セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード徹底解説2020!高還元率でJALマイルが貯まる&特典が豊富なコスパ抜群クレジットカード!

セゾンプラチナビジネスアメックス

※当記事では「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードをセゾンプラチナ・ビジネス」と表記します。

「セゾンプラチナ・ビジネスってなんで人気なの?」
「セゾンプラチナ・ビジネスは一般人でも持つことも本当に可能?」
「JALマイル還元率が最大1.375%になるって聞いたんだけど・・・」

セゾンプラチナ・ビジネスは法人カードのなかでも人気が高いカード。

また、法人・個人事業主でない人でも申し込みができるため、一般の方々にも需要のあるカードです。

人気の理由としては以下のようなスペック・付帯特典だからでしょう。

  • ポイント還元率が高い
  • JALカード以上にJALマイルが貯まる
  • コンシェルジュサービスがある
  • 世界中の空港ラウンジを利用できる
  • 最短3日のスピード発行
  • 年会費が最大でも2.2万円とコスパ抜群

セゾンプラチナ・ビジネスの魅力に惹かれ、僕自身も法人カード1枚目として2019年2月に発行しました。

この記事では、セゾンプラチナ・ビジネスの基本的なスペックをはじめ、実際に使ったからこそ分かったメリット・デメリットまで紹介します。

また、審査基準やJALマイル還元率を1.375%にする方法まで説明します。

セゾンプラチナ・ビジネスは、カード決済時にもっともJALマイルが貯めるため、JAL陸マイラーから注目されているカードです。

さらに特典が豊富にもかかわらず年会費が2.2万円とコスパ抜群(年200万円以上決済でなんと次年度は半額!)

また、法人カードとしても人気でありkakaku.comの法人カードランキングでは、常にNo.1に輝いています(個人でも発行可能です)。

>>セゾンプラチナ・ビジネスの公式サイトはこちら

※今なら最大15%還元キャンペーン(最大65,000円相当)もらえる!

セゾンプラチナ・ビジネスの基本スペック

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード
基本スペック
年会費基本11,000円
割引-
国際
ブランド
AMEX
マイル
還元率
基本1.00%
上限1.375%
航空券
購入時
-
ポイント
制度
有効期限-
サービス名永久不滅ポイント
交換可能
マイル
JALマイル
電子
マネー
楽天Edy-
iD
QUICPay
PASMO
Suica-
WAON-
ボーナス
マイル
カード継続-
対象便
搭乗時
-
空港
ラウンジ
国内
海外
国内旅行保険最大:5,000万円
海外旅行保険最大:10,000万円
家族
カード
発行可能
枚数
-
発行費用
/枚
-
年会費
/枚
-
利用金額別の年間お得度
50万円利用の場合-4,125円
100万円利用の場合+12,750円
200万円利用の場合+46,500円
300万円利用の場合+80,250円
500万円利用の場合+147,750円
編集部レビュー

普段の支払いでJALマイルを貯めたいなら、このカードがもっともオススメ!
年会費11,000円(年間200万円決済で割引)でJALマイル還元率が最大1.375%は驚きのレベルです。

おすすめポイント
・JALマイル還元率が常時1.125%
・最大1.375%を実現できるポテンシャル
・コンシェルジェサービス
・世界中1,000以上の空港ラウンジ特典
いまいちポイント
・AMEXなので使える場面がVISAより少ない
入会特典最大65,000円相当のポイントがもらえる!

セゾンプラチナ・ビジネスの特徴

  • 年会費1~2万円とコスパ抜群の法人プラチナカード
  • 365日24時間使えるコンシェルジュサービス
  • 充実の旅行保険(入院時300万円補償!)
  • 世界1,200以上の空港ラウンジを利用可能
  • JALマイルが効率よく貯められる
  • 最短3日のスピード発行可能(←実際に体験!)

