航空会社毎のマイレージ事情

デルタ航空のマイル・マイレージ事情!ニッポン500などでスカイマイルを大量ゲットできる?!

更新日:

デルタ航空は世界最大規模の航空会社であり、2017年には最も賞賛される企業リストの航空業界部門において1位を獲得した航空会社。

日本発着便もあるので、日本人にはわりと馴染みがあるかもしれません。そんなデルタ航空のマイル・マイレージに焦点を充てて解説していきます。

結論をいうと、デルタ航空でマイルを貯めるのはあまりおすすめできません...。その理由も当記事で紐解いていきます。

またデルタ航空は「国内の1フライトで500マイル獲得可能なニッポン500のキャンペーン」をやっているため、飛行機をよく利用する方はデルタ航空のマイルをがっぽり貯められます!

デルタ航空の概要

デルタ航空のマイル・マイレージ事情

まずはデルタ航空の基本情報から紹介します。

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

名称 デルタ航空
公式サイト https://ja.delta.com/
航空会社コード DL
国・地域 アメリカ合衆国
アライアンス スカイチーム
マイレージプログラム スカイマイル

日本にも発着しており、北米やハワイに行くときなどに日本人でも利用する機会が多々ある海外航空会社です。

そんなデルタ航空のマイレージプログラムは「スカイマイル」です。

マイレージプログラム「スカイマイル」について

ANAのマイレージプログラムはANAマイレージクラブ、JALのマイレージプログラムはJALマイレージバンクという名前があります。

それぞれのプログラムでのポイントがANAマイル、JALマイルです。

ANAやJALと同じように、デルタ航空にもマイレージプログラム名があり、それがスカイマイルです。

スカイマイルへの無料入会はこちら

デルタ航空の公式サイトはこちら

アライアンスは「スカイチーム」

航空会社は航空連合(アライアンス)に属していることが多く、デルタ航空も「スカイチーム」というアライアンスに属しています。

ANAやJALもアライアンスに属していますが、それぞれスターアライアンスとワンワールドであり、スカイチームではありません。

+ アライアンスの詳細はこちらをクリック

 スターアライアンスワンワールドスカイチーム
ロゴスターアライアンスワンワールドスカイチーム
加盟数281620
就航国数192150179
就航
空港数
133010111057
加盟
航空会社
アドリア航空エーゲ航空

エア・カナダ

エアチャイナ(中国国際航空)

エアインディア

ニュージーランド航空

ANA(全日空)

アシアナ航空

オーストリア航空

アビアンカ ブリュッセル航空

コパ航空

クロアチア航空

エジプト航空

エチオピア航空

エバー航空

LOT ポーランド航空

ルフトハンザ ドイツ航空

スカンジナビア航空

深セン航空

シンガポール航空

南アフリカ航空

スイス インターナショナル エアラインズ

TAP ポルトガル航空

タイ国際航空

トルコ航空

ユナイテッド航空

アビアンカ・エルサルバドル
アメリカン航空

ブリティッシュ・エアウェイズ

キャセイパシフィック航空

フィンエアー(フィンランド航空)

イベリア航空

JAL(日本航空)

LATAM チリ

LATAM ブラジル

マレーシア航空

カンタス航空

カタール航空

ロイヤルヨルダン航空

S7航空

スリランカ航空
アエロフロート・ロシア航空

アルゼンチン航空

アエロメヒコ航空

エア・ヨーロッパ

エールフランス航空

アリタリア-イタリア航空

チャイナ エアライン

中国東方航空

中国南方航空

チェコ航空

デルタ航空

ガルーダ・インドネシア航空

ケニア航空

KLMオランダ航空

大韓航空

ミドル・イースト航空

サウディア タロム航空

ベトナム航空

廈門航空

スカイチームにはエールフランス航空や大韓航空などが属しています。

デルタ航空でマイルを貯めて特典航空券を発券するのはハードルが高い?

正直申し上げまして、デルタ航空でマイルを貯めることはおすすめできません。

その理由が「特典航空券を発券するのに必要なマイル数が多い」からです。

デルタ航空は必要マイル数を公式サイトで公表していませんが、ANAやJALなどに比べて下手すると5倍以上マイルが必要になることもあります。

ANAやJALと同じくらいのマイル数で特典航空券が発券できる時期や路線もありますが、かなり稀です。

デルタ航空は2015年ごろから公式サイトで必要マイル数を載せるのをやめたのですが、それ以降いつの間にやら必要マイル数がアップの改悪をしていることがしばしば。

デルタ航空のスカイマイルで別の航空会社の特典航空券を発券するのは?

