ANAアメックスゴールド完全ガイド!ハワイ往復分のANAマイルがもらえる激アツなキャンペーンを開催中!

anaアメックスゴールドカード

ANAマイルを効率的に貯めることができ、空港ラウンジや旅行保険など旅行するのにあると嬉しい特典が充実しているANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード(以下、ANAアメックスゴールドカード)。

当サイトでもANAカードの中では、下位カードであるANAアメックスカードに次いで2番目の人気があるANAカードです(僕自身も発行して利用しています)

ANAアメックスゴールドカード

ANAアメックスゴールドカードは、盛大な入会キャンペーンを開催するカードであり、発行+利用などの諸条件をクリアするだけで、なんとハワイ往復分以上のマイルをもらえます。

ANAアメックスゴールドカードのキャンペーン情報をはじめ、基本的なスペックからメリット・デメリットまで解説します。

>>ANAアメックスゴールドの公式サイト

ANAアメックスゴールドの基本スペック

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
基本スペック
年会費 基本 31,000円
割引-
国際
ブランド
AMEX
マイル
還元率
基本 1.0%
上限1.0%
航空券
購入時
3.0%
ポイント
制度
有効期限 なし
サービス名メンバーシップ・リワード®
交換可能
マイル
ANAマイル
電子
マネー
楽天Edy
iD×
QUICPay
PASMO×
Suica×
WAON×
ボーナス
マイル
カード継続 2,000マイル
対象便
搭乗時
+25%
空港
ラウンジ
国内
海外◯(ホノルルのみ)
旅行
保険
国内最大:5,000万円
海外最大:10,000万円
家族
カード
発行可能
枚数
-
発行費用
/枚
無料
年会費
/枚
15,500円
利用金額別の年間お得度
50万円利用の場合-19,100円
100万円利用の場合-4,100円
200万円利用の場合+25,900円
300万円利用の場合+55,900円
500万円利用の場合+115,900円
編集部レビュー

爆発的にマイルがたまる入会キャンペーンが魅力的です。
ANAマイルを貯めやすいのはもちろん、付帯特典にも期待できます。

おすすめポイント
・マイル還元率1.0%
・ポイント有効期限なし
・ANA利用時に+αでマイル獲得可能
・国内主要空港ラウンジ
いまいちポイント
・AMEXなので使える場面がVISAより少ない
入会特典 最大50,000マイル相当もらえます!

年会費は31,000円

年会費は31,000円です。

数あるゴールドカードの中では高い部類に入り、もう1種類のANAワイドゴールドカードは14,000円よりも1.7万円近く高いです。

下位カードであるANAアメックスカードが7,000円であり、上位カードであるANAアメックスプレミアムカードが170,500円と、ANAアメックスは基本的に年会費が高めに設定されています。

その分、付帯特典が充実しているので、この記事でその魅力を紹介します。

マイル還元率は常時1.0%

ANAアメックスゴールドは100円利用ごとにメンバーシップ・リワードポイントが1ポイント加算されます。

※メンバーシップ・リワードポイントはANAマイルではありません

メンバーシップリワードポイントを1ポイント=1ANAマイルで交換できるので、ANAアメックスゴールドのマイル還元率が1.0%です。

ANAマイルが+αでたまるお店がある

カードには特約店のように、優遇されるお店があります。

  1. ANAカードマイルプラス
  2. ANAマイレージモール
  3. ANAグルメマイル

3つあってややこしいかもしれません。

ANAカードマイルプラスは、加盟店でANAアメックスカードを利用するとカード利用時にもらえるポイントとは別に、+αでANAマイルをもらうことができます。

そうすることで還元率が1.5%や2.0%、多いときだと3.0%にもなることがあります。

ANAマイレージモールは、さまざまなネットショップを集約したようなサイトであり、ANAマイレージモールを経由して買い物することで+αでANAマイルをもらうことができます。

