|・ω・)ノ 再訪問は【マイルの聖書】で検索!

マイルの聖書

航空会社毎のマイレージ事情

カタール航空のマイル・マイレージ徹底解説2019!特典航空券を発券するならJALマイルが圧倒的にお得?!

更新日:

カタール航空

サービス、安全性ともに最高峰の評価を受け、2017年にはビジネスクラスの質で世界No.1を受賞したカタール航空。

日本にも就航しており、中東やヨーロッパへの旅でカタール航空を利用する機会がある方も多いはず。

日本→ドーハ→ヨーロッパの路線なんかは、直行便よりもお得でよく利用させるので、もしかしたらカタール航空に乗ったことがある、これから乗る予定かもしれません。

今回はカタール航空の「マイル」に焦点を当てて

  • ルフトハンザ航空の飛行機にお得に乗るには、どのような方法があるのか?
  • 効率的にマイルを貯めるならどんな貯め方が有効なのか?

などなど解説していきます。

カタール航空の基本情報

まずはカタール航空の基本情報から紹介します。

カタール航空はカタールの航空会社であり、ハマッド国際空港がハブ空港となって、世界中の空を飛んでいます!

名称 カタール航空
公式サイト https://www.qatarairways.com/ja-jp/
航空会社コード QR
ハブ空港 ハマッド国際空港
マイレージプログラム プリビレッジ・クラブ
アライアンス ワンワールド

マイレージプログラム「プリビレッジ・クラブ」について

航空会社には、マイレージプログラムというポイント制度があります。

ANAのマイレージプログラムはANAマイレージクラブ、JALのマイレージプログラムはJALマイレージバンクという名前があります。

それぞれのプログラムでのポイントがANAマイル、JALマイルです。

ANAやJALと同じように、カタール航空にもマイレージプログラム名があり、それがプリビレッジ・クラブです。

航空会社の名称とマイレージプログラムの名称が違い、ややこしいので注意が必要です。マイレージプログラム「プリビレッジ・クラブ」の無料入会は以下のページからできます。

>>プリビレッジ・クラブの無料入会はこちら(公式サイトへ)

カタール航空はワンワールド加盟

ほとんどの航空会社は航空連合(アライアンス)に属しており、カタール航空はワンワールドというアライアンスに加盟しています。

▼ワンワールドに属する航空会社

アメリカン航空ブリティッシュエアウェイズ
キャセイパシフィック航空フィンエアー
イベリア航空JAL
LATAMチリLATAMブラジル
マレーシア航空カンタス航空
カタール航空ロイヤルヨルダン航空
S7航空スリランカ航空

日本の航空会社だとJALがワンワールドに属しています。

アライアンスが同じだと、JALマイルでカタール航空の特典航空券を発券することができたり、カタール航空の飛行機に乗った時にJALマイルを貯めたりと、マイル相互利用などが可能です。

なのでカタール航空の特典航空券を発券を目指するときに「JALのマイルかカタール航空のマイルか、もしくはその他ワンワールドに属する航空会社か」を選ぶ必要があります。

その他のワンワールドに属する航空会社の中で、ブリティッシュエアウェイズは注目されているので、この記事内でその理由を紹介します。

もしもアライアンスについて詳しく知りたい場合には「アライアンスはマイルを貯める上で理解しておくべき重要項目!海外の航空会社のマイルを貯めたいなら必読!」をご覧ください。

カタール航空を利用したときのフライトマイル数(積算率)

カタール航空を利用したときに、カタール航空のマイル・JALマイル・ブリティッシュエアウェイズのマイルとしてマイルを貯めるときの積算率です。

クラス カタール航空 JAL ブリティッシュ
エコノミー
普通運賃
Y 100 100 100
B
H
エコノミー
特別運賃1
K 75 50 50
M
エコノミー
特別運賃2
L 30 50
V
S 50
N
Q
G 25 25
T 0
O
W
ビジネス J 200 125 125
C
D 175
I 125
R
ファースト F 300 150 150
P 200
A

基本的に自社であるカタール航空のマイルとしてもらうのが、量としては一番多いのがわかります!

ですが、カタール航空のマイルを使ってカタール航空の特典航空券を発券するハードルが高いため、筆者としてはJALマイルもしくは、ブリティッシュエアウェイズのマイルとしてもらうのがオススメです。

JALかブリティッシュエアウェイズか、はその人によるので、この記事の後半で詳しく説明します。

マイルを使ってカタール航空に乗るならJALマイルがおすすめ!