先に結論をお伝えすると、法人カードとしても個人向けカードとしてもイチオシです。

なにかに特化しているというわけではないのですが、とにかく万能。

ビジネスカードが欲しい社長さんや個人事業主の方はもちろん、一般的な会社員の方にもオススメできるカードです。

還元率でいうと、JALマイル還元率ではJALカードを上回り、Amazonのポイントで換算すると最大1.75%もポイント還元があります。

旅行保険が充実していたり、空港ラウンジ特典があるので、海外旅行などのときにも安心。

法人名義口座から引き落としができたり、会計ソフトがお得に使えたりと、ビジネス面でも重宝します。

さらにヒルトン・プレミアム・クラブ・ジャパンの優待をはじめ、ホテルの上級会員になれたりと、プラチナカードとしての特典まであります。

そんなカードがたったの22,000円(年間200万円利用で半額!)とコスパ抜群です。

デメリットはないの?!と感じるかもしれませんが、ほぼありません。

しいて言えば、券面デザインがプラチナカードっぽくないことでしょうか。ぱっと見だと一般カードにも見えてしまうかもしれません。

まとめると、セゾンプラチナ・ビジネスは人気カードであり、当サイトでもイチオシのカードです。

価格.comの調査で人気No.1法人カード・人気No.1プラチナカードにも選ばれる実力がありますよ。

>>セゾンプラチナ・ビジネスの公式サイトはこちら

※今なら最大15%還元キャンペーン(最大65,000円相当)もらえる!

ここからは、より詳しくスペックを説明します!

ポイント還元率は高い!JALマイル還元率は最大1.375%

カード選びの大きな基準になるポイント還元率。

ざっくりいうと、セゾンプラチナ・ビジネスは高還元率の部類に入ります。

※ポイント還元率は1.00%あると「いい」とされています。

カード利用で永久不滅ポイントなどが貯まり、それをJALマイルやAmazonポイントなどさまざまなポイントに交換できます。

+ 永久不滅ポイント交換先の例を見る(クリックして開く)

交換先必要
ポイント
交換先
金額
還元率
(▼)
ベルメゾン
お買い物券
2001,1000.55%
Amazon
ギフト券
2001,0000.50%
dポイント2001,0000.50%
au WALLET
ポイント
2001,0000.50%
すかいらーく
優待券
2001,0000.50%
モスカード4002,0000.50%
プリンスチケット4002,0000.50%
nanacoポイント2009200.46%
Tポイント1004500.45%
pontaポイント2009000.45%
スタバカード2009000.45%
永久不滅
WALLET
1004500.45%
tabiデスク
旅行代金
2009000.45%
ANA SKY コイン2009000.45%
ANAマイル2006000.30%
JALマイル*2005000.25%

交換するポイントによってポイント還元率が変わるのがややこしいですよね。

中でもとくに人気の交換先である、JALマイルの場合について説明します。

JALマイル還元率は1.125%

仮にセゾンプラチナ・ビジネスを利用した時のポイントをすべてJALマイルに交換すると、ポイント還元率は1.125%です。

少しややこしいのですが、セゾンプラチナ・ビジネスカードを使うと、直接JALマイルが貯まるのとは別に「永久不滅ポイント」が貯まり、それもJALマイルに交換することでJALマイル還元率は1.125%になります。

▼例:2,000円利用したとします。

  • JALマイルが20マイル自動的に貯まる
  • 永久不滅ポイント1ポイント貯まる
    →5マイルに交換できる

ご覧の通り、25マイルもらえる計算になります。

2,000円利用で25マイル貯めるため還元率1.125%となるわけです。

セゾンクラッセの登場でJALマイル還元率1.375%も可能!

セゾンクラッセは、セゾンカードの利用実績などに応じて特典が得られるサービスです。

そのセゾンクラッセで一番上のランクになると「永久不滅ポイント2倍特典」があります。

永久不滅ポイントが2倍になることで、仮に2,000円利用した場合にもらえるポイントが以下のようになります。

  • ショッピング利用額2,000円で20JALマイルが自動的に貯まる
    (1,000円利用ごとに10JALマイル)
  • 永久不滅ポイントが2,000円ごとに3ポイント貯まる
    (3ポイントは15JALマイルに交換できる)

永久不滅ポイントは200ポイント→500マイル(1ポイント→2.5マイル)のレートでJALマイルに交換出来るので、永久不滅ポイント3ポイントは7.5マイルに交換できます。

なので2,000円で27.5JALマイルであり、JALマイル還元率は1.375%となります。

JALマイル還元率1.375%を実現できるセゾンプラチナ・ビジネスは、もっともJALマイルが貯まるカードのひとつです。

イトーヨーカドーやセブンイレブンなどでの利用で+αでポイントがもらえる

イトーヨーカドーやセブンイレブンでセゾンプラチナ・ビジネスを利用すると、永久不滅ポイントに登録したnanacoカードにもnanacoポイントが1.0%分貯まります。

つまりポイントの2重どりが出来るということなので、もしもコンビニを利用するときにはセブンイレブンに集中させたら2倍近くポイントが貯まりやすくなります!