ANAグルメマイルは、ANAカードと提携しているレストランで食事をするときにANAアメックスカードを利用することで+αでANAマイルをもらうことができます。

かなりたくさんのお店が提携しています。

メンバーシップ・リワードについて

ANAアメックスゴールドカードは、利用するごとにメンバーシップ・リワードというAMEXのポイントが貯まります。

そのポイントはANAマイルをはじめ、Tポイントや楽天ポイントなどに交換できます。

直接ANAマイルが貯まらないのは不便と思うかもしれません。

しかし直接貯まらないことでマイルの有効期限を長くなります。

ANAマイルの有効期限は3年間ですが、ANAアメックスゴールドカードのポイントの有効期限が無期限であるためです。

なので使いたいタイミングで必要分だけを移行することで、実質有効期限がないようなものです。

年間100万円以上の利用ごとにANA SKY コインがもらえる

ANAアメックスゴールドでANA航空券やANAグループ旅行商品を年間(10月1日~翌年9月30日まで)100万円以上購入すると、特典としてスカイコインを5,000コイン(5,000円相当)もらうことができます。

対象となる商品は以下のとおりです。

航空券
  • ANAウェブサイト
  • ANA国内線予約・案内センター
  • ANA国際線予約・案内センター
  • ANAカウンターでの航空券の購入
旅行商品
  • ANAスカイホリデー
  • ANAハローツアー
  • ANA SKY WEB TOUR
  • ANAワンダーアース

ANA SKYコインとはANAの航空券やANAのツアー料金の支払いに10コイン単位(10円相当)で利用できる電子クーポンです。

ANAスカイコインの使い道は以下の4つです。

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

ジャンル 利用対象 備考
国内線航空券 ANA国内線の個人運賃航空券 他社運航の場合ANA便名のコードシェアのみ対象
※ビジネスきっぷやいっしょにマイル割等は対象外
国際線航空券 日本サイトで購入可能な
ANA国際線すべての公示運賃航空券
ANA便名の国内線乗り継ぎ区間も対象
※他社便名および他社乗り継ぎが含まれる航空券は対象外
国内旅行 ANA SKY WEB TOURの商品 ※国内ホテルや国内レンタカー、ANA一休パックは対象外
海外旅行 ANA SKY WEB TOURの商品 ※ホテル&オプションは対象外
※本人が同行しない場合はメールか電話での連絡が必要

スカイコインについては、以下の記事が参考になります。

スカイコインの解説記事はこちら

旅行保険は充実&家族分もカバー可能!

アメックスカードは旅行保険に定評がありますが、例外なくANAアメックスゴールドカードも充実しています。

海外旅行
保険
死亡
後遺障害
1億円
傷害治療 300万円
疾病治療 300万円
携行品損害 100万円
賠償責任 4,000万円
救援者費用 400万円
航空機
遅延保険
なし
国内旅行
保険
死亡
後遺障害
5,000万円
入院
保険金日額
なし
通院
保険金日額
なし
手術保険金 なし
航空機
遅延保険
なし
ショッピング
保険
海外 500万円
国内 500万円

少し懸念点があるとすると、傷害治療と疾病治療です。

これらは治療を受けたり、入院した時の補償なのですが、300万円だと心もとなさがあります。

カード継続ボーナス・ANA搭乗ボーナス

ANAアメックスカードはANAカードなので、ANAカードの特典としてのカード入会・継続や、ANA便搭乗でボーナスマイルをもらうことができます。

継続ボーナスマイル

対象カード 入会時のボーナスマイル 継続時のボーナスマイル
(翌年以降毎年カード更新時のボーナス)
ANAカード一般 1,000マイル 1,000マイル
ANAゴールドカード 2,000マイル 2,000マイル
ANAカードプレミアム 10,000マイル 10,000マイル

ANAアメックスゴールドはANAゴールドカードなので、毎年継続するごとに2,000マイルもらえます。

フライトボーナスマイル

ANA便に乗るときには、フライトボーナスマイル(ANAマイル)をもらえます。

ANAアメックスゴールドを保有していることでフライトマイルの25%をおまけで付与してくれるので、その点でもANAマイルを貯めることができます。

そもそもフライトマイル自体が東京〜那覇を50往復してようやくハワイ往復分のマイルが貯まるくらいなので、+αで25%上乗せでボーナスマイルがもらえたとしも雀の涙ほどです。

ANAカードの最上位であるプラチナカードでも+25%が最大です。

ANAアメックスゴールドカードの審査や申し込みハードルは?

