【SFC修行】完全ガイド2019!取得費用(PP単価)やおすすめルート&ANAカードまで徹底解説

更新日:

sfc修行完全ガイド

「そもそもSFC修行ってなに?」
「SFC修行の人気ルートや費用を知りたい」

ANAの上級会員であるSFC。

ある一定の入会基準をクリアすることで、晴れてSFCの会員となり、保安検査場の優先レーンを利用したり、ANAラウンジが利用できたりと魅力的な特典を享受できます。

飛行機をよく利用するなら誰しも入会したいと思うSFCですが、簡単にはなれるわけではありません。

そこで、少し無理をしてでも入会基準をクリアするために飛行機に乗ることを、SFC修行といいます。

この記事では、SFCの基本をはじめ、修行の仕方や、費用、人気ルートまで紹介します!

また、おまけとしてSFC修行をお得に行う方法も一緒に説明しますので、ぜひ参考にしてください。

SFCとは?SFC修行とは?

SFCは、ANAカードの一種でANAスーパーフライヤーズカードの通称です。

ANAスーパーフライヤーズカードは、ANAの上級会員と同等の特典が得られる特別なクレジットカードです。

ANAの上級会員のうちプラチナ会員またはダイヤモンド会員になると申込みをすることができますが(会員制度については後述します)、そこに到達するまでにはなかなか一筋縄には行かないのが現状です。

ANAスーパーフライヤーズカードを取得までには、時間やお金をかけて苦労(?)することが多くまるで修行のようだといわれています。

そのため、ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)取得に励むことが「SFC修行」と呼ばれるようになったのです。

ANA上級会員について

ANAの会員制度には、飛行機の搭乗実績に応じてプレミアムポイント(PP)の年間取得数によって上級会員ステータスがあります。

  • ブロンズ会員:
    年間30,000プレミアムポイント〜
  • プラチナ会員
    年間50,000プレミアムポイント〜
  • ダイヤモンド会員
    年間100,000プレミアムポイント〜

プレミアムポイントの年間取得数が多ければ多いほど、よりランクの高いサービスを受けることができます。

しかし、上記3種類の上級会員には難しい問題点が2点あります。

  1. 1月〜12月の1年間でポイント到達すること(繰越なし)
  2. 会員資格には有効期限があり、ポイント到達した翌年度一年間のみであること

せっかく苦労して上級会員になっても、たった一年間しか資格が得られないのは苦労する価値があるのかと疑いたくなりませんか?

でも、実は会員資格をずっと保持する方法があるんです。

それが、前述したANAスーパーフライヤーズカードです。

▼ANAスーパーフライヤーズカード一覧

 VISA/Master/JCBAMEXダイナース
一般ANAスーパーフライヤーズカード(SFC一般カード)

ゴールドANAスーパーフライヤーズゴールドカード(SFCゴールド)ANA アメリカンエキスプレス スーパーフライヤーズゴールドカードANAダイナース スーパーフライヤーズカード(SFCダイナース)
プレミアムANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカードANAアメリカン・エキスプレススーパーフライヤーズ・プレミアム・カードANAダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカード

ANAスーパーフライヤーズカードを保有していることで、ANAの上級会員向けサービスの一部を享受できるというわけです。

ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンド会員及びSFC会員のステイタス別プレミアムメンバーサービス一覧は以下のとおり。

