【200名アンケート調査】ANAとJALを徹底比較2019!人気&オススメなのはどっち・・・?!

ANAとJALの比較

「ANAとJALって結局どっちが人気なの?」
「ANAとJAL、マイルを貯めるならどっち?」
「上級会員になった時のサービスの差は?」

ANAかJALか・・・就航路線やマイルの貯めやすさ、上級会員のサービスの差など、さまざまな点でどっちの航空会社がいいの?!という議論はつきません。

そこで「ANAかJALか」という議論に終止符を打つべく、200名の方にアンケートを取りました!

そのアンケート結果をもとに、さまざまな点においてANAとJALを比較していきます。

【200名にアンケート調査】ANAとJAL:あなたはどっち派?!

アンケート対象者は以下の通りであり、Lancers(クラウドソーシングのプラットフォーム)にて調査しました。

  • 性別
    男性:93名
    女性:107名
  • 年代
    〜20代:23名
    30代:62名
    40代:70名
    50代〜:43名

早速ですが、アンケート結果を紹介します!

ANAとJAL:あなたはどっち派?!

ANAとJALの比較

ANAが116名であり、JALが84名という結果でした!

どの年代が、どちらの航空会社を支持しているか、というところまで見てみます。

ANAとJALの年代別の割合は以下の通りでした。

ANAJAL
〜20代26%73.9%
30代56.5%43.5%
40代61.4%38.6%
50代〜67.4%32.6%

※小数点第2位を四捨五入しました。

〜20代はJAL派が多く、40代〜はANA派が多いのがわかります。

上記のような結果になった要因は以下のような点が考えられます。

  • JALはCMキャラクターに嵐を起用したため
    →〜20代の若い層を取り入れるのに成功している
  • JALは1985年の死者数520名にのぼった墜落事故のインパクトが大きい
    →40代〜の世代の記憶に残っている
  • JALは2008年に破綻している
    →40代〜の世代の記憶に残っている
  • 木村拓哉と黒木瞳などが出演するGOOD LUCK!!の舞台がANAだった
    →40代〜の世代の記憶に残っている

こんな簡単な理由だけではないと思いますが、大きな要因にはなっているはずでしょう。

※JALは1985年墜落事故を起こしましたが、機体はボーイング(アメリカの世界最大の航空宇宙機器開発製造会社)が作っているので、一概にJALが悪いというわけではないと筆者は考えます。また、ANAも1966年に乗員乗客133人全員が死亡した墜落事故を起こしていたりします。

※ANAとJALでいうと、2007年3月13日のANA1603便にて車輪が出なくなったため胴体着陸(死者・負傷者なし)をしたとき以来、墜落事故等は一度も起きていません。

また、支持する理由として「よく利用する空港に就航している、もしくは便が多い」というのが多くありました。

ANA派の人の口コミ

ANA派の多くの意見として「JALよりも安心できそう」というのが多くありました。

JALは1985年に墜落事故を起こし、2008年には破綻、そして最近だとパイロットの飲酒問題などがあるため、ANAの方が安心そうという印象があるのでしょうか。

日航機墜落事故が今も強く記憶に残っていて、あまりいい印象が持てないので、ANAがいいかなと思います。

50代男性

やはり、日航ジャンボ機の事故のイメージがずっと残っていて、選択できる時は絶対にANAに乗っています。

ANAも時々不祥事を起こしはしますが、あのような大事故ではないので、まだANAの方がましだと思っています。

最近もJALはパイロットの飲酒で問題を頻発させていますので、猶更信用できません。

50代男性

女満別空港を利用しますが、利用する便が ANAしかないのでこちらになります。

40代男性

仕事でよく庄内へ行きます。

庄内空港へはANAしか飛んでいないので必然的にANA派になります。

大きい空港や国際線はJALを利用しますが、ANAはマイナー空港をしっかり網羅している非旅行向け航空会社かと思います。

30代女性

ANAだと安心感があるし、なんだかカッコイイ気がします。15年くらい前のドラマでしょうか?「GOOD LUCK」というドラマがありました。

キムタクが主演でしたが、彼もカッコいいのですが、黒木瞳さんが美しかったのでANAです。(笑)