ANAアメックスゴールドカードの公式サイトには「満20歳以上で定職のある方」とあります。

仕事やアルバイトをして収入があり、過去にカードの利用分返済などで遅延をしていなければ、発行できるでしょう。

ANAアメックスゴールドの充実した特典・サービス

ANAアメックスゴールドの特典を紹介します。

空港ラウンジ

ANAアメックスを保有していることで空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能です。

空港に早めに到着しても、ラウンジでゆっくり軽食を食べたり、お酒を飲んだりしながら飛行機までの時間を過ごすことができます。

手荷物宅配サービス

海外旅行から返ってきたときだけですが、スーツケースを空港から無料で送ることができます。

必要不可欠なものがスーツケースの中にたくさんあったらそのまま持って帰らなければいけませんが、もしも後日でもいい荷物だけなら手荷物宅配サービスで帰路を楽にするのもアリです。

手荷物無料宅配サービスに対応している空港は以下の通りです。

  • 羽田空港
  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

オンライン・プロテクション

オンライン・プロテクションとは、ネットショッピングでカードを不正利用されたときの損害を全額補償するサービスです。

不正利用されるようなことは滅多にないと思いますが、万が一のときに安心できます。

リターン・プロテクション

リターン・プロテクションとは、ANAアメックスゴールドカードを利用して購入した商品で、もしも返品したくなったときに購入日から90日以内の商品の購入額を払い戻してもらえるサービスです。

このサービスのすごいところは、お店が受け付けてくれなかった場合にも、AMEXが保障してくれる点です。もしも対応が悪いお店があった場合には活用できそうです。

キャンセル・プロテクション

キャンセル・プロテクションとは、急に別の予定が入ってしまって行けなくなった旅行やコンサートのキャンセル費用などの損害を補償してもらえるサービスです。

旅行に行けなくなって、しかも旅行代金は徴収される・・・となるとダブルパンチですが、旅行代金だけでも返ってくるのは助かります。

オンライン旅行予約サイト優待サービス

アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン、一休.com、日本旅行、Expedia、アップルワールド.comを優待価格で利用できます。

海外サポートデスク

現地での観光案内や各種予約、トラブル時などに日本語で対応してくれる「グローバル・ホットライン」が利用できます。

海外でもしものことがあったときに助かる特典です。

ANAアメックスやANAアメックスプレミアムとの比較

ANAアメックスゴールドカードには、下位カードとしてANAアメックスカードが、上位カードとしてANAアメックスプレミアムカードがあります。

▼スマホの場合は左右にスクロールできます。

グレード 一般カード ゴールド プレミアム
国際ブランド AMEX AMEX AMEX
年会費 7,000円 31,000円 155,000円
ボーナス
マイル
新規入会 1,000マイル 2,000マイル 10,000マイル
年間継続 1,000マイル 2,000マイル 10,000マイル
搭乗時 フライトマイルに
10%プラス
フライトマイルに
25%をプラス
フライトマイルに
50%をプラス
ANAマイル
還元率
1.0% 1.0% 1.0%
旅行保険
(最高額)
3,000万円 1億円 1億
空港ラウンジ 国内28空港
ハワイ
国内28空港
ハワイ・仁川
国内線ANAラウンジ
世界1,000以上

ANAアメックスカードとの比較

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
基本スペック
年会費 基本 7,000円
割引なし
国際
ブランド
AMEX
マイル
還元率
基本 1.0%
上限1.0%
航空券
購入時
1.5%
ポイント
制度
有効期限 3年(ポイント移行コースへの登録で有効期限が無期限)
サービス名メンバーシップ・リワード
交換可能
マイル
ANAマイル
電子
マネー
楽天Edy
iD×
QUICPay
PASMO×
Suica×
WAON×
ボーナス
マイル
カード継続 1,000マイル
対象便
搭乗時
+10%
空港
ラウンジ
国内
海外×
旅行
保険
国内最大:2,000万円
海外最大:3,000万円
家族
カード
発行可能
枚数
6枚
発行費用
/枚
無料
年会費
/枚
2,500円
利用金額別の年間お得度
50万円利用の場合+7,300円
100万円利用の場合+22,300円
200万円利用の場合+52,300円
300万円利用の場合+82,300円
500万円利用の場合+142,300円
編集部レビュー

ANAマイル向けカードで当サイト人気No.1です。
クレジットカード決済だけではなく、飛行機利用時にも効率的にANAマイルが貯まります。

おすすめポイント
・マイル還元率1.0%
・ポイント有効期限なし
・ANA利用時に+αでマイル獲得可能
・国内主要空港ラウンジ
いまいちポイント
・AMEXなので使える場面がVisaより少ない
・マイル交換手数料あり(交換する年のみ)
入会特典 最大18,000マイル相当もらえます!

