|・ω・)ノ 再訪問は【マイルの聖書】で検索!

マイルの聖書

マイルの貯め方

ANAマイルを貯める方法が驚くほどわかる解説2019年版!クレジットカードを使った方法から裏技まで紹介

更新日:

そもそもマイルとは?どうやって貯めるの?

航空券をお得に旅行できたり、座席アップグレードで優雅に旅行ができる「ANAマイル」

魅力的なことはわかっていても細かいルールや貯め方がややこしくて避けてしまいがち。

僕自身もマイルの存在をずっと知っていたものの、貯め始めたのは3年前です。

今となってはANAマイルを20万マイル(ハワイ5往復分!)ほど保有していて、お得に旅行を楽しんでいます。

貯めたANAマイル数

たくさん旅行に行けて嬉しいのですが...「もっと早く知りたかった...!」というのが本音です。

実はANAマイルはふだんの生活でコツコツと貯めることが出来て、年イチで国内旅行をする分のマイルくらいなら貯まるからです。

ところで今回は、ANAマイルの貯め方についてわかりやすく解説します。ANAカードなどのクレジットカードを使った正攻法から、陸マイラーが使っている裏技(ポイントサイトの活用)まで紹介します。

そもそもマイルとは?どうやって貯めるの?

マイルをややこしくしている要因に「用語」がありますのでまず整理します。

マイルとは航空会社が行なっているポイント制度で貯めるポイントのことです。

なのでANAマイルはANAが行なっているポイントプログラムのポイントです。

またポイントプログラムのことをマイレージと呼びます。ANAのポイントプログラムはANAマイレージクラブです。AMCと略されることもあります。

ANAマイルを貯めるにはANAマイレージクラブ(AMC)に加入する

ANAマイルを貯めるにはANAマイレージクラブ(AMC)に加入する

ポイントを貯めるにはポイントプログラムへの加入が必要なように、ANAマイルを貯めるためにはANAマイレージクラブ(AMC)に加入しなければいけません。

ANAマイレージクラブに加入する方法としては以下の2つがあります。

  1. インターネット経由でAMCに申し込む
  2. ANAが発行するクレジットカードに申し込む

ANAカードを発行して一緒にAMCに加入するのがおすすめ。

ANAカードを持っているだけで入会ボーナスや継続ボーナスでANAマイルをもらうことができたり、飛行機に乗った時にはボーナスマイルをもらうことができるからです。

>>ANAカードを探す

ANAマイルを貯めたらビジネス・ファーストクラスも夢じゃない!

ANAマイルがあったらビジネス・ファーストクラスも夢じゃない!

ANAマイルを特典航空券(マイルを使って発券する航空券)と交換してお得に旅行できるのはもちろんのこと、たくさん貯めることでビジネスクラスやファーストクラスという夢のような体験も射程範囲に入ってきます...!

参考:航空券?ホテル?現金化?ANAマイルのお得な使い方・使い道とその手順を全まとめ

是非ともANAマイルの貯め方をマスターしてこれからの旅行を楽しく、優雅な旅行にしてください!

ANAマイルの貯め方

ANAマイルの貯め方

ここからはANAマイルの貯め方について具体的に説明します。

ひとことに「ANAマイルの貯め方」といってもその方法はいくつもあります。

  1. 飛行機に乗ってANAマイルを貯める
  2. クレジットカードを使ってANAマイルを貯める
  3. ポイントサイト(ハピタス)でANAマイルを貯める
  4. ホテル宿泊でANAマイルを貯める
  5. 電子マネーのチャージ・利用でANAマイルを貯める
  6. 税金支払い(ふるさと納税)でANAマイルを貯める

ひとつずつ説明します

1.飛行機に乗ってANAマイルを貯める

飛行機に乗ってANAマイルを貯める

飛行機に乗ることでマイルが貯まるのは誰しも知っていることだと思います。

どの飛行機に乗るとANAマイルが貯まるのか、どのくらいANAマイルが貯まるのか、説明します。

ANAマイルを貯めるにはANAグループ便もしくは提携航空会社

どの飛行機を利用してもANAマイルが貯まるということはありません。

例えばJAL便を利用してANAマイルを貯めることはできません。

飛行機搭乗でANAマイルが貯まるのはJALグループ便か提携航空会社を利用したときです。

ANAはスターアライアンスという航空連合に属しているので以下の航空会社利用時にANAマイルを貯めることができます。

+ スターアライアンス加盟航空会社一覧

  • アドリア航空
  • エーゲ航空
  • エア・カナダ
  • エアチャイナ(中国国際航空)
  • エアインディア
  • ニュージーランド航空
  • ANA(全日空)
  • アシアナ航空
  • オーストリア航空
  • アビアンカ ブリュッセル航空
  • コパ航空
  • クロアチア航空
  • エジプト航空
  • エチオピア航空
  • エバー航空
  • LOT ポーランド航空
  • ルフトハンザ航空
  • スカンジナビア航空
  • 深セン航空
  • シンガポール航空
  • 南アフリカ航空
  • スイス インターナショナル エアラインズ
  • ポルトガル航空
  • タイ国際航空
  • トルコ航空
  • ユナイテッド航空
  • アビアンカ・エルサルバドル