20代女性

JAL派の人の口コミ

JAL派の多くの意見として「沖縄とその周辺離島へのアクセスがしやすい」というのが多くありました。

JALは沖縄では、那覇・宮古・石垣以外にも、多良間・与那国などにも就航しており、鹿児島の離島だと奄美大島をはじめ、与論・沖永良部などにも就航しています。

海外に行き始めた20年ほど前、関西空港にはほぼJAL便しか飛んでいなかったので、その頃からマイルをJALでためていたので、今もそのままJALです。

40代女性

JAL系はJTAやRAC沖縄の離島便があるのでよく利用します。離島便の機内誌コーラルウェイをもらえるのが嬉しいです。

40代女性

私が好きなサッカーチームのスポンサーがJALなので、他社と選択できるときは必ず日本航空に乗るようにしています。

30代男性

地元の徳島空港では、JALの方が本数が多くて利用するのに便利だから。

20代女性

無料ワイファイの先駆者。無料ワイファイのサービス内容はANAよりもJALのほうが充実している印象だからです。

20代男性

ここまでのまとめ!

以上、200名のアンケート調査結果でした!

今回行った調査では、ANA派が58%とJAL派を上回る結果でした。

JALへの不安感でANAを選んでいる、という印象を受けました。

逆にJALは沖縄や鹿児島の離島に強いため、そのようなところに旅行する人の支持が多くありました。

ここからは、筆者が「就航路線」「マイルの貯めやすさ・使いやすさ」などについて比較していきます!

ANAとJALの基本スペック(設立・売上などなど)

まずは、ANAとJALの会社スペックを紹介します。

ANA(全日本空輸株式会社)

商号全日本空輸株式会社
ALL NIPPON AIRWAYS CO., LTD.
代表者代表取締役社長:
平子裕志
発足1952年12月
資本金25,000百万円
売上1.765兆円
従業員数14,242名
2019年3月31日現在
主な事業内容
  • 定期航空運送事業
  • 不定期航空運送事業
  • 航空機使用事業
  • その他附帯事業

引用:ANA公式サイト

JAL(日本航空株式会社)

商号日本航空株式会社
Japan Airlines Co., Ltd.
代表者代表取締役社長執行役員:
赤坂祐二
発足1951年8月1日
資本金355,845百万円
売上1.336兆円
従業員数12,750名
2019年3月現在
主な事業内容
  • 定期航空運送事業及び
    不定期航空運送事業
  • 航空機使用事業
  • その他附帯する
    又は関連する一切の事業

引用:JAL公式サイト

ANAとJALを比較①運航路線の違い

運航路線を比較してみます。

国内線だとJALが強く、国際線だとANAが強い印象です!

国内線の場合

県庁所在地など、主要な都市への就航はANAもJALも網羅的にある印象ですが、ANAに長野県がJALに佐賀県が就航していないなど、若干の差があります。

また、県庁所在地以外となると、まちまちですが、どちらかというとJALの方が運行路線が多いです。

とくに鹿児島や沖縄などの離島には圧倒的にJALが強いと言えます。

余談ですが、筆者は沖縄や鹿児島の離島をよく訪れるので、なんだかんだJALに多く乗っています!

