カタール航空のマイル・マイレージ完全ガイド2019!特典航空券を発券するならJALマイルが圧倒的にお得?!

更新日:

カタール航空のマイル事情

サービス、安全性ともに最高峰の評価を受け、2017年にはビジネスクラスの質で世界No.1を受賞したカタール航空。

日本にも就航しており、中東やヨーロッパへの旅でカタール航空を利用する機会がある方も多いです。

日本→ドーハ→ヨーロッパの路線なんかは、直行便よりもお得なので、もしかしたらカタール航空に乗ったことがある、これから乗る予定かもしれません。

今回はそんなカタール航空の「マイル」に焦点を当てて

  • カタール航空の飛行機にお得に乗るには、どのような方法があるのか?
  • 効率的にマイルを貯めるならどんな貯め方が有効なのか?

などなど解説していきます。

カタール航空の基本情報

カタール航空

まずはカタール航空の基本情報から紹介します。

カタール航空はカタールの航空会社であり、ハマッド国際空港がハブ空港となって、世界中の空を飛んでいます!

名称 カタール航空
公式サイト www.qatarairways.com/
航空会社コード QR
ハブ空港 ハマッド国際空港
マイレージプログラム プリビレッジ・クラブ
アライアンス ワンワールド

マイレージプログラム「プリビレッジ・クラブ」について

航空会社には、マイレージプログラムというポイント制度があります。

ANAのマイレージプログラムはANAマイレージクラブ、JALのマイレージプログラムはJALマイレージバンクという名前があります。

それぞれのプログラムでのポイントがANAマイル、JALマイルです。

ANAやJALと同じように、カタール航空にもマイレージプログラム名があり、それがプリビレッジ・クラブです。

航空会社の名称とマイレージプログラムの名称が違い、ややこしいので注意が必要です。

マイレージプログラム「プリビレッジ・クラブ」の無料入会は以下のページからできます。

>>プリビレッジ・クラブの無料入会はこちら(公式サイトへ)

カタール航空はワンワールド加盟

ほとんどの航空会社は航空連合(アライアンス)に属しており、カタール航空はワンワールドというアライアンスに加盟しています。

▼ワンワールドに属する航空会社

ワンワールド
アメリカン航空ブリティッシュエアウェイズ
キャセイパシフィック航空フィンエアー
イベリア航空JAL
LATAMチリLATAMブラジル
マレーシア航空カンタス航空
カタール航空ロイヤルヨルダン航空
S7航空スリランカ航空

日本の航空会社だとJALがワンワールドに属しています。

アライアンスが同じだと、JALマイルでカタール航空の特典航空券を発券することができたり、カタール航空の飛行機に乗った時にJALマイルを貯めたりと、マイル相互利用などが可能です。

なのでカタール航空の特典航空券を発券を目指するときに「JALのマイルかカタール航空のマイルか、もしくはその他ワンワールドに属する航空会社か」を選ぶ必要があります。

その他のワンワールドに属する航空会社の中で、ブリティッシュエアウェイズが注目されているので、この記事内でその理由を紹介します。

カタール航空を利用したときのフライトマイル数(積算率)

カタール航空を利用したときに、カタール航空のマイル・JALマイル・ブリティッシュエアウェイズのマイルとしてマイルを貯めるときの積算率です。

※カタール航空:QR・ブリティッシュエアウェイズ:BA

クラス QR JAL BA
エコノミー
普通運賃
Y 100 100 100
B
H
エコノミー
特別運賃1
K 75 50 50
M
エコノミー
特別運賃2
L 30 50
V
S 50
N
Q
G 25 25
T 0
O
W
ビジネス J 200 125 125
C
D 175
I 125
R
ファースト F 300 150 150
P 200
A

基本的に自社であるカタール航空のマイルとしてもらうのが、量としては一番多いのがわかります!

ですが、カタール航空のマイルを使ってカタール航空の特典航空券を発券するには、必要マイル数が多くてハードルが高いため、筆者としてはJALマイルもしくは、ブリティッシュエアウェイズのマイルとしてもらうのがオススメです。

JALかブリティッシュエアウェイズかどちらかを選ぶかはその人によるので、後ほど詳しく説明します。

マイルを使ってカタール航空に乗るならJALマイルがおすすめ!

