エティハド航空のマイル徹底ガイド2019!ANAマイルを貯めればカンタン&お得に特典航空券が手に入る?

エティハド航空の基本情報

まずはエティハド航空の基本情報を説明します。

名称エティハド航空
公式サイトhttps://www.etihad.com/
航空会社コードEY
国・地域アラブ首長国連邦
ハブ空港アブダビ国際空港
アライアンス非加盟

マイレージプログラム「エティハドゲスト」とは?

航空会社には、マイレージプログラムというポイント制度があります。

たとえばANAのマイレージプログラムはANAマイレージクラブ、JALのマイレージプログラムはJALマイレージバンクという名称があります。

それぞれのプログラムでのポイントがANAマイル、JALマイルです。

ANAやJALと同じように、エティハド航空にもマイレージプログラム名があり、それがエティハドゲストです。

エティハド航空の場合だと、航空会社の名称とマイレージプログラムの名称が違い、ややこしいので注意が必要です。

エティハド航空のマイルを貯めるには、エティハド・ゲストへの加入が必須です。エティハドゲストへの入会は無料であり、年会費なども一切かかりません。

>>エティハド・ゲストの無料登録はこちら(公式サイトへ)

エティハド航空はアライアンス非加盟

航空会社は航空連合(アライアンス)に属していることが多いのですが、エティハド航空は非加盟です。

アライアンスに加盟していると、同じ加盟航空会社同士でマイルの相互利用ができたり、コードシェア便の運行ができます。

アライアンスに加盟していると、航空会社にとってもユーザーにとってもメリットが大きいのでユーザーからするとちょっぴり残念です。

しかしANAの提携航空会社!

エティハド航空は航空連合(アライアンス)に加盟していないので、「エティハド航空にマイルを使って乗る方法は、エティハド航空のでマイルを貯めるしかないのか?!」と思うかもしれません。

実はエティハド航空はANAと提携しており、マイルの相互利用ができるため、ANAマイルで乗ることもできるのです。

エティハド航空のフライトマイルについて(積算率)

エティハド航空を利用すると、区間距離や予約クラスによって、マイルをもらうことができます。

計算式としては「もらえるマイル=区間距離(マイル)× 予約クラスの積算率」です。

ちなみに予約クラスについてですが、ひとことにエコノミークラスといっても、正規料金なのか、割引料金なのか、株主優待なのか、などによって細かく分けられているのです。

また、この時もらえるマイルはエティハド航空のマイルだけではなく、ANAマイルを始めさまざまな航空会社のマイルとしてもらうことも可能。

▼エティハド航空を利用した時のフライトマイルの積算率は以下の通りです(EY:エティハド航空)。

クラスEYANA
エコノミーY100100
B70
H
K75
M
Q50
L
V50
U
E25
ビジネスJ200125
C175
D
W130
Z115
ファーストF275150
A250
R

EとZをのぞき、自社であるエティハド航空のマイルとしてもらった方が、ANAマイルとしてもらうよりも多くマイルが獲得できます。

ですが、エティハド航空のマイルよりもANAマイルの方が汎用性が高く、また飛行機搭乗時以外のところではANAマイルの方が貯めやすいため、筆者はANAマイルとしてもらっておくことをオススメします。

※もしかすると「エティハド航空を利用したときは、エティハド航空のマイルとしてもらっておけばいいのでは?」と疑問に残るかもしれません。この記事を読み進めると、なぜANAマイルとしてもらうべきか、納得できると思います。

エティハド航空を利用するときの必要マイル数

エティハド航空のマイルを使った場合と、ANAマイルを使った場合での必要マイル数2パターン紹介します。

ちなみに日本からは名古屋〜北京(中国)と、成田〜アブダビ(アラブ首長国連邦)の便がありますので、その2パターンで必要マイル数をチェックしてみると、参考になりやすいかもしれません。

▼エティハド航空のマイルを使った場合の必要マイル数

区間エコノミービジネスファースト
名古屋
~北京
10,569
~81,532
22,547
~115,553
成田
~アブダビ
32,512
~112,735
85,960
~591,859

