ワンワールドのマイルの貯め方ガイド2019!お得に特典航空券を発券するカギはJALマイルにあり!

投稿日:

「ワンワールドのマイルってあるの?」
「ワンワールドでマイルを貯めるときってどの航空会社がオススメ?」

JALが加盟しており、世界ではもっとも加盟航空会社の少ない、ワンワールド。

そんなワンワールド加盟の航空会社のマイルの貯め方や、ワンワールド加盟航空会社同士でのマイルの相互利用について紹介します。

ワンワールドの「マイル」は存在しない

そもそもなのですが、ワンワールドというのは航空連合の名称であり、ワンワールドのマイルが存在するわけではありません。

なので、ワンワールド加盟航空会社のマイルを貯めることになります。

ワンワールドに加盟している航空会社は以下の28の航空会社です。

ワンワールド
アメリカン航空ブリティッシュエアウェイズ
キャセイパシフィック航空フィンエアー
イベリア航空JAL
LATAMチリLATAMブラジル
マレーシア航空カンタス航空
カタール航空ロイヤルヨルダン航空
S7航空スリランカ航空

余談ですが、アライアンスは3つあり、ワンワールドの他にスターアライアンスとスカイチームがあります(ANAはスターアライアンスに属しています)。

+ クリックして下さい

スターアライアンス
ユナイテッド航空エーゲ航空
エア・カナダ中国国際航空
エアインディアニュージーランド航空
ANAアシアナ航空
オーストラリア航空アビアンカ航空
アビアンカ・
ブラジル航空
ブリュッセル航空
コパ航空クロアチア航空
エジプト航空エチオピア航空
エバー航空LOTポーランド航空
ルフトハンザドイツ航空スカンジナビア航空
シンセン航空シンガポール航空
南アフリカ航空スイスインターナショナル
エアラインズ
TAPポルトガル航空タイ国際航空
ターキッシュエアラインズ
スカイチーム
デルタ航空アエロメヒコ航空
エールフランス大韓航空
KLMオランダ航空アエロフロート・ロシア航空
エア・ヨーロッパケニア航空
アリタリア-イタリア航空タロム航空
ベトナム航空チャイナエアライン
中国東方航空アルゼンチン航空
サウディアミドル・イースト航空
厦門航空ガルーダ・インドネシア航空

ワンワールドの加盟航空会社同士でマイルの相互利用ができる

ところで、ワンワールドのマイルについて調べているということは、さまざまな航空会社を利用する可能性がある裏返しだと思います。

ワンワールドのマイルがなくて残念に思っているかもしれませんが、実は同アライアンスならマイルの相互利用ができるので、JALマイルを貯めればさまざな航空会社をマイルで利用できます。

逆に、たとえばワンワールドに属するブリティッシュエアウェイズなどのマイルでJAL便の特典航空券を発券することもできます。

実は、JAL便をマイルで利用するとき、JALマイルよりもブリティッシュエアウェイズのマイル(Aviosマイル)のほうが必要マイル数が少ない場面が多々あり、AviosマイルでJAL便のチケットを発券するマイラーさんがちらほらいます。

ワンワールド加盟航空会社をマイルで利用するときの注意点

ワンワールド加盟航空会社のうち、いずれかの航空会社でマイルを貯めれば、さまざまな航空会社を利用できることは理解できたと思います。

しかし、4点だけ注意すべきことがあります。

  1. 別々の航空会社のマイルを合算することはできない
  2. 全く同じ便だったとしても航空会社によって必要マイル数が異なる
  3. 飛行機利用時にもらえるマイル数が異なる

それぞれ、説明します。

①ワンワールド同士でもマイルの合算はできない

たとえば、JALとキャセイパシフィック航空のマイルをそれぞれ5,000マイル持っているケース①と、JALマイルを10,000マイル持っているケース②を想定してください。

JAL便で日本〜香港に行くときの必要マイル数が10,000マイルだった場合、特典航空券を発券できるのはケース②の場合のみです。

何が言いたいかというと、さまざまな航空会社のマイルを貯めていると、特典航空券から遠ざかるから1社に絞ってマイルを貯めるべき、ということです。

たくさんマイルを貯められるのであれば、複数社のマイルを貯めてもいいと思うのですが、出来る限り貯める航空会社を絞るのがオススメです。

②全く同じ便だったとしても航空会社によって必要マイル数が異なる

同じ日、同じ便の飛行機だったとしても、どの航空会社のマイルを使って特典航空券を取るかによって、必要マイル数は変わってきます。

たとえば「東京〜ドーハ(カタール航空)」のフライトをマイルで予約するとき、JALマイルを使う場合とカタール国際航空のマイルを使う場合で、必要なマイル数が異なります。

