【最新版】クレジットカードの入会キャンペーン情報まとめ!一気に大量マイルを手に入れるチャンス

更新日:

マイルキャンペーン

「マイルって少しずつしか貯まらない...」
「一気に貯まる方法があれば知りたい」

マイルは飛行機に乗ったり、ふだんのカード決済でコツコツと貯めるので、なかなかたくさんのマイルを貯めることは難しいのが現実です。

とはいえ、コツコツ貯めたとしても1年でハワイ往復分も十分可能なので、ぜひ飛行機やカード決済でもマイルを貯めることをオススメします。

コツコツ貯めるのもいいけど、なかなか貯まらずもどかしい!という方は、クレジットカードの入会キャンペーンを活用して一気にマイルを貯めるという方法を取り入れてもいいかもしれません。

なんと一発でハワイ往復、それもビジネスクラスでできるほどの大量マイルを獲得できるキャンペーンもあります!

ANAビジネスクラスの座席

ANAのビジネスクラスの座席

ANAビジネスクラスの朝食(洋食)

ANAビジネスクラスの食事

ふつうに自費で行こうものなら、50万円以上は必要であろうビジネスクラスを、カードの入会キャンペーンで利用できるなんて驚きですよね...

ちなみに筆者自身もキャンペーンを活用して、ハワイ往復分のマイルを獲得しました!
もともと発行予定のカードがキャンペーンを開催したので、すぐに申し込みをしたのですが、ラッキーすぎると興奮したを覚えています。

この記事では、キャンペーンを活用するときの注意点と、今熱い入会キャンペーンを厳選して紹介します。

>>早速オススメのキャンペーンを見る(記事内で該当箇所に移動)

クレジットカードの入会キャンペーンの活用の注意点

クレジットカードの入会キャンペーンを活用するときの注意点について、先にお伝えしておきます。

  • カードの発行しすぎ
  • キャンペーンの条件を確認

それぞれ説明します。

カードの発行しすぎはNG

カードのキャンペーンを使い倒してマイルを荒稼ぎしている方もいますが、オススメできません。

あくまで個人的な考えですが「キャンペーンでマイルをもらったら即解約」みたいなカード会社に不利益なことをしすぎてしまうと、長い目でみてカード会社側もキャンペーンをやってくれなくなってしまう可能性すらあります。

そうなると、あなた自身も機会損失になってしまうかもしれませんし、今後マイルを貯めたいという方のチャンスを奪ってしまうことにもなり得ます。

なので当サイト「マイルの聖書」の読者さまは、出来ればキャンペーンの食い逃げみたいなことはできる限りで構わないので、避けていただけると嬉しいです...!

ちなみにカード申し込みは1ヶ月に3枚ほどまでに抑えておくのがいいと言われています(そんなに一気に発行するケースは稀だと思いますが...)。

中には1ヶ月で10枚以上も審査通過したという方もいるみたいですが、申し込みが多すぎると無条件で審査落ちする可能性もあるみたいです(カード会社はCICという個人信用情報を活用して、いつどんなカードに申し込みしたか確認できます)。

キャンペーンの条件が厳しい可能性もあり

キャンペーンで大量のマイルをもらえるとしても、よくよく条件をみるとキビシイものもあります。

たとえば2019年10月現在、ANAダイナースカードが最大71,000マイルも獲得できるキャンペーンを開催しています。

▼ANAダイナースのキャンペーン



>>ANAダイナースの公式サイトはこちら

71,000マイルあるとビジネスクラスでハワイや欧米など往復できるのですが、夢が広がりますよね...!

しかし、内訳をみると、条件のひとつに「3~4ヶ月以内に90万円以上の決済で58,000マイル(50万円で38,000マイル/90万円で20,000マイルもらえます)」とあるので、結構なカード決済をする方でないとキャンペーンの恩恵が受けられません。

投資的にちょっと無理してマイル獲得するのも一つの選択肢なのですが、あまり無理しすぎない程度にしておくのがオススメです。

タクマ

ここから本題です!