カタール航空にマイルを使って乗る場合、おもに以下の2パターンが考えられます。

  • カタール航空のマイルでカタール航空に乗る
  • JALのマイルでカタール航空に乗る

どちらを貯めるべきなのか?については、それぞれのマイルでカタール航空の特典航空券を発見するのに必要なマイル数を把握したり、ふだんの生活でどちらのマイルの方が貯めやすいかを考慮します。

どちらがおすすめかというと圧倒的に「JALマイル」です。

同じ区間でも必要マイル数が少なく、お得に特典航空券を発券できるからです。

カタール航空でドーハに行くまで必要マイル数を比較

カタール航空 JAL
エコノミークラス 85,000マイル 50,000マイル
ビジネスクラス 174,000マイル 100,000マイル
ファーストクラス 255,000マイル 145,000マイル

上記の通り、同じ区間で同じ機材だったとしても、必要マイル数にこれだけの差があり、JALマイルを使ったほうがお得というのがわかります。

もしかして「カタール航空は必要マイル数が多いのでマイルが貯まりやすいのでは?」と思うこともあるかもしれませんが、そのようなことはありません。

JALマイルでカタール航空の特典航空券を発券するのに必要マイル数(ドーハ以外も)

カタール航空を利用して、ドーハ経由でヨーロッパに行く方も多いはず。

なので他の行き先別の必要マイルも載せておきます。

総旅程距離(マイル) 必要マイル数 対象路線例(往復旅程)
エコノミー ビジネス ファースト
10,001〜12,000 50,000 100,000 145,000 東京(羽田/成田)−ドーハ
東京(羽田/成田)−ドーハ−アブダビ
12,001〜14,000 55,000 110,000 165,000 東京(羽田/成田)−ドーハ−アテネ/イスタンブール
14,001〜20,000 70,000 130,000 190,000 東京(羽田/成田)−ドーハ−ナイロビ
東京(羽田/成田)−ドーハ−ローマ/バルセロナ

カタール航空にマイルを貯めてお得に乗る方法

カタール航空にマイルで乗る方法としては、おもに以下の2択が考えられます。

  • カタール航空のアジアマイルを貯める
  • ワンワールド*のマイルを貯める
    ※日本人の場合はほとんどがJALなのでJALで解説します

どちらを貯めるべきなのか?については、それぞれのマイルでカタール航空の特典航空券を発見するのに必要なマイル数を把握したり、ふだんの生活でどちらのマイルの方が貯めやすいかを考慮します。

前章で説明した通り、必要マイル数が少なく特典航空券発券のハードルが低いのはJALマイルです。

また、マイルを貯める方法は飛行機搭乗以外にもあるのですが、圧倒的にJALマイルの方が貯めやすいので、カタール航空にマイルを使って乗りたい場合にはJALマイルを貯めましょう。

カタール航空のマイルを貯める方法としては、おもに以下の2パターンが考えられます。

  1. 飛行機搭乗でフライトマイルを獲得
  2. ふだんの支払いをクレジットカード決済にし、獲得したポイントをマイルに交換

2つ目のクレジットカードの活用こそ、マイルを効率よくたくさん貯めるカギになります。

飛行機搭乗でマイルを貯める(フライトマイル)

ワンワールドの飛行機なら基本的にカタール航空のマイルとして加算することも、JALマイルとして加算することもできます。

他にも、マイルに詳しい人はブリティッシュエアウェイズのマイルに交換しますが、とくに考えなくてOKです(おまけとして、さいごにブリティッシュエアウェイズのことに触れます)

飛行機乗ったときにもらえるマイルのことをフライトマイルと言いますが、「フライトマイル=飛行距離 × 予約クラスの積算率」で計算されます。

予約クラスについてですが、ひとことにエコノミークラスといっても、正規料金なのか、割引料金なのか、株主優待なのか、などによって細かく分けられているのです。

▼積算率は以下の通りです。

クラス カタール航空 JAL ブリティッシュ
エコノミー
普通運賃
Y 100 100 100
B
H
エコノミー
特別運賃1
K 75 50 50
M
エコノミー
特別運賃2
L 30 50
V
S 50
N
Q
G 25 25
T 0
O
W
ビジネス J 200 125 125
C
D 175
I 125
R
ファースト F 300 150 150
P 200
A

基本的にカタール航空のマイルとしてもらった方がJALマイルとしてもらうよりも、量としては多いですが、カタール航空のマイルを持っていても使いづらいのでJALマイルとしてもらいましょう。

