【2019年7月最新版】ANAカードのキャンペーン情報まとめ

更新日:

anaカードのキャンペーン

この記事では、ANAカードのキャンペーン情報をまとめています。

キャンペーンを活用することで、たくさんのANAマイルを獲得できる可能性があるので、ぜひチェックしてみてください!

また、ANAカードをふだん使いすることで、コツコツですが確実にANAマイルを貯めることができます。

キャンペーンだけに目を取られず、ぜひふだん使いすることも想定に入れつつ、選んでみてください!

ANAカードの種類について

ひとことにANAカードといっても、20種類近くあります。

ANAと提携して色々な会社からANAカードが発行されているため、それぞれのキャンペーン内容も全然ちがいます。

ANAカードを分類すると、以下の4パターンです。

  1. ANA VISA/Master カード
  2. ANA JCB カード
  3. ANA AMEXカード
  4. ANA ダイナースカード

さっそく、それぞれのキャンペーンを紹介します。

2019年7月でもっともオススメなANAカードのキャンペーン

もっともオススメを先に伝えると「ANA アメリカン・エキスプレス・ カード(以下、ANAアメックス)」です。

いきなりハワイ往復分の航空券をゲットできるだけのポイントをもらえるにもかかわらず、それほど獲得ハードルが高くないからです。

ANAアメックスカード:最大35,000マイル相当

ANAアメックス

ANAアメックスは、2019年7月現在、最大で35,000マイル相当のポイントを獲得できるキャンペーンを開催しています。

キャンペーンの内訳は以下の通りです。

  1. 入会特典:
    1,000マイル
  2. 入会後1カ月以内にカードを3回利用:
    1,000ポイント
  3. 入会後3ヶ月以内にカード利用金額が合計15万円:
    3,000ポイント
  4. 入会後3ヶ月以内にカード利用金額が合計60万円:
    21,000ポイント

3ヶ月で60万円の決済は少しハードルが高いですが、もしも達成できれば35,000マイル相当のポイントを獲得でき、60万円決済時点でカード利用ポイントが6,000マイル相当分になり、合計35,000マイル相当。

ANAアメックスカードを発行して3ヶ月以内に60万円の決済ができれば、いきなりハワイ旅行分のマイルが獲得できます・・・!

>>ANAアメックスのキャンペーン情報を確認する(公式サイト)

ANAアメックスカードの基本スペック

カード名 ANAアメリカン・エキスプレス・カード
(ANAアメックスカード)
国際ブランド AMEX
年会費 7,560円
家族カード 2,700円
継続ボーナス 1,000ANAマイル
ANAマイル還元率 1.0%
海外旅行保険 最高3,000万円
国内旅行保険 最高2,000万円
ショッピング保険 200万円

ANAアメックスカードは、万能なANAカードです。

ANAマイル還元率は1.0%であり、年会費は7,560円。
一般カードとしては、少し年会費が高い印象を受けるかもしれません。

しかしカードスペックや特典は他のカードのゴールドカード級といっても過言ではありません。

旅行保険が充実していたり、国内主要空港のラウンジが同伴者1名まで無料で利用可能です!

ふだん使いするのもオススメのANAカードです。

ANAアメックスの詳細はこちら

ANAアメックスの申込みはこちら

もしも「3ヶ月で60万円の決済は厳しいな・・・」と感じた場合は、無理してキャンペーンに参加せずに、他のキャンペーンを検討してみてください。

タクマ

ここからは、4パターンのANAカードごとにキャンペーン情報を紹介します。

ANA VISA/Master カードのキャンペーン

ANA VISA/Master カードのキャンペーンは以下の通りです。

グレード券種名獲得マイル数
一般ANA一般1,000
ANA VISA Suica
ANA TOKYU POINTClubQ PASMO
ANA VISA nimoca
ANAワイドカード2,000
ゴールドANAワイドゴールド2,000
プラチナANA VISAプラチナプレミアムカード10,000

2019年5月までは、かなり魅力的なキャンペーンだったのですが、6月より標準的なキャンペーンに戻りました。

もしもこの中で発行するとしてオススメなのは、ANA ワイドゴールドカードです。

ANAワイドゴールドカード:最大2,000マイル

ANAワイドゴールド

ANAワイドゴールドカードは、2019年7月現在、2,000マイルを獲得できるキャンペーンを開催しています。

キャンペーンの内訳は以下の通りです。

  1. 入会特典:
    2,000マイル

>>ANAワイドゴールドカードのキャンペーン情報を確認する(公式サイト)