カタール航空にマイルを使って乗る場合、おもに以下の2パターンが考えられます。

  • カタール航空のマイルでカタール航空に乗る
  • JALのマイルでカタール航空に乗る

どちらを貯めるべきなのか?については、それぞれのマイルでカタール航空の特典航空券を発見するのに必要なマイル数を把握したり、ふだんの生活でどちらのマイルの方が貯めやすいかを考慮します。

どちらがおすすめかというと圧倒的に「JALマイル」です。

理由は同じ区間でも必要マイル数が少なく、お得に特典航空券を発券できるからです。さらに、日本人ならJALマイルの方が貯めやすいので、よっぽど頻繁にカタール航空を利用しない限りは、JALマイルを貯めることをオススメします。

カタール航空でドーハに行くまで必要マイル数を比較

カタール航空 JAL
エコノミー 85,000マイル 50,000マイル
ビジネス 174,000マイル 100,000マイル
ファースト 255,000マイル 145,000マイル

上記の通り、同じ区間で同じ機材だったとしても、必要マイル数にこれだけの差があり、JALマイルを使ったほうがお得というのがわかります。

もしかして「カタール航空は必要マイル数が多いのでマイルが貯まりやすいのでは?」と思うこともあるかもしれませんが、そのようなことはありません。

JALマイルでカタール航空の特典航空券を発券するのに必要なマイル数(ドーハ以外も)

カタール航空を利用して、ドーハ経由でヨーロッパに行く方も多いはず。

なので他の行き先別の必要マイルも載せておきます。

総旅程距離
(マイル)
必要マイル数 対象路線例
往復旅程
エコノミー ビジネス ファースト
10,001
〜12,000
50,000 100,000 145,000 東京〜ドーハ
東京〜ドーハ〜アブダビ
12,001
〜14,000
55,000 110,000 165,000 東京〜ドーハ〜アテネ
東京〜ドーハ〜イスタンブール
14,001
〜20,000
70,000 130,000 190,000 東京〜ドーハ〜ナイロビ
東京〜ドーハ〜ローマ
東京〜ドーハ〜バルセロナ

カタール航空にマイルを貯めてお得に乗る方法

カタール航空にマイルで乗る方法としては、おもに以下の2択が考えられます。

  • カタール航空のアジアマイルを貯める
  • ワンワールド*のマイルを貯める
    ※日本人の場合はほとんどがJALなのでJALで解説します

前章で説明した通り、必要マイル数が少なく特典航空券発券のハードルが低いのは「JALマイル」です。

また、マイルを貯める方法は飛行機搭乗以外にもあるのですが、他の方法でも圧倒的にJALマイルの方が貯めやすいので、カタール航空にマイルを使って乗りたい場合にはJALマイルを貯めましょう。

飛行機搭乗でマイルを貯める(フライトマイル)

飛行機乗ったときにもらえるマイルのことをフライトマイルと言いますが、「フライトマイル=飛行距離 × 予約クラスの積算率」で計算されます。

カタール航空を利用した場合、積算率はカタール航空のマイルとしてもらう時がもっとも高い傾向にあり、カタール航空のマイルとしてもらうのが一番もらえる量自体は多くなります。
しかし、JALマイルとしてももらえるので、JALマイルでもらっておきましょう。

もらうタイミングは航空券予約時や、予約した後、搭乗した後のどのタイミングでもOKです。オススメは航空券予約時であり、JALマイレージバンクのお客様番号を入力するとスムーズに加算されるのでカンタンです。

ところで予約クラスについてですが、ひとことにエコノミークラスといっても、正規料金なのか、割引料金なのか、株主優待なのか、などによって細かく分けられていますので、参考までに積算率を掲載しておきます。

▼積算率は以下の通りです。

クラス カタール航空 JAL ブリティッシュ
エコノミー
普通運賃
Y 100 100 100
B
H
エコノミー
特別運賃1
K 75 50 50
M
エコノミー
特別運賃2
L 30 50
V
S 50
N
Q
G 25 25
T 0
O
W
ビジネス J 200 125 125
C
D 175
I 125
R
ファースト F 300 150 150
P 200
A

クレジットカードでマイルを貯める

カタール航空をマイルで利用するためには、JALマイルを貯めるべきだと説明しました。

なので、ここからはJALマイルを貯めるのにオススメなクレジットカードを紹介します。

3種類のカードを紹介しますが、どのカードも人気が高く、どれを選んでも間違いありません!