アライアンスが同じであればマイルの相互利用ができ、デルタ航空のスカイマイルを使って別の航空会社の特典航空券を発券できます。

デルタ航空の特典航空券だからダメかもしれない、他の航空会社で使う場合なら...!とかすかに期待しましたが、別の航空会社でも微妙な状況でした。

例えば日本発着便がある大韓航空だと、特典航空券の座席枠が数席しかなく、ほぼ取れない状況だそうです...。

デルタ航空のスカイマイルを貯めるメリットは?

デルタ航空スカイマイルを貯めるうまみはそれほどないことを強調しましたが、デルタ航空スカイマイルを貯めるメリットもあります。

ニッポン500のキャンペーンが開催されている

「ニッポン500」は日本の国内線に搭乗したことをデルタ航空に申請すれば、それだけでデルタ航空スカイマイルを500マイルもらえることができるキャンペーンです!

超太っ腹&大盤振る舞いの夢のようなキャンペーン...

しかも対象の航空会社はANAやJALをはじめ、peach、バニラエア、Jetstar、ソラシドエア、スカイマーク、スターフライヤーなどのLCCでもOK!

さらにマイルを使った「特典航空券」で搭乗した場合まで対象になっているので陸マイラーには朗報すぎます。

>>ニッポン500のキャンペーン詳細はこちら(公式サイトへ)

ニッポン500でのマイル獲得上限に注意!

1人あたり最大で10フライト(5,000マイル分)が獲得上限です。

もしもデルタ航空の「メダリオン会員(上級会員)」の場合には獲得上限が最大40フライト(20,000マイル分)に引き上げられます。

メダリオン会員にはデルタ航空が発行するアメックスカードを発行すると自動的に入会できます。

どちらのカードも年会費が必要ですが、入会キャンペーンで最大30,000マイルを獲得できるのでこれを機に発行してみるのは十分ありです!

デルタ スカイマイル アメックスカードの公式サイトはこちら

デルタ スカイマイル アメックスゴールドカードの公式サイトはこちら

スカイマイルの有効期限がない

デルタ航空スカイマイルは有効期限がありません。貯めづらいからこそ、考慮してくれているのでしょうか?

コツコツとマイルを貯めたい方には魅力的です。

ANAやJALはマイルの有効期限が3年であり、さらに特典航空券を発券しづらいこともあり、有効期限というハードルは意外と高いですからね。

特典航空券に燃油サーチャージがかからない

海外に渡航する場合には、航空券にプラスして燃油サーチャージが必要です。

たとえば、北米やヨーロッパなどの場合だと30,000円ほどかかります。

ANAやJALなどの場合だとマイルを使って特典航空券を発券した場合でも燃油サーチャージは必要となりますが、デルタ航空は燃油サーチャージが必要ありません!

これはかなり大きなメリットです。

スカイマイルを購入できる

毎年1~12月に、 最大60,000マイルまでスカイマイルを購入することができます。

+ マイルの価格はこちらをクリック

購入マイル数 購入料金
2,000 70米ドル
4,000 210米ドル
6,000 280米ドル
8,000 280米ドル
10,000 350米ドル
20,000 700米ドル
30,000 1,050米ドル
40,000 1,400米ドル
50,000 1,750米ドル
60,000 2,100米ドル

>>デルタ航空スカイマイルのマイル購入ページはこちら

デルタ航空のスカイマイルを貯める方法

デルタ航空のスカイマイルを貯めることはあまりおすすめできませんが、貯め方を紹介します。

飛行機に乗ってスカイマイルを貯める

デルタ航空スカイマイルは、もともとすべての運賃で区間100%積算だったのですが、現在ではかなりの改悪...。

現在デルタ航空スカイマイルは支払額に比例してフライトマイルを獲得できます。また上級会員になればなるほど、もらえるマイル数は増えます。

デルタ航空券運賃1ドルにつき、獲得できるマイル数は以下の通り。

  • 通常会員
    →5マイル
  • シルバー会員
    →7マイル
  • ゴールド会員
    →8マイル
  • プラチナ会員
    →9マイル
  • ダイヤモンド会員
    →11マイル加算

もしもデルタ航空をよく利用する機会がある場合には、上級会員を目指すべきであり、デルタ航空は指定のクレジットカードを保有しているだけで上級会員になることができます。

もしもデルタ航空を利用する予定がある方は是非発行することをおすすめします。

デルタ スカイマイル アメックスカードの公式サイトはこちら

デルタ スカイマイル アメックスゴールドカードの公式サイトはこちら

ちなみに、2019年3月現在、とんでもない入会キャンペーンを開催中です。

  • ノーマルカードの場合は、入会と入会後6ヶ月以内の航空券購入で合計30,000マイル獲得可能!
  • ゴールドカードは入会と入会後6ヶ月以内の航空券ご購入で合計33,000マイル獲得可能!