航空会社は独自のポイント制度を導入しておりそれぞれでマイルを発行しています。

そのためANA以外の航空会社の飛行機を利用したときにANAマイルを貯めたい場合は、チェックインカウンターで「ANAマイルをつけてください」と頼むか、搭乗後にANAのホームページで事後登録の手続きをしましょう。

飛行機搭乗で貯まるANAマイルの計算方法

飛行機に乗ったときにもらえるJALマイル数は以下の計算式で算出されます。

「フライトマイル」=「区間マイル」×「利用運賃の積算率」

区間マイルは片道当たりのマイル(距離)です。

積算率は利用したクラス(グレード)によって変わる値であり、エコノミークラスよりもファーストクラス、格安料金より正規料金の方が積算率が高くてJALマイルが貯まります。

試しに以下の【東京〜那覇・エコノミークラス・早割】という条件でどのくらいJALマイルが貯まるのか計算してみます。

区間マイルが984であり積算率が75%なので、上記の条件で貯まるANAマイルは「738マイル」です。

東京〜沖縄のエコノミークラス(早割チケット)で738マイルなので出張族でもない限りなかなか飛行機でマイルを貯めることは難しいといえます。

飛行機でマイルを貯める
飛行機に乗ったらどれだけマイルが貯まる?初めての貯め方から保管方法までをわかりやすく解説

出張で飛行機に乗るからマイルを貯めたい! 帰省で飛行機を使うからマイルを貯めたい! 海外旅行に行くからマイルを貯めたい! 飛行機に乗ったらマイルが貯まることは知っていても 実際にどのように貯めたらいい ...

続きを見る

飛行機搭乗後に事後登録でANAマイルを加算する(貯める)

ANAマイルの事後登録と期限は?

もしも航空券を予約するときや、チェックインカウンターでANAマイルをもらい忘れてしまった場合は、Webで事後登録が可能です。

ANAマイルの期限は搭乗後翌日午後以降〜6カ月以内と余裕がありますが忘れないうちに済ませるように心掛けましょう!

ANAマイルの事後登録と期限は?
ANAマイルの事後登録と期限は?国内線〜国際線(提携航空会社)まで全まとめ

ついつい飛行機に乗るときにマイルをもらうのを忘れてしまった...事後登録するのに期限とかってどうなってるの? ということはないでしょうか? ぼくはこのようなことが1回あって「うわ〜マイルもらえないのか ...

続きを見る

2.クレジットカードを使ってANAマイルを貯める

ANAマイルを貯めるときのクレジットカードの選び方とオススメのカード4選

飛行機以外でANAマイルを貯めるならクレジットカードを使ってふだんの買い物で貯めるのがオススメです。

後述するANAマイルが貯まりやすいクレジットカードをお店での買い物やネットショッピングで利用すると効率的にANAマイルが貯まり、年に1度のペースで国内旅行ができるくらいは貯まります。

もしもたくさんクレジットカードを利用するなら年に1度のペースで海外旅行ができるかもしれません。一般的な社会人だとしても2年も貯めればハワイなどに旅行することも可能です。

普段の生活でマイルを貯めて、航空券代を無料にして旅行する人は多いですよ!

もう悩まない!ANAマイルを貯めるときのクレジットカードの選び方とオススメのカード4選
おすすめのANAカード決定版2019!18種類のANAカードから現役の陸マイラーが厳選してオススメを紹介!

ANAマイルを貯めるときに持つべきクレジットカードがわからない! クレジットカードは種類が多く、自分自身にぴったりのカードを見つけるのは難しいですよね・・・ ANAカードに絞ったとしても、20種類以上 ...