他にも、+αでポイントをもらえるお店は多数ありますので、一部紹介します。

+ クリックして開く

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます。

ジャンル名前
総合通販などAmazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング
ベルメゾンネット
セブンネットショッピング
ヤフオク!
ネットスーパーイトーヨーカドーネットスーパー
楽天西友ネットスーパー
セブンミール
LOHACO
美容・健康マツモトキヨシ
THE BODY SHOP
EPARKリラク&エステ
ホットペッパー ビューティー
DHCオンラインショップ
家電・パソコンビックカメラ.com
ヤマダウェブコム
ドコモオンラインショップ
(docomo select・オプション品)
マウスコンピューター
Dell
NikonDirect(ニコンダイレクト)
ソニーストア
Apple公式サイト
本・電子書籍紀伊國屋書店ウェブストア
honto
iTunes Store
旅行エクスペディア
楽天トラベル
じゃらん
JTB
Agoda
ブッキング・ドットコム.
アクティビティジャパン
一休.com
クーポングルーポン
くまポン
LUXA
ファッションジーユー オンラインストア
ユニクロ
ABC-MART.net
家具ニトリ
無印良品ネットストア
Francfranc

もっと知りたい場合には、公式サイト(セゾンポイントモール)を参考にしてください。

西友・パルコ・ロフトなどで5%オフ

イトーヨーカドーやセブンイレブン以外でも、買い物自体が割引になるお店もあります。

以下のお店なら、毎月決まった日にカードで支払いをすることで5%の割引を受けられます!

店名優待日備考
西友・LIVIN毎月第1、第3土曜日請求時に割引
※一部対象外の商品あり
パルコ毎月5日
ロフト毎月月末の金土日1回1,080円以上の買い物が対象

セゾンプラチナ・ビジネスの年会費は最大21,600円なので、上記のお店で年間40万円以上(月々でいうと3.3万円ほど)お買い物をしたら年会費の元が取れますね。

365日24時間のコンシェルジェサービス

セゾンプラチナ・ビジネスの大きな魅力のひとつである「コンシェルジュサービス」

プラチナメンバー専用デスクが用意されており24時間365日年中無休で対応してくれます。

ちなみにコンシェルジュサービスでは国内・海外ホテルの手配や航空券・JR特急券などの手配、国内レストランの案内・予約などがお願いできるのでかなり便利ですね。

仕事が忙しい場合でも電話一本でもろもろ手配してくれるのは助かるはず!

実際に利用してみました!

旅行先でのレストランを探してもらったのですが、こちらの希望に合わせて3つ候補を出してくれて、予約までやってもらえました・・・!

とても便利です。

世界1,200以上の空港ラウンジが利用できる

セゾンプラチナ・ビジネスを発行すると「プライオリティパス」という世界中の空港ラウンジを利用できる会員証みたいなカードを無料で発行できます。

もしもプライオリティパスを正規のルートから申し込むと、$429(46,000円ほど)必要です。

しかし、カード特典として無料で付帯してます!

空港ラウンジにはwifiや電源などがあるので、フライトまでの待ち時間で仕事をする事も出来ます。

\国内の空港ラウンジ(成田)/
成田空港国内線の空港ラウンジであるIASSラウンジ成田空港国内線の空港ラウンジであるIASSラウンジ
\海外の空港ラウンジ(タイ)/プーケット空港の国内線空港ラウンジのCoral Lounge(コーラルラウンジ)の様子

忙しいビジネスパーソンには嬉しいですね。

もちろん、プライベートの旅行でも活躍します。

旅行保険が充実

クレジットカードには旅行保険が付帯していることが多いですが、セゾンプラチナ・ビジネスは充実している部類に入ります。

しかし注意点としては、補償対象は本会員(カード保有者)だけであり、家族会員の補償・家族特約はありません。

国内旅行保険

保険の種類補償金額
死亡・後遺障害最高5,000万円
入院治療5,000円
※1日あたり
通院費用3,000円
※1日あたり

海外旅行保険

保険の種類補償限度額
死亡・後遺障害1億円
傷害治療300万円
疾病治療300万円
救援者費用300万円
賠償費用5,000万円
携行品損害50万円
(免責3,000円)
航空機寄託手荷物
遅延費用
10万円
航空機遅延費用3万円