航空券予約時や、予約した後、搭乗した後のどのタイミングでもOKです。

オススメは航空券予約時であり、JALマイレージバンクのお客様番号を入力するとスムーズに加算されるのでカンタンですよ。

クレジットカードでマイルを貯める

①マイル初心者で少しずつJALマイルを貯めてみたいなら「JAL普通カード」

マイル初心者で少しずつJALマイルを貯めてみたいなら「JAL普通カード」

これからJALマイルを貯め始めたい、というマイル初心者の方におすすめなのが「JAL 普通カード

JAL普通カードはショッピングマイルプレミアムに加入することでJALマイル還元率1.0%と高還元率を実現できます。

さらに電子マネーと組み合わせることでかなり効率的にJALマイルを貯めることができます!JALカードなので、もちろんJAL便利用時にもJALマイルが貯まります。

初年度年会費無料カードであり、ショッピングマイルプレミアムに加入しても初年度は3,240円で保有できるので、これからJALマイルを貯めたいという方にオススメのカードです!

JAL普通カードの公式サイトはこちら

JAL普通カードの詳細はこちら

※今なら入会キャンペーンで最大2,050マイルもらえます!

②陸マイラーのようにザクザクとJALマイルを貯めたいなら「セゾンプラチナカード」

陸マイラーのようにザクザクとJALマイルを貯めたいなら「セゾンプラチナカード」

JALマイル還元率が1.125%とJALカードをも凌ぐ高還元率カードである「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカード

JAL便をそれほど利用せず、ショッピングなど中心でJALマイルを貯めるなら、JALカード以上にオススメです!

高還元率なのはもちろんのこと、プラチナカードなのでそのほかの特典も魅力的です。

24時間365日、専任のスタッフが対応してくれるコンシェルジュサービスも受けることができたり、世界中で1,200もの空港ラウンジを利用することができるプライオリティパスが無料で付帯します!

年間で4万円以上かかる最上位のプレステージ会員になることができるので、これだけでも年会費以上の価値です。

通常の年会費は21,600円(税込)ですが、年間の利用額が200万円を超えると次年度の年会費が10,800円に割引され、お得に持つことができるので、コスパ抜群のカードと言えます!

※仮に21,600円だったとしても十分にコスパ抜群と言えます

ビジネスカードですが個人でも発行することができ、さらにインビテーション不要なので、誰でも申し込むことが可能です。

※実際の申し込みフォームに「会社員」という選択肢があります!

セゾンプラチナの公式サイトはこちら

セゾンプラチナ・ビジネスの詳細はこちら

※今なら入会キャンペーンで8,000円相当のポイントがもらえます!

③本気でJALマイルを貯めたいなら「SPGアメックスカード」

本気でJALマイルを貯めたいなら「SPGアメックスカード」

JALマイル還元率がなんと1.25%であり、さらにJALマイルの有効期限を気にしなくてよい「SPGアメックスカード

JALマイル還元率で見たら、JALカードを普通に上回りトップクラスの還元率を誇ります・・・!

さらにSPGアメックスカードはポイントの有効期限ありません。社会人だと、仕事や家族との予定などでいつでも旅行に行けるわけではなく、失効のリスクは比較的高いのが現実です。マイルの失効を気にすることなくコツコツとマイルを貯めることができるのも嬉しいポイントです!

また貯めたポイントはJALマイルをはじめ、ANAやエミレーツ航空など40以上の航空会社のマイルに交換可能なので、JAL以外の航空会社に乗りたくなった時に対応できるのは他のカードにはないSPGアメックスならではの魅力。

スターアライアンスANA
ユナイテッド航空
シンガポール航空
タイ国際航空
ルフトハンザ・ドイツ航空
エアカナダ
ニュージーランド航空
エアチャイナ
南アフリカ航空
ターキッシュエアラインズ
コパ航空
アシアナ航空
エーゲ航空
TAPポルトガル航空
アビアンカ航空
ワンワールドJAL
キャセイパシフィック航空
ブリティッシュエアウェイズ
カタール航空
アメリカン航空
カンタス航空
イベリア航空
LATAM航空
スカイチームデルタ航空
エールフランス航空
大韓航空
中国東方航空
サウジアラビア航空
アリタリア航空
アエロメヒコ航空
アエロフロート航空
非加盟エティハド航空
エミレーツ航空
ハワイアン航空
中国南方航空
アラスカ航空
ヴァージンオーストラリア航空
サウスウェスト航空
ジェットスター航空
ジェットブルー航空
ヴァージンアトランティック航空
フロンティア航空
海南航空

そして、SPGアメックスカードはもともとホテル系列のクレジットカードなので、マリオット系列(リッツ・カールトンやシェラトンなど)のゴールド会員になることができ、ホテル宿泊で優待を受けることが可能!

そして、そのような高級ホテルに毎年のように無料宿泊できる権利をもらえるので、年会費が33,480円なものの、一瞬でペイできてしまいます・・・!

