アメリカン航空のマイル完全ガイド2020!お得に利用するならJALマイルを貯めるのがオススメ!

アメリカン航空の基本情報

アメリカン航空のマイル事情

名称アメリカン航空
公式サイトhttps://www.aa.com/intl/jp/index.jsp
航空会社コードAA
国・地域アメリカ合衆国
ハブ空港ダラス・フォートワース国際空港
シカゴ・オヘア国際空港
マイレージプログラムアドバンテージ
アライアンスワンワールド

マイレージプログラム「アドバンテージ(AAdvantage)」について

航空会社には、マイレージプログラムというポイント制度があります。

ANAのマイレージプログラムはANAマイレージクラブ、JALのマイレージプログラムはJALマイレージバンクという名前があります。

それぞれのプログラムでのポイントがANAマイル、JALマイルです。

ANAやJALと同じように、アメリカン航空にもマイレージプログラム名があり、それがアドバンテージ(AAdvantage)です。

航空会社の名称とマイレージプログラムの名称が違い、ややこしいので注意が必要です。

アメリカン航空のマイルを貯める場合には、マイレージプログラム「アドバンテージ(AAdvantage)」の入会が必須です。

無料入会は以下のページからできます。

>>アドバンテージの無料入会はこちら(公式サイトへ)

アメリカン航空はワンワールド加盟

ほとんどの航空会社は航空連合(アライアンス)に属しており、アメリカン航空はワンワールドというアライアンスに加盟しています。

▼ワンワールドに属する航空会社

ワンワールド
アメリカン航空ブリティッシュエアウェイズ
キャセイパシフィック航空フィンランド航空
イベリア航空JAL
LATAMチリLATAMブラジル
マレーシア航空カンタス航空
カタール航空ロイヤルヨルダン航空
S7航空スリランカ航空

日本の航空会社だとJALがワンワールドに属しています。

アライアンスが同じだと、JALマイルでアメリカン航空の特典航空券を発券することができたり、アメリカン航空の飛行機に乗った時にJALマイルを貯めたりといったように、マイル相互利用などが可能です。

なのでアメリカン航空の特典航空券を発券を目指するときに「JALのマイルかアメリカン航空のマイルか、もしくはその他ワンワールドに属する航空会社か」を選ぶ必要があります。

どちらのマイルを貯めるべきか?というのは、この記事で後ほど明らかにします。

アメリカン航空を利用したときのフライトマイル数(積算率)

アメリカン航空を利用すると、区間距離や予約クラスによって、マイルをもらうことができます。

計算式としては「もらえるマイル=区間距離(マイル)× 予約クラスの積算率」です。

ちなみに予約クラスについてですが、ひとことにエコノミークラスといっても、正規料金なのか、割引料金なのか、株主優待なのか、などによって細かく分けられているのです。

また、この時もらえるマイルはアメリカン航空のマイルだけではなく、JALマイルを始めさまざまな航空会社のマイルに交換すること可能。

▼アメリカン航空を利用した時のフライトマイルの積算率は以下の通りです。

クラスアメリカン航空JAL
エコノミーY100100
H75
K
M75
L50
V
S50
N
G
O30
Q
プレミアム
エコノミー
W100100
P
ビジネスJ150125
D125
R
I100
ファーストF150150
A

基本的にアメリカン航空のマイルとしてもらう方が積算率が高く、結果的に多くのマイルをもらうことができます。

最高で積算率の差が25%であり、成田〜ダラスの距離が6,400マイルほどなので、最大で獲得できるマイルの差が1,609マイルです。

もらえるマイル=区間距離(マイル)× 予約クラスの積算率

しかし筆者としては、特典航空券と交換するマイル数を考えると、それでもJALマイルとして加算した方がいいと考えます。

マイルを使ってアメリカン航空に乗るならJALマイルがおすすめ!

アメリカン航空にマイルを使って乗る場合、おもに以下の2パターンが考えられます。

  • アメリカン航空のマイルでアメリカン航空に乗る
  • JALのマイルでアメリカン航空に乗る

どちらがおすすめかというと、圧倒的に「JALマイル」です。

同じ区間でも必要マイル数が少なく、お得に特典航空券を発券できるからです。

また、マイルの貯めやすさという観点でもほとんどの方がJALに軍配があがるので、その点からいってもJALマイルがオススメです。

アメリカン航空でクアラルンプールに行くまで必要マイル数を比較

では、必要マイル数にどのくらいの差があるのか、説明します。

以下の表はアメリカン航空(日本/東京〜アメリカ/ダラス)を「マイル」で利用するのに必要なマイル数です。

全く同じ便の飛行機に乗るとしても、必要マイル数は異なるのですが、以下の通り「JALマイル」を使ったほうがお得そうなのはわかると思います。

※往復で必要なマイル数

アメリカン航空JAL
エコノミー65,000マイル〜50,000マイル〜
ビジネス120,000マイル〜100,000マイル
ファースト*160,000マイル〜140,000マイル

