ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)完全ガイド2019!全8種類を比較してオススメを紹介します

更新日:

anaスーパーフライヤーズカード

ANAマイレージクラブで上級会員の特典の一部を享受できる「ANAスーパーフライヤーズカード」

スーパーフライヤーズカード(Super Flyers Card)の頭文字をとって、SFCなんて呼び方もされます。

この記事では、スーパーフライヤーズカードの取得方法をはじめ、選び方まで紹介します。

スーパーフライヤーズカードは生涯持つことになるため、どのカードブランドにするかはとくに重要なので、ぜひ参考にしてください。

そもそもスーパーフライヤーズカードとは?

そもそもスーパーフライヤーズカードを発行するには、ANAの上級会員のうちプラチナ会員またはダイヤモンド会員にならなければいけません。

プラチナ会員またはダイヤモンド会員になることで初めて、スーパーフライヤーズカードの発行資格が得られます。

クレジットカードは数限りなくありますが、それぞれ特典がちがい、スーパーフライヤーズカードだとANAの上級会員特典の一部を享受できるため、飛行機に乗る人なら誰でも欲しいカードといっても過言ではないカードなのです。

上級会員の特典の一部を享受できるので、カンタンに手に入れることはできません。

スーパーフライヤーズカードの特典

さきに、スーパーフライヤーズカードの特典を紹介します。

特典は以下の通りです。

  • プレミアムメンバー専用サービスデスク
  • 空港ラウンジ利用可能(同伴者1名無料)
  • 座席クラスアップグレード
  • プレミアムエコノミークラスへの無料アップグレード
  • 国内線の先行予約、座席指定の優先
  • 予約時の空席待ちの優先
  • 国際線特典航空券・アップグレード特典・空席待ちの優先
  • 優先チェックインカウンター
  • 手荷物受取りの優先、許容量の優待
  • 専用保安検査場の利用
  • 優先搭乗

※SFCは、プラチナ会員やダイヤモンド会員の特典の全てを網羅しているわけではありません。

飛行機を利用するときに嬉しい特典が盛りだくさん!

マイル修行

ANA国際線ラウンジの名物「豚骨ラーメン」

ANAプレエコの座席

座席のアップグレード「プレエコ」

手荷物受取りの優先

ここでは、特典の魅力については割愛しますが、とにかく助かる&嬉しい特典ばかりです!

スーパーフライヤーズカードの取得条件

スーパーフライヤーズカードを発行するには、ANAの上級会員のうちプラチナ会員またはダイヤモンド会員になる必要があります。

なので、プラチナ会員やダイヤモンド会員になるにはどうしたらいいのか?について簡単に説明します。

取得方法を細かく知りたい場合には、以下の記事をお読みください。

sfc修行完全ガイド
【SFC修行】完全ガイド2019!取得費用(PP単価)やおすすめルート&ANAカードまで徹底解説

「そもそもSFC修行ってなに?」 「SFC修行の人気ルートや費用を知りたい!」 ANAの上級会員であるSFC。 ある一定の入会基準をクリアすることで、晴れてSFCの会員となり、保安検査場の優先レーンを ...

続きを見る

プレミアムポイント(PP)を50,000ポイント以上貯める

上級会員になるためには、飛行機の搭乗実績に応じて獲得できるプレミアムポイント(PP)を貯めなければいけません。

それぞれのステイタスに必要なPPは以下の通りです。

  • ブロンズ会員:
    年間30,000プレミアムポイント〜
  • プラチナ会員
    年間50,000プレミアムポイント〜
  • ダイヤモンド会員
    年間100,000プレミアムポイント〜

数字だけ見ても、わからないですよね。

極端な話ではありますが、たとえば「東京〜沖縄」の往復のみで50,000PPに到達する場合に獲得できるPPと必要往復回数は以下のとおりです。

※スマホの場合、表を左右にスクロールできます

座席クラス 片道で取得できるPP 往復で取得できるPP 必要往復数
プレミアムクラス 2,860PP 5,720PP 9往復
(51,480PP)
普通席 1,476PP 2,953PP 17往復
(50,184PP)

とにかく飛行機に乗る必要があるんだな〜というのは、分かると思います。

世の中には、出張族で意図せず50,000PP獲得できるという羨ましい人種もいるのですが、なかなかそんな人はいません。

そこで、スーパーフライヤーズカード目的で飛行機に乗りまくる人もいるのですが、SFC修行なんて呼ばれています。

一度でもプラチナ会員以上を達成し、スーパーフライヤーズカードを発行できれば、上級会員の特典の一部を享受できるので、頑張る価値はありますよね・・・!