※以下の表は左右にスクロールできます

ブロンズ プラチナ ダイヤモンド SFC
プレミアムメンバー専用
サービスデスク
ANA SUITE LOUNGE
の利用
× × ×
ANA LOUNGEの利用 ×
コンシェルジュサービス × × ×
座席クラスのアップグレード
プレミアムエコノミーへの変更
(2020年3月31日搭乗分まで)
×
国内線の先行予約
国内線座席
指定の優先
国際線事前
座席指定料金の免除
× ×
予約時の
空席待ちの優先
国内線特典航空券・
いっしょにマイル割の先行予約
国内線特典航空券の
空席待ち
× × ×
国際線特典航空券・
アップグレード特典の優先
×
国際線手数料
の免除
× × ×
優先チェックインカウンター プレエコの
チェックイン
カウンター
手荷物受取の優先 ×
手荷物許容量
の優待
国際線のみ
専用保安検査場の利用 ×
優先搭乗案内 ×
空港での
空席待ちの優先取扱
成田空港での
マイカー・バレーの優待
×
羽田空港駐車場の
優先予約
×
香港国際空港の
優先レーン
アップグレードポイント
フライトボーナスマイル 40〜55% 90〜105% 115〜130% 35〜50%
ANAゴールドカード
ANAカードプレミアム
特別ボーナスマイル
×
マイル有効期限の延長 × × ×
マイルからANA SKYコインへ
特別倍率で交換
アップグレードポイントから
ANA SKYコインへの交換
IHG・ANA・ホテルズ
フループジャパンでの優待
×
ANAマイレージクラブ
Financial Pass Visa
デビットカード
ATM出金手数料無料
×
オリジナルネームタグ × ×
150,000プレミアムポイント
限定特典ネームタグ・
バゲージタグ
× × ×
80,000プレミアムポイント
限定特典
「ANA SUITE LOUNGE」
ご利用権利
× × ×
「ダイヤモンドサービス」
メンバー限定選択式特典
× × ×
プレミアムメンバー限定
ANAセレクション
ライフスタイルマガジン ×
ダイアリー・カレンダーの
プレゼント
×

SFC会員になると、プラチナ会員やダイヤモンド会員と同等のサービスが受けられるということが上記の表からお分かりいただけます。

繰り返しになりますが、ブロンズ・プラチナ・ダイヤモンドの上級会員は会員有効期限が1年です。

しかしSFC会員はクレジットカードの年会費を払い続ける限り永久というのが最大のメリットです。

極端な話をすると、1年に1度も飛行機に乗らない年があったとしても翌年に上級会員とほぼ同じサービスが受けられるということですね。

そのため、SFC会員になる=ANAの上級会員と同等の特典が得られる特別なクレジットカードを持ちたいと考えるわけです。

SFC(スーパーフライヤーズカード)を取得する方法

スーパーフライヤーズカードを取得するには、プラチナ会員またはダイヤモンド会員になることが必要と先ほど述べました。

プラチナ会員になるには、年間50,000プレミアムポイントが必要です。

※JALのJGC修行には回数修行という、年間50回の搭乗でANAでいうプラチナ会員の資格を獲得できますが、ANAに回数修行はなくPPを集める方法のみです。

では、1月〜12月までの一年間で50,000プレミアムポイントに到達するにはどうすればいいのでしょうか?

PP(プレミアムポイント)を集めるには?

プレミアムポイント(以下PP)は、飛行機搭乗時のみでしか貯まらないポイントなので、時間とお金の両方を費やすことになります。

SFCはANAの特典ですので、ANA運航便を利用することはお分かりかもしれませんが、ANAが加盟している航空会社のグループ「スターアライアンス」に加盟している航空会社の運航便でも貯めることができます。

スターアライアンス

スターアライアンスのロゴ

スターアライアンス加盟航空会社は以下の通りです。

スターアライアンス
ユナイテッド航空エーゲ航空
エア・カナダ中国国際航空
エアインディアニュージーランド航空
ANAアシアナ航空
オーストラリア航空アビアンカ航空
アビアンカ・
ブラジル航空
ブリュッセル航空
コパ航空クロアチア航空
エジプト航空エチオピア航空
エバー航空LOTポーランド航空
ルフトハンザドイツ航空スカンジナビア航空
シンセン航空シンガポール航空
南アフリカ航空スイスインターナショナル
エアラインズ
TAPポルトガル航空タイ国際航空
ターキッシュエアラインズ

※ANA以外の航空会社を利用したときには、PP以外にもマイルが貯まります。各航空会社のマイルとしてもらう以外にもANAマイルとしてももらうことができます。なので、ANAマイルを貯めているのであれば、ANAマイルで貯めることがポイントです。

ただし、50,000PPのうち半分に当たる25,000PPはANA運航便を利用する必要があります。

PPの加算には以下のような特徴があります。

加算率【低】 加算率【高】
飛行距離 短い 長い
国内線座席クラス エコノミー プレミアムクラス
国際線座席クラス エコノミー プレエコ ビジネス

国際線と国内線では国内線のほうが加算率が高くなります。

よって、SFC修行をされる方(修行僧とも呼ばれます)は国内線のプレミアムクラスを利用する方が多いのです。

もちろん、時間とお金に余裕のある方は好きな時にたくさん飛行機に乗って50,000PP到達することも可能です(そういう方々にとっては、修行とは言わないかもしれませんが・・・)。