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

必要マイル数
エコノミー ビジネス ファースト
カタール航空のマイル
で自社便
85,000 174,000 255,000
ANAマイルで
カタール航空便
50,000 100,000 145,000

上記の通り、エコノミークラスとビジネスクラス、ファーストクラスともに、JALマイルを使った方が必要マイル数は少なくて済みます。

カタール航空以外の航空会社でも、航空会社によって必要マイル数が異なるケースはたくさんあります。

なので、もしも利用する航空会社が決まっているのであれば、詳しく調べてみてください。

③飛行機利用時にもらえるマイル数が異なる

ワンワールド同士ならマイルの相互利用ができ、さらに、フライトマイルをどの航空会社のマイルとしてでももらうことができます。

※フライトマイル=飛行機搭乗時にもらえるマイル

マレーシア航空の飛行機を利用したときを例にしてみます。

そもそもフライトマイルは「区間距離 × 積算率」で算出されます。

積算率は、座席のグレードが高ければ高いほど、予約クラス*が正規料金に近いほど、高くなる傾向にあります。

※ひとことにエコノミークラスといっても正規料金、早割料金、株主優待料金などさまざまであり、それぞれで積算率が違う傾向があります。

マレーシア航空の便を利用したときの、フライトマイル積算率は以下の通りです。

クラス マレーシア
航空
JAL
エコノミー Y 150 100
B
H 100
K 50
M
L 25
V
S 85
N 0
G 25
Q
O
ビジネス J 200 125
C 175
D
Z
ファースト F 300 150
A

東京からクアラルンプール(マレーシアの首都)までは約3,300マイルなので、積算率100%の場合だと3,300マイル加算されます。

基本的に、マレーシア航空を利用したときのフライトマイルは、ルフトハンザのマイルとして加算した方が多くもらえます。

しかし、先ほど「ひとつの航空会社に絞ってマイルを貯めるべき」とお伝えした通りで、マレーシア航空を利用したときでも、マレーシア航空でマイルを貯めていなければ、別の貯めている航空会社のマイルとしてもらいましょう(たとえば、JALマイルとしてもらえる)。

ここまでのまとめ!

ここまでワンワールドの航空会社をマイルで利用するときの概要について説明しました。

正直チンプンカンプンだったかもしれません・・・
マイルはややこしいので、一回で理解できたら逆にすごいです。

細かく説明したものの「ワンワールドでどの航空会社のマイルを貯めるべきか?」に対しての答えはすでにあります。

ワンワールド加盟航空会社をマイルで利用するなら・・・

もしも、ワンワールド加盟のさまざな航空会社をマイルで利用したいなら「JALマイル」を貯めるのがオススメです。

日本に発着しているワンワールド加盟航空会社(カタール航空やマレーシア航空、キャセイパシフィック航空などなど)をマイルで利用するときの必要マイル数がJALマイルの方が少なくて済むケースが多いからです。

先ほどはカタール航空を例に出しましたが、再度必要マイル数の表をみて見てください。

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

必要マイル数
エコノミー ビジネス ファースト
カタール航空のマイル
で自社便
85,000 174,000 255,000
JALマイルで
カタール航空便
50,000 100,000 145,000