参考:エティハド航空公式サイト

▼ANAマイルを使った場合の必要マイル数

距離(マイル)区間の例エコノミービジネスファースト
0〜
500
東京~大阪、名古屋13,00017,00024,000
501〜
1,000
日本~ソウル16,00027,00044,000
1,001
〜2,000
日本~北京24,00042,00084,000
2,001
〜3,000
日本~バンコク37,00068,000134,000
3,001
〜4,000
日本~ホノルル48,00086,000172,000
4,001
〜5,000
日本~バンクーバー60,000108,000214,000
5,001
〜6,000
日本~アブダビ・フランクフルト74,000126,000266,000
6,001
〜7,000
日本~ニューヨーク・パリ86,000156,000312,000

参考:マイルを使って航空券を予約する(公式サイト)

エティハド航空のマイルを使おうとする場合には、日や空席数などによって必要マイル数が変わります。
なので、一概にどちらがお得か、というのは言えません。

エティハド航空にマイルを貯めてお得に乗る方法

エティハド航空にマイルで乗る方法としては、おもに以下の2択が考えられます。

  • エティハド航空のマイルを貯める
  • ANAマイルを貯める

どちらを貯めるべきなのか?については、それぞれのマイルでエティハド航空の特典航空券を発券するのに必要なマイル数を把握したり、ふだんの生活でどちらのマイルの方が貯めやすいかを考慮します。

必要マイル数の優劣は、時期や空席状況によって変わり、フライトマイルはエティハド航空が上回ります。

しかし、マイルを貯める方法は飛行機搭乗以外にもあり、他の方法では圧倒的にANAマイルの方が貯めやすいので、エティハド航空にマイルを使って乗りたい場合にはANAマイルを貯めるのをオススメします!

ところでエティハド航空のマイルを貯める方法としては、おもに以下の2パターンが考えられます。

  1. 飛行機搭乗でフライトマイルを獲得
  2. ふだんの支払いをクレジットカード決済にし、獲得したポイントをマイルに交換

2つ目のクレジットカードの活用こそ、マイルを効率よくたくさん貯めるカギになります。

飛行機搭乗でマイルを貯める(フライトマイル)

飛行機乗ったときにもらえるマイルのことをフライトマイルと言いますが、「フライトマイル=飛行距離 × 予約クラスの積算率」で計算されます。

フライトマイルは乗った航空会社のマイルとしてもらうのはもちろん、提携航空会社であるANAマイルとしてもらうことも可能です。

予約クラスについてですが、ひとことにエコノミークラスといっても、正規料金なのか、割引料金なのか、株主優待なのか、などによって細かく分けられているのです。

▼エティハド航空を利用した時のフライトマイルの積算率は以下の通りです。

クラスEYANA
エコノミーY100100
B70
H
K75
M
Q50
L
V50
U
E25
ビジネスJ200125
C175
D
W130
Z115
ファーストF275150
A250
R

EとZをのぞき、エティハド航空のマイルとしてもらった方がANAマイルとしてもらうよりも量としては多いですが、エティハド航空のマイルを持っていても使いづらいのでANAマイルとしてもらいましょう。

クレジットカードでマイルを貯める

ANAマイルを効率的に貯めるなら、ANAカードを発行しましょう。

ふだんの支払いでANAマイルを貯めることができ、ANA航空券購入時やANA便搭乗時にボーナスマイルをもらうことができるため、もっとも効率的に貯められるカードといっても過言ではありません。

オススメのクレジットカードを4枚厳選して紹介します。

①ANAマイルが貯まる&空港ラウンジや旅行保険なども重視したい:ANAアメリカン・エキスプレス・カード【当サイト人気No.1のANAカード】

ANAマイルの有効期限を気にせず、コツコツとマイルを貯めることができ、保険や空港ラウンジにも強い「ANAアメリカン・エキスプレス・カード(以下、ANAアメックス)」

ANAマイル還元率が1.0%と高還元率を実現しつつ、旅行保険や空港ラウンジ特典などまで充実した旅行好きな方にぴったりの1枚です。

カード利用ごとにメンバーシップリワードポイントというポイントがたまり、ANAマイルに交換することで、ANAマイルを得られます。

ポイント交換しなければいけないので、一見ひと手間増えたように感じますが、交換の過程があることで実質マイルの有効期限を気にせずに済むのが嬉しいポイント。

ANAマイルは有効期限が3年なので、他のカードだとせっかく貯めたのに仕事の休みと家族の予定が合わずに失効してしまうということもあり得ます。

しかし、ANAアメックスカードのなら有効期限がないメンバーシップリワードを貯めて、必要なときにANAマイルに交換すれば、マイルの有効期限という概念がなくなります。