2019年10月現在でオススメなクレジットカードの入会キャンペーンを厳選して紹介します!

当サイトはマイルに関する情報サイトなので、マイルが貯まるカードに限定していますので、その点ご了承ください。

2019年10月版!大量マイルが獲得できるおすすめ入会キャンペーン

ANAマイルを貯める場合と、JALマイルを貯める場合の2パターンで紹介します。

激アツ!今オススメのキャンペーン

▼ANAマイルを貯める場合

  • ANAアメックスゴールド:
    最大60,000マイル
  • ANAアメックスカード:
    最大35,000マイル
  • ANAダイナースカード :
    最大71,000マイル

▼JALマイルを貯める場合

  • セゾンプラチナ・ビジネス:
    9,000マイル
  • SPGアメックスカード:
    10,000マイル

ANAマイルを貯めたい場合

おすすめの入会キャンペーンは以下の3枚のカードです。

※表を左右にスクロールできます。

カード名 獲得マイル数
(最大)
ポイント獲得
難易度
ANAアメックスゴールド
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
60,000
マイル
高いが
ダイナースより低い
ANAアメックス
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
35,000
マイル
比較的低い
ANAダイナース
ANAダイナースカード
71,000
マイル
高い

それぞれのカードの概要とキャンペー条件を説明します。

ANAアメックスゴールドカード

ANAアメックスゴールド

ANAアメックスゴールドカードは、2019年10月現在、最大で60,000マイル相当のポイントを獲得できるキャンペーンを開催しています。

キャンペーンの内訳は以下の通りです。

  1. 入会特典:
    2,000マイル
  2. 入会後3カ月以内にカード利用金額が合計10万円:
    5,000ポイント
  3. 入会後3ヶ月以内にカード利用金額が合計70万円:
    23,000ポイント
  4. 入会後3ヶ月以内にカード利用金額が合計100万円:
    20,000ポイント
  5. 通常ポイント(100万円決済時):
    10,000ポイント

アメックスカードとしての入会キャンペーンと、ANAカードとしての入会キャンペーンを合わせると、なんと最大60,000マイル・・・!

これだけマイルがあると、ハワイにビジネスクラスで行くこともできます。

>>ANAアメックスゴールドのキャンペーン情報を確認する(公式サイト)

ちなみに筆者も、ANAアメックスゴールドカードをキャンペーンのときに発行し、60,000マイルほど獲得した経験があります。

ANAアメックスゴールドカード

僕自身も発行してみました!

今はANAマイルを貯めるときのメインカードとして利用する機会がとても多いです。

ANAアメックスゴールドカードの基本スペックは、以下の通りです。

カード名 ANAアメリカン・エキスプレス・
ゴールド・カード
国際ブランド AMEX
年会費(税抜) 34,100円
家族カード 17,050円
ANAマイル還元率 1.0%
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行保険 最高5,000万円
ショッピング保険 500万円

ANAアメックスカードの上位カードである、ANAアメックスゴールドカード。

ふだんの決済で貯まるマイルはANAアメックスカードと同じですが、旅行保険が充実したり、付帯特典が増えたりします。

ANAマイルを貯めるという観点でいうとANAアメックスでもいいかな、という印象ですが、ステータス性もあって、旅行保険も充実してた方がいい!という場合におすすめです。

ANAアメックスゴールドの詳細はこちら

ANAアメックスゴールドの申込みはこちら

ANAアメックスカード

ANAアメックス

ANAアメックスは、2019年10月現在、最大で35,000マイル相当のポイントを獲得できるキャンペーンを開催しています。

キャンペーンの内訳は以下の通りです。

  1. 入会特典:
    1,000マイル
  2. 入会後3カ月以内にカード利用金額が合計1万円:
    500ポイント
  3. 入会後3カ月以内にカード利用金額が合計30万円:
    4,000ポイント
  4. 入会後3カ月以内にカード利用金額が合計70万円:
    22,500ポイント
  5. 通常ポイント(70万円決済時)
    7,000ポイント

※10/1に申し込んで10/14発行した場合は1/14までに決済していればOKです(引き落としまで完了していなくてもOKです)。

3ヶ月で70万円の決済は少しハードルが高いです。

ですが、もしも達成できれば最大35,000マイル相当のポイントを獲得でき、いきなりヨーロッパやハワイなどに行ける分のマイルが獲得できます・・・!