JALが運行する奄美大島

奄美大島の海

それぞれの航空会社の運行路線は以下の通りです。

ANAの運行路線

ANAの運行路線

+ 空港一覧(クリックして開く)

地方地点数都市
北海道9利尻/稚内/紋別/女満別/旭川/釧路/
札幌(新千歳)/函館/中標津
東北5青森/秋田/山形/仙台/福島
関東
中部
6新潟/東京(成田)/東京(羽田)/小松/
静岡(c)/名古屋(中部)/
関西
中国
四国
13大阪(伊丹)/大阪(関西)/岡山/広島/米子/鳥取
山口宇部/石見/岩国/徳島/高松/高知/松山
九州9福岡/対馬/大分/長崎/五島福江/
佐賀/熊本/宮崎/鹿児島/
沖縄3那覇/宮古/石垣/

JALの運行路線

JALの運行路線

+ 空港一覧(クリックして開く)

地方地点数都市
北海道9女満別/旭川/釧路/帯広/札幌(新千歳)/函館/
札幌(丘珠)/利尻/奥尻
東北6青森/三沢/秋田/花巻/山形/仙台
関東
中部
8新潟/東京(成田)/東京(羽田)/
松本/小松/静岡(c)/
名古屋(中部)/名古屋(小牧(c))
関西
中国
四国
13大阪(伊丹)/大阪(関西)/
南紀白浜/但馬/岡山/広島
山口宇部/出雲/隠岐/
徳島/高松/高知/松山
九州15福岡/北九州/大分/長崎/
熊本/宮崎/鹿児島/種子島/天草(c)
屋久島/喜界島/奄美大島/
徳之島/沖永良部/与論
沖縄8那覇/北大東/
南大東/久米島/
宮古/多良間/
石垣/与那国

国際線の場合

国内線の運航路線はJALの方が多いですが、国際線はANAの方が充実しています。

ハワイ・ホノルル線に限ってはJALの方が取りやすいことで有名でしたが、2019年5月にANAがオール2階建てのA380を導入し、ANAハワイ便の座席数が一気に増加したため、ハワイ・ホノルル線はイーブンになった印象です。

ANAでハワイを訪れたことがあります

ANAでハワイを訪れたことがあります

ANAの運行路線

ANAは、以下の208路線に就航しています。

  • アジア:
    43路線
  • 北米:
    14路線
  • ヨーロッパ:
    7路線
  • オセアニア:
    2路線
  • 中米・カリブ:
    1路線

JALの運行路線

JALは、以下の144路線に就航しています。

  • アジア:
    33路線
  • 北米:
    15路線
  • ヨーロッパ
    5路線
  • オセアニア
    3路線
  • 中米・カリブ
    なし

ANAとJALを比較②マイルの貯めやすさ・使いやすさ

続いては、マイルの貯めやすさ・使いやすさの観点でANAとJALを比較してみます。

マイルの貯めやすさ

マイルを貯める方法として、飛行機搭乗・クレジットカードの活用などがありますが、とくに大きな違いはありません。

細かく見ると、クレジットカードを利用したときのマイル還元率がJALよりもANAの方が高い傾向にあります。

JALカードは基本的にはマイル還元率が1.00%(100円ごとに1マイル)ですが、ANAカードの場合だと最大でマイル還元率1.50%を実現できるカードもあります(最高位のプレミアムカードなので、年会費はなんと70,000円〜155,000円)。

▼ANAマイルを貯めるのにオススメなクレジットカード

オススメのANAカード
おすすめのANAカード決定版2019!18種類のANAカードから現役の陸マイラーが厳選&比較してオススメを紹介!

「ポイント還元率」と「マイル還元率」を区別しておかないと、間違ったカード選びをしてしまう原因になりますので気をつけてください。 ANA便利用時に+αのANAマイルがもらえる ANA便に乗ると、フライト ...

続きを見る

▼JALマイルを貯めるのにオススメなクレジットカード

オススメのJALカード
おすすめのJALカード決定版2019!20種類のJALカードから現役の陸マイラーが厳選&比較してオススメを紹介!

ひとことにJALカードといっても、お買い物でJALマイルが貯まりやすいカードや飛行機搭乗時にJALマイルが貯まりやすいカード、付帯特典まで充実したカードなどさまざま。 また、JAL便に乗らずにふだんの ...