クレジットカード付帯保険としては充実している部類に入ります。

ですが、少し懸念点があるとすると、傷害治療と疾病治療です。

これらは治療を受けたり、入院した時の補償なのですが、100万円だと心もとなさがあります。

アメリカで盲腸での入院で300万円以上の請求があるといった事例がたくさんあるからです。

以下の引用をご覧ください。

2017年度は「29人に1人」がなんらかの事故・病気等に遭われ海外旅行保険を利用しています。

(中略)

当社で2017年度治療・救援費用」の支払いが300万円以上の高額医療費用事故は68件、そのうち1,000万円を超えた事故は8件となっています。

また、治療・救援費用の保険金支払最高額は、3,588万円となりました。

引用:2017年度海外旅行事故データ

2018年には、ハワイで襲撃を受けた方が旅行保険に入っておらず、治療費800万円の請求を受けたことも記憶に新しいです。

筆者は一度タイで一晩入院したことがありますが、15万円でした。

アメックスカードのおかげでキャッシュレスで入院できましたが、これがもしもアメリカやヨーロッパだったらどうなっていたかわかりません。

なので、もしも余裕があればサブカードとして傷害治療と疾病治療が充実した年会費無料のクレジットカードを保有するのを推奨します(傷害治療と疾病治療は別のカードの上限額と合算可能)。

ビジネス面でも重宝する

法人名義口座から引き落とし可能であったり、利用明細データのダウンロードサービスや法人向け顧問弁護士サービスなど、ビジネスのサポートになる特典も付帯しています。

2019年6月には、面白いイベントへの招待もありました!
神田明神の会員限定商売繁昌祈祷イベントまで開催です。

商売繁昌を祈念してセゾンプラチナ・ビジネス会員の会社名を神田明神へ奉納しご祈祷、さらに神田明神よりから社名を記した木札が授与されました。

セゾンプラチナ・ビジネス側がユーザーの方を向いてサポートしてくれようとする姿勢が伝わりますよね。

年会費は最大22,000円とコスパ抜群!

年会費は、驚くことに22,000円と破格です。
ちなみに年間200万円以上の利用で次年度は11,000円に割引されるため、最安で11,000円でセゾンプラチナ・ビジネスを持てることになります。

22,000円だからといってサービスが悪いということはなく、ポイント還元率が良く、旅行保険も充実、さらにコンシェルジュまで付いています。

他のプラチナカードの年会費を見てみます。

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます
※セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードをセゾンプラチナ・アメックスと表記します

年会費
セゾンプラチナ・
アメックス
セゾンプラチナ・アメリカン・ エキスプレス・カード
22,000円
JCBプラチナカード
JCBプラチナカード
27,500円
JCBプラチナ法人カード
JCBプラチナカード
33,000円
JAL AMEX プラチナ
JALプラチナカード
34,100円
ANA JCB プラチナ
ANA JCBプラチナカード
77,000円
アメックスプラチナ
アメックスプラチナカード
143,000円

11,000円(※年間200万円以上の利用)の破格さが顕著にわかります。

セゾンプラチナ・ビジネスのデメリットは?

ここまでセゾンプラチナ・ビジネスの基本スペックやメリットをお伝えしてきました。

メリットだけではなく、デメリットも気になりますよね。

大げさではなく、個人的には、セゾンプラチナ・ビジネスにはほぼデメリットがないと感じます。

なので「しいて言えば・・・」ということでデメリットを挙げてみます。

カードデザインが一般カードっぽい

セゾンプラチナ・ビジネスは、プラチナカードに該当するので高ステータスカードです。

しかし、そもそもプラチナカードの存在を知っている人は一般的に多くないはず。
おそらくは「一般カード→ゴールドカード→ブラックカード」という認識が多いでしょう。

そうなると、セゾンプラチナ・ビジネスを見たときに「一般カードかな?」と勘違いされてしまうかもしれません。

お世辞にも高級感が漂っているとは言えないので、全然ありうるかと思います。

セゾンプラチナ・ビジネスの審査基準は?

審査基準は明確にされていないため、僕自身を例にして紹介します。

  • カード申込をする1ヶ月前に法人設立
  • 一般的なサラリーマンほどの役員報酬を設定し、賞与はなし
  • キャッシング枠*も10万円分

※キャッシング枠とはお金を引き出せる(現金を借りられる)機能です。キャッシング枠はショッピング枠と審査基準が異なり、キャッシング枠をつけると審査に通りづらくなります

上記のような状況で申込みし、2時間後には「審査通過」のメールを受信しました!