>>ANAアメックスのキャンペーン情報を確認する(公式サイト)

ANAアメックスカードの基本スペックは、以下の通りです。

カード名 ANAアメリカン・
エキスプレス・カード
国際ブランド AMEX
年会費 7,700円
家族カード 2,750円
継続ボーナス 1,000ANAマイル
ANAマイル還元率 1.0%
海外旅行保険 最高3,000万円
国内旅行保険 最高2,000万円
ショッピング保険 200万円

ANAアメックスカードは、万能なANAカードです。

ANAマイル還元率は1.0%であり、年会費は7,700円。
一般カードとしては、少し年会費が高い印象を受けるかもしれません。

しかしカードスペックや特典は他のカードのゴールドカード級といっても過言ではありません。

旅行保険が充実していたり、国内主要空港のラウンジが同伴者1名まで無料で利用可能です!

ふだん使いするのもオススメのANAカードです。

ANAアメックスの詳細はこちら

ANAアメックスの申込みはこちら

ANAダイナースカード

anaダイナース

ANAダイナースカードは、2019年10月現在、最大で71,000マイル相当のポイントを獲得できるキャンペーンを開催しています。

キャンペーンの内訳は以下の通りです。

  1. 入会:
    2,000マイル
  2. 入会後、期間内に50万円の利用:
    38,000マイル
  3. 入会後、期間内に90万円の利用:
    20,000マイル
  4. 90万円利用時の通常ポイント:
    9,000マイル
  5. 家族カードとビジネスカードの追加:
    2,000マイル

一部、期間内とありますが、以下のように設定されています。

カード発行月 有効期限月 集計期間 特典加算時期
10月 11月 2019年10月16日
~2020年1月31日
2020年7月下旬
11月 12月 2019年11月1日
~2020年2月29日
12月 1月 2019年12月1日
~2020年3月31日
1月 2月 2020年1月1日
~2020年4月30日
2月 3月 2020年2月1日
~2020年5月31日

※仮に申し込みを10/16にした場合で、カード発行されたのが10/25だったとすると、有効期限月が11月になります。
※発行したANAダイナースに結びついているビジネスカードや家族カードも利用実績に含めることができます。

おおよそ3~4ヶ月間が集計期間です。

90万円のハードルは高いですが、もしも達成できれば最大71,000マイル相当のポイントを獲得でき、いきなりハワイにビジネスクラスで往復できるほどのマイルが獲得できます・・・!

>>ANAダイナースのキャンペーン情報を確認する(公式サイト)

ANAダイナースカードの基本スペックは、以下の通りです。

カード名 ANAダイナースカード
国際ブランド ダイナース
年会費 29,700円
継続ボーナス 2,000ANAマイル
ANAマイル還元率 1.0%
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行保険 最高1億円
ショッピング保険 500万円

ANAアメックスカードは、ANAマイルを貯めつつ、旅行や食事(ダイニング)などで贅沢をしたい方向けのクレジットカードです。

エグゼクティブダイニングという人気高級レストランを2名様で利用した場合、コース料金1名様分が無料になるというサービスを提供していたり、国内外850カ所以上の空港ラウンジが利用可能、さらに旅行保険まで充実しているカードです。

ダイナースカードはVISAやMasterCardと比べると世界シェアが少ないので、使えない場面がちらほらあるのがデメリットですが、カード特典を考えるととても魅力的なカードです。

