MENU
>> SPGアメックス発行で3.9万ポイントもらえる

ANAスカイコインの使い道を徹底解説!お得な交換先から家族への共有方法まで解説

ANAスカイコイン

ANAスカイコインについて調べているとすると、以下の4つの状況のうちのどれかだと思います。

  • ANAマイルとして使うよりも航空券をお得に発券できるから
  • ANAの上級会員になるためのSFC修行の費用を抑えたいから
  • ANAマイルの有効期限が近づいてしかたなく交換したから
  • ANAマイルで特典航空券が取れずに現金で航空券を購入しようとしたから

もしもANAマイルの有効期限が切れそうで交換した場合にも、悲観的にならないでください。

実はANAマイルで航空券を発券するときのお得さを上回るお得さを実現できる場合もあります。

また、ANAマイルの使い道は別記事でまとめていますので、合わせてご確認ください。

ANAマイルの使い方の解説記事はこちら

目次

ANAスカイコインの基礎知識

ANA SKYコインとは、ANAの航空券やANAのツアー料金の支払いに10コイン単位(10円相当)で利用できる電子クーポンであり、ANAスカイコインはマイルではありません。

ANAの航空券やパッケージツアーの代金支払いに使うことができます。ANA公式サイト経由でもホテル・レンタカー・遊びや体験などの支払いには利用できないのに気をつけてください。

スカイコインの有効期限

ANAマイルの有効期限は3年間ですが、スカイコインの有効期限は1年間です。

意外と短いので注意が必要です。

有効期限が切れる前に航空券を予約した場合(出発時はスカイコインの有効期間切れ)などはキャンセルがややこしいので、それも頭に入れた上で使うようにしましょう。

ANA SKYコインの貯め方

そもそもANA SKYコインを手に入れる方法としては、以下の5つの方法があります。

  1. ANAマイルからANA SKYコインに交換する
  2. 他社提携ポイントからANA SKYコインに交換する
  3. 他社でショッピングでANA SKYコインを獲得する
  4. ANA スカイ ガッチャ!モール
  5. SOCIAL SKY PARKに投稿してANA SKYコインを獲得する(2019年6月28日に終了)

それぞれ解説します。

①ANAマイルからANA SKYコインに交換する

ANAマイルからANA SKYコインに交換する

ANA SKYコインを貯める上で1番使いやすいのが、ANAマイルから交換する方法です。

基本は1マイル=1SKYコインで交換なのですが、10,000マイル以上をまとめて交換するとマイル交換レートが変わってきます(1回の交換で最大200,000マイルまでです)。

※交換レートの変化は次の章で詳しく説明します

②他社提携ポイントからANA SKYコインに交換する

他社提携ポイントからANA SKYコインに交換する

もしもANAマイル以外のポイントがあれば、ANAスカイコインに交換できるかもしれません。

実際に交換できるポイントと、レートは以下の通りです。

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

ポイント名 レート
アプラスとっておき
プレゼント
1P → 5コイン
永久不滅ポイント 1P → 4.5コイン
エポスポイント 1P → 1コイン
Oki Dokiポイント 1P → 3コイン
ケイタイde安心 1P → 1コイン
Gポイント 1P → 1コイン
ダイナースクラブ
リワードポイント
1,000P→ 1,000コイン
nanacoポイント 500P → 500コイン
ネットマイル 200mile → 100コイン
フォートラベル 500P → 50コイン
PeX 1,000P → 100コイン
ベネポ 500P → 500コイン
YAMADAポイント 1P → 1コイン
LINEポイント 1P → 1コイン
ラブリィポイント 3,000P→ 3,000コイン

SKYコイン-ポイントから交換する(公式サイト)

③他社でショッピングでANA SKYコインを獲得する

FXや住まい、美容・健康、日用品、ファッション、ウェディングなどのジャンルで提携しているお店やサービスがあり、そこを利用することでANA SKYコインを獲得できます。

    ④ANA スカイ ガッチャ!モール

    ANA スカイ ガッチャ!モールとは、空港店舗やドラッグストア、飲食店などのお店でガッチャを回すと、お得なクーポン券や無料券・割引券、ANA SKY コインが無料でゲットできるサービスです。

    筆者自身、利用したことがないため、利用次第追記します。

    ANA スカイ ガッチャ!モール(ANA公式サイト)

    ⑤SOCIAL SKY PARKに投稿してANA SKYコインを獲得する(2019年6月28日に終了)