上記の通り、同じ区間で同じ機材だったとしても、必要マイル数にこれだけの差があり、JALマイルを使ったほうがお得というのがわかります。

他の区間の必要マイル数については、以下のページをご覧ください。

>>対象特典・クラスおよびマイル数

アメリカン航空に乗るための効率的なマイルの貯め方

アメリカン航空にマイルで乗る方法としては、おもに以下の2択が考えられます。

  • アメリカン航空のアジアマイルを貯める
  • ワンワールド*のマイルを貯める
    ※日本人の場合はほとんどがJALなのでJALで解説します

どちらを貯めるべきなのか?については、それぞれのマイルでアメリカン航空の特典航空券を発券するのに必要なマイル数を把握したり、ふだんの生活でどちらのマイルの方が貯めやすいかを考慮します。

前章で説明した通り、必要マイル数が少なく特典航空券発券のハードルが低いのはJALマイルです。

また、マイルを貯める方法は飛行機搭乗以外にもあるのですが、圧倒的にJALマイルの方が貯めやすいので、アメリカン航空にマイルを使って乗りたい場合にはJALマイルを貯めましょう。

アメリカン航空のマイルを貯める方法としては、おもに以下の2パターンが考えられます。

  1. 飛行機搭乗でフライトマイルを獲得
  2. ふだんの支払いをクレジットカード決済にし、獲得したポイントをマイルに交換

2つ目のクレジットカードの活用こそ、マイルを効率よくたくさん貯めるカギになります。

フライトマイルはJALマイルとして加算すればOK!

ワンワールドの飛行機なら、基本的にアメリカン航空のマイルとして加算することも、JALマイルとして加算することもできます。

飛行機乗ったときにもらえるマイルのことをフライトマイルと言いますが、「フライトマイル=飛行距離 × 予約クラスの積算率」で計算されます。

予約クラスについてですが、ひとことにエコノミークラスといっても、正規料金なのか、割引料金なのか、株主優待なのか、などによって細かく分けられているのです。

▼アメリカン航空を利用した時のフライトマイルの積算率は以下の通りです。

クラスアメリカン航空JAL
エコノミーY150100
B
H100
K50
M
L25
V
S85
N0
G25
Q
O
ビジネスJ200125
C175
D
Z
ファーストF300150
A

基本的にアメリカン航空のマイルとしてもらう方が積算率が高く、結果的に多くのマイルをもらうことができます。

ですが、「必要マイル数」と「マイルの貯めやすさ」を考慮するとJALマイルを貯めた方がいいため、目減りしてしまいますがフライトマイルはJALマイルとしてもらうのがオススメです。

クレジットカードでマイルを貯める

JALマイルをコツコツと貯めるカギとなるのが、クレジットカードの活用です!

当サイトおすすめのクレジットカードを3枚紹介します。

①JAL便に乗らずできる限りお得にマイルを貯めたい:JAL普通カード【当サイト人気No.1】

JAL普通カード
マイル還元率
0.50%
年会費
2,200円〜
国際ブランドVISA/Master/JCB/AMEX/
空港ラウンジなし
海外旅行保険自動付帯(最高1,000万円)
交換可能マイル JALマイル
JAL便を利用する機会が年2回未満であり、できる限りお得にカード決済でJALマイルを貯めたい方にオススメなカードです!

JAL普通カードは、できる限りお金をかけず、ふだんの支払いでJALマイルを貯めるのにもっともオススメなクレジットカードです。

オプションサービスであるショッピングマイルプレミアム(JALカード保有者の80%が加入)に加入することで、JALマイル還元率1.0%と高還元率を実現できます。

ショッピングマイルプレミアムは年間3,300円ですが、月々のカード決済が3万円以上あるなら、貯まるマイル数を考慮すると加入しないと損してしまいます。

また、電子マネー(Suica/PASMO/WAON)と組み合わせることで最大1.50%(かなり高還元率!)を実現できます。

ちなみにひとことにJAL普通カードと言っても8種類あり、電子マネーに対応しているカードは一部のみです。

  • Suica:
    JAL普通カードSuica
  • WAON:
    JAL普通カードTOKYU POINT ClubQ カード
  • PASMO:
    JAL 普通カード OP