セゾンプラチナビジネス「審査通過」のメール

そしてたった4営業日後くらいには手元にカードが届きました。

申し込んでから4営業日で届くスピード発行には「はやっ!」と驚かされました。

セゾンプラチナ・ビジネスの審査に通りやすくなるコツ

セゾンプラチナ・ビジネスに限った話ではないのですが、クレジットカードの審査に通りやすくなるコツを紹介します。

  • キャッシング枠をつけない
  • 固定電話があればきちんと記入する
  • 借入がある場合には返済しておく

この3つを心がけるだけでも、審査通過率は変わります。

>>セゾンプラチナ・ビジネスの公式サイトはこちら

※今なら最大15%還元キャンペーン(最大65,000円相当)もらえる!

※キャッシング枠が貸金業法により審査に通過しづらくなる可能性があります。ショッピング枠を決定する場合と法律が違うのですが、キャッシング枠をつけると一般的には審査ハードルが上がります。

他の法人(ビジネス)カード・個人事業主カードという選択肢はある?

もしかすると、

他の法人カードや個人事業主カードなどと比較したい!

と考えるかもしれません。

セゾンプラチナ・ビジネス以外でおすすめの法人カードは3種類あります。

※表を左右にスクロールできます

年会費通常還元率限度額海外旅行
障害保険
国内旅行
障害保険
空港ラウンジコンシェルジュ発行スピード
セゾンプラチナ・ビジネス
セゾンプラチナ ビジネス・アメックス
22,000円
※200万円以上利用で半額
1.125%個別設定1億5,000万円世界1,200箇所あり最短3営業日
アメックスゴールドビジネス
アメックスゴールドビジネス
34,100円
※初年度無料
1.0%個別設定1億5,000万円国内主要空港(29箇所)
海外(ハワイ・韓国)
なし約3週間程
EX Gold for Biz M
EX Gold for Biz M
2,200円
※初年度無料
0.6~1.1%10~300万円最高2,000万円1,000万円国内主要空港(29箇所)
海外(ハワイ・韓国)
なし記載なし
三井住友ビジネス
三井住友ビジネス
1,375円0.5%10~150万円最高2,000万円なしなしなし1週間ほど

とにかく安さをもとめる場合には「三井住友ビジネスカード」がおすすめですが、ポイント還元率が0.5%といまいちであり、その他特典も少ないのであまりおすすめではありません。

>>三井住友ビジネスカードの公式サイトはこちら

EX Gold for Biz Mだと年間2,200円で保有でき、年間200万円以上使う場合にはポイント還元率が1.1%までアップするのでランスがとてもいいので法人カードといえます。

>>EX Gold for Biz Mの公式サイトはこちら

ですが、筆者としては「セゾンプラチナ・ビジネス」をおすすめします。
年会費の差が他の法人カードと10,000円未満*なのに特典の充実度が比じゃないからです。

コンシェルジュが使えるプラチナカードであり、旅行保険や空港ラウンジ、さらにはポイント還元率も法人カードでトップクラスです。

>>セゾンプラチナ・ビジネスの公式サイトはこちら

※今なら最大15%還元キャンペーン(最大65,000円相当)もらえる!

まとめ:セゾンプラチナ・ビジネスはおすすめカード!

セゾンプラチナ・ビジネスは高水準でとてもバランスの取れた法人・個人事業主カードです。

法人クレジットカード人気ランキングではいつも上位にランクインしています。

たった年会費11,000円*で便利なコンシェルジュサービスが使えたり、JALマイルが効率よく貯まったり、旅行保険が充実していたりと、満足すること間違いなし。

是非セゾンプラチナ・ビジネスを選んでみてはいかがでしょうか?

>>セゾンプラチナ・ビジネスの公式サイトはこちら

※今なら最大15%還元キャンペーン(最大65,000円相当)もらえる!

以上で、記事はおしまいです。もしも「自分に合ったカードを見つけたい!」という方は、以下の検索機能をご活用ください。
ぴったりのクレカを探す!
貯めたいマイル
月々の決済額
年間の航空券代※ANAもしくはJAL
電子マネー

-JALマイル向けクレジットカード
-,

Copyright© マイルの聖書|陸マイラー直伝!マイルの貯め方・使い方ガイド〜クレジットカードを活用してANA&JALマイルを貯めよう〜 , 2020 All Rights Reserved.