ANAワイドゴールドカードの基本スペック

国際ブランド VISA/Master
年会費 15,120円
年会費最安値 9,500円
ETCカード 1度でも利用あれば翌年無料
マイル還元率 1%(※最大1.648%)
ポイント有効期限 最長3年
フライトボーナスマイル 25%UP
継続ボーナスマイル 毎年2,000マイル
海外旅行傷害保険 5,000万円※自動付帯
国内航空傷害保険 5,000万円※自動付帯
空港ラウンジ 国内主要空港

ANAワイドゴールドは、ANAマイル還元率や年会費、その他空港ラウンジなどの特典のバランスがとても良いおすすめクレジットカードなのです。

ふだんの利用時に最大でマイル還元率を1.648%にすることができ、年会費も9,500円まで下げることができるためコスパ抜群。

ANAマイルを貯めている人にとくに人気のクレジットカードであり、筆者もANAマイルを貯めるメインカードとして活用しています。

ANA ワイドゴールドの詳細はこちら

ANA ワイドゴールドの申込みはこちら

ANA JCB カードのキャンペーン

ANA JCB カードのキャンペーンは以下の通りです。

グレード券種名獲得マイル数(最大)
一般ZERO35,100マイル相当
ANA一般36,100マイル相当
学生用
ソラチカカード
ワイドカード37,100マイル相当
ゴールドANAワイドゴールド44,900マイル相当
プラチナANA JCB プレミアム54,400マイル相当

ANA JCBカードは申し込みどき!と言ってもいいほど、マイルを獲得できるキャンペーンを実施中です。

この中でふだん使いも考えるとしたら、ソラチカカードもしくはワイドゴールドカードがオススメです。

ソラチカカード:最大19,600マイル相当

ソラチカカード

ソラチカカードは、2019年7月現在、19,600マイルを獲得できるキャンペーンを開催しています。

キャンペーンの内訳は以下の通りです。

  1. Web明細登録:
    1,200マイル相当
  2. カード利用10万円:
    1,500マイル相当
  3. カード利用25万円:
    6,000マイル相当
  4. カード利用70万円:
    17,400マイル相当

>>ソラチカカードのキャンペーン情報を確認する(公式サイト)

ソラチカカードの基本スペック

カード名 ANA To Me CARD PASMO JCBカード
通称、ソラチカカード
国際ブランド JCB
年会費 2年目以降は2,160円
※初年度無料
ポイント還元率 0.5%(5マイルコース)
1.0%(10マイルコース)
旅行損害保険 海外|最高1,000万円
国内|なし
ショッピング保険 海外|100万円
国内|なし
継続ボーナス 1,000ANAマイル
追加可能なカード ETCカード
UICPay
ANA QUICPay+nanaco
家族カード
PiTaPa
Apple Pay 可能
グーグルペイ 可能

ソラチカカードは、ANA To Me CARD PASMO JCBカードのことを指します。

ANA(空)とPASMO(地下)のコラボクレジットカードであるので、通称ソラチカカードと呼ばれています。

ポイント還元率が通常0.5%ですが、ANAマイルに交換するときにレートをアップできて、結果的にANAマイル還元率1.0%になります。

初年度年会費は無料で2年目から年会費が2,180円です。

ANAとPASMOの提携カードだけあり、さまざまな場面でマイルを貯めることができます。

  • ふだんのショッピングなどの支払いでANAマイル還元率1.0%
  • メトロ乗車で平日4ANAマイル・土日休15ANAマイル
  • 定期購入(PASMO)でANAマイル還元率1.9%
  • 毎年継続で1,000ANAマイル
  • ANA便搭乗時にボーナスマイル10%

年会費を抑えつつ、ふだん使いでもマイルを貯めることができるので、人気なクレジットカードです。

ソラチカカードの詳細はこちら

ソラチカカードの申込みはこちら

9/30までに70万円の決済ができれば、いきなりグアム旅行分のマイルが獲得できます・・・!