続きを見る

3.ポイントサイト(ハピタス)を使ってANAマイルを貯める

ポイントサイト(ハピタス)を使ってANAマイルを貯める

もしかするとポイントサイトと聞いて「?」状態かもしれません。

ポイントサイトとはお小遣いサイトのようなものです。

アンケートに答えたり掲載されている商品を取り寄せたりすることでポイントをもらうことができ、そのポイントを現金化することができたり、ANAマイルに交換することもできます。

怪しい!と感じるかもしれませんので仕組みを説明してみます。

  1. 企業は商品やサービスの宣伝等をしてもらうために、ポイントサイトを利用して広告を出す
  2. ポイントサイトを通じて、商品購入やサービス利用をした人がいた場合、企業はポイントサイトに報酬を支払う
  3. ポイントサイトは、企業から得た報酬の一部を、商品購入やサービス利用をした人にポイントとして還元する

つまり、企業は効率的に広告を出すことができ、利用者はポイント還元をもらえ、ポイントサイトは差額分の儲けが出る、というように三者が得をする仕組みになっているわけです。

当サイトでANAマイルを貯めるためにオススメしているポイントサイトはハピタスというポイントサイトです。

ハピタス(ポイントサイト)を使ってマイルを貯める

ポイントサイトを活用すると1年間で20万ANAマイル(還元率1%のクレカで2,000万円決済相当!)も貯めることができるため陸マイラーはこぞって取り組んでいます。

ポイントサイトでANAマイルを貯める方法は「ANAマイルをポイントサイトで貯めよう!安全&オススメ案件から交換方法まで超わかりやすく解説」で解説しています。

ANAマイルをポイントサイトで貯めよう!
ANAマイルを貯める最強の方法2019!ポイントサイト(ハピタス)を使って大量にマイルを貯めよう

マイルはなかなか貯めらないなか、爆発的に貯める方法がひとつあります。 それがポイントサイト(お小遣いサイト)の活用です。 ポイントサイトはちょこちょことポイントを集めるイメージがあるため面倒がる人が多 ...

続きを見る

4.ホテル宿泊でANAマイルを貯める

ホテル宿泊でANAマイルを貯める

ホテルの宿泊でもANAマイルを貯めることができます。以下の2パターンです。

  • 提携ホテルに宿泊
  • 宿泊予約

ほとんどのホテル宿泊でANAマイルが貯まるので要チェックです。

ANAとの提携ホテルに宿泊してマイルが貯まるケース

ANAとの提携ホテルに宿泊してマイルが貯まるケース

ANAと提携しているホテルに宿泊は、1滞在あたり●●●マイル、1円ごとに●マイルというようにもらえるマイル数が設定されています。

もしもホテル宿泊の機会も逃さずにANAマイルが貯めたい場合には、是非ANAと提携しているホテルから宿泊先を選んでみてはいかがでしょうか?

参考:ANAと提携しているホテル一覧(公式サイト)

宿泊予約してマイルが貯まるケース

宿泊予約してマイルが貯まるケース

ホテル宿泊でANAマイルを貯めたいけど泊まりたいホテルが提携してなかった...というときにはホテル予約サイト経由でANAマイルを貯めるのをおすすめします。

じゃらんnetや楽天トラベル、エクスペディア、Booking.comなどをはじめ、たくさんのホテル予約サイトでANAマイルをもらうことができます!

参考:ANAマイルが貯まるホテル予約サイト一覧(公式サイト)

5.電子マネー(iD・楽天Edy)のチャージと利用でANAマイルを貯める

電子マネーのチャージと利用でANAマイルを貯める

ANAカードの中でも三井住友カードが発行しているカードには電子マネー「iD」の機能があり、ふつうにカードを使った時のようにポイントが貯まります(そのポイントをANAマイルに交換可能)

楽天Edyでも200円ごとに1マイルを貯めることができますが、楽天Edyが使えるところではANA VISA カードを使えることがほとんどなので、とくに利用する機会はなさそうです。

6.税金支払い(ふるさと納税)でANAマイルを貯める

税金支払い(ふるさと納税)でANAマイルを貯める

ふるさと納税で地区によっては寄附のお礼としてANAマイルをもらうことができます。寄附金額100円につき1マイルをプレゼントなので還元率も申し分無し。

税金支払い(ふるさと納税)でANAマイルを貯める

さらに納税の支払いをクレジットカードで行うことができ、陸マイラーに人気なANA VISAワイドゴールドカードで支払った場合だと追加で最大100円ごとに1.65マイル(少なくとも1マイル)貯まります。

つまり、10,000円納税すると265マイルもらうことができるため、なんと還元率2.65%です。

年収400万円でお子さんが1人の家庭で25,000円ほど納税できるため、ANAマイルを貯めている方はふるさと納税を活用してみてはいかがでしょうか?