▼SFCの取得方法を細かく知りたい場合には、以下の記事をお読みください。

sfc修行完全ガイド
【SFC修行】完全ガイド2019!取得費用(PP単価)やおすすめルート&ANAカードまで徹底解説

「そもそもSFC修行ってなに?」 「SFC修行の人気ルートや費用を知りたい!」 ANAの上級会員であるSFC。 ある一定の入会基準をクリアすることで、晴れてSFCの会員となり、保安検査場の優先レーンを ...

続きを見る

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)とは?種類は?

晴れてプラチナ会員以上になり、スーパーフライヤーズカード(SFC)の発行資格を得たとき「どのスーパーフライヤーズカードを発行するのか?!」という選択が重要です。

グレードでいうとノーマルカードからゴールドカードやプレミアムカードまで、国際ブランドでいうとVISAやMaster、JCBだけではなく、ダイナースクラブやアメックスもあり、合計で8種類もの選択肢があります。

ちなみにスーパーフライヤーズカードは、お持ちのANAカードをグレードアップさせるようなイメージなので、自分が発行したいスーパーフライヤーズカードの元となるカードを事前に発行しておく必要があります。

たとえば、ANAアメリカンエキスプレス スーパーフライヤーズゴールドカードが欲しい場合、ANAアメリカンエキスプレスゴールドカードを発行しておくイメージです。

【結論】おすすめのスーパーフライヤーズカードはこれ!

残念ながら「このスーパーフライヤーズカードを発行しておけばOK!」というカードはなく、自分にあった1枚を探す必要があります。

ちなみにスーパーフライヤーズ自体の特典はどれでも同じであり、元となるカードが違うため、元となるカードを選ぶイメージなので「どのANAカードにするか?!」と考えた方が分かりやすいかもしれません。

▼スーパーフライヤーズカード一覧

 VISA/Master/JCBAMEXダイナース
一般ANAスーパーフライヤーズカード(SFC一般カード)

ゴールドANAスーパーフライヤーズゴールドカード(SFCゴールド)ANA アメリカンエキスプレス スーパーフライヤーズゴールドカードANAダイナース スーパーフライヤーズカード(SFCダイナース)
プレミアムANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカードANAアメリカン・エキスプレススーパーフライヤーズ・プレミアム・カードANAダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカード

VISA/MasterとJCBは1つのグレードにつき1種類という計算をしています(公式サイトでも同じ感じで8種類と紹介されています)。また、プレミアムカードに関してはVISA/MasterとJCBのスペックが異なるため、別々で考えています。

本題の「どのカードを選ぶべきか?」について、おおまかに分類すると以下のようになります。

  • とにかく年会費を抑えたい:
    →ANA JCB スーパーフライヤーズカード
  • 効率よくマイルを貯めれてコスパがいい:
    →ANA VISA/Master スーパーフライヤーズ ゴールドカード
  • 効率よくマイルを貯めつつ旅行保険も充実させたい:
    →ANA アメリカンエキスプレススーパーフライヤーズゴールドカード
  • 年会費が高くてもいいからANAマイルをたくさん貯めたい:
    →ANA VISA/Masterプラチナ プレミアムカード

自分はこれかな?と少しでも頭にあるだけでも、カードを選びやすくなると思います。

ここからは、ANAスーパーフライヤーズカード全8種類を紹介します。

ANAスーパーフライヤーズカードは全8種類

ANAスーパーフライヤーズカードは、以下の8種類(全11枚)です。

▼ノーマルカード

  1. ANAスーパーフライヤーズカード VISA
    SFC VISA
  2. ANAスーパーフライヤーズカード マスターカード
    SFC マスター
  3. ANAスーパーフライヤーズカード JCB
    SFC JCB

▼ゴールドカード

  1. ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード VISA
    SFCゴールド VISA
  2. ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード マスターカード
    SFCゴールド マスター
  3. ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード JCB
    SFCゴールド JCB
  4. ANAダイナース スーパーフライヤーズカード
    SFCダイナース
  5. ANAアメリカン・エキスプレススーパーフライヤーズ・ゴールド・カード
    SFCアメックスゴールド