ところでSFC修行をするとなると「少しでも効率よく50,000PPに到達したい」「せっかくなら旅行も楽しみながら50,000PPに到達したい」などの希望もあることでしょう。

修行をしている方の中には、効率よくPPを獲得するのに国内線で人気の高い「東京〜沖縄」路線を何度も往復している方や、旅行を楽しみながらいろんな地域や国を訪れる方など様々です。

費用を出来るだけ抑えて30万円代で50,000PPを取得している方もいるようですが、いつも価格が安い日にちに予約できるとも限らず、実際には50〜60万円ほどかけている方が多いように見受けられます。

スケジュールの組み方の例については、後述します。

PP単価について

SFC修行をするにあたって、旅行を楽しみたい方も含め、やはりその費用は安く抑えたいというのはおそらく誰しもに共通する考えではないでしょうか。

PP単価というのは、1PPを取得するのに必要な価格のことで「運賃÷取得PP」という計算で導かれます。

このPP単価が低ければ低いほど、お得にPPを取得しているということですね。

多くのSFC修行者は「PP単価が10円以下」を目標にしているようです。

つまり、50,000PP到達までの航空券総額が50万円以内を目指しているということです。

あくまで参考までに、筆者は予想外にも海外路線のビジネスクラスに乗ることになってしまったため、PP単価は15円でした。

SFC修行するメリット・デメリット

SFC修行について、少しでも理解が深まったでしょうか?

SFC修行をすることで得られるメリットに魅力を感じられない場合「やるぞ!」という気にはなかなかなれませんよね。

またメリットだけでなく、デメリットとして考えられることも紹介します。

SFC修行を迷っている方はぜひ参考にしてください。

メリット

SFC修行のメリットはなんと言っても、スターアライアンス上級会員の資格が一生(クレジットカードの年会費を払い続ける限り)保有できることです!

SFC会員特典をざっと紹介します。

  • プレミアムメンバー専用サービスデスク
  • 空港ラウンジ利用可能(同伴者1名無料)
  • 座席クラスアップグレード
  • プレミアムエコノミークラスへの無料アップグレード
  • 国内線の先行予約、座席指定の優先
  • 予約時の空席待ちの優先
  • 国際線特典航空券・アップグレード特典・空席待ちの優先
  • 優先チェックインカウンター
  • 手荷物受取りの優先、許容量の優待
  • 専用保安検査場の利用
  • 優先搭乗

これらの特典のおかげで、SFC取得後の旅行は快適となり、ますます旅が好きになることは間違いありません。

デメリット

SFC修行のデメリットと言えば、やはり時間とお金がかかることです。

1年間に何度もポイントのために飛行機に乗る時間をつくり、飛行機代だけで50万円以上を費やすということは簡単とはいえないでしょう。

せっかく安い運賃の日にちを見つけても、その日に乗れるように調整しなければならないなど、スケジュール管理が大変かもしれません。

タイトなスケジュールで体調を崩してしまわないよう、自身の体調管理も必要です。

SFC修行するときのスケジュール例

ところで、SFC修行をした人のスケジュールやルートなど、気になりますよね。

SFC修行によく使われるルートやスケジュールを紹介します。

東京〜沖縄

東京〜沖縄は、SFC修行をするにあたり定番の路線です。

SFC修行に人気の沖縄

沖縄の綺麗な海とANAのコラボ

極端な話ではありますが、たとえば「東京〜沖縄」の往復のみで50,000PPに到達する場合に獲得できるPPと必要往復回数は以下のとおりです。

※スマホの場合、表を左右にスクロールできます

座席
クラス
片道で
取得できるPP
往復で
取得できるPP
必要往復数
プレミアム
クラス
2,860PP 5,720PP 9往復
(51,480PP)
普通席 1,476PP 2,953PP 17往復
(50,184PP)