ANAマイルを貯める上で、ショッピングにおける違いはほぼないと言えます。

※ANAカードマイルプラス加盟店だと還元率が1.0%も変わります

では何が違うのか?

大きくは「ANAの航空券を自費で購入するとき」です。

ANAアメックスゴールドの場合だとANAカードマイルプラスがあるので、ANAの航空券購入時は還元率3%(2%アメックス+1%ANAマイル)です。

ANAアメックスの場合だと2.0%です。

1マイル=3円の価値があるとすると、60万円以上ANAの航空券購入で使うなら、ANAアメックスゴールドの方がお得です。

ANAアメックスゴールドとANAアメックスの年会費の差は18,000円です(ANAアメックスはマイル移行手数料が加わります)。

1マイルの価値を3円とすると、18,000円の差は6,000マイルほどの差がつくことで埋まります。

カード還元率の差は1.0%なので、6,000マイルの差をつけるには6,000÷0.01(1.0%)=600,000円となります。

補足:実際には、フライトマイルボーナスや入会・継続ボーナス面でもANAアメックスゴールドが上回るため、年間90万円以上ANAのチケット購入をするのであれば、ANAアメックスゴールドの方がお得になります。

ANA便を自費で購入する機会がある場合には、ANAアメックスゴールドをおすすめします。

年会費はグッと上がりますが、旅行保険がより充実したり、ステータス性が上がったり、その他付帯保険のグレードがアップするため、ANAアメックスに物足りなさを感じるなら、ANAアメックスゴールドはいかがでしょうか?

ですが、できる限り安く済ませたい…!という場合には、ANAアメックスカードでもいいと思います。

ANAアメックスカードもいいカードなので、ぜひスペックや特典をチェックしてみてください。

ANAアメックスの紹介記事はこちら

他のANAマイルが貯まるクレジットカードの選択肢について

ANAアメックスゴールドカードは年会費が31,000円であり、同金額のカードでおすすめなのが「SPGアメックスカード」です。

SPGアメックスカードは、ANAの飛行機搭乗時に+αでマイルがもらえたりはしません。

しかし通常還元率がANAアメックスカードよりも高還元率であり、特典も旅行好きにはたまらないレベルです。

SPGアメックスカード

SPGアメックスカード
基本スペック
年会費 基本 31,000円
割引-
国際
ブランド
AMEX
マイル
還元率
基本 1.0%
上限1.25%
航空券
購入時
1.25%
ポイント
制度
有効期限 無期限
サービス名Marriott Bonvoyポイント
交換可能
マイル
JALマイル
ANAマイル
その他マイル
電子
マネー
楽天Edy
iD×
QUICPay
PASMO×
Suica×
WAON×
ボーナス
マイル
カード継続 なし
対象便
搭乗時
なし
空港
ラウンジ
国内
海外ホノルル・仁川のみ
旅行
保険
国内最大:5,000万円
海外最大:10,000万円
家族
カード
発行可能
枚数
6枚
発行費用
/枚
無料
年会費
/枚
15,500円
利用金額別の年間お得度
50万円利用の場合-15,350円
100万円利用の場合+3,400円
200万円利用の場合+40,900円
300万円利用の場合+78,400円
500万円利用の場合+153,400円
編集部レビュー

1.25%の高還元&ANAマイルとJALマイルのどちらにも交換可能であり、圧倒的にマイル向きカードです。
陸マイラーに大人気であり、当サイトの編集長もメインカードとして使っています。

おすすめポイント
・マイル還元率1.25%
・ANAもJALマイルも貯めれる
・ポイント有効期限なし
・ホテルの上級会員
いまいちポイント
・AMEXなので使える場面がVisaより少ない
入会特典 最大30,000ポイントもらえます!

マイル還元率が1.25%であり、さらにANAマイルの有効期限を気にしなくてよいSPGアメックスカード。

マイル還元率で見たら、ANAカードを普通に上回りトップクラスの還元率を誇ります…!