年会費は7,700円ですが、高還元率&ポイントの有効期限なしという魅力的な特徴を持ったANAカードです。

ちなみに、ANAアメックスカードは常識はずれの入会キャンペーンをたびたび開催しており、2019年12月現在は最大35,000マイル(ヨーロッパ往復相当!)ももらえるキャンペーン中です。

条件もありますが、一発でこれだけのマイルがもらえるのはお得すぎるので、ぜひこの機会を活かしてください。

オススメポイント

  • ANAマイル還元率1.0%と高還元率
  • ポイントの有効期限が無期限
  • 入会キャンペーンがすごすぎる
  • 毎年継続で1,000ANAマイルもらえる
  • 国内主要空港のラウンジが利用できる(同伴者1名無料!)

いまいちポイント

  • アメックスなので海外で利用できない場面がある
  • アメックスといえどノーマルカードなのでステータス性は少ない
バランスが良くてコスパ抜群であり、さらに入会キャンペーンが魅力的すぎるANAカードです!

ANAアメックスの詳細はこちら

ANAアメックスの申込みはこちら

※今なら最大35,000マイルもらえます!

▼ANAアメックスカードのことは以下の記事でまとめています。

②入会キャンペーンで爆発的にマイルがもらえる:ANAアメックスゴールドカード【当サイト人気No.2のANAカード】

ANAアメックスゴールド

ANAアメックスカードの上位カードであり、ANAマイルが貯まりやすいのはもちろん、空港ラウンジや旅行保険などの付帯特典も充実している「ANAアメックスゴールドカード」

ANAアメックスカードの特徴でもある、ANAマイル還元率1.00%の高還元率や空港ラウンジ特典を引き継ぎつつ、旅行保険が更に充実したりANA便搭乗時にもらえるマイル数がアップしたりと、ANAマイルを貯めたい方にとって魅力的なカードです。

そして、このカードのすごいところは入会キャンペーンです。

2019年12月現在、なんと最大で60,000マイル相当のポイントを獲得できるキャンペーンを開催しています。

+ キャンペーンの内訳(クリックして開く)

  1. 入会特典:
    2,000マイル
  2. 入会後3カ月以内にカード利用金額が合計10万円:
    5,000ポイント
  3. 入会後3ヶ月以内にカード利用金額が合計70万円:
    23,000ポイント
  4. 入会後3ヶ月以内にカード利用金額が合計100万円:
    20,000ポイント
  5. 通常ポイント(100万円決済時):
    10,000ポイント

※12/1に申し込んで12/7発行した場合は3/7までに決済していればOKです(引き落としまで完了していなくてもOKです)。

条件もありますが、一発でこれだけのマイルがもらえるのは驚愕です。

年会費は34,100円と、金額だけ見ると「高い!」という印象を受けるかもしれませんが、1ヶ月で計算したら3,000円ほどなので、それほど負担なくマイルを貯められると思います。

オススメポイント

  • ANAマイル還元率1.0%と高還元率
  • ポイントの有効期限が無期限
  • 入会キャンペーンがヤバい
  • 毎年継続で2,000ANAマイルもらえる
  • 国内主要空港のラウンジが利用できる(同伴者1名無料!)

いまいちポイント

  • アメックスなので海外で利用できない場面があるかも
  • 金額だけ見ると年会費が34,100円(1ヶ月3,000円)と高く感じる
さまざなな場面でANAマイルを貯めやすく、特典充実&ステータス有りと万能なANAカードです!

ANAアメックスゴールドの詳細はこちら

ANAアメックスゴールドの申込みはこちら

※今なら最大60,000マイルもらえます!

▼ANAアメックスゴールドカードのことは以下の記事でまとめています。

③できる限りお金をかけずにANAマイルを貯めるなら:ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)【当サイト人気No.3のANAカード】

空(ANA)と地下(東京メトロ)でマイルを貯められるANAカードである「ANA To Me CARD PASMO JCB(以下、ソラチカカード)」

年会費2,200円(初年度無料)で保有することができるので、ANAカードの中ではかなりお得な部類。

ソラチカカードは、利用する場面で貯まるポイント自体が異なり、Oki DokiポイントとANAマイルのどちらかが貯まります。

Oki Dokiポイントは直接ANAマイルに交換できますが、交換する年に年間5,500円を追加で支払うことで交換レートを2倍にすることができ、以下のようなポイント還元率を実現できます。