    ANAマイルからANA SKYコインに交換する

    ※2019年6月28日に終了してしまいました。

    平素よりANAマイレージクラブをご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。

    テーマに投稿してANA SKY コインがもらえるサービス「SOCIAL SKY PARK」は、2019年6月28日(金)をもちまして終了いたしました。

    SOCIAL SKY PARKへの投稿で獲得いただいたANA SKY コインは、獲得月より12カ月目の末日までご利用いただけます。

    これまでご利用いただきましたお客様に深く御礼申し上げます。

    なお、ANAマイレージクラブでは、新たにANAマイレージクラブ アプリ内でガッチャを回してANA SKY コインが当たる「ANA SKY ガッチャモール」を開始いたしました。

    ANA SKY コインのほか、様々なクーポンをご用意しておりますので、是非ご活用いただけますと幸甚に存じます。

    引用:SOCIAL SKY PARK サービス終了のお知らせ

    SOCIAL SKY PARKというANAが運営するサイトにツイッターやフェイスブックなどSNSに投稿するとコインがもらえます。

    この記事を書いている時のテーマは「お花見を盛り上げるアイテムを教えて!」でした。

    ちなみに「2,952件」も投稿している人がいたので、みんなコツコツとANA SKYコインを貯めているのが垣間見れますね!

    ※時期によって実施されている投稿内容の指定条件が変わります。

    ANAマイルをANAスカイコインに変えるならANAカードを発行すべし!

    基本的には1マイル=1スカイコインで交換です。

    しかし、所有しているANAカードや会員ステイタスによって交換率が上がり、最大で1マイル=1.7コイン(1.7倍)の交換レートになります。

    交換レートは以下の通りです。

    ※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

    会員ステイタス
    ANAカード種類
    ANA上級会員
    (ブロンズ以上)
    SFC
    プレミアムカード
    ゴールドカード
    ワイドカード
    一般カード
    AMC
    交換マイル数 交換後コイン数
    1~9,999マイル 1~9,999(1倍)
    10,000マイル 13,000
    (1.3倍)
    12,000
    (1.2倍)
    20,000マイル 28,000
    (1.4倍)
    26,000
    (1.3倍)
    24,000
    (1.2倍)
    30,000マイル 45,000
    (1.5倍)
    42,000
    (1.4倍)
    36,000
    (1.2倍)
    40,000マイル 64,000
    (1.6倍)
    60,000
    (1.5倍)
    48,000
    (1.2倍)
    50,000マイル~
    200,000マイル
    85,000~
    340,000
    (1.7倍)
    80,000~
    320,000
    (1.6倍)
    75,000~
    300,000
    (1.5倍)
    60,000~
    240,000
    (1.2倍)

    引用:ANA SKY コイン | ANAマイレージクラブ

    上記の一覧で分かるかと思いますが一般のANAカードでも交換レートが1.5倍になります。

    なのでふつうに1マイル=1SKYコインの交換レートで交換してしまうと損してしまいます…

    もしもANAカードを持っていない場合は、これを機にANAカードを発行することをおすすめします。

    ※ゴールドカードなどではない一般カードなら初年度無料で2年目以降でも2,200円で保有できます

    ANAスカイコインの4つの使い道

    ANAスカイコインの使い道は以下の4つです。

    ※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

    ジャンル 利用対象 備考
    国内線航空券 ANA国内線の
    個人運賃航空券
    他社運航の場合ANA便名のコードシェアのみ対象
    ※ビジネスきっぷやいっしょにマイル割等は対象外
    国際線航空券 日本サイトで購入可能な
    ANA国際線すべての公示運賃航空券
    ANA便名の国内線乗り継ぎ区間も対象
    ※他社便名および他社乗り継ぎが含まれる航空券は対象外
    国内旅行 ANA SKY WEB TOURの商品 ※国内ホテルや国内レンタカー、ANA一休パックは対象外
    海外旅行 ANA SKY WEB TOURの商品 ※ホテル&オプションは対象外
    ※本人が同行しない場合はメールか電話での連絡が必要

    ①航空券の購入に使う

    航空券を公式サイトで購入するときに、ANA SKYコインを利用できます。

    ANA SKY コインは10円単位で利用でき、もしも足らない場合には差額をクレジットカード支払うことができます。

    ※ANAウェブサイト(日本サイト)で発券が可能な運賃種別、旅程に限ります。

      ②ツアーの代金支払いに使う

      ツアーの代金支払いに使う

      ANAウェブサイトで販売する国内旅行商品は以下の通りです。

      • ANAスカイホリデー(国内パッケージツアー)
      • ANAダイナミックパッケージ旅作(航空券+宿)
      • ANAマイレージクラブ会員限定ツアー
      • WEB限定ツアー

      ANAウェブサイトで販売する海外旅行商品は以下の通りです。

      • ANA ワンダー アース(海外パッケージツアー)
      • ANAハローツアー(海外パッケージツアー)
      • 航空券+宿泊「ANA旅作」
      • ANAマイレージクラブ会員限定ツアー
      • WEB限定ツアー(ホテル&送迎パック含む)

