ふるさと納税でマイルを貯める方法を徹底解説!中には航空券をもらえるケースもあり!

更新日:

会社員でもできる節税対策としてふるさと納税があり、節税もできる上に、マイルも貯めたり航空券をもらうことができる仕組みがあるのを知っていますか?

今回はふるさと納税でマイルを貯めたり、航空券を獲得する方法を中心に紹介しますが、そもそもふるさと納税とは?というところから解説します。

ところで当記事は現役のファイナンシャルプランナー(FP)さん協力のもと作成しましたので、ぜひ安心して参考にしていただけると嬉しいです。

そもそもふるさと納税とは?

ふるさと納税でマイルを貯める

お得である制度として定着しつつあるふるさと納税ですが、具体的にどのような仕組みなのでしょうか?

ふるさと納税とは、自分の好きな自治体に対して2,000円以上の寄付を行った場合、所得控除が受けられ所得税と住民税を減額する制度です。

ふるさと納税でマイルを貯める1

所得控除とは、所得税の課税にあたり所得からあらかじめ一定の金額を差し引いてくれる仕組みのことです。

ここで、「所得」とは「収入」ではなく、課税される金額のことです。

所得税の決まり方は以下の計算式で算出されます。

所得=収入(額面での給与収入など)-給与所得控除(給与所得者の経費のようなもの)(※1)
所得税=課税所得(所得-所得控除)×所得税率(※2)

節税対策を行う上で収入を下げることは現実的に難しく、所得控除を活用し所得を下げることで所得税や住民税を下げることにつながります。

所得控除には、住宅ローン控除や医療費控除、扶養控除、配偶者控除など様々なシチュエーションによって利用でき、ふるさと納税は寄付金控除が受けられます。

参考:国税庁 所得金額から差し引かれる金額(所得控除)

たとえば年間12,000円のふるさと納税を行う場合、10,000円の所得控除が受けることができます。

さらに自治体への寄付金ではありますが、他の寄付金と異なる点は実質2,000円の負担で高級和牛や鮮魚、果物などその土地の特産品をふるさと納税のお礼の品として受け取れる点です。

また自分がふるさと納税で寄付したお金について、使い道を指定することができます。

自治体によって使い道は様々ですが、自然保護や環境・景観、教育の充実、伝統を守るなど自分が寄付したお金をどのように使ってほしいか、選ぶことができるのもふるさと納税の魅力の一つです。

しかしふるさと納税を行う上でいくつか注意点があります。

以下で詳細を確認していきましょう。

ふるさと納税で確定申告は必要なの?

ふるさと納税を行うためには、原則として確定申告を行わなければ所得控除を受けることができません。
会社員の方のほとんどは確定申告は行わないため、確定申告をしてまでふるさと納税をやるのは面倒と感じるかもしれません。

実は一定の条件を満たすことが出来れば、ワンストップ特例制度が利用でき、確定申告が不要になります。
ワンストップ特例制度は、確定申告のように難しくなく簡単に行えることから、ふるさと納税の認知度をさらに向上させていると言えるでしょう。

以下でワンストップ特例制度を利用するための条件を詳しく説明しています。

+ ワンストップ特例制度を利用するための条件(クリックして開く)

①確定申告を行う必要のない、給与所得者であること

会社員の方でも年収2,000万円を超える方や、住宅ローン控除や医療費控除を受ける方、副業などで年間20万円以上収入がある方などは確定申告が必要になります。
なお確定申告の対象者については下記の国税庁のサイトで確認することができます。

参考:国税庁 確定申告が必要な方

上記に該当せず、確定申告を行う必要がない方はワンストップ特例制度を利用することができます。

②1年間に寄付した自治体の数が5自治体以下であること

ふるさと納税を実施した回数に関係なく、1年間に寄付した自治体が5自治体以下であればワンストップ特例制度が利用できます。
たとえば1年間にA市に2回ふるさと納税を実施し、他4自治体に各1回ずつの計6回ふるさと納税を実施したとしても、ワンストップ特例制度は利用できます。