上記の通り、いずれのクラスにおいてもJALマイルのほうがマイル数が少なく済みます(自社よりもハードルを低くしているのには、正直なところ疑問があります)。

そうなると「実はカタール航空のマイルの方が貯めやすいんじゃない?」と感じるかもしれませんが、とくにそういうわけでもありません。

むしろ、日本人ならJALマイルの方がはるかに貯めやすいです。

整理すると、以下の2点から、ワンワールド加盟航空会社をマイルで利用するなら「JALマイル」がオススメです。

  • 海外の航空会社のマイルよりJALマイルの方が貯めやすい
  • 必要マイル数がJALマイルだと優遇されている場面が多い

※かなり頻繁に利用する航空会社がある場合、JALマイルではなくそちらを選択した方がいいという場合もあり得ます。

JALマイルの貯め方

ワンワールドの航空会社をマイルで利用するなら、JALマイルがオススメなので、JALマイルの貯め方について紹介します。

マイルを貯めるとなると、飛行機利用時にもらえるフライトマイルと、クレジットカードを利用して獲得したポイントをJALマイルに交換する2パターンがあります。

飛行機にたくさん乗ってマイルを貯めることは現実的に難しいので、ここではJALマイルが貯まりやすいクレジットカードを紹介します。

①JAL普通カード

マイル初心者で少しずつJALマイルを貯めてみたいなら「JAL普通カード」

これからJALマイルを貯め始めたい、というマイル初心者の方におすすめなのが「JAL 普通カード

JALカードの中で一番グレードの低い一般カードです。
一番グレードが低いからJALマイルが貯まりづらいのでは...?と心配するかもしれません。

JAL普通カードは、オプションサービスであるショッピングマイルプレミアム(JALカード保有者の80%が加入)に加入することでJALマイル還元率1.00%と高還元率を実現できます。
この1.00%という数字は、JALカードの中で1番グレードの高いJALプラチナカードと同じ数字であり、マイルは効率的に貯まると言えます。

とはいえ、JAL便を利用したときに貯まるマイルは上位カードである、JALゴールドカードJALプラチナカードに劣ります。

なので出張や旅行で年間4回以上、JAL便を利用する場合は上位カードを検討しましょう。
逆にJAL便をそれほど利用しない場合には、JAL普通カードで十分です(実際に僕はJAL普通カードを保有しています)。

また、電子マネーと組み合わせることでかなり効率的にJALマイルを貯めることができます!

対応している電子マネーとしては、以下の3種類。

  • Suica
  • WAON
  • PASMO

たとえばWAONでいうと、

  • JALカードからWAONにチャージ(1.0%還元)
  • WAONの利用(0.5%還元)

で合計1.5%のポイント還元になります。
SuicaやPASMOも同様の流れで、より多くのJALマイルを貯めることができます。

ちなみに、ひとことにJAL普通カードと言っても種類が8種類ありますが、おもな違いは対応電子マネーです。

JAL普通カードの種類

JAL普通カードの一部

自分自身が利用する可能性が高い電子マネーに対応したJALカードを選択しましょう。

  • Suica
    →JAL普通カードSuica
  • WAON
    →JAL普通カードTOKYU POINT ClubQ カード
  • PASMO
    →JAL普通カードOP

それぞれの電子マネーに対応したオススメのJAL普通カードは上記の通りです。

おすすめポイント
  • 年会費2,200円(初年度無料)とコスト削減できる
  • 還元率1.0%の高還元率(特定オプション)
  • 毎年継続で2,000マイルもらえる
  • JAL便を利用したときに+αでJALマイルがもらえる
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • ノーマルカードなのでステイタス性がない
  • 年4回以上JAL便を利用するならゴールドがオススメ
マイルの聖書(デメリット)

初年度年会費無料なので、ポイント還元率をアップさせるショッピングマイルプレミアムに加入しても、初年度はたった3,300円で保有できます。

効率よくJALマイルをしっかり貯められるので、これからJALマイルを貯めたいという方にオススメのカードです!

JAL普通カードの詳細はこちら

JAL普通カードの申込みはこちら

※今なら入会キャンペーンで最大1,850マイルもらえます!

▼JALカードのことは以下の記事でまとめています。

②セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ ビジネス・アメックス

JALマイル還元率が1.125%とJALカードをも凌ぐ高還元率カードである「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下、セゾンプラチナ ・ビジネス)」

JAL便をそれほど利用せず、ショッピングなど中心でJALマイルを貯めるならJALカード以上にオススメです!

ところで、2019年4月よりセゾンクラッセという、自分自身のクラス(ランク)に応じて特典がプラスされました。

それによりさまざまな場面でおトクになったり、優待が受けられる新サービスが登場したのですが、セゾンクラッセを活用することでJALマイル還元率を最大1.375%になります!