SPGアメックスカードを利用して貯まるポイントは100円ごとに3ポイントであり、3ポイントを1ANAマイルと交換できます。

通常だと還元率1.0%ですが、60,000ポイントをまとめて交換すると5,000ポイントもらえるため、それを加味すると還元率1.25%になります。

さらにSPGアメックスカードのポイントには有効期限ありません。

社会人だと、仕事や家族との予定などでいつでも旅行に行けるわけではなく、失効のリスクは比較的高いのが現実です。

マイルの失効を気にすることなくコツコツとマイルを貯めることができるのも嬉しいポイントです。

貯めたポイントはANAマイルをはじめ、JALマイルなど40以上の航空会社のマイルに交換可能なので、ANA以外の航空会社に乗りたくなった時に対応できるのは、他のカードにはないSPGアメックスならではの魅力です。

SPGアメックスカードはホテル系列のクレジットカードなので、マリオット系列(リッツ・カールトンやシェラトンなど)のゴールド会員になることができ、ホテル宿泊で優待を受けることが可能という大きなメリットがあります。

実際に私はタイのリッツ・カールトンに宿泊したときに、部屋が2段階もアップグレードしました。

リッツ・カールトンの客室

タイのリッツ・カールトンの「客室」

そしてそのような高級ホテルに毎年のように無料宿泊できる権利をもらえるので、年会費が31,000円なものの一瞬でペイできます。

ショッピング中心かつ全力でANAマイルを貯めたいならSPGアメックスで決まりです。

陸マイラーの間で人気沸騰中で、このカードをメインカードとしている方がどんどん増えています。

高還元率&有効期限なし&ポイントは40ものマイルに交換可能と、まさにマイルを貯める人のために発行されているようなカードです。

僕も発行して利用しています。

>>SGPアメックスの公式サイトはこちら

ANA ワイドゴールドカード

ANA VISA/Maserワイドゴールドカード
基本スペック
年会費 基本 14,000円
割引9,500円
国際
ブランド
Visa / Mastercard
マイル
還元率
基本 1.0%
上限1.35%
航空券
購入時
2.0%
ポイント
制度
有効期限 3年
サービス名ワールドプレゼントポイント
交換可能
マイル
ANAマイル
電子
マネー
楽天Edy
iD
QUICPay×
PASMO×
Suica×
WAON×
ボーナス
マイル
カード継続 2,000マイル
対象便
搭乗時
+25%
空港
ラウンジ
国内 国内主要空港で利用可能
海外×
旅行
保険
国内最大:5,000万円
海外最大:5,000万円
家族
カード
発行可能
枚数
-
発行費用
/枚
無料
年会費
/枚
4,400円
利用金額別の年間お得度
50万円利用の場合-400円
100万円利用の場合+14,600円
200万円利用の場合+44,600円
300万円利用の場合+74,600円
500万円利用の場合+134,600円
編集部レビュー

2019年までANAマイル系陸マイラーに圧倒的人気だったカードです。
しかし還元率の改悪により、今ではその勢いは下火になっていますが、まだまだ支持されています!

おすすめポイント
・通常マイル還元率1.0%
・年会費10,000円ほどとコスパ◎
・ANA便利用時に+αでマイル獲得
・国内主要空港ラウンジ特典
いまいちポイント
・とくになし
入会特典 最大35,000マイル相当もらえます!