③ワンストップ特例制度の申請書を寄付した自治体に提出している

ワンストップ特例制度を利用するためには、ふるさと納税の申し込みを行う際、必ずワンストップ特例制度の申請書を受け取るようにしましょう。
申し込み画面に「ワンストップ特例申請をしますか?」など確認されますので、必ずチェックし、その後自治体から申請書が送られてきます。

ワンストップ特例制度の申請の際、申請書以外にも下記のものが必要になります。

  • 切手、封筒(自治体から送られてくる場合もある)
  • マイナンバーカードのコピー、または通知カードやマイナンバーが記載されている住民票の場合は運転免許証やパスポートなどの本人確認書類などのコピー

書類を間違えてしまうと、ワンストップ特例制度が利用できないため、返送前に充分に確認するようにしてください。

ふるさと納税での可能金額の調べ方

ふるさと納税は基本的に誰でも始めることができますが、年収や他の所得控除との兼ね合いで寄付額の目安が変わってきます。
まずは源泉徴収票(去年の分でも可)をお手元に用意し、控除金額シミュレーションを行いましょう。

参考:ふるさとチョイス「ふるさと納税」還付・控除限度額計算シミュレーション

上記のサイトでは、「詳細シミュレーション」と「簡単シミュレーション」がありますが、なるべく「詳細シミュレーション」を行いましょう。

シミュレーションを行うと、「寄付額の目安」が算出され、お得にふるさと納税ができる金額を知ることができます。

またシミュレーションを行う際、年収以外にも住宅ローン控除や医療費控除などの所得控除を受けることで、寄付金額の目安は減少します。

所得控除を受けられる場合は、詳細シミュレーションでしっかり確認しておきましょう。

ふるさと納税をする時の注意点

ふるさと納税で大切なポイントの一つとして自分の寄付額の目安を知ることですが、そのためには自分のその年の所得金額を把握しなければなりません。

ところが、年の途中で自分の所得金額を把握することは困難であるため、あくまで概算で行うことになります。

会社員の方の中には毎月収入が一定であり、自分の所得金額を把握できるかもしれませんが、ボーナスなどで誤差が発生する可能性もあります。

そこでふるさと納税を行う場合は、寄付金額を上限いっぱいまで行うのではなく、少し余裕を持たせて行いましょう。

年末に近づき、その年の所得金額が把握できたタイミングで追加でふるさと納税を行う、という方法で実施するのが確実でしょう。

ふるさと納税でANAマイルがもらえる仕組みは?

ふるさと納税は節税対策もでき、自己負担2,000円でお礼の品をもらうことができるため、お得な制度であることはご理解頂いたと思います。
しかしふるさと納税を行う上で、さらにお得になる仕組みがあるのです。

ふるさと納税を行うためには、専用サイトから申し込みを行いますが、そのようなサイトはいくつか存在します。

中でもANAのふるさと納税のサイトでは、寄付に対するお礼の品が貰える他、寄付金額100円につき、1マイルをもらうことができるのです。

なおANAのふるさと納税のサイトでマイルを受け取るためには、ANAのクレジットカードでふるさと納税を行う必要があります。
利用するカードの種類によりますがANA プラチナカードの場合ではマイルが2.5倍も貯めることができます!

実体験:ふるさと納税でANAマイルを獲得!

<作成中>

ANAマイルを獲得できるふるさと納税のやり方

<作成中>

おまけ:航空券がもらえるふるさと納税もある

ふるさと納税では好きな自治体に寄付金を送るお礼として、マイル(他にもその土地の特産品など)をお礼の品としてもらえることはお伝えさせて頂きました。

しかしお礼の品は特産品だけではなく、航空券をもらえるふるさと納税もあるのです。

自分の好きな自治体にふるさと納税をし、航空券を受け取り、実際にその土地を訪れてみるのもいいかもしれません。
中には航空券だけでなく、温泉宿の宿泊券も付けてくれる自治体もありますよ。

JAL(国内線航空券)

JALが運営するJALのふるさとへ帰ろうクーポンは、購入希望の航空券を購入し、行先の空港周辺の自治体にふるさと納税が行える仕組みです。
とろこがこのサービスは、2019年5月31日をもって終了してしまいました。