ANAダイナースの詳細はこちら

ANAダイナースの申込みはこちら

JALマイルを貯めたい場合

JALマイルが貯まりやすいJALカードはあまり魅力的なキャンペーンを開催しておらず、もしも入会キャンペーンでマイルを貯めるなら「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」か「SPGアメックスカード」がオススメです。

カード名 獲得マイル数
(最大)
ポイント獲得
難易度
セゾンプラチナ・ビジネス
セゾンプラチナカードアメックスビジネス
9,000マイル 比較的低い
SPGアメックスカード
SPGアメックス
10,000マイル かなり低い

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンプラチナ ビジネス・アメックス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード(以下、セゾンプラチナ・ビジネス)は、最大で9,000マイル相当のポイントを獲得できます。

キャンペーンの内訳は以下の通りです。

  • カード発行月の翌々月末までに10万円(税込)以上のショッピング:
    1,200ポイント(6,000マイル相当)
  • カード発行月の翌々月末までに1回以上のキャッシングの利用:
    300ポイント(1,500マイル相当)
  • 追加カード(家族カードや社員用カード)の発行:
    300ポイント(1,500マイル相当)

>>セゾンプラチナ・ビジネスのキャンペーン情報はこちら(公式サイト)

セゾンプラチナ・ビジネスの基本スペックは、以下の通りです。

年会費 22,000円
※年間200万円以上利用で次年度半額
家族カード年会費 3,300円
JALマイル還元率 1.125%
※最大1.375%*
マイル
移行手数料
無料
海外旅行
障害保険
最高1億円
航空機遅延保険 最大16万円
国内旅行
障害保険
最高5,000万円
ショッピング保険 300万円
空港ラウンジ 世界1,200箇所以上
コンシェルジュ あり
発行スピード 最短3営業日

JALマイル還元率が1.125%とJALカードをも凌ぐ高還元率カードである「セゾンプラチナ・ビジネス

JAL便をそれほど利用せず、ショッピングなど中心でJALマイルを貯めるならJALカード以上にオススメです!

高還元率なのはもちろんのこと、プラチナカードなのでそのほかの特典も魅力的です。

24時間365日、専任のスタッフが対応してくれるコンシェルジュサービスも受けることができたり、世界中で1,200もの空港ラウンジを利用することができるプライオリティパスが無料で付帯。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスを発行すると「プライオリティパス」という世界中の空港ラウンジを利用できる会員証みたいなカードを発行

プライオリティパスでいうと、年間で$429(約4.6万円以上)かかる最上位のプレステージ会員になることができるので、これだけでも年会費以上の価値です。

通常の年会費は22,000円です。
しかし、年間の利用額が200万円を超えると次年度の年会費が11,000円に割引されます。

たった11,000円でJALカード以上にJALマイルが貯まり、しかも魅力的な特典付帯コスパ抜群のカードと言えます(※仮に21,600円だったとしても十分にコスパ抜群と言えます)

ビジネスカードですが個人でも発行することができ、さらにインビテーション不要なので、誰でも申し込むことが可能です。

※実際の申し込みフォームに「会社員」という選択肢があります!

セゾンプラチナ ・ビジネスの詳細はこちら

セゾンプラチナ ・ビジネスの申込みはこちら

SPGアメックスカード

SPGアメックスカード

SPGアメックスカードは、最大で10,000マイル相当のポイントを獲得できます。

キャンペーンの内訳は以下の通りです。

  • 入会後3ヶ月以内に10万円以上の利用:
    30,000ポイント(10,000マイル相当)

>>SPGアメックスカードのキャンペーン情報はこちら(公式サイト)

SPGアメックスカードの基本スペックは、以下の通りです。

年会費 34,100
家族カード年会費 17,050円
JALマイル還元率 1.25%
マイル
移行手数料
無料
海外旅行
障害保険
最高1億円
国内旅行
障害保険
最高5,000万円
ショッピング保険 500万円
空港ラウンジ 国内主要空港
ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)
※同伴者も1名まで無料
発行スピード 4週間ほど

マイル還元率がなんと1.25%であり、さらにJALマイルの有効期限を気にしなくてよい「SPGアメックスカード

通常マイル還元率で見たらJALカードを超えます。

さらにSPGアメックスカードはポイントの有効期限ありません。

社会人だと、仕事や家族との予定などでいつでも旅行に行けるわけではなく、失効のリスクは比較的高いのが現実です。
マイルの失効を気にすることなくコツコツとマイルを貯めることができるのも嬉しいポイントです!

