MENU
>> SPGアメックス発行で3.9万ポイントもらえる

SPGアメックスのマイル還元率が最大1.25%とお得!交換先や貯め方・上限について解説

SPGアメックスは100円の決済で3ポイント貯まり、マイル還元率は1.0%と高い還元率のカードです。

貯めたポイントも40社を超える航空会社のマイルと交換できるため、使い道に困りません。

自由度の高いカードだからこそ、マイルの交換先や使い方で迷ってしまうでしょう。

マイルへの交換は、60,000ポイントごとに交換することで5,000マイルのボーナスがつくため、結果として25,000マイルが得られます。

このときの還元率は驚異の1.25%となるため、60,000ポイントごとに交換するのがおすすめです。

本文では、SPGアメックスのマイル情報や他社カードとの比較、お得な貯め方や使い方までをまとめているので参考にしてください。

SPGアメックスは40社以上のマイル移行先があるため、旅に合わせた使い方ができます!

  • ANAかJALどちらを使おうかいつも迷う…
  • 海外の航空会社にも興味がある…

1社に絞らず、その都度交換先が選べるため、特定の航空会社が決まっていない方におすすめです。

その他にも、入会キャンペーンで初年度から75,000ポイントが獲得でき、マイルに換算すると日本〜シンガポールを往復できるレベルです。

12月7日までがもっともお得な発行期間なので、この機会に手にしてください。

【2021年12月最新】SPGアメックス紹介キャンペーンで最大39,000ポイント!

目次

SPGアメックスのマイル情報

まずは、SPGアメックスのマイルに関する基本情報をまとめます。

最大1.25%と高い還元率

100円の決済ごとに3ポイントのマリオットボンヴォイポイントが貯まります。

税込の金額に対してポイントがつくのでムダなくポイントを貯めることができます。

このポイントをマイルに交換すると、3ポイント=1マイルとなるため、マイル還元率は1.0%です。

しかし、前述したように、6,000ポイントごと交換すれば5,000マイルが付与されるので、マイル還元率は最大1.25%となります。

マリオットでは3.0%のポイント還元率

SPGアメックスは、アメックスとマリオットボンヴォイが提携発行しているカードです。

マリオットで利用すれば100円の決済ごとに6ポイントとかなりお得です。

さらに、無条件でマリオットのゴールドエリート会員資格が付与されるため、宿泊時の利用1ドルにつき12.5ポイントが加算されます。

ポイントを貯めるには、マリオットボンヴォイでの利用がお得だと覚えておきましょう。

豊富なマイル交換先

SPGアメックスのポイントは、40社を超える航空会社のマイルに交換可能です。

マイル交換の手数料も一切かかりません。

交換可能な航空会社は以下のとおりです。

アライアンス 航空会社 交換レート
スターアライアンス ANA 3:1
シンガポール航空
タイ国際航空
ルフトハンザ・ドイツ航空
エアカナダ
エアチャイナ
南アフリカ航空
ターキッシュエアラインズ
コパ航空
アシアナ航空
エーゲ航空
TPポルトガル航空
アビアンカ航空
ユナイテッド航空 3:1.1
ニュージーランド航空 200:1
ワンワールド JAL 3:1
キャセイパシフィック航空
ブリティッシュエアウェイズ
カタール航空
アメリカン航空
カンタス航空
イベリア航空
LATAM航空
スカイチーム デルタ航空
エールフランス航空
大韓航空
中国東方航空
サウジアラビア航空
アリタリア航空
アエロメヒコ航空
アエロフロート航空
非加盟 エティハド航空 3:1
エミレーツ航空
ハワイアン航空
中国南方航空
アラスカ航空
ヴァージンオーストラリア航空
サウスウェスト航空
ジェットスター航空
ヴァージンアトランティック航空
フロンティア航空
海南航空
ジェットブルー航空 6:1

おすすめはANA・JAL

SPGアメックスのポイントは、ANAかJALのマイルに交換するのがおすすめです。

通常時のマイル還元率で見たら、ANAカードやJALカードの0.5%を上回る、1.0%の還元率を誇ります。

マイル交換では1.25%と高還元になり、日系企業のANAやJALへの交換が利用しやすく日本人にはメリットがあります。

マイル交換の上限

SPGアメックスのマイル交換に上限はありません

獲得ポイントを好きなだけ交換できます。

同社のアメックスプロパーカードが”ANAへの交換に40,000マイルの上限”があるため、この点は驚きです。

恐らく、ポイントプログラムの違いが関係していると考えられます。

SPGアメックスは「マリオットボンヴォイポイント」が貯まるのに対して、アメックスプロパーは「メンバーシップ・リワード」が貯まります。

加えて、アメックスプロパーはANAマイルへの交換には5,500円の年会費が必要です。

交換レートを上げるのにも、メンバーシップ・リワード・プラスという年会費3,300円のコースに登録が必要なため、SPGアメックスの使い勝手の良さがわかります。

航空系カードとマイル還元率を比較

ANA、JALそれぞれのマイルが貯まりやすい航空系カードと、SPGアメックスのマイル還元率はどちらが優れているのでしょうか。

年会費を指標とし、ANAアメックスゴールドとJALプラチナと比較します。

SPGアメックス vs ANAアメックスゴールド

ANAアメックスゴールドカード

SPGアメックス ANAアメックスゴールド
年会費 34,100円 34,100円
マイル還元率(常時) 1.0% 1.0%
(最大) 1.25% 1.0%
(航空券) 1.0% 3.0%

