ハワイアン航空のマイル・マイレージ完全ガイド2019!JALマイルを貯めるとカンタン&お得に利用できる?!

更新日:

ハワイアン航空のマイル事情

2018年にJALと提携し、日本人に大人気なハワイへのあらたな翼となったハワイアン航空。

できる限りお得にハワイに行けたらと思い、ハワイアン航空のマイルを貯めようと考えていたり、すでに貯め始めているかも知れません。

ハワイアン航空はANAやJALに比べると特典航空券を発券しやすいので、筆者もマイルでお得にハワイアン航空を利用してハワイに行くことを計画中です!

ところで、ハワイアン航空をマイルで利用する場合には、ハワイアンマイルズでマイルを貯めるか、提携航空会社であるJALマイルを貯めるか、という2択が候補に上がります。

この記事では、ハワイアン航空のマイル事情の基本から、よりカンタン&お得にハワイアン航空を利用する方法まで紹介します。

ハワイアン航空の基本情報

まずはハワイアン航空の基本情報から紹介します。

名称 ハワイアン航空
公式サイト www.hawaiianairlines.co.jp/
航空会社コード HA
ハブ空港 ダニエル・K・イノウエ国際空港
マイレージプログラム ハワイアンマイルズ
アライアンス 非加盟

マイレージプログラム「ハワイアンマイルズ」について

航空会社には、マイレージプログラムというポイント制度があります。

ANAのマイレージプログラムはANAマイレージクラブ、JALのマイレージプログラムはJALマイレージバンクという名前があります。

それぞれのプログラムでのポイントがANAマイル、JALマイルです。

ANAやJALと同じように、ハワイアン航空にもマイレージプログラム名があり、それがハワイアンマイルズです。

航空会社の名称とマイレージプログラムの名称が違い、ややこしいので注意が必要です。

マイレージプログラム「ハワイアンマイルズ」の無料入会は以下のページからできます。

>>ハワイアンマイルズの無料入会はこちら(公式サイトへ)

アライアンスは非加盟だがJALと提携している

航空会社は航空連合(アライアンス)に属していることが多いのですが、ハワイアン航空は非加盟です。

アライアンスに加盟していると、同じ加盟航空会社同士でマイルの相互利用ができたり、コードシェア便の運行ができます。

もしもアライアンスに属していてくれれば、ユーザーにとってメリットが大きいのでちょっぴり残念です。

しかし、JALと提携しているため、JALマイルを使ってハワイアン航空を利用したり、ハワイアン航空を利用してJALマイルを貯めたりと、マイルの相互利用が可能です。

+ ハワイアン航空の提携航空会社を見る(クリックして開く)

提携航空会社HawaiianMilesの獲得HawaiianMilesの利用
チャイナエアライン不可不可
大韓航空一部フライト可能
JAL可能可能
ジェットブルー航空可能可能
ヴァージン・アトランティック航空可能可能
ヴァージン・オーストラリア航空可能一部フライト

ハワイアン航空を利用したときのフライトマイル数(積算率)

ハワイアン航空を利用したときに、ハワイアン航空のマイル・JALマイル・としてマイルを貯めるときのそれぞれの積算率です。

運賃予約クラスハワイアン航空JAL
エコノミークラス
普通運賃
Y100%100%
エコノミークラス
特別運賃1
W70%
X
Q
エコノミークラス
特別運賃2
V50%
B
S
N
M
I
H
G
エコノミークラス
特別運賃3
K30%
L
O0%
Z
ビジネスクラス
運賃
J150%125%
P
C
D
A100%

基本的に自社であるハワイアン航空のマイルとしてもらうのが、量としては一番多いです。

とくに早割などの低い価格帯(エコノミー特別運賃3など)のときの積算率の差が顕著なのがわかります。

マイルを使ってハワイアン航空に乗るならJALマイルがおすすめ!

ハワイアン航空は航空連合(アライアンス)に加盟していないので「ハワイアン航空にマイルを使って乗る方法は、ハワイアンマイルズを貯めるしかないのか?!」と思うかもしれません。

ですが、ハワイアン航空はJALマイルで乗ることもできるのです。

JALとハワイアン航空は提携航空会社であり、マイルの相互利用ができるため、そのようなことが可能です。

なので、ハワイアン航空にマイルで乗る方法としては、

  • ハワイアン航空のマイルを貯める
  • JALマイルを貯める

の2つが主な方法として考えられます。

どちらの方法がいいのか?と悩むかもしれませんが、筆者はJALマイルを貯めてハワイアン航空を利用するのをオススメします!