プレミアムクラスなら、毎月1回東京〜沖縄の往復をすれば、1月にSFC修行を開始した場合9月には完遂することができます。

とはいえ、このようなスケジューリングは、よっぽど沖縄が好きな方でない限り、本当の意味で辛い「修行」となってしまうかもしれません。

OKA-SINタッチ

修行僧で最も有名な人気ルートは「OKA-SINタッチ」というルートです。

OKAは沖縄那覇空港を表すコードで、SINはシンガポールのチャンギ空港を表しています。

SFC修行に人気なチャンギ空港

シンガポールのチャンギ空港

具体的には、沖縄→東京(羽田・成田)→シンガポール→東京(羽田・成田)→沖縄と、飛ぶことになります。

OKA-SIN「タッチ」と呼ばれるのは、シンガポールに着いてもすぐに日本に帰るからです。

ほんのちょっとシンガポールにふれるだけなので「タッチ」なんです。

せっかくシンガポールまで行ってもったいない気もしますが、時間に制約がある中、修行するのですから、犠牲はつきものです。

OKA-SINタッチなら、

  • 金曜日に東京から沖縄に行き1泊、土曜日朝に東京を経由してシンガポールへ
  • 土曜の深夜にシンガポールを出て、日曜朝に東京へ到着
  • 日曜昼過ぎに沖縄に飛んで、日曜の夜に東京へ戻る

なんてルートも可能です。

平日は仕事がある人でも、休みを取ることなくこなすことが出来るのです。

最初と最後に沖縄がついているのは、「国際線航空券に含まれる日本国内区間」として、国内分(沖縄-東京)は往復10,000円で、しかもPPは普通運賃としてカウントされるからです。

沖縄でなくてもいいのですが、国内分は一律往復10,000円なので、どうせなら距離を稼げる沖縄が人気なんです。

もちろん、那覇よりもさらに遠い宮古島や石垣でもいいのですが、東京間の本数が多くスケジュールを組みやすい那覇が人気です。

ただ、沖縄以外に住んでいる人は、さらに地元から沖縄への往復チケットを用意する必要があります。

OKA-SINが人気なのは、時期や席のクラスにもよりますが、このルート1回で10,000PP以上稼げるからです。それもリーズナブルに。

OKA-SINならPP単価8円も狙えます。

海外発券

海外発券とは、海外発着の航空券を購入することです。
日本に住んでいたら、海外旅行へ行くときも日本発着の航空券を購入することが一般的だと思います。

たとえばSFC修行によく選ばれているクアラルンプールですと、日本発着の航空券だと

  • 往路:
    羽田→クアラルンプール
  • 復路:
    クアラルンプール→羽田

となります。

海外発券だと

  • 往路:
    クアラルンプール→羽田
  • 復路:
    羽田→クアラルンプール

となります。

おや、なにかおかしいぞ?とひっかかりましたか?

そうです、この場合、クアラルンプールへ行く便と日本へ帰ってくる便を別途購入する必要があります。

「そんな面倒なことをなぜするのか?」というと、それはズバリ、価格が安いからです。

SFC修行でかかる費用を抑えたいという方は、ぜひ念頭に置いてみてくださいね。

余談:筆者のSFC修行フライトの一部を紹介!

筆者のSFC修行の一部スケジュールを紹介します。

出発地 到着地 座席クラス 運賃種別 価格 獲得できる
マイル数
獲得プレミアム
ポイント
PP単価
那覇
空港
羽田
空港
プレミアム
クラス
スーパーバリュー
プレミアム28
34,410円 1,783マイル 2,860PP 12
羽田
空港
新千歳
空港
プレミアム
クラス
バリュー
プレミアム3B
37,560円 923マイル 1,675PP 22

この2本のフライトは、どちらも国内線プレミアムクラスに搭乗していますが運賃種別が異なるためPP単価が大きく異なります。

運賃種別は、お得に予約できる種別が数種類用意されているのですが、いわば早い者勝ちです。

人気のある路線や出張などにも使われる路線は早めに予約しておきましょう。

運賃種別について詳しくはANA公式サイトをご覧ください。

実際にSFCを取得してみて感じること

実際にSFCを獲得した筆者が感じることを紹介します。

どうぞSFC修行の参考にしてください。

SFC修行は早めの計画が大事

SFC修行を始めるにあたり、計画は大ざっぱにでもしておきましょう。

予算を組んだり、行きたい場所をイメージしたり、どのくらいの回数飛べるのかカレンダーとにらめっこしたり。

筆者はスタートダッシュを試みてお正月の国際線プレミアムエコノミークラスを予約すると意気込んでいましたが、プレミアムエコノミークラスの座席は満席でやむなくビジネスクラスに乗るという経験があります。