▼プレミアムカード

  1. ANA JCBスーパーフライヤーズカード プレミアム
    SFC JCBプレミアム
  2. ANAダイナーススーパーフライヤーズ プレミアムカード
    SFC ダイナースプレミアム
  3. ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード
    SFC VISAプレミアム
  4. ANAアメリカン・エキスプレススーパーフライヤーズ・プレミアム・カード
    SFC アメックスプレミアム

※全8種類と言いながら、12種類あるじゃん!とツッコミが入りそうですが、VISA/MasterとJCBは1つのグレードにつき1種類という計算をしています。

それぞれのカードの概要を紹介します。

①ANAスーパーフライヤーズカード(SFC一般カード)

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC一般カード)

カード名 ANAスーパーフライヤーズカード
国際ブランド VISA/Master/JCB
年会費(税抜) 10,250円
ポイント還元率 0.50%
旅行損害保険 海外:
最高5,000万円
国内:
なし
ショッピング保険 海外:
国内:
継続ボーナス 2,000ANAマイル
積算率 35%
Apple Pay 可能
グーグルペイ 可能

一般カードのSFCです。

ポイント還元率が上位グレードと比べて低かったり、ANA便を利用したときにもらえるマイル数も少ないので、できるかぎりお金をかけずにSFCをキープしたい方におすすめです。

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC一般カード)が欲しい場合には、ANA一般カードを発行しておきましょう。

②ANAスーパーフライヤーズゴールドカード(SFCゴールド)

ANAスーパーフライヤーズゴールドカード(SFCゴールド)

カード名 ANAスーパーフライヤーズ
ゴールドカード
国際ブランド VISA/Master/JCB
年会費(税抜) 15,000円
ポイント還元率 1.00%
旅行損害保険 海外
VISA/Master:5,000万円
JCb:1億円
国内:
5,000蔓延
ショッピング保険 海外
国内
継続ボーナス 2,000ANAマイル
積算率 40%
Apple Pay 可能
グーグルペイ 可能

SFCゴールドカードはバランスが取れたおすすめカードです。

ANAマイル還元率は通常1.0%と高還元率であり、旅行保険付帯&国内主要空港の空港らうに特典などの魅力的な特典が付帯しています。

ANA便を利用したときには、一般カードと比べて数倍のフライトマイルを獲得できるので、ふだんのメインカードとしても活躍するでしょう。

ANAスーパーフライヤーズゴールドカード(SFCゴールドカード)が欲しい場合には、ANAゴールドカードを発行しておきましょう。

ANAワイドゴールドカード
【ANA系コスパ最強!】VISAワイドゴールドカードの還元率のアップ方法や年会費を下げる方法まで徹底解説!

「ANAのゴールドカードを発行したいな。どれがいいのかな?」 「ANAカードを使っているけど、ゴールドカードにアップグレードしてみようかな」 「ANAワイドゴールドを発行すると決めてるけど、最後にもう ...

続きを見る

③ANAダイナース スーパーフライヤーズカード(SFCダイナース)

ANAダイナース スーパーフライヤーズカード(SFCダイナース)

カード名 ANAダイナース
スーパーフライヤーズカード
国際ブランド ダイナース
年会費(税抜) 28,000円
ポイント還元率 1.00%
旅行損害保険 海外:
最高1億円
国内:
最高1億円
ショッピング保険 海外:
国内:
継続ボーナス 2,000ANAマイル
積算率 40%
Apple Pay 可能
グーグルペイ 可能

SFCダイナースは、券面がシルバーであるものの、ゴールドカード級のスペックを持っているカードです。

マイル還元率は1.0%であり、フライトマイルの積算率40%なので、SFCゴールドと基本的なスペックは変わりないです。

しかし、ダイナースカードは旅行特典とグルメ特典が充実しており、旅行でいうと世界中1000近い空港ラウンジを利用できたり、グルメでいうと指定レストランを2名以上で利用すると1名無料、というサービスがあります。