ダントツでこれ!というカードはなく、人によって選ぶカードが変わるので、ぜひ3種類の中から自分に合いそうなカードを見つけてみてください。

①マイル初心者で少しずつJALマイルを貯めてみたいなら「JAL普通カード」

マイル初心者で少しずつJALマイルを貯めてみたいなら「JAL普通カード」

これからJALマイルを貯め始めたい、というマイル初心者の方におすすめなのが「JAL 普通カード

JALカードの中で一番グレードの低い一般カードです。
一番グレードが低いからJALマイルが貯まりづらいのでは...?と心配するかもしれません。

JAL普通カードは、オプションサービスであるショッピングマイルプレミアム(JALカード保有者の80%が加入)に加入することでJALマイル還元率1.00%と高還元率を実現できます。
この1.00%という数字は、JALカードの中で1番グレードの高いJALプラチナカードと同じ数字であり、マイルは効率的に貯まると言えます。

とはいえ、JAL便を利用したときに貯まるマイルは上位カードである、JALゴールドカードJALプラチナカードに劣ります。

なので出張や旅行で年間4回以上、JAL便を利用する場合は上位カードを検討しましょう。
逆にJAL便をそれほど利用しない場合には、JAL普通カードで十分です(実際に僕はJAL普通カードを保有しています)。

また、電子マネーと組み合わせることでかなり効率的にJALマイルを貯めることができます!

対応している電子マネーとしては、以下の3種類。

  • Suica
  • WAON
  • PASMO

たとえばWAONでいうと、

  • JALカードからWAONにチャージ(1.0%還元)
  • WAONの利用(0.5%還元)

で合計1.5%のポイント還元になります。
SuicaやPASMOも同様の流れで、より多くのJALマイルを貯めることができます。

ちなみに、ひとことにJAL普通カードと言っても種類が8種類ありますが、おもな違いは対応電子マネーです。

JAL普通カードの種類

JAL普通カードの一部

自分自身が利用する可能性が高い電子マネーに対応したJALカードを選択しましょう。

  • Suica
    →JAL普通カードSuica
  • WAON
    →JAL普通カードTOKYU POINT ClubQ カード
  • PASMO
    →JAL普通カードOP

それぞれの電子マネーに対応したオススメのJAL普通カードは上記の通りです。

おすすめポイント
  • 年会費2,000円(税抜/初年度無料)とコスト削減できる
  • 還元率1.0%の高還元率(特定オプション)
  • 毎年継続で2,000マイルもらえる
  • JAL便を利用したときに+αでJALマイルがもらえる
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • ノーマルカードなのでステイタス性がない
  • 年4回以上JAL便を利用するならゴールドがオススメ
マイルの聖書(デメリット)

初年度年会費無料なので、ポイント還元率をアップさせるショッピングマイルプレミアムに加入しても、初年度はたった3,240円で保有できます。

効率よくJALマイルをしっかり貯められるので、これからJALマイルを貯めたいという方にオススメのカードです!

JAL普通カードの詳細はこちら

JAL普通カードの申込みはこちら

※今なら入会キャンペーンで最大1,850マイルもらえます!

▼JALカードのことは以下の記事でまとめています。

②陸マイラーのようにザクザクとJALマイルを貯めたいなら「セゾンプラチナカード」

セゾンプラチナ ビジネス・アメックス

JALマイル還元率が1.125%とJALカードをも凌ぐ高還元率カードである「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下、セゾンプラチナ ・ビジネス)」

JAL便をそれほど利用せず、ショッピングなど中心でJALマイルを貯めるならJALカード以上にオススメです!

ところで、2019年4月よりセゾンクラッセという、自分自身のクラス(ランク)に応じて特典がプラスされてさまざまな場面でおトクになったり、優待が受けられる新サービスが登場したのですが、セゾンクラッセを活用することでJALマイル還元率を最大1.375%にできます・・・!