ANAのプレミアムエコノミー

ANA国内線プレミアムエコノミーの食事

エコノミークラスにしてしまうと、獲得できるPPがかなり下がってしまうために、絶対にプレミアムエコノミークラスに乗りたかったんです。

ビジネスクラスはサービスも座席もとっても快適に過ごせて良い経験ができたんですが、お財布が急にさみしくなってしまいました。

このような場合もありますので、早めにフライトスケジュールを組み、さっさと欲しい航空券を予約してしまいましょう。

SFC修行でANA国内線プレミアムクラスに一度は乗るべし

SFC修行をするにあたり同じ飛行距離でも、座席クラスによって獲得できるPPが異なるというお話は先ほど述べました。

この理由もひとつありますが、国内線プレミアムクラスは優先チェックインカウンターがあり、ラウンジの利用ができ、手荷物受取りも優先されるなどの特典があります。

マイル修行

ANA国際線ラウンジの名物「豚骨ラーメン」

これらとほぼ同じサービスがSFCを取得したときに特典として受けられるので、修行のモチベーションが上がりますよ。

SFC修行は楽しみながら!

せっかくSFC修行に励んでも、SFCを取得するために必死になりすぎて旅を楽しめなければ悲しいですよね。

筆者は飛行機に乗ることも楽しんでいましたが、それだけではなく現地でも楽しめるようにしたいと思っていたので、

  • 滞在時間が短くても観光スポットには必ず訪れる
  • 参加したいイベントがある場所を訪れる

など自分がワクワクすることを盛り込むように計画しました。

おまけ①:SFC修行をするならスカイトラベラーカードが活躍!

SFC修行をする場合には、以下の2パターンで航空券を手に入れると思います。

  1. 自費で航空券を購入する
  2. ANAマイルをANA SKYコインにして航空券を購入する

ほとんどの場合で①の自費だと思います。

もしも自費でANAの航空券を購入する場合には、スカイトラベラープレミアカードだと、なんとポイント還元5.00%を実現できます!

スカイトラベラープレミアム

また、ANA以外にも、JALをはじめ28社の航空券を購入するときにポイント還元率5.00%となるので、SFC修行で別のワンワールド加盟航空会社を利用するときにも役に立ちます。

貯めたポイントは有効期限が無期限であり、以下の15の航空会社のマイルに交換できます。

アライアンス航空会社名マイレージ
スターアライアンスANAANAマイレージクラブ
シンガポール航空クリスフライヤー
タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス
スカンジナビア航空SAS ユーロボーナス
ワンワールドキャセイパシフィック航空アジアマイル
ブリティッシュ・エアウェイズエグゼクティブ・クラブ
カタール航空プリビレッジクラブ
フィンランド航空フィンエアー・プラス
スカイチームデルタ航空スカイマイル
エールフランス航空フライングブルー
チャイナエアラインダイナスティ・フライヤー・プログラム
アリタリア‐イタリア航空クラブ・ミッレミリア
アライアンス非加入エミレーツ航空エミレーツ・スカイワーズ
エティハド航空エティハドゲスト
ヴァージンアトランティック航空フライングクラブ

ちなみにポイント還元率5.00%というのは、ANAプラチナカードのポイント還元を上回りダントツで1位です!

上の表の通り、仮に50万円分航空券を購入したときに獲得できるマイル数がかなり変わってくるので、ぜひSFC修行の機会に有効活用してみてください。

>>スカイトラベラープレミアカードの公式サイトはこちら

おまけ②:SFC修行の費用を抑える方法!

SFC修行の費用を抑える方法として「ANAスカイコイン」という手段があります。

ANAスカイコインは、ANAマイルからのみ交換でき、ANAで現金のように使えるポイントです。
ANAスカイコインを獲得して航空券を購入すれば、SFC修行の費用は抑えられます。

しかし、そもそもANAマイルがない!という状況もあり得ると思います。

そんなときに活躍するのが、クレジットカードの入会キャンペーンの活用です。

2019年10月現在だと、以下のようなカードが大量のマイルを獲得できるキャンペーンを開催中です・・・!