とはいえ、ハードルが高いので、無理はしないようにしましょう。

ANAワイドゴールドカード:最大23,900マイル

ANA JCB ワイドゴールド

ANAワイドゴールドカードは、2019年7月現在、23,900マイルを獲得できるキャンペーンを開催しています。

キャンペーンの内訳は以下の通りです。

  1. Web明細登録:
    4,500マイル相当
  2. カード利用10万円:
    1,500マイル相当
  3. カード利用25万円:
    6,000マイル相当
  4. カード利用70万円:
    17,400マイル相当

>>ANAワイドゴールドカードのキャンペーン情報を確認する(公式サイト)

ANAワイドゴールドカードの基本スペック

国際ブランド VISA/Master
年会費 15,120円
マイル還元率 1.0%
ポイント有効期限 最長3年
フライトボーナスマイル 25%UP
継続ボーナスマイル 毎年2,000マイル
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内航空傷害保険 最高5,000万円
空港ラウンジ 国内主要空港

ANA JCB ワイドゴールドカードは、旅行保険が充実しており、楽天Edyとの組み合わせで効率よくANAマイルを貯められるカードです。

ANA VISA/Master ワイドゴールドカードのように、還元率を1.648%にアップさせたり、年会費を9,500円に下げられないため、ふだん使いを考えると微妙かもしれません。

ANAワイドゴールドカードの詳細はこちら

ANAワイドゴールドカードの申込みはこちら

ANA AMEXカードのキャンペーン

ANA AMEX カードのキャンペーンは以下の通りです。

グレード券種名獲得マイル数(最大)
一般ANAアメックス35,000マイル相当
ゴールドANAアメックスゴールド73,000マイル相当
プラチナANAアメックスプレミアム80,000マイル相当

ANAアメックスカード:最大35,000マイル相当

ANAアメックス

ANAアメックスは、2019年7月現在、最大で34,000マイル相当のポイントを獲得できるキャンペーンを開催しています。

キャンペーンの内訳は以下の通りです。

  1. 入会特典:
    1,000マイル
  2. カード利用ボーナス(入会後1カ月以内にカードを3回利用):
    1,000ポイント
  3. カード利用達成ボーナス①(入会後3ヶ月以内にカード利用金額が合計15万円達成):
    3,000ポイント
  4. カード利用達成ボーナス②(入会後3ヶ月以内にカード利用金額が合計60万円達成):
    29,000ポイント

3ヶ月で60万円の決済は少しハードルが高いですが、もしも達成できれば34,000マイル相当のポイントを獲得でき、60万円決済時点でカード利用ポイントが6,000マイル相当分になり、合計40,000マイル相当。

ANAアメックスカードを発行して3ヶ月以内に60万円の決済ができれば、いきなりハワイ旅行分のマイルが獲得できます・・・!

>>ANAアメックスのキャンペーン情報を確認する(公式サイト)

ANAアメックスカードの基本スペック

カード名 ANAアメリカン・エキスプレス・カード
(ANAアメックスカード)
国際ブランド AMEX
年会費 7,560円
家族カード 2,700円
継続ボーナス 1,000ANAマイル
ANAマイル還元率 1.0%
海外旅行保険 最高3,000万円
国内旅行保険 最高2,000万円
ショッピング保険 200万円

ANAアメックスカードは、万能なANAカードです。

ANAマイル還元率は1.0%であり、年会費は7,560円。
一般カードとしては、少し年会費が高い印象を受けるかもしれません。

しかしカードスペックや特典は他のカードのゴールドカード級といっても過言ではありません。

旅行保険が充実していたり、国内主要空港のラウンジが同伴者1名まで無料で利用可能です!

ふだん使いするのもオススメのANAカードです。

ANAアメックスの詳細はこちら

ANAアメックスの申込みはこちら

もしも「3ヶ月で60万円の決済は厳しいな・・・」と感じた場合は、無理してキャンペーンに参加せずに、他のキャンペーンを検討してみてください。

ANAアメックスゴールドカード:最大44,000マイル相当

ANAアメックスゴールド

ANAアメックスゴールドカードは、2019年7月現在、最大で50,000マイル相当のポイントを獲得できるキャンペーンを開催しています。

キャンペーンの内訳は以下の通りです。

  1. 入会特典:
    2,000マイル
  2. カード利用ボーナス(入会後3カ月以内にカード利用金額が合計1万円達成):
    2,000ポイント
  3. カード利用達成ボーナス①(入会後3ヶ月以内にカード利用金額が合計20万円達成):
    8,000ポイント
  4. カード利用達成ボーナス②(入会後3ヶ月以内にカード利用金額が合計60万円達成):
    32,000ポイント

3ヶ月で60万円の決済は少しハードルが高いですが、もしも達成できれば合計で50,000マイル相当のポイントを獲得でき、60万円決済時点でカード利用ポイントが6,000マイル相当分になり、合計50,000マイル相当。

54,000マイルあれば、いきなりニューヨーク旅行分のマイルが獲得できます・・・!
さらには、タイやシンガポールなどアジア圏ならにビジネスクラスで行くこともできます!