ダイナースはVISAなどに比べて使いづらい、という印象を持たれがちですが、JCBと提携しているためJCBが利用できるお店で使えるので、日本国内だと使えない場面はかなり少ないです。

ANAダイナース スーパーフライヤーズカード(SFCダイナース)が欲しい場合には、ANAダイナースカードを発行しておきましょう。

ちなみに、今なら入会特典で最大71,000マイル(近場のアジアならビジネスクラスでいける!)ももらえるキャンペーンを開催中です!

▼ANAダイナースカードの詳細はこちら

ANAダイナーズカード
ANAダイナースカード徹底解説2019!今ならキャンペーンでハワイにビジネスクラスでいける!

「ダイナースカードって使いづらくないのかな?」 「ANAダイナースはANAマイルを貯めるのに向いてる?」 「ANAダイナースは年会費に見合った特典がある?」 ANAダイナースプレミアムカードの登竜門で ...

続きを見る

④ANA アメリカンエキスプレス スーパーフライヤーズゴールドカード(SFCアメックスゴールド)

ANA アメリカンエキスプレス スーパーフライヤーズゴールドカード

カード名 ANA アメリカンエキスプレス
スーパーフライヤーズゴールドカード
国際ブランド アメックス
年会費(税抜) 34,100円
ポイント還元率 1.00%
旅行損害保険 海外:
最高1億円
国内:
最高5,000万円
ショッピング保険 海外:
国内:
継続ボーナス 2,000ANAマイル
積算率 40%
Apple Pay 可能
グーグルペイ 可能

SFCアメックスゴールドは、SFCダイナースやSFCゴールドと基本的なスペックは似ています。

旅行特典やグルメ特典はダイナースに劣っているので、筆者としてはSFCアメックスゴールドならSFCダイナースのほうがオススメではあります。

ちなみに、アメックスはステータス性があることが有名であり、そのゴールドカードということで持っていると尊敬されることもある...かもしれません!

ANA アメリカンエキスプレス スーパーフライヤーズゴールドカード(SFCアメックスゴールド)が欲しい場合には、ANAアメックスゴールドカードを発行しておきましょう。

ちなみに、今なら入会特典で最大71,000マイル(近場のアジアならビジネスクラスでいける!)ももらえるキャンペーンを開催中です!

▼ANAアメックスゴールドカードの詳細はこちら

anaアメックスゴールドカード
ANAアメックスゴールド徹底解説2019!今ならハワイ往復分のANAマイルがもらえるキャンペーン中!

ANAマイルを効率的に貯めることができ、空港ラウンジや旅行保険など旅行するのにあると嬉しい特典が充実している「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード(以下、ANAアメックスゴールドカード)」 ...

続きを見る

⑤ANA JCB スーパーフライヤーズカード プレミアム

ANA JCB スーパーフライヤーズカード プレミアム

カード名 ANA JCB
スーパーフライヤーズカード プレミアム
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 70,000円
ポイント還元率 1.30%
旅行損害保険 海外:
最高1億円
国内:
最高1億円
ショッピング保険 海外:
国内:
継続ボーナス 10,000ANAマイル
積算率 50%
Apple Pay 可能
グーグルペイ 可能

ANA JCB スーパーフライヤーズカード プレミアムはANAマイル還元率は1.30%であり、付帯保険はANAプレミアムカードの中でもっとも充実しています。

付帯保険でとくに重要なのが、海外での診察や治療を受けたりしたときの補償である「傷害治療費用」と「疾病治療費用」なのですが、どちらも1,000万円まで補償があり、ANAプレミアムカードの中でもっとも充実しており、言うまでもなく数あるクレジットカードでもトップクラスの金額です。

⑥ANAダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカード

ANAダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカード

カード名 ANAダイナース
スーパーフライヤーズプレミアムカード
国際ブランド ダイナース
年会費(税抜) 155,000円
ポイント還元率 1.50%
旅行損害保険 海外:
最高1億円
国内:
最高1億円
ショッピング保険 海外:
100万円
国内:
なし
継続ボーナス 10,000ANAマイル
積算率 50%
Apple Pay 可能
グーグルペイ 可能

ANAダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカードは、ANAマイル還元率がANA VISAプレミアムと並んで1.50%と、数え切れないほどあるクレジットカードの中でもっともANAマイル還元率が高いカードです。

しかし、実はもともと2.0%であり、改悪によって1.50%になってしまったため、SNSや口コミサイトを見るとユーザーが減った印象です。

ANA VISA プレミアムはリボ払いを利用したり、ポイントの交換ルートを工夫すると1.80%以上にもなり得るので、その点はANA VISA プレミアムに劣っています。

⑦ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード

ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード

カード名 ANA VISAプラチナ
スーパーフライヤーズ プレミアムカード
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 80,000円
ポイント還元率 1.50%
旅行損害保険 海外:
最高1億円
国内:
最高1億円
ショッピング保険 海外:
国内:
継続ボーナス 10,000ANAマイル
積算率 50%
Apple Pay 可能
グーグルペイ 可能

ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカードは、ANAマイル還元率が常時1.50%であり、紛れもなくもっともANAマイル還元率が高いクレジットカードです(ANAダイナースプレミアムも1.50%です)。

⑧ANAアメリカン・エキスプレス・スーパーフライヤーズ・プレミアム・カード

ANAアメリカン・エキスプレススーパーフライヤーズ・プレミアム・カード

カード名 ANAアメリカン・エキスプレス
スーパーフライヤーズ・プレミアム・カード
国際ブランド アメックス
年会費(税抜) 150,000円
ポイント還元率 1.00%
旅行損害保険 海外:
最高1億円
国内:
最高1億円
ショッピング保険 海外:
国内:
継続ボーナス 10,000ANAマイル
積算率 50%
Apple Pay 可能
グーグルペイ 可能

ANAアメリカン・エキスプレススーパーフライヤーズ・プレミアム・カードは、ANAマイル還元率が1.0%であり、ANAプレミアムカードの中でもっとも還元率が低いです。

しかし、利用して貯まるポイントの有効期限が無期限なので、ポイント失効が一切頭にちらつくことなくコツコツとためることができます。

▼ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアムカードについてはこちら

ANAアメリカン・エキスプレスプレミアムカード
ANA アメックスプレミアムカードはANA最高峰のアメックスカード!還元率は1.0%と低めだが他の特典は充実?!

ANAカードのアメックスブランド最高峰である「ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード*」 ※以下、ANA アメックスプレミアムカードと略します 今まではANAアメックスゴールドカードで利用 ...

続きを見る

まとめ:スーパーフライヤーズカードで上質なANAのサービスを...

スーパーフライヤーズカードはANAの飛行機を利用する人にとって、とても魅力的なカードです。

取得条件を満たすのも大変で頭いっぱいになると思いますが、取得資格ができたときに、どのスーパーフライヤーズカードを発行するかも考えておきましょう!

また、取得資格が取れる前から事前にANAカードを発行しておくことをオススメします。

もしもスーパーフライヤーズカード発行資格を得たのに、そもそものANAカードを発行できなければ本末転倒ですからね・・・!

これからスーパーフライヤーズカードを目指してSFC修行をする!という場合には、ぜひ以下の記事も合わせてお読みください。

sfc修行完全ガイド
【SFC修行】完全ガイド2019!取得費用(PP単価)やおすすめルート&ANAカードまで徹底解説

「そもそもSFC修行ってなに?」 「SFC修行の人気ルートや費用を知りたい!」 ANAの上級会員であるSFC。 ある一定の入会基準をクリアすることで、晴れてSFCの会員となり、保安検査場の優先レーンを ...

続きを見る

この記事のまとめ!

スーパーフライヤーズカードを一度手に入れれば、生涯ANAで魅力的な特典を享受し続けられます。

自分自身が味わうのはもちろん、家族などもANAの上質なサービスを体感すれば、感謝されること間違いなし!

どのスーパーフライヤーズカードを発行するのか悩むと思いますが、この記事が参考になれば嬉しいです。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!

-上級会員
-

Copyright© マイルの聖書 , 2019 All Rights Reserved.