カード名 獲得マイル数
(最大)
ANAアメックスゴールド
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
60,000マイル
ANAアメックス
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
35,000マイル
ANAダイナース
ANAダイナースカード
71,000マイル

ご覧の通り、クレジットカード発行だけで、一気にマイルが獲得できます!

しかし簡単にマイルを獲得できるわけではなく、条件があるので、もしもクリアできる&発券したいと思うカードがあれば、ぜひご検討ください。

入会キャンペーンが熱いクレジットカードについては「【最新版】クレジットカードの入会キャンペーン情報まとめ!」でまとめています。

たとえば、ANAアメックスゴールドカードを発券すると、最大60,000マイル獲得できます。
60,000マイルを一気にANAスカイコインに交換した場合、96,000コイン(96,000円相当)に交換できます。

+ 交換レートについて(クリックして開く)

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

会員ステイタス
ANAカード種類
ANA上級会員
(ブロンズ以上)
SFC
プレミアムカード
ゴールドカード
ワイドカード
一般カード
AMC
交換マイル数 交換後コイン数
1~9,999マイル 1~9,999(1倍)
10,000マイル 13,000
(1.3倍)
12,000
(1.2倍)
20,000マイル 28,000
(1.4倍)
26,000
(1.3倍)
24,000
(1.2倍)
30,000マイル 45,000
(1.5倍)
42,000
(1.4倍)
36,000
(1.2倍)
40,000マイル 64,000
(1.6倍)
60,000
(1.5倍)
48,000
(1.2倍)
50,000マイル~
200,000マイル
85,000~
340,000
(1.7倍)
80,000~
320,000
(1.6倍)
75,000~
300,000
(1.5倍)
60,000~
240,000
(1.2倍)

引用:ANA SKY コイン | ANAマイレージクラブ

SFC修行の費用はおおよそ50万円ほどなので、一気に5分の1ほどの費用を節約できることになります!

もしもSFC修行の費用を抑えたい場合には、入会キャンペーンの活用をご検討ください。

マイルキャンペーン
【最新版】クレジットカードの入会キャンペーン情報まとめ!一気に大量マイルを手に入れるチャンス

「マイルって少しずつしか貯まらない...」 「一気に貯まる方法があれば知りたい」 マイルは飛行機に乗ったり、ふだんのカード決済でコツコツと貯めるので、なかなかたくさんのマイルを貯めることは難しいのが現 ...

続きを見る

まとめ:SFC修行で優雅なフライトライフを

過酷(?)な修行が必要なSFC会員。

しかし、一度手にすると、半永久的に特典を受けることができます!

時間を短縮できたり、リラックスできたり、ちょっとした優越感も味わえます。
家族会員カードを発行すれば、家族も特典を楽しむことができます。

また、メリットは上級ステータスを獲得する、という結果だけではありません。

修行の過程で得ることができるお金と時間をマネジメントする力や、旅程を組むまでの空想旅行、フライト先に関する知識、SNS上での情報収集や同じ修行僧との交流なども副産物として得られます!

ぜひSFCを取得して、より優雅なフライトライフを手に入れてみてください。

SFC修行をするならANAカードの発行を!

SFC(スーパーフライヤーズカード)を発行するには、ANAカードが必要です。

SFCは、通常のANAカードからの切り替え、という扱いであり、ある特定のカードでしか受け付けてくれません。

▼SFC一覧

 VISA/Master/JCBAMEXダイナース
一般ANAスーパーフライヤーズカード(SFC一般カード)

ゴールドANAスーパーフライヤーズゴールドカード(SFCゴールド)ANA アメリカンエキスプレス スーパーフライヤーズゴールドカードANAダイナース スーパーフライヤーズカード(SFCダイナース)
プレミアムANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカードANAアメリカン・エキスプレススーパーフライヤーズ・プレミアム・カードANAダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカード

スーパーフライヤーズカードについて、詳しくは以下の記事でまとめています。

ANAスーパーフライヤーズゴールドカード(SFCゴールド)
ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)完全ガイド2019!全8種類を比較してオススメを紹介します

ANAマイレージクラブで上級会員の特典の一部を享受できる「ANAスーパーフライヤーズカード」 スーパーフライヤーズカード(Super Flyers Card)の頭文字をとって、SFCなんて呼び方もされ ...