続きを見る

マイルの使いやすさ

マイルの使い道は、ほとんどの場合で「特典航空券」だと思いますので、ここでは「マイルの使いやすさ=特典航空券の発券のしやすさ」と定義して進めていきます。

マイルで特典航空券を発券する場合、運航路線・必要マイル数・発券のしやすさ(開放数)などが、マイルの使いやすさに直結します。

▼ANAマイルの使い道

マイルの使い方
航空券?ホテル?現金化?ANAマイルのお得な使い方・使い道とその手順を全まとめ

マイルはどんなものに使えるの? マイルを貯めたはいいけどお得に使う方法は? マイルといえば航空券と交換するイメージが強いですが、航空券以外にも使い道があります。 今回は「マイルのお得な使い方」と「AN ...

続きを見る

▼JALマイルの使い道

?ANAマイルのお得な使い方・使い道
JALマイルの使い方とお得な交換先まとめ!航空券から現金化(換金)まで紹介

JALマイルを貯めたはいいけど特典航空券以外にも使い方を知りたい! もしかすると有効期限が来てしまい、致し方なく別のものに交換したかったり、有り余ってるから特典航空券以外にも使いたい、ということもある ...

続きを見る

運航路線(国内線)の比較

どちらかというとJALの方が運行路線が多いです。とくに鹿児島や沖縄などの離島には圧倒的にJALが強いと言えます。

しかし、JALが就航していない都市にANAが就航しているケースもあるので、自分がよく利用する都市からANAとJALを選択するのがオススメです。

+ 空港一覧(クリックして開く)

▼ANA

地方地点数都市
北海道9利尻/稚内/紋別/女満別/旭川/釧路/
札幌(新千歳)/函館/中標津
東北5青森/秋田/山形/仙台/福島
関東
中部
6新潟/東京(成田)/東京(羽田)/小松/
静岡(c)/名古屋(中部)/
関西
中国
四国
13大阪(伊丹)/大阪(関西)/岡山/広島/米子/鳥取
山口宇部/石見/岩国/徳島/高松/高知/松山
九州9福岡/対馬/大分/長崎/五島福江/
佐賀/熊本/宮崎/鹿児島/
沖縄3那覇/宮古/石垣/

▼JAL

地方地点数都市
北海道9女満別/旭川/釧路/帯広/札幌(新千歳)/函館/
札幌(丘珠)/利尻/奥尻
東北6青森/三沢/秋田/花巻/山形/仙台
関東
中部
8新潟/東京(成田)/東京(羽田)/
松本/小松/静岡(c)/
名古屋(中部)/名古屋(小牧(c))
関西
中国
四国
13大阪(伊丹)/大阪(関西)/
南紀白浜/但馬/岡山/広島
山口宇部/出雲/隠岐/
徳島/高松/高知/松山
九州15福岡/北九州/大分/長崎/
熊本/宮崎/鹿児島/種子島/天草(c)
屋久島/喜界島/奄美大島/
徳之島/沖永良部/与論
沖縄8那覇/北大東/
南大東/久米島/
宮古/多良間/
石垣/与那国

運航路線(国際線)の比較

ANAとJALだけで考えると、運航路線はそれぞれ以下の通りです。

▼ANA

  • アジア:
    43路線
  • 北米:
    14路線
  • ヨーロッパ:
    7路線
  • オセアニア:
    2路線
  • 中米・カリブ:
    1路線

▼JAL

  • アジア:
    33路線
  • 北米:
    15路線
  • ヨーロッパ
    5路線
  • オセアニア
    3路線
  • 中米・カリブ
    なし

しかし、それぞれのマイルを使うのは、何も自社便に限る必要はありません。

航空会社は航空連合に属していたり、提携していたりするため、さまざまな航空会社を利用することができます。

たとえば、ANAマイルでタイ国際航空を利用したり、JALマイルでエミレーツ航空を利用できたりします。

そうなると「どの航空会社でマイルの相互利用ができるのか」が重要なポイントです。

結論をいうと、数なら圧倒的にANAに軍配が上がります。そもそもの運航路線でJALを上回り、さらに属しているアライアンスの加盟航空会社数でもJALの状況を上回ります。