さらにゴールドカードの場合だと、無料でプレミアムエコノミークラスへアップグレードやビジネスクラスラウンジ無料利用の特典まであります...。

マイルは貯めづらいですが、クレジットカードを保有するだけで上級会員になれるのは魅力的ですよね。

>>デルタ スカイマイル アメックスゴールドカードの公式サイトはこちら

クレジットカード利用でスカイマイルを貯める

デルタ航空が発行するクレジットカードは4種類あり、それらのクレジットカードを利用することで直接スカイマイルを貯められます。

  • デルタ スカイマイルJCBカード テイクオフカード
  • デルタ スカイマイルJCBカード
  • デルタ スカイマイルJCBゴールドカード
  • デルタ スカイマイル アメックス
  • デルタ スカイマイル アメックス・ゴールド

デルタ スカイマイルJCBカード テイクオフカード

デルタ スカイマイルJCBカード テイクオフカード

デルタ スカイマイルJCBカード テイクオフカードの公式サイトはこちら

年会費 1,620円
初年度無料
還元率 1.00%
旅行保険 最高2,000万円
入会ボーナス 最高6,500マイル
継続ボーナス なし
その他 デルタ航空に搭乗で
最高5,000マイル

デルタ スカイマイルJCBカード

デルタ スカイマイルJCBカード

デルタ スカイマイルJCBカードの公式サイトはこちら

年会費 10,800円
初年度5,400円
還元率 1.30%
旅行保険 最高5,000万円
入会ボーナス 最高8,000マイル
継続ボーナス なし
その他 デルタ航空に搭乗で
最高5,000マイル

デルタ スカイマイルJCBカード ゴールドカード

デルタ スカイマイルJCBカード ゴールドカード

デルタ スカイマイルJCBカードの公式サイトはこちら

年会費 19,440円
初年度10,800円
還元率 1.50%
旅行保険 最高1億円
入会ボーナス 最高9,000マイル
継続ボーナス 2,000マイル
その他 デルタ航空に搭乗で
最高5,000マイル

デルタ スカイマイル アメックスカード

デルタ スカイマイル アメックスカード

デルタ スカイマイル アメックスカードの公式サイトはこちら

年会費 12,960円
還元率 1.00%
旅行保険 最高5,000万円
入会ボーナス 5,000
継続ボーナス 2,000マイル
その他 入会後初回のデルタ航空搭乗で
30,000マイル

デルタ スカイマイル アメックス・ゴールドカード

デルタ スカイマイル アメックスゴールドカード

デルタ スカイマイル アメックスゴールドカードの公式サイトはこちら

年会費 28,800円
還元率 1.00%
旅行保険 最大1億円
入会ボーナス 8,000マイル
継続ボーナス 3,000マイル
その他 入会後初回のデルタ航空搭乗で
33,000マイル

まとめ:デルタ航空はマイルを貯めるのに向いてないかも...

デルタ航空

デルタ航空スカイマイルは貯めづらく、さらに必要マイル数も多いのでおすすめのマイレージではありません。

しかし、デルタ航空と提携して発行しているアメックスカードを保有するだけで大量マイルがもらえたり、空港ラウンジや座席のアップグレードがあるのは魅力的です。

デルタ航空をよく利用する方はデルタ スカイマイル アメックスゴールドカードを発行してみてはいかがでしょうか?

また、デルタ航空のニッポン500のキャンペーンを利用すれば、コツコツと大量のマイルを獲得できるので賢く活用しましょう!

ANAマイルとJALマイルを貯めれるクレカ!


SPGアメックスカード

ポイント還元率1.25%と高還元率!
ANAやJALをはじめ40以上のマイルに交換できる
ポイントの有効期限が無期限!
SPG&マリオットホテルの上級会員になれる!

とマイルや旅行好きには超おすすめカード。
マイルを貯めるなら是非持っておきたい人気沸騰中の1枚です。

イチオシマイルを貯めるのにSPGアメックスカードがおすすめな理由

-航空会社毎のマイレージ事情
-

Copyright© マイルの聖書 , 2019 All Rights Reserved.