通常時のマイル還元率で見たら、SPGアメックスの方が1.25%と高い還元率を誇ります。

しかし、航空券購入時にはANAアメックスゴールドは3.0%と航空系カードの強みを発揮します。

SPGアメックスは、航空券に利用しても1.0%です。

よって、普段利用する航空会社がANAと決まっており、飛行機利用のみでマイルを貯めたい方はANAアメックスゴールドが向いています。

その他の方は、同じ年会費で高級ホテルの無料宿泊券やステータスも獲得でき、日常のショッピングでもマイル還元率が1.25%となるSPGアメックスに軍配が上がります。

ポイントの有効期限はどちらも無期限のため、使いやすいのは間違いありません。

SPGアメックス vs JALプラチナ

JALプラチナカード

SPGアメックス JALプラチナ
年会費 34,100円 34,100円
マイル還元率(常時) 1.0% 1.0%
(最大) 1.25% 1.0%
(航空券) 1.0% 4.0%

JALプラチナと比較しても、通常時のマイル還元率は1.25%とSPGアメックスの方が優れています。

しかし、航空券購入時は4.0%と引き離されます。

この還元率を加味すると、年間50万円以上のJAL貢献を購入する場合には、JALプラチナの方がお得です。

また、SPGアメックスには付帯されていないプライオリティ・パスやグルメ特典を利用したい方にも検討の余地があります。

その他の方は、SPGアメックスを選ばない理由がありません。

SPGアメックスのお得なマイルの貯め方

SPGアメックスの決済で貯めたポイントをマイルへ交換できます。

よって、マイルを貯めるにはマリオットボンヴォイポイントを効率よく貯めるのがおすすめです。

マリオットでお得にポイントを貯める

SPGアメックスは、通常でも100円につき3ポイントが貯まりますが、マリオットでの決済では最大18.5ポイント貯まります。

ホテルで利用すれば100円につき6ポイント貯まるだけではなく、ボーナスポイントが12.5ポイント*もらえるため、合計18.5ポイントです。

注釈*1米ドル=12.5ポイント

SPGアメックスのゴールドエリート特典を活用できる上に、決済で25%のボーナスポイントも付くため、もっともお得です。

レストランやバーでは、15%割引後に10米ドルあるとボーナスポイントが付与されます。

よって、SPGアメックスでマイルを効率よく貯めるには、マリオットボンヴォイでのホテル宿泊を意識しましょう。

紹介ポイントで貯める

紹介プログラムの活用がもっとも多くのポイントを獲得できます。

友人や家族にカードを紹介すれば、1枚につき30,000~40,000ポイントがもらえるため、10,000マイル以上が貯まります。

紹介を受けた方もカード発行後には最大39,0000ポイントもらえるため、互いに利益があります。

カードで決済をせずともマイルをお得に貯められます。

SPGアメックスのマイルでハワイへ行くには?

SPGアメックスで貯めたポイントで、ハワイへ行くにはどのくらいのマイルや決済が必要なのかをまとめます。

渡航ルートは東京〜ホノルル間で、ANA・JALマイルのそれぞれで解説します。

40,000マイルあればハワイへ行ける

ANA

レギュラーシーズンのエコミークラスで往復40,000マイルです。

JAL

JALもANA同様、レギュラーシーズンのエコノミークラスで往復40,000マイルです。

マリオットボンヴォイのポイント数で表すと、120,000ポイントです。

日常の買い物など月60,000円ほどの決済で2,000ポイント弱が貯まるため、5年に1回はハワイに行けます。

マリオットのホテルではさらにポイントが貯まりますし、極めつきにはカードを4人に紹介すればハワイ渡航分のポイントが獲得できます。

まとめ:SPGアメックスはマイルがお得に貯まる!

今回は、SPGアメックスのマイル情報についてまとめました。

カードで貯めたポイントは、40社以上のマイルに交換ができるため使いやすいのが特徴です。

交換先としては、日系企業のANAやJALが無難でしょう。

航空会社が発行しているカードよりもマイル還元率が高いため、日常の決済でもお得にポイントが貯まります。

マイル交換に上限がなく、好きなタイミングで交換できるのも利点です。

マリオットボンヴォイでの決済やカード紹介がマイルを貯める秘訣なので、どんどん利用しましょう!

目次
閉じる