ANAワイドゴールドカードの解説記事はこちら

ANAマイルを効率的に貯めている陸マイラー御用達のカードであるANAワイドゴールドカード。

ANAアメックスゴールドカードと同じでANAゴールドカードに分類されています。

通常マイル還元率が1.0%であり、国内主要空港ラウンジが利用でき、旅行保険も十分なのに、年会費10,450円(割引後)とコスパ抜群です。

さらにはカードの利用実績に応じてマイル還元率がアップしたり、リボ払いの登録でマイル還元率がアップし、最大で1.3%*が実現できるポテンシャルを持っています。

通常時のマイル還元率で13%以上であるカードは、年会費が80,000円越えするようなプレミアムカードくらいです。

ANAの飛行機搭乗時には、カード保有特典として+αでANAマイルをもらうことができたり、毎年継続ごとに2,000マイルが付与されます。

年会費を下げたり、ポイント還元率を上げるのが少し手間ですが、それを上回るメリットがあります。

ANAの上級会員になると発行できるスーパーフライヤーズカード*で選ばれることが多いです。

※持っているANAカードに上級会員特典が付帯している、元々のカードをグレードアップさせたようなカード

>>ANAワイドゴールドカードの公式サイト

ANAダイナースカード

ANAダイナースカード
基本スペック
年会費 基本 27,000円
割引-
国際
ブランド
Diners Club
マイル
還元率
基本 1.0%
上限1.0%
航空券
購入時
2.0%
ポイント
制度
有効期限 なし
サービス名ダイナースクラブリワードポイント
交換可能
マイル
ANAマイル
電子
マネー
楽天Edy
iD×
QUICPay×
PASMO×
Suica
WAON×
ボーナス
マイル
カード継続 2,000マイル
対象便
搭乗時
+25%
空港
ラウンジ
国内
海外
旅行
保険
国内最大:1億円(自動付帯枠5,000万円)
海外最大:1億円(自動付帯枠5,000万円)
家族
カード
発行可能
枚数
-
発行費用
/枚
無料
年会費
/枚
6,000円
利用金額別の年間お得度
50万円利用の場合-14,700円
100万円利用の場合+300円
200万円利用の場合+30,300円
300万円利用の場合+60,300円
500万円利用の場合+120,300円
編集部レビュー

ANAマイル用ではなく旅行やグルメの付帯特典を求める方向けのカードです。
入会キャンペーンが半端なく、いきなりビジネスクラスでハワイに行ける可能性もあります。

おすすめポイント
・通常マイル還元率1.0%
・ANA便利用時に+αでマイル獲得
・世界中の空港ラウンジ特典
・グルメ系特典も付帯
いまいちポイント
・ダイナースなのでVisaに比べて利用できない場面がある
入会特典 最大68,000マイル相当もらえます!

ANAダイナースの解説記事はこちら

ANAダイナースプレミアムカードの登竜門であり、ANAマイルを効率的に貯め、魅力的な優待を受けることができるANAダイナースカード。

ANAアメックスゴールドカードと同じでANAゴールドカードに分類されています。

ANAダイナースカードはマイル還元率が1.0%と高還元率であり、ゴールドカードに分類されるため、ANAの飛行機利用時にボーナスマイルがもらえます。

マイルを貯めやすいだけではなく、グルメや旅行の特典がとても充実したカードです。

世界1,000以上の空港ラウンジを利用できたり、指定レストランでは2名以上での利用で1名分が無料になるグルメ特典が付帯します。

入会特典が盛大であり、2021年1月現在だと最大68,000マイルを獲得できます。

日本〜ハワイをビジネスクラスで往復するのに必要なマイルが60,000マイルなので、とても魅力的です…!

上位カードのANAダイナースプレミアムカードになるとマイル還元率が1.5%となのと、圧倒的なステータス性があるため、ANAダイナースプレミアムを見据えて発行する方が多いです。

ANAプレミアムカードの解説記事はこちら

ここだけの話、入会特典のマイル欲しさに申し込んでもお得すぎると言っても過言ではないほどの機会です…

>>ANAダイナースの公式サイト

タクマ
マイルが貯まりやすいだけではなく、旅行や食事がより優雅になる充実した特典が付帯するカードです!

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ソラチカカード
基本スペック
年会費 基本 2,000円
割引なし
国際
ブランド
JCB
マイル
還元率
基本 0.5%
上限1.0%
航空券
購入時
1.5%
ポイント
制度
有効期限 3年
サービス名Oki Dokiポイント
交換可能
マイル
ANAマイル
電子
マネー
楽天Edy×
iD×
QUICPay
PASMO
Suica×
WAON×
ボーナス
マイル
カード継続 1,000マイル
対象便
搭乗時
+10%
空港
ラウンジ
国内 ×
海外×
旅行
保険
国内最大:1,000万円
海外最大:1,000万円
家族
カード
発行可能
枚数
8枚
発行費用
/枚
なし
年会費
/枚
1,000円
利用金額別の年間お得度
50万円利用の場合+5,300円
100万円利用の場合+12,800円
200万円利用の場合+27,800円
300万円利用の場合+42,800円
500万円利用の場合+72,800円
編集部レビュー

マイル初心者で、カード決済で少しずつマイルを貯めるのに慣れたい、という方におすすめのカードです。
初年度年会費が無料なのでお試しで使ってみるのもアリです!