※とくにオススメを1枚ずつピックアップしました。

自分がよく利用する電子マネーに対応したカードを発行しましょう。

おすすめポイント

  • 年会費2,200円(初年度無料)とコスト削減できる
  • 還元率1.0%の高還元率(特定オプション)
  • 毎年継続で2,000マイルもらえる
  • JAL便を利用したときに+αでJALマイルがもらえる

いまいちポイント

  • ノーマルカードなのでステイタス性がない
  • 年4回以上JAL便を利用するならゴールドがオススメ
JAL便に乗らず、ふだんの支払いでJALマイルを貯めたい方で、できるかぎり年会費を抑えたい場合にオススメのクレジットカードです。

>>JAL普通カードの公式サイトはこちら

※今ならカード発行で1,850マイルもらえます(2020年1月15日申し込み分まで)

▼JAL普通カードのことは以下の記事でまとめています。

②かなり高還元率&JALの陸マイラーで人気沸騰中:SPGアメックスカード【当サイト人気No.2】

SPGアメックスカード
マイル還元率
1.25%
年会費
34,100円
国際ブランドAMEX
空港ラウンジ
海外旅行保険
交換可能マイル JALマイル
ANAマイル
その他マイル
1.25%の高還元&ANAマイルとJALマイルのどちらにも交換可能であり、圧倒的にマイル向きカードです。
陸マイラーに大人気であり、当サイトの編集長もメインカードとして使っています。

JALマイル還元率がなんと1.25%であり、さらにJALマイルの有効期限を気にしなくてよい「SPGアメックスカード」

通常時のJALマイル還元率で見たら、JALカードを普通に上回りトップクラスの還元率を誇ります・・・!

SPGアメックスカードを利用して獲得できるポイントはJALマイルではなく、あくまでSPGアメックスカードのポイントです。
SPGアメックスカードのポイントをJALマイルに交換するときのレートが1.25%なので、JALマイル還元率が1.25%というわけです。

SPGアメックスカードはポイントはとても魅力的であり、その理由が「有効期限なし」と「40以上の航空会社のマイルに交換可能」という点です。

社会人だと、仕事や家族との予定などでいつでも旅行に行けるわけではなく、失効のリスクは比較的高いのが現実です。
マイルの失効を気にすることなくコツコツとマイルを貯めることができるのも嬉しいポイントです!

また貯めたポイントはJALマイルをはじめ、ANAマイルなど40以上の航空会社のマイルに交換可能。
なので、JAL以外の航空会社に乗りたくなった時に対応できるのは他のカードにはないSPGアメックスならではの魅力です。

+ 交換できるマイル一覧(クリックして開く)

アライアンス航空会社名
スターアライアンスANA
ユナイテッド航空
シンガポール航空
タイ国際航空
ルフトハンザ・ドイツ航空
エアカナダ
ニュージーランド航空
エアチャイナ
南アフリカ航空
ターキッシュエアラインズ
コパ航空
アシアナ航空
エーゲ航空
TAPポルトガル航空
アビアンカ航空
ワンワールドJAL
キャセイパシフィック航空
ブリティッシュエアウェイズ
カタール航空
アメリカン航空
カンタス航空
イベリア航空
LATAM航空
スカイチームデルタ航空
エールフランス航空
大韓航空
中国東方航空
サウジアラビア航空
アリタリア航空
アエロメヒコ航空
アエロフロート航空
非加盟エティハド航空
エミレーツ航空
ハワイアン航空
中国南方航空
アラスカ航空
ヴァージンオーストラリア航空
サウスウェスト航空
ジェットスター航空
ジェットブルー航空
ヴァージンアトランティック航空
フロンティア航空
海南航空

そして、SPGアメックスカードはもともとホテル系列のクレジットカードなので、マリオットボンヴォイ系列(マリオットやリッツ・カールトン、シェラトンなどなど)のゴールド会員になることができ、ホテル宿泊で優待(無償アップグレードやアーリーチェックインなどなど)を受けることが可能!

そして、マリオットボンヴォイに加盟する高級ホテルに毎年のように無料宿泊できる権利をもらえるので、年会費が34,100円なものの、一瞬でペイできてしまいます・・・!

マイルを貯めるということは、旅行をするということ。
1年に一回の旅行なら、航空券をマイルでお得にして、SPGアメックスカードの特典で1泊はいいホテル、なんて旅行のしかたができます!

ショッピング中心かつ全力でJALマイルを貯めたいならSPGアメックスで決まりです!