※その仕組みについて、ここでは割愛します。気になる方は「セゾンクラッセの記事」をご覧ください。

高還元率なのはもちろんのこと、プラチナカードなのでそのほかの特典も魅力的です。

24時間365日、専任のスタッフが対応してくれるコンシェルジュサービスも受けることができたり、世界中で1,200もの空港ラウンジを利用することができるプライオリティパスが無料で付帯。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスを発行すると「プライオリティパス」という世界中の空港ラウンジを利用できる会員証みたいなカードを発行

プライオリティパスでいうと、年間で$429(約4.6万円以)かかる最上位のプレステージ会員になることができるので、これだけでも年会費以上の価値です。

年会費は20,000円(税抜)ですが年間の利用額が、200万円を超えると次年度の年会費が10,000円(税抜)に割引されます。

たった10,000円でJALカード以上にJALマイルが貯まり、しかも魅力的な特典付帯コスパ抜群のカードと言えます(※仮に20,000円だったとしても十分にコスパ抜群)。

ビジネスカードですが個人でも発行することができ、さらにインビテーション不要なので、誰でも申し込むことが可能です。

※実際の申し込みフォームに「会社員」という選択肢があります!

おすすめポイント
  • JALマイル還元率が常時1.125%以上
    ※最大で1.375%も実現可能
  • コンシェルジュサービスが利用できる
  • 世界中の空港ラウンジが利用できる
    $429のサービスが無償で付帯
  • 年会費20,000円とコスパ抜群
    ※年間200万円以上の利用で10,000円!
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • (しいて言うと)年会費がかかる
  • (しいて言うと)一般カードではなくビジネスカード
マイルの聖書(デメリット)

セゾンプラチナ・ビジネスの詳細はこちら

セゾンプラチナ・ビジネスの申込みはこちら

※今なら入会キャンペーンで9,000円相当のポイントがもらえます!

▼セゾンプラチナ ・ビジネスのことは以下の記事でまとめています。

③本気でJALマイルを貯めたいなら「SPGアメックスカード」

本気でJALマイルを貯めたいなら「SPGアメックスカード」

JALマイル還元率がなんと1.25%であり、さらにJALマイルの有効期限を気にしなくてよい「SPGアメックスカード

JALマイル還元率で見たら、JALカードを普通に上回りトップクラスの還元率を誇ります・・・!

さらにSPGアメックスカードはポイントの有効期限ありません。

社会人だと、仕事や家族との予定などでいつでも旅行に行けるわけではなく、失効のリスクは比較的高いのが現実です。
マイルの失効を気にすることなくコツコツとマイルを貯めることができるのも嬉しいポイントですよ!

また貯めたポイントはJALマイルをはじめ、ANAなど40以上の航空会社のマイルに交換可能。
なので、JAL以外の航空会社に乗りたくなった時に対応できるのは他のカードにはないSPGアメックスならではの魅力です。

+ 交換できるマイル一覧(クリックして開く)

アライアンス航空会社名
スターアライアンスANA
ユナイテッド航空
シンガポール航空
タイ国際航空
ルフトハンザ・ドイツ航空
エアカナダ
ニュージーランド航空
エアチャイナ
南アフリカ航空
ターキッシュエアラインズ
コパ航空
アシアナ航空
エーゲ航空
TAPポルトガル航空
アビアンカ航空
ワンワールドJAL
キャセイパシフィック航空
ブリティッシュエアウェイズ
カタール航空
アメリカン航空
カンタス航空
イベリア航空
LATAM航空
スカイチームデルタ航空
エールフランス航空
大韓航空
中国東方航空
サウジアラビア航空
アリタリア航空
アエロメヒコ航空
アエロフロート航空
非加盟エティハド航空
エミレーツ航空
ハワイアン航空
中国南方航空
アラスカ航空
ヴァージンオーストラリア航空
サウスウェスト航空
ジェットスター航空
ジェットブルー航空
ヴァージンアトランティック航空
フロンティア航空
海南航空

そして、SPGアメックスカードはもともとホテル系列のクレジットカードなので、マリオットボンヴォイ系列(マリオットやリッツ・カールトン、シェラトンなど)のゴールド会員になることができます。
ゴールド会員になると、部屋のアップグレードやアーリーチェックイン・レイトチェックアウトをはじめ、さまざまホテル優待があります!

実際に僕はタイのリッツ・カールトンに宿泊したときに、部屋が2段階もアップグレードしました・・・!

リッツ・カールトンの客室

タイのリッツ・カールトンの「客室」

そして、そのような高級ホテルに毎年のように無料宿泊できる権利をもらえるので、年会費が31,000円(税抜)なものの、一瞬でペイできてしまいます。

もしも年1くらいでいいホテルに泊まるなら、SPGアメックスを持たないと損と言っても過言ではありません・・・!