おすすめポイント
・初年度年会費が無料
・東京メトロでマイルが貯まる
いまいちポイント
・マイル還元率を上げるのに年5,000円が必要
入会特典 最大63,500マイル相当もらえます!

ソラチカカードの解説記事はこちら

空(ANA)と地下(東京メトロ)でマイルを貯められるANAカードであるANA To Me CARD PASMO JCB(以下、ソラチカカード)

ANA一般カードに分類されるカードです。

年会費2,000円(初年度無料)で保有することができるので、ANAカードの中ではかなりお得な部類です。

ソラチカカードは、利用する場面で貯まるポイント自体が異なり、Oki DokiポイントとANAマイルのどちらかが貯まります。

Oki Dokiポイントは直接ANAマイルに交換できますが、交換する年に年間5,000円を追加で支払うことで交換レートを2倍にすることができ、以下のようなポイント還元率を実現できます。

  • ふだんのショッピングなどの支払いでANAマイル還元率1.0%
  • メトロ乗車で平日4ANAマイル・土日休15ANAマイル
  • 定期購入(PASMO)でANAマイル還元率1.9%
  • 毎年継続で1,000ANAマイル
  • ANA便搭乗時にボーナスマイル10%

空(ANA)と地下(東京メトロ)でマイルが貯まる、というのをうたい文句にしているだけあり、効率的にANAマイルが貯まります。

ふだんのショッピングなどの支払いでいうと、ANA特約店やANAマイレージモールなどを利用することで、Amazonや楽天市場、ヤフーショッピングなら還元率1.45%も実現可能です。

ところでポイント交換時に5,000円払う価値があるのか?という点ですが、これはほぼ100%払う価値があります。

大まかな目安ですが、多く見積もっても年間40万円(月々3万円ほど)利用するならば、交換レートをアップさせないと損します。

ソラチカカードは空(ANA)と地下(東京メトロ)でポイントが貯まるため、ポイント事情がややこしいのですが、年会費のわりに効率的にANAマイルを貯めることができるコスパの良いクレジットカードです。

>>ソラチカカードの公式サイトはこちら

タクマ
できる限りお得&効率よくANAマイルを貯めたい方におすすめのANAカードです!

ANAアメックスゴールドカードの入会キャンペーン情報

アメックスカードのキャンペーン

2021年1月現在、ANAアメックスゴールドカードは新規入会キャンペーンを開催しており、最大で50,000ANAマイル相当のポイントを獲得することができます。

50,000マイルがあると、いきなりハワイやニューヨークにビジネスクラスで行けます。

ホテルのベランダから見たワイキキビーチ

3ヶ月で100万円の利用は正直キツいかもしれませんが、達成できればハワイ往復のマイルが手に入ります。

もしも大きな買い物をする予定があるなら、このカードを発行して使い、マイルをもらうのもアリですね。

まとめ:ANAアメックスゴールドカードでマイルを貯めよう!

以上、ANAアメックスゴールドカードの紹介でした。

年会費が31,000円なものの、万能カードであり、入会でハワイ往復分以上のマイルが手に入るチャンスなので、ぜひ発行して利用してみてはいかがでしょうか?

>>ANAアメックスゴールドの公式サイト

おまけ:ANAアメックスゴールドを発行しました

僕はキャンペーンに乗じてANAアメックスゴールドカードを発行しました。

ANAアメックスゴールドカード

1年ほど利用してみて、いい感じなら継続して、微妙だったら別カードに切り替えを検討しようと思っています。

>>ANAアメックスゴールドの公式サイト

他のANAカードを検討したい場合には、以下の記事が参考になります。

おすすめのANAカード決定版2021!18種類のANAカードから現役の陸マイラーが厳選&比較しておすすめを紹介!

タクマ
以上で、記事はおしまいです。
自分に合ったマイル向けクレカを見つけたい!という方は、以下のカード検索機能をご活用ください。
ぴったりのクレカを探す!
貯めたいマイル
月々の決済額
年間の航空券代※ANAもしくはJAL
電子マネー

-ANAカード, クレジットカード, マイルの貯め方
-,

© 2021 マイルの聖書