  • ふだんのショッピングなどの支払いでANAマイル還元率1.0%
  • メトロ乗車で平日4ANAマイル・土日休15ANAマイル
  • 定期購入(PASMO)でANAマイル還元率1.9%
  • 毎年継続で1,000ANAマイル
  • ANA便搭乗時にボーナスマイル10%

空(ANA)と地下(東京メトロ)でマイルが貯まる、というのをうたい文句にしているだけあり、効率的にANAマイルが貯まります。

ふだんのショッピングなどの支払いでいうと、ANA特約店やANAマイレージモールなどを利用することで、Amazonや楽天市場、ヤフーショッピングなら還元率1.45%も実現可能です。

ところでポイント交換時に5,500円払う価値があるのか?という点ですが、これはほぼ100%払う価値があります。

大まかな目安ですが、多く見積もっても年間40万円(月々3万円ほど)利用するならば、交換レートをアップさせないと損してしまいます。

ソラチカカードは空(ANA)と地下(東京メトロ)でポイントがたまるため、ポイント事情がややこしいのですが、年会費のわりに効率的にANAマイルを貯めることができるコスパの良いクレジットカードです。

オススメポイント

  • 東京メトロを利用する場合、勝手にマイルがたまる
  • 毎年継続で1,000マイルもらえる
  • ANA便を利用したときに+αでANAマイルがもらえる

いまいちポイント

  • ポイントの仕組みがややこしい
  • マイル還元率を上げるのに別料金が必要
  • ノーマルカードなのでステータス性がない
できる限りお得&効率よくANAマイルを貯めたい方にオススメのANAカードです!

ソラチカカードの詳細はこちら

ソラチカカードの申込みはこちら

▼ソラチカカードのことは以下の記事でまとめています。

④とにかく効率よくANAマイルを貯めるなら:ANAワイドゴールドカード

ANAワイドゴールド

ANAマイルをザクザク貯めている陸マイラー御用達のカードである「ANA ワイドゴールドカード」

通常ANAマイル還元率が1.0%であり、国内主要空港ラウンジが利用でき、旅行保険も十分なのに、年会費10,450円(割引後)とコスパ抜群!

さらにはカードの利用実績に応じてANAマイル還元率がアップしたり、リボ払いの登録でANAマイル還元率がアップし、最大で1.648%*が実現できるポテンシャルを持っています。

※還元率1.648%を実現できるのは「VISAもしくはMasterのみ」です

通常時のANAマイル還元率で1.648%以上であるカードは、年会費が80,000円越えするようなプレミアムカードくらいです。

ANAの飛行機搭乗時には、カード保有特典として+αでANAマイルをもらうことができたり、毎年継続ごとに2,000マイルが付与されます。

年会費を下げたり、ポイント還元率を上げるのが少し手間ですが、それを上回るメリットがあります。

オススメポイント

  • ANAマイル還元率が1.0%と高還元率
  • 年会費が10,000円ほどとコスパ抜群
  • 国内主要空港のラウンジが利用できる
  • 旅行保険が充実
  • ゴールドカードなのでステータス性あり

いまいちポイント

  • 還元率を上げるのに少し手間が必要
  • 年会費を下げるのに少し手間が必要
ANAマイルを効率的に貯めつつ、空港ラウンジ・旅行保険があると嬉しい!という方にオススメなANAカードです。

ANAワイドゴールドの詳細はこちら

ANAワイドゴールドの申込みはこちら

▼ANAワイドゴールドカードのことは以下の記事でまとめています。

まとめ:エディハド航空にマイルで乗ろう!

以上、エディハド航空のマイルについての解説でした!

もしも自費で航空券を取っている場合、マイルを使えば旅費をグッと抑えることができるので、マイルを貯めてみてはいかがでしょうか?

また、マイルを貯めれば、ビジネスクラス視野に入ってくることでしょう。中東御三家の一角であり、世界トップクラスの評価を受けている航空会社なので、エコノミーはもちろん、ビジネスクラスともなると、かならずや忘れられないひと時になるはず・・・!

エディハド航空の特典航空券を発券しやすいANAマイルが貯まるクレジットカードを発行し、ぜひ効率的にたくさんマイルを貯めてお得に旅行を楽しんでください。

-海外の航空会社
-

Copyright© マイルの聖書|陸マイラー直伝!マイルの貯め方・使い方ガイド〜クレジットカードを活用してANA&JALマイルを貯めよう〜 , 2019 All Rights Reserved.