その理由は、それぞれのマイルを使った場合での特典航空券に必要なマイル数が、ハワイアン航空よりもJALの方が少ない傾向にありからです。

マイルを使ってハワイアン航空でハワイに行くまで必要マイル数は?

マイルを使ってハワイアン航空を利用する前に知っておくべきことが「必要マイル数」です。

同じ飛行機の同じグレードだったとしても、ハワイアンマイルを使う場合と、JALマイルを使う場合で必要なマイル数が異なります。

▼ハワイアンマイルを使う場合

片道 往復
エコノミークラス Super Saver 40,000マイル 80,000マイル
Flex 80,000マイル 160,000マイル
ビジネスクラス Super Saver 65,000マイル 130,000マイル
Flex 130,000マイル 260,000マイル

▼JALマイルを使う場合

片道 往復
エコノミークラス 45,000マイル 90,000マイル
ビジネスクラス 80,000マイル 160,000マイル

ご覧の通り、ハワイアンマイルズの方がお得なときもあれば、JALマイルの方がお得なときもあります。

しかしハワイアンマイルズがJALマイルよりもお得になるのはSuper Saverという、基本的に解放されている日にちが少なく、さらに閑散期であることが多いので、JALマイルの方がお得になる可能性が高いと思った方がいいでしょう。

ここまでのまとめ!

ハワイアン航空のマイレージについてや、飛行機を利用したときにもらえるマイル数、そしてハワイアン航空をマイルで利用するときのマイル数について説明しました!

もしもハワイアン航空をマイルで利用する場合には、基本的にJALマイルを活用することをオススメします!

実際に航空券と交換するときのマイル数がJALマイルの方が少ないからです。
そしてマイルの貯めやすさで言っても、JALに軍配が上がります。

ここからは、実際にハワイアン航空のマイルの貯め方とJALマイルの貯め方について紹介します。

ハワイアン航空にマイルを貯めてお得に乗る方法

ハワイアン航空にマイルで乗る方法としては、おもに以下の2択が考えられます。

  • ハワイアン航空のアジアマイルを貯める
  • 提携航空会社のマイルを貯める
    ※日本人の場合はほとんどがJALなのでJALで解説します

どちらを貯めるべきなのか?については、それぞれのマイルでハワイ航空の特典航空券を発見するのに必要なマイル数を把握したり、ふだんの生活でどちらのマイルの方が貯めやすいかを考慮します。

前章で説明した通り、必要マイル数が少なく特典航空券発券のハードルが低いのは、基本的にJALマイルです。

また、マイルを貯める方法は飛行機搭乗以外にもあるのですが、圧倒的にJALマイルの方が貯めやすいので、ハワイアン航空にマイルを使って乗りたい場合にはJALマイルを貯めましょう。

ハワイアン航空のマイルを貯める方法としては、おもに以下の2パターンが考えられます。

  1. 飛行機搭乗でフライトマイルを獲得
  2. ふだんの支払いをクレジットカード決済にし、獲得したポイントをマイルに交換

2つ目のクレジットカードの活用こそ、マイルを効率よくたくさん貯めるカギになります。

飛行機搭乗でマイルを貯める(フライトマイル)

ハワイアン航空のマイルとして加算することも、JALマイルとして加算することもできます。

飛行機乗ったときにもらえるマイルのことをフライトマイルと言いますが、「フライトマイル=飛行距離 × 予約クラスの積算率」で計算されます。

予約クラスについてですが、ひとことにエコノミークラスといっても、正規料金なのか、割引料金なのか、株主優待なのか、などによって細かく分けられているのです。

+ 積算率を見る(クリックして開く)

運賃予約クラスハワイアン航空JAL
エコノミークラス
普通運賃
Y100%100%
エコノミークラス
特別運賃1
W70%
X
Q
エコノミークラス
特別運賃2
V50%
B
S
N
M
I
H
G
エコノミークラス
特別運賃3
K30%
L
O0%
Z
ビジネスクラス
運賃
J150%125%
P
C
D
A100%

基本的にハワイアン航空のマイルとしてもらった方が、JALマイルとしてもらうよりも量としては多いですが、ハワイアン航空のマイルを持っていても使いづらいのでJALマイルとしてもらいましょう。