※その仕組みについて、ここでは割愛します。気になる方は「セゾンクラッセの記事」をご覧ください。

高還元率なのはもちろんのこと、プラチナカードなのでそのほかの特典も魅力的です。

24時間365日、専任のスタッフが対応してくれるコンシェルジュサービスも受けることができたり、世界中で1,200もの空港ラウンジを利用することができるプライオリティパスが無料で付帯。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスを発行すると「プライオリティパス」という世界中の空港ラウンジを利用できる会員証みたいなカードを発行

プライオリティパスでいうと、年間で$429(約4.6万円以)かかる最上位のプレステージ会員になることができるので、これだけでも年会費以上の価値です。

年会費は22,000円ですが年間の利用額が、200万円を超えると次年度の年会費が11,000円に割引されます。

たった11,000円でJALカード以上にJALマイルが貯まり、しかも魅力的な特典付帯コスパ抜群のカードと言えます(※仮に22,000円だったとしても十分にコスパ抜群)。

ちなみに、2019年11月現在、セゾンプラチナ・ビジネスを2019年11月30日(土)までに申し込むと初年度年会費が無料になるキャンペーンを開催中です!

こんなキャンペーンは聞いたことがありませんので、セゾンプラチナ・アメックスが気になっている場合には、ぜひこの機会を逃さないでください(入会金・解約金はかかりません)。

ビジネスカードですが個人でも発行することができ、さらにインビテーション不要なので、誰でも申し込むことが可能です。

※実際の申し込みフォームに「会社員」という選択肢があります!

おすすめポイント
  • JALマイル還元率が常時1.125%以上
    ※最大で1.375%も実現可能
  • コンシェルジュサービスが利用できる
  • 世界中の空港ラウンジが利用できる
    $429のサービスが無償で付帯
  • 年会費22,000円とコスパ抜群
    ※年間200万円以上の利用で11,000円!
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • (しいて言うと)年会費がかかる
  • (しいて言うと)一般カードではなくビジネスカード
マイルの聖書(デメリット)

セゾンプラチナ・ビジネスの詳細はこちら

セゾンプラチナ・ビジネスの申込みはこちら

※今なら初年度の年会費無料&入会キャンペーンで9,000円相当のポイントがもらえます!

▼セゾンプラチナ ・ビジネスのことは以下の記事でまとめています。

③SPGアメックスカード【JAL系で最強】

本気でJALマイルを貯めたいなら「SPGアメックスカード」

JALマイル還元率がなんと1.25%であり、さらにJALマイルの有効期限を気にしなくてよい「SPGアメックスカード

JALマイル還元率で見たら、JALカードを普通に上回りトップクラスの還元率を誇ります・・・!

さらにSPGアメックスカードはポイントの有効期限ありません。

社会人だと、仕事や家族との予定などでいつでも旅行に行けるわけではなく、失効のリスクは比較的高いのが現実です。
マイルの失効を気にすることなくコツコツとマイルを貯めることができるのも嬉しいポイントですよ!

また貯めたポイントはJALマイルをはじめ、ANAなど40以上の航空会社のマイルに交換可能。
なので、JAL以外の航空会社に乗りたくなった時に対応できるのは他のカードにはないSPGアメックスならではの魅力です。

+ クリックして下さい

アライアンス航空会社名
スターアライアンスANA
ユナイテッド航空
シンガポール航空
タイ国際航空
ルフトハンザ・ドイツ航空
エアカナダ
ニュージーランド航空
エアチャイナ
南アフリカ航空
ターキッシュエアラインズ
コパ航空
アシアナ航空
エーゲ航空
TAPポルトガル航空
アビアンカ航空
ワンワールドJAL
キャセイパシフィック航空
ブリティッシュエアウェイズ
カタール航空
アメリカン航空
カンタス航空
イベリア航空
LATAM航空
スカイチームデルタ航空
エールフランス航空
大韓航空
中国東方航空
サウジアラビア航空
アリタリア航空
アエロメヒコ航空
アエロフロート航空
非加盟エティハド航空
エミレーツ航空
ハワイアン航空
中国南方航空
アラスカ航空
ヴァージンオーストラリア航空
サウスウェスト航空
ジェットスター航空
ジェットブルー航空
ヴァージンアトランティック航空
フロンティア航空
海南航空

そして、SPGアメックスカードはもともとホテル系列のクレジットカードなので、マリオットボンヴォイ系列(マリオットやリッツ・カールトン、シェラトンなど)のゴールド会員になることができます。
ゴールド会員になると、部屋のアップグレードやアーリーチェックイン・レイトチェックアウトをはじめ、さまざまホテル優待があります!