また貯めたポイントはJALマイルだけではなく、ANAをはじめ40以上の航空会社のマイルに交換可能。
なので、ANAとJALのどちらのマイルを貯めようか悩んでいる人にSPGアメックスはピッタリです!

+ 交換できるマイル一覧(クリックして開く)

アライアンス航空会社名
スターアライアンスANA
ユナイテッド航空
シンガポール航空
タイ国際航空
ルフトハンザ・ドイツ航空
エアカナダ
ニュージーランド航空
エアチャイナ
南アフリカ航空
ターキッシュエアラインズ
コパ航空
アシアナ航空
エーゲ航空
TAPポルトガル航空
アビアンカ航空
ワンワールドJAL
キャセイパシフィック航空
ブリティッシュエアウェイズ
カタール航空
アメリカン航空
カンタス航空
イベリア航空
LATAM航空
スカイチームデルタ航空
エールフランス航空
大韓航空
中国東方航空
サウジアラビア航空
アリタリア航空
アエロメヒコ航空
アエロフロート航空
非加盟エティハド航空
エミレーツ航空
ハワイアン航空
中国南方航空
アラスカ航空
ヴァージンオーストラリア航空
サウスウェスト航空
ジェットスター航空
ジェットブルー航空
ヴァージンアトランティック航空
フロンティア航空
海南航空

そして、SPGアメックスカードはもともとホテル系列のクレジットカードなので、マリオットボンヴォイ加盟ホテル(マリオットやリッツ・カールトン、シェラトンなどなど...)のゴールド会員になることができ、ホテル宿泊で優待を受けることが可能です。

実際に僕はタイのリッツ・カールトンに宿泊したときに、部屋が2段階もアップグレードしました・・・!

リッツ・カールトンの客室

タイのリッツ・カールトンの「客室」

そして、そのような高級ホテルに毎年のように無料宿泊できる権利をもらえるので、年会費が34,100円なものの、一瞬でペイできてしまいます・・・!

ショッピング中心かつ全力でJALマイルを貯めたいならSPGアメックスで決まりです。

陸マイラーの間で人気沸騰中で、このカードをメインカードとしている方がどんどん増えています。

SPGアメックスの詳細はこちら

SPGアメックスの申込みはこちら

※入会キャンペーンで最大10,000マイル相当がもらえます!

※申し込みには事前にMarriott Bonvoy会員番号が必要です(申し込みフォームの途中で会員登録できます)

まとめ:入会キャンペーンで大量のマイルを獲得しよう!

もしも自分が気になるカードがあり、条件もクリアできそうでしたら、ぜひこの機会にキャンペーンを活用してマイルを獲得しください。

今は増税によるキャッシュレス還元があり、カード会社も顧客を獲得するために気合の入ったキャンペーンを開催しており、次いつ魅力的なキャンペーンがあるかわかりません。

なので、このチャンスは逃さないように注意してください...!

以上、2019年10月現在での、おすすめ入会キャンペーン情報でした。

▼この記事で紹介したカード(券種名をクリックすると公式サイトに移動できます)

カード名 獲得マイル数(最大)
ANAアメックスゴールド
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
60,000マイル
ANAアメックス
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
35,000マイル
ANAダイナース
ANAダイナースカード
71,000マイル
セゾンプラチナ・ビジネス
セゾンプラチナカードアメックスビジネス
9,000マイル
SPGアメックスカード
SPGアメックス
10,000マイル

-キャンペーン情報

Copyright© マイルの聖書 , 2019 All Rights Reserved.