>>ANAアメックスゴールドのキャンペーン情報を確認する(公式サイト)

ANAアメックスゴールドカードの基本スペック

カード名 ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
(ANAアメックスゴールドカード)
国際ブランド AMEX
年会費 33,480円
家族カード 16,740円
ANAマイル還元率 1.0%
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行保険 最高5,000万円
ショッピング保険 500万円

ANAアメックスカードの上位カードである、ANAアメックスゴールドカード。

ふだんの決済で貯まるマイルはANAアメックスカードと同じですが、旅行保険が充実したり、付帯特典が増えたりします。

ANAマイルを貯めるという観点でいうとANAアメックスでもいいかな、という印象ですが、ステータス性もあって、旅行保険も充実してた方がいい!という場合におすすめです。

ANAアメックスゴールドの詳細はこちら

ANAアメックスゴールドの申込みはこちら

ANA ダイナースカードのキャンペーン

ANA ダイナースカードのキャンペーンは以下の通りです。

グレード券種名獲得マイル数
一般ANAダイナース85,000マイル
プラチナANAダイナースプレミアム
※招待制
10,000マイル

ANAダイナースカード:最大52,000マイル相当

ANAダイナースカード

ANAダイナースは、2019年7月現在、最大で64,000マイル相当のポイントを獲得できるキャンペーンを開催しています。

キャンペーンの内訳は以下の通りです。

  1. 入会特典:
    2,000マイル
  2. カード利用ボーナス(対象期間以内にカード利用金額が合計30万円達成):
    10,000ポイント
  3. カード利用達成ボーナス①(対象期間以内にカード利用金額が合計90万円達成):
    40,000ポイント

対象期間は以下の通りです。

ダイナースカード

4ヶ月で120万円の決済はなかなかハードルが高いですが、もしも達成できれば52,000マイル相当のポイントを獲得でき、120万円決済時点でカード利用ポイントが12,000マイル相当分になり、合計64,000マイル相当。

>>ANAダイナースのキャンペーン情報を確認する(公式サイト)

ANAダイナースカードの基本スペック

カード名 ANAダイナースカード
国際ブランド ダイナース
年会費 29,160円
家族カード 無料
ANAマイル還元率 1.0%
海外旅行保険 最高1億円
国内旅行保険 最高1億円
ショッピング保険 500万円

ANAダイナースカードの詳細はこちら

ANAダイナースカードの申込みはこちら

まとめ:キャンペーンを活用してマイルを貯めよう!

以上、2019年7月現在のANAカードのキャンペーン情報でした!

キャンペーンは一気にマイルを貯めることができるので、この機会を逃すのはとてももったいないことです。

とはいえ、キャンペーンのハードルは低いわけではないので、無理をしない程度でキャンペーンを狙っていきましょう。

また、ふだん使いすることでもANAマイルを貯めることができるので、そのことも頭に入れて選んでみてください!

ちなみにオススメはANAアメックスです。

ANAアメックス

いきなりハワイ往復分の航空券をゲットできるだけのポイントをもらえるにもかかわらず、それほど獲得ハードルが高くないからです。

ANAアメックスカードは万能なANAカードなので、普段使いにも向いています!

ANAマイル還元率は1.0%であり、旅行保険が充実していたり、国内主要空港のラウンジが同伴者1名まで無料で利用可能とスペックも申し分なしです。

デメリットとしては、年会費が7,560円なこと。しかし、1ヶ月あたりで考えると630円なので、マイルを貯める上での投資だと思ってみてはいかがでしょうか?

>>ANAアメックスのキャンペーン情報を確認する(公式サイト)

おまけ:ANAカードのキャンペーンの傾向

ところで、ANAカードのキャンペーンの傾向って気になりませんか?

ANA JCBカードやANA AMEXはかなり盛大にポイントプレゼントキャンペーンを開催していますが、ANA VISA/Master カードについては、グッと下がっています。

ANA VISA/Master カードは三井住友VISAが発行しているのですが、PayPayやLINE Payなどのスマホ決済手段のキャンペーンに対抗して予算を使ったからだと思われます・・・

筆者の予測だと、ANA VISA/Master カードのキャンペーンは当分いい条件にならないでしょう。

また、ANA AMEXやANA JCBもいつまで続くかわからないので、かなりマイルがもらえる今のうちに申込むんでポイント獲得しておきましょう!

あとあと申し込もうとしたときにキャンペーンがなかったらショックすぎますからね・・・

-コラム
-

Copyright© マイルの聖書 , 2019 All Rights Reserved.