おすすめポイント
  • マイル還元率が1.25%
  • 40以上のマイルに交換できる
  • (実質)マイルの有効期限なし
  • 毎年高級ホテルに無料宿泊可能
  • SPG系列で上級会員になれる
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • 年会費31,000円かかる
  • 初年度は無料宿泊の権利なし
マイルの聖書(デメリット)

ショッピング中心かつ全力でJALマイルを貯めたいならSPGアメックスで決まりです!

陸マイラーの間で人気沸騰中で、このカードをメインカードとしている方がどんどん増えています。

SPGアメックスの詳細はこちら

SPGアメックスの申込みはこちら

※入会キャンペーンで最大10,000マイル相当がもらえます!

▼SPGアメックスカードのことは以下の記事でまとめています。

まとめ:カタール航空のマイルを貯めて優雅な空の旅を

以上、カタール航空のマイル・マイレージ事情でした!

カタール航空はヨーロッパに行くときによく利用される航空会社なので、いずれ利用する機会はある可能性が高いと言えます。

もしも自費で航空券を取っている場合、マイルを使えば旅費をグッと抑えることができるので、マイルを貯めてみてはいかがでしょうか?

また、マイルを貯めれば、ビジネスクラス視野に入ってくることでしょう!

中東御三家の一角と言われるカタール航空のビジネスクラスは、それは豪華絢爛で、忘れられないひと時になるはず・・・!

僕自身も、コツコツとマイルを貯めて、カタール航空のビジネスクラスを一生に一度は利用してみたいです。

カタール航空の特典航空券を発券しやすい、JALマイルが貯まるクレジットカードを発行し、ぜひ効率的にたくさんマイルを貯めてお得に旅行を楽しんでください。

この記事のまとめ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

カタール航空をマイルで利用するカギは「JALマイル」です。

ぜひJALマイルを効率的に貯められるカードを活用して、お得にカタール航空で海外旅行を楽しんでください^^

この記事が、あなたがカタール航空をお得に利用するきっかけになれば嬉しいです。

おまけ:カタール航空を利用したときにBAマイルとして加算する人も多い?

ここからは少し上級者向けの話になります。

カタール航空を利用した時にもらえるマイルはJALマイルとしてもらっておけば間違いないと説明しました。

しかし、中にはブリティッシュエアウェイズのマイル(以下、BAマイル)としてもらった方がいい場合もあるかもしれません。

その理由は「フライトマイルの積算率が、JALマイルよりBAマイルの方が高いときがある」からです。

積算率を見ると、JALマイルよりもBAマイルの方がたくさんもらえる傾向にあります。
とくにエコノミークラスの割引運賃のときに、その傾向があります。

QRの
予約クラス
BAの
積算率
JALの
積算率
ファーストクラス F,P,A 150% 150%
ビジネスクラス J,C,D,I,R 125% 125%
エコノミークラス Y, B, H 100% 100%
K, M 50% 50%
L, V, S, N, Q 50% 30%
G 25% 30%
T,O,W 25% 0%

そして、BAマイルはJALの航空券をお得に発券できることがあるため、他のWebサイトでは「フライトマイルはBAマイルでもらうべき!」なんてことも書かれています。

正直、JALマイルではなくBAマイルでもらうことはデメリットの方が大きい

しかし、フライトマイルをBAマイルでもらうことには賛同できません。

その理由は「BAマイルとJALマイルを合算させることができない」というのが大きいです。

たとえば、日本〜イギリスの往復に必要なマイル数が60,000マイルだったとします。

JALマイルを60,000マイル持っていたり、BAマイルを60,000マイル持っていれば、特典航空券を発券できます。
しかし、JALマイルとBAマイルをそれぞれ30,000マイルの合計60,000マイル持っていても、特典航空券を発券することができません。

なので、貯めるマイルを分散させることは、特典航空券への道のりを長く大変なものにし兼ねないのです。

仮に色々なマイルがたくさん貯まるだけ飛行機に乗ったり、カード利用が多かったり、本格的な陸マイラーになるなら、BAマイルを貯めてもいいと思います!

実際に僕自身も本格的にマイルのことを勉強しているため、よりお得にJALに乗れるBAマイルを保有していますし、BAマイルでJALの飛行機に乗ることも度々あります。

いずれ、マイルに詳しくなってきたら、BAマイルもぜひ選択肢に入れてみてください^^

-海外の航空会社
-

Copyright© マイルの聖書 , 2019 All Rights Reserved.