続きを見る

もしもこれから修行するのであれば、緊急性はないのですが、発行しておくことをオススメします。

SFCの切り替え対象カードとしては、以下の3つのグレード。

  • 一般カード
    10,250円
  • ゴールドカード
    15,000円〜31,000円
  • プレミアムカード
    70,000円〜155,000円

※すべて税抜き価格です。

+ 実際に発行できるカード一覧(クリックして開く)

▼ノーマルカード

  1. ANAスーパーフライヤーズカード VISA
    SFC VISA
  2. ANAスーパーフライヤーズカード マスターカード
    SFC マスター
  3. ANAスーパーフライヤーズカード JCB
    SFC JCB

▼ゴールドカード

  1. ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード VISA
    SFCゴールド VISA
  2. ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード マスターカード
    SFCゴールド マスター
  3. ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード JCB
    SFCゴールド JCB
  4. ANAダイナース スーパーフライヤーズカード
    SFCダイナース
  5. ANAアメリカン・エキスプレススーパーフライヤーズ・ゴールド・カード
    SFCアメックスゴールド

▼プレミアムカード

  1. ANA JCBスーパーフライヤーズカード プレミアム
    SFC JCBプレミアム
  2. ANAダイナーススーパーフライヤーズ プレミアムカード
    SFC ダイナースプレミアム
  3. ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード
    SFC VISAプレミアム
  4. ANAアメリカン・エキスプレススーパーフライヤーズ・プレミアム・カード
    SFC アメックスプレミアム

ANAの航空券を買う上で、もっともANAマイルがたまるのはスカイトラベラープレミアカードですが、ANAカードを持っておけばフライトマイルが10~25%増量で獲得できたり、積算率をアップさせて多めにANAマイルがもらえたりと、SFC修行で活躍します!

SFC修行が終わるころには「あれ?!ANAマイルがこんなに貯まってるの?!」と驚くことでしょう・・・!

もしも「ANAカードの選び方を知りたい!」という場合には、以下の記を参考にしてみてください。

オススメのANAカード
おすすめのANAカード決定版2019!18種類のANAカードから現役の陸マイラーが厳選してオススメを紹介!

最新!当サイトで申込数の多いANAカード 1.ANAアメックスカード【2ヶ月連続No.1&発行で大量マイルがもらえる】 2.ANA ワイドゴールドカード 3.ANAアメックスゴールドカード 「ANAカ ...

続きを見る

ANAカードの発行には、通常1週間ほどかかります。
なので、出来る限り早めに発行しておきましょう!

この記事のまとめ!

SFC修行は大変ですが、半永久的に恩恵を享受できるので、とても魅力的です!
旅行が快適になって、家族にも喜ばれること間違いなしです^^

この記事がSFC修行についての理解を深めるきっかけになったら幸いです。
さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!

当記事で紹介したおすすめANAカード

スカイトラベラープレミアム

ANAの航空券を購入時にポイント還元率5.0%になるスカイトラベラープレミアムカード。
5.0%は、なんとANAのプラチナカードをも凌(しの)ぐ還元率であり、クレジットカードで頂点です!
SFC修行で一気にマイルを貯められます。

詳細はこちら 申込はこちら

ANAアメックスカード

マイル還元率が1.0%であり、空港ラウンジ特典や旅行保険まで充実しているANAアメックスカード。
年会費7,700円とANAマイルを貯めるカードではお得な部類です。
2019年10月現在は、入会キャンペーンでいきなりハワイ往復分のマイルをもらえるチャンス!

詳細はこちら 申込はこちら

ANAアメックスゴールド

ANAアメックスカードの上位カードであるANAアメックスゴールドカード。
マイル還元率は1.0%であるものの、付帯特典がとても充実しており、ステータス性も抜群。
また、今なら発行+利用で最大60,000マイルを獲得できる入会キャンペーンを開催中!

詳細はこちら 申込はこちら

-上級会員

Copyright© マイルの聖書 , 2019 All Rights Reserved.