陸マイラーの間で人気沸騰中で、このカードをメインカードとしている方がどんどん増えています。

オススメポイント

  • JALマイル還元率1.25%と超高還元率
  • 有効期限を気にせずにマイルを貯めることができる
  • JAL以外にも40以上の航空会社のマイルに交換できる
  • 毎年マリオット系列の高級ホテルに1泊無料宿泊できる

いまいちポイント

  • ゴールドカードの位置付けだが、カードフェイスが赤色
  • JAL便利用時にボーナスでもらえるマイルなどはない
飛行機に乗らず、ショッピング中心かつ全力でJALマイルを貯めたい方はSPGアメックスカードがオススメ!

>>SPGアメックスカードの公式サイトはこちら

※今なら入会キャンペーンで10,000マイル相当のポイントがもらえます!

▼SPGアメックスカードのことは以下の記事でまとめています。

③JAL便に乗らず効率&お得にマイルを貯めたい:セゾンプラチナ・ビジネス【当サイト人気No.3】

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード
マイル還元率
1.125%
年会費
11,000円
国際ブランドAMEX
空港ラウンジ
海外旅行保険
交換可能マイル JALマイル
普段の支払いでJALマイルを貯めたいなら、このカードがもっともオススメ!
年会費11,000円(年間200万円決済で割引)でJALマイル還元率が最大1.375%は驚きのレベルです。

JALマイル還元率が1.125%とJALカードをも凌ぐ高還元率カードである「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下、セゾンプラチナ・ビジネス)」

JAL便をそれほど利用せず、ショッピングなど中心でJALマイルを貯めるならJALカード以上にオススメです!

高還元率なのはもちろんのこと、プラチナカードなのでそのほかの特典も魅力的です。

24時間365日、専任のスタッフが対応してくれるコンシェルジュサービスも受けることができたり、世界中で1,200もの空港ラウンジを利用することができるプライオリティパスが無料で付帯。

プライオリティパスでいうと、年間で$429(約4.6万円以)かかる最上位のプレステージ会員になることができるので、これだけでも年会費以上の価値です。

通常の年会費は22,000円です。
しかし、年間の利用額が200万円を超えると次年度の年会費が11,000円に割引されます。

たった11,000円でJALカード以上にJALマイルが貯まり、しかも魅力的な特典付帯コスパ抜群のカードと言えます(※仮に20,000円だったとしても十分にコスパ抜群です)。

ビジネスカードですが個人でも発行することができ、さらにインビテーション不要なので、誰でも申し込むことが可能です。

※実際の申し込みフォームに「会社員」という選択肢があります。

オススメポイント

  • JALマイル還元率が常時1.125%以上
    ※最大で1.375%も実現可能
  • コンシェルジュサービスが利用できる
  • 世界中の空港ラウンジが利用できる
    $429のサービスが無償で付帯
  • 年会費22,000円とコスパ抜群
    ※年間200万円以上の利用で11,000円!

いまいちポイント

  • 一般カードではなくビジネスカード
  • JAL便利用時にボーナスでもらえるマイルなどはない
ショッピング中心かつ全力&お得にJALマイルを貯めたい方はセゾンプラチナ・ビジネスがオススメです。

>>セゾンプラチナ・ビジネスの公式サイトはこちら

※今なら入会キャンペーンで9,000マイル相当のポイントがもらえます!

▼セゾンプラチナ・ビジネスのことは以下の記事でまとめています。

まとめ:アメリカン航空のマイルを貯めて優雅な空の旅を

アメリカン航空

以上、アメリカン航空のマイル・マイレージ事情でした。

アメリカン航空で特典航空券を発券する場合はアメリカン航空のマイルよりもJALマイルを使ったほうがお得です。

さらには、日本在住であればJALマイルの方が貯めやすい環境なので、ぜひJALマイルを貯めてお得にアメリカン航空を利用してみてください!

JALマイルを貯めるカギとなるのは、クレジットカードです。

より効率的にJALマイルが貯まるカードを手に入れてください^^

以上で、記事はおしまいです。もしも「自分に合ったカードを見つけたい!」という方は、以下の検索機能をご活用ください。
ぴったりのクレカを探す!
貯めたいマイル
月々の決済額
年間の航空券代※ANAもしくはJAL
電子マネー

-ワンワールド
-

Copyright© マイルの聖書|陸マイラー直伝!マイルの貯め方・使い方ガイド〜クレジットカードを活用してANA&JALマイルを貯めよう〜 , 2020 All Rights Reserved.