航空券予約時や、予約した後、搭乗した後のどのタイミングでもOKです。

オススメは航空券予約時であり、JALマイレージバンクのお客様番号を入力するとスムーズに加算されるのでカンタンですよ。

クレジットカードでマイルを貯める

ハワイアン航空に乗るためにJALマイルを貯めるカードとしておすすめなクレジットカードを紹介します。

1枚目はJALカードで、2枚目はSPGアメックスカードです。

SPGアメックスカードはJALマイルもハワイアン航空のマイルも高還元率で貯められるので、ハワイアン航空のマイルを貯めようと思っている場合には、ぜひチェックしてみてください。

①マイル初心者で少しずつJALマイルを貯めてみたいなら「JAL普通カード」

マイル初心者で少しずつJALマイルを貯めてみたいなら「JAL普通カード」

これからJALマイルを貯め始めたい、というマイル初心者の方におすすめなのが「JAL 普通カード

JALカードの中で一番グレードの低い一般カードです。
一番グレードが低いからJALマイルが貯まりづらいのでは...?と心配するかもしれません。

JAL普通カードは、オプションサービスであるショッピングマイルプレミアム(JALカード保有者の80%が加入)に加入することでJALマイル還元率1.00%と高還元率を実現できます。
この1.00%という数字は、JALカードの中で1番グレードの高いJALプラチナカードと同じ数字であり、マイルは効率的に貯まると言えます。

とはいえ、JAL便を利用したときに貯まるマイルは上位カードである、JALゴールドカードJALプラチナカードに劣ります。

なので出張や旅行で年間4回以上、JAL便を利用する場合は上位カードを検討しましょう。
逆にJAL便をそれほど利用しない場合には、JAL普通カードで十分です(実際に僕はJAL普通カードを保有しています)。

また、電子マネーと組み合わせることでかなり効率的にJALマイルを貯めることができます!

対応している電子マネーとしては、以下の3種類。

  • Suica
  • WAON
  • PASMO

たとえばWAONでいうと、

  • JALカードからWAONにチャージ(1.0%還元)
  • WAONの利用(0.5%還元)

で合計1.5%のポイント還元になります。
SuicaやPASMOも同様の流れで、より多くのJALマイルを貯めることができます。

ちなみに、ひとことにJAL普通カードと言っても種類が8種類ありますが、おもな違いは対応電子マネーです。

JAL普通カードの種類

JAL普通カードの一部

自分自身が利用する可能性が高い電子マネーに対応したJALカードを選択しましょう。

  • Suica
    →JAL普通カードSuica
  • WAON
    →JAL普通カードTOKYU POINT ClubQ カード
  • PASMO
    →JAL普通カードOP

それぞれの電子マネーに対応したオススメのJAL普通カードは上記の通りです。

おすすめポイント
  • 年会費2,000円(税抜/初年度無料)とコスト削減できる
  • 還元率1.0%の高還元率(特定オプション)
  • 毎年継続で2,000マイルもらえる
  • JAL便を利用したときに+αでJALマイルがもらえる
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • ノーマルカードなのでステイタス性がない
  • 年4回以上JAL便を利用するならゴールドがオススメ
マイルの聖書(デメリット)

初年度年会費無料なので、ポイント還元率をアップさせるショッピングマイルプレミアムに加入しても、初年度はたった3,240円で保有できます。

効率よくJALマイルをしっかり貯められるので、これからJALマイルを貯めたいという方にオススメのカードです!

JAL普通カードの詳細はこちら

JAL普通カードの申込みはこちら

※今なら入会キャンペーンで最大1,850マイルもらえます!

▼JALカードのことは以下の記事でまとめています。

②JALマイルもハワイアン航空のマイルも貯まる「SPGアメックスカード」

本気でJALマイルを貯めたいなら「SPGアメックスカード」

マイル還元率がなんと1.25%であり、さらにマイルの有効期限を気にしなくてよい「SPGアメックスカード

マイル還元率で見たら、JALカードを普通に上回りトップクラスの還元率を誇ります・・・!

さらにSPGアメックスカードはポイントの有効期限ありません。

社会人だと、仕事や家族との予定などでいつでも旅行に行けるわけではなく、失効のリスクは比較的高いのが現実です。
マイルの失効を気にすることなくコツコツとマイルを貯めることができるのも嬉しいポイントですよ!