ショッピング中心かつ全力でJALマイルを貯めたいならSPGアメックスで決まりです!(僕もメインカードとして使っています)

SPGアメックスカードの公式サイトはこちら

SPGアメックスカードの詳細はこちら

※入会キャンペーンで最大10,000マイル相当がもらえます!

まとめ:カタール航空のマイルを貯めて優雅な空の旅を

以上、カタール航空のマイル・マイレージ事情でした!

カタール航空はヨーロッパに行くときによく利用される航空会社なので、いずれ利用する機会はある可能性が高いと言えます。

もしも自費で航空券を取っている場合、マイルを使えば旅費をグッと抑えることができるので、マイルを貯めてみてはいかがでしょうか?

また、マイルを貯めれば、ビジネスクラス視野に入ってくることでしょう!

中東御三家の一角と言われるカタール航空のビジネスクラスは、それは豪華絢爛で、忘れられないひと時になるはず・・・!

僕自身も、コツコツとマイルを貯めて、カタール航空のビジネスクラスを一生に一度は利用してみたいです^^

カタール航空の特典航空券を発券しやすい、JALマイルが貯まるクレジットカードを発行し、ぜひ効率的にたくさんマイルを貯めてお得に旅行を楽しんでください。

当記事で紹介したクレカ!

おまけ:カタール航空を利用したときにBAマイルとして加算する人も多い?

ここからは少し上級者向けの話になります。

カタール航空を利用すると、フライトマイルをもらうことができ、JALマイルとしてもらっておけば間違いないと説明しました。

しかし、中にはブリティッシュエアウェイズのマイル(以下、BAマイル)としてもらった方がいい場合もあるかもしれません。

その理由は以下の2点です。

  1. フライトマイルの積算率が、JALマイルよりBAマイルの方が高い
  2. 国内線利用時にJAL便を利用するとき、必要マイル数がBAマイルの方が少ない

まず、積算率を見ると、JALマイルよりもBAマイルの方がたくさんもらえる傾向にあります。

カタール航空の
予約クラス
ブリティッシュの
積算率
JALの
積算率
ファーストクラス F,P,A 150% 150%
ビジネスクラス J,C,D,I,R 125% 125%
エコノミークラス Y, B, H 100% 100%
K, M 50% 50%
L, V, S, N, Q 50% 30%
G 25% 30%
T,O,W 25% 0%

そして、もしもJALの国内線を特典航空券で利用する場合には、BAマイルの方が優遇されています。

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

往復の特典航空券 BAマイル JALマイル
650マイル未満
(羽田便なら札幌や鹿児島など)
9,000マイル 12,000
~15,000マイル
650マイル以上1,150マイル未満
(羽田便なら那覇や石垣島など)
15,000マイル 15,000
~20,000マイル
1,150マイル以上2,000マイル未満
(羽田便なら北京や香港など)
20,000マイル 15,000
~20,000マイル
2,000マイル以上3,000マイル未満
(羽田便ならバンコクなど)
25,000マイル 24,000
~35,000マイル
3,000マイル以上4,000マイル未満
(羽田便ならハワイやクアラルンプールなど)
40,000マイル 40,000マイル

羽田からだと北海道までくらいの距離(650マイル未満)ならJALマイルよりも3,000~6,000マイルも少なくて往復分の特典航空券が発券できるのです。

4,500マイルで片道の国内線特典航空券にも交換できるので、使いやすさも抜群。

なので、他のWebサイトでは、フライトマイルはBAマイルでもらうべき!なんてことも書かれています。

正直、デメリットの方が大きい

しかし、フライトマイルをBAマイルでもらうことには賛同できません。

その理由は「BAマイルとJALマイルを合算させることができない」というのが大きいです。

たとえば、日本〜イギリスの往復に必要なマイル数が60,000マイルだったとします。

JALマイルを60,000マイル持っていたり、BAマイルを60,000マイル持っていれば、特典航空券を発見できます。

しかし、JALマイルとBAマイルをそれぞれ30,000マイルの合計60,000マイル持っていても、特典航空券を発券することができません。

なので、貯めるマイルを分散させることは、特典航空券への道のりを長く大変なものにし兼ねないのです。

仮に色々なマイルがたくさん貯まるだけ飛行機に乗ったり、カード利用が多かったり、本格的な陸マイラーになるなら、BAマイルを貯めることはオススメです。

しかし、そういう方は多くはないので、自分自身で見極めてみてください^^

-航空会社毎のマイレージ事情
-,

Copyright© マイルの聖書 , 2019 All Rights Reserved.