ちなみにANAはスターアライアンス、JALはワンワールドに属しています。

▼スターアライアンス加盟航空会社

スターアライアンス
ユナイテッド航空エーゲ航空
エア・カナダ中国国際航空
エアインディアニュージーランド航空
ANAアシアナ航空
オーストラリア航空アビアンカ航空
アビアンカ・
ブラジル航空
ブリュッセル航空
コパ航空クロアチア航空
エジプト航空エチオピア航空
エバー航空LOTポーランド航空
ルフトハンザドイツ航空スカンジナビア航空
シンセン航空シンガポール航空
南アフリカ航空スイスインターナショナル
エアラインズ
TAPポルトガル航空タイ国際航空
ターキッシュエアラインズ

▼ワンワールド加盟航空会社

ワンワールド
アメリカン航空ブリティッシュエアウェイズ
キャセイパシフィック航空フィンエアフィンランド航空
イベリア航空JAL
LATAMチリLATAMブラジル
マレーシア航空カンタス航空
カタール航空ロイヤルヨルダン航空
S7航空スリランカ航空

しかし、もしも利用したい航空会社があるなら、その航空会社を利用できる方を選択するのがオススメです。

タイ航空ビジネスクラスの座席

ANAマイルでタイ国際航空を利用

JALマイルでエミレーツ航空を利用

JALマイルでエミレーツ航空を利用

たとえばハワイアン航空を利用したいならJALマイル、という感じです(JALはハワイアン航空と提携している)。

必要マイル数の比較

貯めたマイルを航空券として交換する場合、渡航先やグレードによって必要マイル数は異なります。

また、ANAとJALでも若干ながら、必要マイル数に差があります。

+ 必要マイル数の比較表(クリックして開く)

路線ANAJAL
日本最短距離エコノミー12,00012,000
プレエコ

ビジネス

ファースト

日本最長距離エコノミー15,00015,000
プレエコ

ビジネス

ファースト

韓国エコノミー15,00015,000
プレエコ

ビジネス30,00036,000
ファースト45,000

グアムエコノミー20,00020,000
プレエコ

ビジネス40,00045,000
ファースト60,00072,000
バンコク
クアラルンプール
エコノミー35,00035,000
プレエコ51,00050,000
ビジネス60,00080,000
ファースト105,000100,000
ハワイエコノミー40,00040,000
プレエコ58,00060,000
ビジネス65,00080,000
ファースト120,000100,000
ニューヨーク
ロサンゼルス
エコノミー50,00050,000
プレエコ72,00065,000
ビジネス85,000100,000
ファースト150,000140,000
パリ
ロンドン
エコノミー55,00055,000
プレエコ77,00070,000
ビジネス90,000110,000
ファースト165,000160,000

必要マイル数が少なければ少ないほど、航空券を獲得しやすいので、もしも自分がよく行く都市が決まっていたら必要マイル数は是非参考にしてください。

まとめ:ANAかJALかは、あなた次第

200名にアンケート調査を実施し、さらに就航都市やマイルの貯めやすさ・使いやすさについて、ANAとJALで比較してみました。

結論としては「ANAかJALかは、あなた次第」です・・・

ズバッと断言できるとスッキリしたのですが、就航都市やマイルの使いやすさはANAとJALでそれぞれちがうため、人によるという結論に至りました。

ちなみに僕自身は、よく沖縄や鹿児島の離島に行くので基本JAL派なのですが、マイルはANAマイルを中心に貯めています(クレジットカードを利用した場合にANAの方が効率的にマイルが貯まるので)。

今回の記事が「私はANA派だ!」「私はJAL派だ!」というのが明確になるきっかけになれば嬉しいです。

最期まで読んでいただき、ありがとうございました!

-その他

Copyright© マイルの聖書|陸マイラー直伝!マイルの貯め方・使い方ガイド〜クレジットカードを活用してANA&JALマイルを貯めよう〜 , 2019 All Rights Reserved.