実際に、タイのリッツ・カールトンに宿泊したときに部屋が2段階もアップグレードしました・・・!

リッツ・カールトンの客室

タイのリッツ・カールトンの「客室」

そして、そのような高級ホテルに毎年のように無料宿泊できる権利をもらえるので、年会費が34,100円であるものの、一瞬でペイできてしまいます。

もしも年1くらいでいいホテルに泊まるなら、SPGアメックスを持たないと損と言っても過言ではありません・・・!

おすすめポイント
  • マイル還元率が1.25%
  • 40以上のマイルに交換できる
  • (実質)マイルの有効期限なし
  • 毎年高級ホテルに無料宿泊可能
  • SPG系列で上級会員になれる
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • 年会費34,100円かかる
  • 初年度は無料宿泊の権利なし
マイルの聖書(デメリット)

ショッピング中心かつ全力でJALマイルを貯めたいならSPGアメックスで決まりです!

陸マイラーの間で人気沸騰中で、このカードをメインカードとしている方がどんどん増えています。

SPGアメックスの詳細はこちら

SPGアメックスの申込みはこちら

※入会キャンペーンで最大10,000マイル相当がもらえます!

▼SPGアメックスカードのことは以下の記事でまとめています。

もしもどの航空会社のマイルを貯めるか絞れないなら・・・

もしかすると「JALマイルがオススメと言われても、どこか決めきれない・・・」ということもあり得るかと思います。

そんなときには、貯めたポイントをさまざまな航空会社のマイルに交換できるクレジットカードを利用するのがオススメです!

ポイントをさまざまな航空会社のマイルに交換できるクレジットカードを持つべし!

たとえば、SPGアメックスカードというカードであれば、貯めたポイントを40以上の航空会社のマイルに交換することができます。

ワンワールドでいうと、JALマイルに交換できるのはもちろん、キャセイパシフィック航空やカタール航空をはじめ8社ものマイルに交換できます。

40社以上のマイルに交換できる「SPGアメックスカード」

JALマイルを貯めるのにオススメなSPGアメックスカード

マイル還元率がなんと1.25%であり、さらにマイルの有効期限を気にしなくてよい「SPGアメックスカード

SPGアメックスカードを利用して獲得できるポイントはマイルではなく、あくまでSPGアメックスカードのポイントです。
SPGアメックスカードのポイントをマイル交換するときのレートが(基本的に)1.25%なので、マイル還元率が1.25%というわけです。

貯めたポイントはJALマイルをはじめ、キャセイパシフィック航空やカタール航空をはじめワンワールド加盟航空のうち8社ものマイルに交換可能。
なので、どの航空会社のマイルを貯めようか絞れない場合に、オススメのクレジットカードなのです。

+ 交換できるマイル一覧を見る(クリックして開く)

アライアンス航空会社名
スターアライアンスANA
ユナイテッド航空
シンガポール航空
タイ国際航空
ルフトハンザ・ドイツ航空
エアカナダ
ニュージーランド航空
エアチャイナ
南アフリカ航空
ターキッシュエアラインズ
コパ航空
アシアナ航空
エーゲ航空
TAPポルトガル航空
アビアンカ航空
ワンワールドJAL
キャセイパシフィック航空
ブリティッシュエアウェイズ
カタール航空
アメリカン航空
カンタス航空
イベリア航空
LATAM航空
スカイチームデルタ航空
エールフランス航空
大韓航空
中国東方航空
サウジアラビア航空
アリタリア航空
アエロメヒコ航空
アエロフロート航空
非加盟エティハド航空
エミレーツ航空
ハワイアン航空
中国南方航空
アラスカ航空
ヴァージンオーストラリア航空
サウスウェスト航空
ジェットスター航空
ジェットブルー航空
ヴァージンアトランティック航空
フロンティア航空
海南航空

そして、SPGアメックスカードはもともとホテル系列のクレジットカードなので、マリオットボンヴォイ系列(マリオットやリッツ・カールトン、シェラトンなどなど)のゴールド会員になることができ、ホテル宿泊で優待(無償アップグレードやアーリーチェックインなどなど)を受けることが可能!