参考:JALふるさとへ帰ろうクーポン ご利用方法

JALのふるさとへ帰ろうクーポンは終了してしまいましたが、一部の自治体では寄付のお礼として航空券をもらうことができます。

参考:ふるさとチョイス「航空券」がお礼の品として貰える自治体

なお上記のサイトの中には一部JALのふるさとへ帰ろうクーポンの申し込みを行っている地域があります。
たとえば沖縄県豊見城市のJALのふるさへ帰ろうクーポンは、13,500点分のクーポンがもらえうことに加え、沖縄アウトレットモールあしびなーおの買い物券1,500点分ももらうことができます。

なおこの場合JALのふるさとへ帰ろうクーポンは発行されず「JTB予約センター」で航空券を発券後、郵送で「JAL e-チケットお客様控」が送られてきます。

+ 注意点と使用方法(クリックして開く)

【JALふるさとへ帰ろうクーポンの注意点】

  • ジェットスター航空を除く、JALグループの国内航空券に利用できる
  • 有効期限はふるさと納税の申し込み後1年間
  • 寄付者自身、または寄付者に同行する人(複数名可)が利用可能
  • 航空券発券後の変更や取り消しは不可
  • 航空券代金合計がクーポンの券面額を下回る場合、クーポンの利用ができない

【JALふるさとへ帰ろうクーポンの使用方法】

  • 「JALふるさとへ帰ろうクーポン」を選択し、寄付者自身でJALのHPで利用対象区間の航空券を予約(6桁の予約番号が発行される)
  • JTB旅の予約センターに連絡し、6桁の予約番号を伝える
  • 差額決済については、寄付者自身のクレジットカード決済のみとなる
  • 「JAL e-チケットお客様控」と「クレジット売上票(お客様控)」が郵送されてくる

【終了】過去にマイルがもらえたふるさと納税

JAL同様にマイルがもらえるふるさと納税は過去にいくつか存在しました。

ふるさと納税によるマイルの付与は、高還元率であるため、人気のふるさと納税でしたが、総務省のふるさと納税の返礼品に充てる予算について規制をかけたため、ほとんどの自治体で廃止となってしまいました。

ここでは過去にマイルがもらえたふるさと納税についてお伝えしていきます。

スターフライヤー

スターフライヤーではふるさと納税のお礼として、スターフライヤーのマイルである「スターリンクマイル」をもらうことができました。

スターリンクマイルは1万円寄付する毎に2,000マイルが付与される仕組みで、おおよそ1マイル=2円~5円ほどで、還元率は40%以上もありました。

残念ながらスターフライヤーのマイルは2019年4月30日をもって終了してしまいました。

参考:スターフライヤー(カードでマイルを貯める方法)

peach

ANA系列のLCCであるピーチもふるさと納税でマイルをもらうことができました。

自己負担2,000円で寄付金額の50%のピーチポイントが貰えるため、とてもお得なサービスでしたが、2019年3月末をもって終了しました。

ピーチポイントが貰える自治体は最後は大阪府泉佐野市のみで提供されていましたが、2019年4月以降泉佐野市は寄付の受付を一時停止したため、それと同時にピーチのポイント還元サービスも終了しました。

かつては神奈川県三浦市、北海道士幌町、宮崎県小林市、鹿児島県南さつま市などでもふるさと納税でピーチポイントがもらえていました。

まとめ:ふるさと納税でマイルを貯めよう!

ふるさと納税でマイルが貯まる仕組みについてお伝えしました。

今回のポイントは以下の通りです。

  • ふるさと納税はワンストップ特例制度を活用することで確定申告不要で所得控除が受けられる
  • ふるさと納税を行う前に、必ず「寄付額の目安」を確認する
  • マイルが貯まるふるさと納税は、現状ではANAのみ

近年ふるさと納税に対する規制で、マイルによるポイント還元の制度が少なくなってしまいました。

中でもANAはふるさと納税によるマイルの付与は続けており、お得にふるさと納税を行うには利用してみてはいかがでしょうか?

-マイルの貯め方

Copyright© マイルの聖書 , 2019 All Rights Reserved.