      ANA SKY コインは10円単位で利用できます。

      差額はクレジットカードや銀行振込、コンビニ支払、ANAギフトカード、ANA旅行券で支払えます。

      国内ツアーも海外ツアーも「ANA SKY コイン」は

      • 保有している会員本人
      • 特典利用者に登録されている2親等以内の方が旅行代表者

      の2パターンのみ利用が可能です。

      ANAスカイコインはマイル以上にお得に航空券が取れる

      ANAマイルを貯めているなら、マイルで特典航空券を発券した時のお得度も知っているかと思います。

      実はANAマイルを利用して航空券を発券するよりも、ANAマイルをスカイコインに交換してから航空券を発券した方がお得になることもあるのです。

      今回は羽田〜那覇の航空券を予約すると仮定して比較してみます。

      東京〜沖縄で特典航空券とANA SKY コインで比較

      2019年2月24日に、2019年7月1日〜7月8日分のチケットを取ると仮定します。

      ANAマイルで特典航空券を発券した場合

      今回の場合だとレギュラーシーズンなので、往復で18,000マイルです。

      ちなみにマイルを使った特典航空券の場合は、座席がいっぱいになりやすいというデメリットもあります。

      とくに一般的な休みとなると、特典航空券が発券できないなんてことが多発。

      マイルを貯めても無意味じゃん!となってしまうこともあります。

      ANA SKYコインで航空券を発券した場合

      続いてANA SKYコインを使って発券する場合です。

      まず運賃を見てみます。

      ご覧のとおり、往復で18,020円です。

      もしもANAカードを持っていたら、18,020円分のANA SKYコインを手に入れるのには12,020マイルです(交換レートが1マイル=1.5ANA SKYコイン)

      さらに陸マイラー御用達のANA ワイドゴールドカードを持っていたら、18,020円分のANA SKYコインを手に入れるのには11,270マイルです(交換レートが1マイル=1.6ANA SKYコイン)

      結果:ANA SKYコインに軍配!

      今回の場合だとANA SKYコイン経由で航空券を予約した方がお得です。

      毎回このような結果になるわけではありませんが、スカイコインも使い方次第では武器になります!

      ANA SKYコインを有効活用してお得に、しかも確実に航空券を発券するのもおすすめです。

      ANAスカイコインを家族や友達にも使える

      ANA SKY コインは使える対象者の幅が広いのが特徴です。

      とはいえ誰でも使えるわけではなく制限があります。

      ANAスカイコインのが使えるのは以下の2パターンです。

      • 本人が旅行代表者
      • 本人の配偶者か2親等以内の家族が旅行代表者

      代表者さえ、ANA SKY コイン保有者本人、又は、配偶者・2親等以内の家族にすれば、友達が混ざった旅行でも使えます。

      ANAスカイコインの注意点

      さいごにANA SKYコインの注意点を3点紹介します。

      有効期限は1年

      ANA SKY コインの有効期間は交換月より12ヶ月目の末日になります

      ※例:4月1日発行→翌年4月30日まで有効

      また、各種キャンペーンの利用による「特典(プレゼント)ANA SKY コイン」は有効期限が異なる場合がありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

      使い道が少なく限られている

      ANA SKYコインを使える場面が航空券かツアーしかありません。

      ANAの電子マネーのようなものという認識だと、景品交換やホテル宿泊代などに充てられそうな気もするのですが、それだけ汎用性が高いのはマイルだけです。

      ANA SKYコインでの航空券など購入後の払い戻し

      ANA SKY コインで購入した国内線航空券や国際線航空券、国内旅行商品、海外旅行商品を自分の都合で払い戻しをする場合、手続き時点で有効期限を過ぎているANA SKY コインは払い戻しできません。

      つまり2019年5月末が有効期限だったANA SKYコインで4月末に7月の航空券をしたとき、5月末を過ぎてからの払い戻しができないということです。

      まとめ:ANAスカイコインを使い方をマスターしてお得に旅行をしよう!

      ANA SKYコインは使い方によってはマイル以上にお得に旅行が出来る優れものです。

      ここまで細かく「どちらがお得か?」を考えるのは大変ですが、家族旅行などになると4名分とかになってくるので大きな差になるはずです。

      細かいことですが「マイルで使う方が得か、スカイコインで使う方が得か?」というのを見極めてみてください。

      ANAスカイコインは、使い方によってはマイルよりもお得に航空券をゲットすることもできます!

      また、マイルだと繁忙期に航空券が取れない、という壁があります。

      しかしANAスカイコインにはその壁がないため、お得に使いたい時だけではなく、とにかく航空券を発券したい時に活用してみてください。

      目次
      閉じる