実際に僕はタイのリッツ・カールトンに宿泊したときに、部屋が2段階もアップグレードしました・・・!

リッツ・カールトンの客室

タイのリッツ・カールトンの「客室」

そして、マリオットボンヴォイに加盟する高級ホテルに毎年のように無料宿泊できる権利をもらえるので、年会費が34,100円なものの、一瞬でペイできてしまいます・・・!

マイルを貯めるということは、旅行をするということ。
1年に一回の旅行なら、航空券をマイルでお得にして、SPGアメックスカードの特典で1泊はいいホテル、なんて旅行のしかたができます!

ショッピング中心かつ全力でJALマイルを貯めたいならSPGアメックスで決まりです!

陸マイラーの間で人気沸騰中で、このカードをメインカードとしている方がどんどん増えています。

おすすめポイント
  • マイル還元率1.25%とJALカード以上を誇る
  • 有効期限を気にせずにマイルを貯めることができる
  • 40以上の航空会社のマイルに交換できる
  • 毎年マリオット系列の高級ホテルに1泊無料宿泊できる
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • 年会費が34,100円と高め
  • ゴールドカードの位置付けだが、カードフェイスが赤色
マイルの聖書(デメリット)

高還元率&有効期限なし&ポイントは40ものマイルに交換可能と、まさにマイルを貯める人のために発行されているようなカードです!

マイルを貯める人の中で人気沸騰中であり、僕も発行して利用しています。

SPGアメックスの詳細はこちら

SPGアメックスの申込みはこちら

※今なら最大10,000マイル相当がもらえます!

▼SPGアメックスカードのことは以下の記事でまとめています。

まとめ:マイルを活用してお得にワンワールド加盟航空会社を利用しよう!

以上、ワンワールド加盟航空会社のマイル・マイレージについてでした。

ややこしい部分もあったと思いますが、基本的にはJALマイルを貯めることで、ワンワールド加盟の航空会社にマイルで乗れる可能性がグッと近づきます。

なので、ぜひJALマイルを貯めはじめることからスタートしてみてください。

ちなみに、この記事内で紹介したカードは以下の3枚です。

JAL普通カード

ショッピングでもフライトでもJALマイルを貯められるJALカード。
年会費2,200円(初年度無料)と、お金をあまりかけずにJALマイルを貯められます。
マイル初心者の場合には、まずはJALカードからスタートは無難でオススメ!

詳細はこちら 申込はこちら
セゾンプラチナ ビジネス・アメックス

マイル還元率1.125%と高還元率であるセゾンプラチナ・アメックス。
年会費が11,000円(割引後)なのに、空港ラウンジ特典やコンシェルジュサービス付き!
今なら年会費が初年度無料のキャンペーン中!お試しで使ってみるのもアリ。

詳細はこちら 申込はこちら
SPGアメックスカード

マイル還元率1.25%と高還元率であるSPGアメックスカード。
さらに貯めたポイントは40社以上ものマイルに交換可能であり、ポイント有効期限は無期限!
また、2年目以降は年1で高級ホテルに1泊無料宿泊特典まで付帯しています。

詳細はこちら 申込はこちら

どのカードを選んでも、効率的にJALマイルを貯めることができるおすすめなクレジットカードです。

また、もしもJALマイルに絞りたくない・・・という場合には、貯めたポイントをさまざまな航空会社のマイルに交換できるクレジットカードを選びましょう。

SPGアメックスカードなら、ワンワールドの加盟航空会社15のうち8社もの航空会社のマイルに交換できるので、迷っている方にとてもおすすめですよ!

この記事のまとめ!

飛行機をマイルでお得に利用するには、当たり前ですがマイルを貯めなければいけません。

マイルはややこしく、理解するのが大変ですので、よくわからなくても貯め始めるのがおすすめです!

貯めているうちに理解度が高まってきます。

迷っていれば迷っているだけ、獲得できたマイルを逃して損している状態なので、もったいないですからね・・・!

この記事で、あなたがマイルを貯めて、お得にワンワールド加盟航空会社を利用できるきっかけが作れたら嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

-マイルの貯め方
-

Copyright© マイルの聖書 , 2019 All Rights Reserved.