円ごとに60ボーナスポイント×4.05=243マイルを獲得できるので、還元率が24.3%アップするというわけです。

100万円以上、300万円未満でも10万円ごとにプラチナ・ボーナスポイントが30ポイント獲得できます。10万円ごとに30ボーナスポイント×4.05=121.5マイルを獲得できるので、還元率が12.15%アップします!

  • 300万円以上決済→還元率24.3%アップ
  • 100万円以上300万円未満→還元率12.15%アップ

年会費を9,500円に抑える方法

年会費を14,000円から9,500円にするには以下の2ステップです。

  • マイペイすリボに登録する
  • web明細を申し込む

これらはどちらもVpass(ANA VISAワイドゴールドカードのMyページ)の登録内容の照会・変更で簡単に変更できます。

ANA VISAワイドゴールドをお得に申し込む方法

では最後にANA VISAワイドゴールドのお得な申し込み方法を説明します。

マイ友プログラムを使う

これから初めてANAカードに入会する場合には、マイ友プログラムに登録してからANA VISAワイドゴールドカードに申し込みをすれば、入会特典の2,000マイルとは別に、さらに特典で2,000マイルがもらえます!

まずはマイ友プログラム登録ページに進みます。

>>マイ友プログラム登録ページはコチラ

マイ友プログラムを開いたら『さっそく登録する』項目のオレンジ色の「登録用ページ」ボタンをクリックして登録ページを開きます。

ANA VISAワイドゴールドカードの還元率を上げる方法

紹介者と紹介番号を入力する欄に下記のように入力します。

  • 紹介者氏名:(姓)ミゾグチ (名)タクマ
  • 紹介番号:00040597

この欄の下に、申込者の情報として「あなたの名前」と「あなたの生年月日」を入力したらマイ友プログラムへの参加登録が完了です!

登録が終了したら、いよいよANAワイドゴールドカードの申し込みです。この申し込みも一工夫するとマイルを手に入れることができます。

ポイントサイトを経由して申し込み

ポイントサイト(ハピタス)を経由するだけで、2,000マイル相当ほどのポイントを得ることができます。2,000マイルも10回積み重ねたら東京〜沖縄間の往復分のマイルに相当するので、しっかり獲得しましょう!

>>ハピタスでANA VISAカード申し込み

  • ハピタスをそもそも知らない!
  • どうやって登録するの!

という場合は以下の記事を参考にハピタスの登録をしましょう(3~4分で理解+登録できます)

>>ハピタスで大量のマイルを貯める裏ワザ

まとめ:ANAマイルを貯めるならANA VISAワイドゴールドカードで決まり

ANA VISAワイドゴールドカードはANAマイルを貯めていく上で、かなり活躍してくれる一押しのクレジットカードです。

これからマイルをどんどん貯めたい方は必携なので早速申し込みましょう!

9 Comments

無料のクレジットカードでもマイルは貯まるけど損してるって本当?!年会費があるクレジットカードを使うべき理由 | マイルの聖書

[…] 陸マイラーに人気高いANAマイルを貯めるためのクレジットカードカードであるANA VISA ワイドゴールドカード(以下、ANA ワイドゴールド)は、年会費が9,500円(割引後)かかりますが、還元率は最大で1.648%(通常1.0%)になり、効率的にマイルが貯まります。 […]

現在コメントは受け付けておりません。