また貯めたポイントはJALマイルやハワイアン航空のマイルをはじめ、ANAなど40以上の航空会社のマイルに交換可能。
なので、JAL以外の航空会社に乗りたくなった時に対応できるのは他のカードにはないSPGアメックスならではの魅力です。

+ 交換できるマイル一覧(クリックして開く)

アライアンス航空会社名
スターアライアンスANA
ユナイテッド航空
シンガポール航空
タイ国際航空
ルフトハンザ・ドイツ航空
エアカナダ
ニュージーランド航空
エアチャイナ
南アフリカ航空
ターキッシュエアラインズ
コパ航空
アシアナ航空
エーゲ航空
TAPポルトガル航空
アビアンカ航空
ワンワールドJAL
キャセイパシフィック航空
ブリティッシュエアウェイズ
カタール航空
アメリカン航空
カンタス航空
イベリア航空
LATAM航空
スカイチームデルタ航空
エールフランス航空
大韓航空
中国東方航空
サウジアラビア航空
アリタリア航空
アエロメヒコ航空
アエロフロート航空
非加盟エティハド航空
エミレーツ航空
ハワイアン航空
中国南方航空
アラスカ航空
ヴァージンオーストラリア航空
サウスウェスト航空
ジェットスター航空
ジェットブルー航空
ヴァージンアトランティック航空
フロンティア航空
海南航空

そして、SPGアメックスカードはもともとホテル系列のクレジットカードなので、マリオットボンヴォイ系列(マリオットやリッツ・カールトン、シェラトンなど)のゴールド会員になることができます。
ゴールド会員になると、部屋のアップグレードやアーリーチェックイン・レイトチェックアウトをはじめ、さまざまホテル優待があります!

ハワイの広告でよく見る、シェラトンワイキキなんかも、マリオットボンヴォイ加盟ホテルですよ^^

ハワイアン航空でハワイ旅行

ワイキキビーチが一望できるシェラトンワイキキ

そして、そのような高級ホテルに毎年のように無料宿泊できる権利をもらえるので、年会費が31,000円(税抜)なものの、一瞬でペイできてしまいます。

もしも年1くらいでいいホテルに泊まるなら、SPGアメックスを持たないと損と言っても過言ではありません・・・!

おすすめポイント
  • マイル還元率が1.25%
  • 40以上のマイルに交換できる
  • (実質)マイルの有効期限なし
  • 毎年高級ホテルに無料宿泊可能
  • SPG系列で上級会員になれる
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • 年会費31,000円かかる
  • 初年度は無料宿泊の権利なし
マイルの聖書(デメリット)

ショッピング中心かつ全力でJALマイルを貯めたいならSPGアメックスで決まりです!

SPGアメックスカードで貯めたマイルで航空券を無料にして、毎年無料宿泊特典&アップグレードで1泊は優雅なホテル宿泊、なんてお得に贅沢もできちゃいます・・・!

このカードは陸マイラーの間で人気沸騰中で、このカードをメインカードとしている方がどんどん増えています。

SPGアメックスの詳細はこちら

SPGアメックスの申込みはこちら

※入会キャンペーンで最大10,000マイル相当がもらえます!

▼SPGアメックスカードのことは以下の記事でまとめています。

もしも他にもJALマイルを貯められるカードを知りたい場合には、以下の記事を参考にしてみてください。

まとめ:ハワイアン航空のマイルを貯めて優雅な空の旅を

ハワイアン航空のマイルを貯めよう

以上、ハワイアン航空のマイル・マイレージ事情でした!

ハワイアン航空はハワイに行くときや、ハワイ諸島を移動するときによく利用される航空会社なので、いずれ利用する機会はある可能性が高いと言えます。

もしも自費で航空券を取っている場合、マイルを使えば旅費をグッと抑えることができるので、マイルを貯めてみてはいかがでしょうか?

また、マイルを貯めれば、ビジネスクラス視野に入ってくることでしょう!

ハワイアン航空の特典航空券を発券しやすい、JALマイルが貯まるクレジットカードを発行し、ぜひ効率的にたくさんマイルを貯めてお得に旅行を楽しんでください。

この記事のまとめ!

ハワイアン航空をマイルでお得に利用するなら、JALマイルがカギになってきます。

そしてJALマイルを貯めるにはクレジットカードの活用が不可欠。

クレジットカードがあればふだんの生活でコツコツとマイルが貯まるので、ぜひJALマイルが貯まりやすいカードを手に入れてくださいね!

この記事がハワイアン航空をお得に利用するきっかけになれば嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

-海外の航空会社
-

Copyright© マイルの聖書 , 2019 All Rights Reserved.