参考:ANAのふるさと納税(公式サイトへ)

ANAマイルが貯まりやすいクレジットカードまとめ

ANAマイルを貯める方法はいくつもありますが基本となるのはクレジットカードの活用です。この記事では厳選した以下の4枚のクレジットカードを紹介します。

  1. ANAマイルを貯めてみたい
    >>ソラチカカード
  2. 陸マイラーのようにザクザクとANAマイルを貯めたい
    >>ANAワイドゴールドカード
  3. 貯めるマイルをANAマイルだけに絞れない
    >>スカイトラベラー
    >>SPGアメックス
  4. 学生の場合
    >>ANA一般カード(学生用)

ソラチカカード

ソラチカカードの公式サイトはコチラ

通常還元率1.0%で空(飛行機)でも地下(東京メトロ)だとさらにマイルが貯まる「ソラチカカード」

ANAと東京メトロがコラボした、空(ソラ)でも地下(チカ)でもマイルが貯まるANAカードです。

ふだんのショッピングで還元率1.0%(10マイルコース選択時)と高還元率なのに加えて、PASMOオートチャージでマイルが貯まり、さらにAmazonや楽天市場、ヤフーショッピングなら還元率1.45%も実現できるクレジットカード

>>このカードについてもっと詳しく見る
>>申し込みはこちら(公式サイトへ)

ANAワイドゴールドカード

ANA VISA ワイドゴールドカード

ANA ワイドゴールドカードの公式サイトはコチラ

最大還元率1.648%なのに年会費が10,000円以下のコスパ抜群な「ANA VISA ワイドゴールドカード」

ANAマイルをザクザク貯めている「陸マイラー」に御用達の1枚。

最大還元率1.648%(通常1.0%)とかなり高還元率に関わらず、年会費9,500円(割引後)と、とにかくコスパ抜群のクレジットカードです。

>>このカードについてもっと詳しく見る
>>申し込みはこちら(公式サイトへ)

スカイトラベラーカード

スカイトラベラーカードの公式サイトはコチラ

還元率1.0%でマイルの有効期限を気にせずにコツコツ貯められる「スカイトラベラーカード」

通常還元率1.0%と高還元率であり、さらに航空券の購入時には還元率3.0%と驚異のポイント還元があるので、飛行機によく乗る人にオススメの1枚。

カード利用で貯まるポイントは有効期限が無期限であり、ANAをはじめ15の航空会社のマイルに交換できる万能なクレジットカード。

>>このカードについてもっと詳しく見る
>>申し込みはこちら(公式サイトへ)

SPGアメックスカード

SPGアメックスカード

SPGアメックスカードの公式サイトはコチラ

還元率がなんと1.25%でありさらにANAマイルの有効期限を気にしなくてよい優れたクレジットカードであり今一番人気沸騰しています。

マリオットホテルやリッツカールトンなどの高級ホテルの上級会員になることができ、さらにそのような高級ホテルに毎年1泊無料宿泊できる特典まで付帯。

年会費は31,000円ですが、無料宿泊の特典で回収でき、さらにゴールドカード級のカード特典を受けることができるのでおすすめの一枚です。

>>このカードについてもっと詳しく見る
>>申し込みはこちら(公式サイトへ)

ANA一般カード(学生用)

学生がマイルを貯めるのにおすすめなANA学生カード

ANAカード(学生用)の公式サイトはコチラ

学生でANAマイルを貯めようと思っているなら、ANAカード(学生用)を選ぶのがおすすめ。

年会費無料でありANAマイル還元率も1.0%をはじめ、学生が優遇された特典が盛りだくさんです。

>>このカードの詳細はこちら
>>このカードの申し込みはこちら

ANAマイルを貯めるときの注意点やデメリット

ANAマイルを貯めるときの注意点やデメリット

ANAマイルは有効期限がある

ANAマイルを貯める最大の壁は「有効期限」があることです。

ANAマイルの有効期限は加算されてから3年後の月末。

たとえば2019年2月1日に加算されたANAマイルの有効期限は、2021年2月末になります。

コツコツと貯めたのに有効期限で失効してしまう可能性があるのは悲しいですがJALマイルを貯める上では仕方のないことです。

参考:ANAマイルの有効期限が切れる!緊急性のあるときの使い方とマイルが失効しないための応急処置を解説

マイルの有効期限を気にしない方法もある

マイルの有効期限を避けながらANAマイルを貯める方法もあるので紹介します。

ANAマイルが貯まる流れには「直接JALマイルが貯まるパターン」「ポイントをANAマイルに交換するパターン」の2つがあります。

飛行機に乗ったときには直接ANAマイルが貯まってしまうため有効期限への対策はできませんが、クレジットカードを使った方法ではANAカード以外のクレジットカードを選べば有効期限の壁を避けられます。

ちなみにANAカードを利用したときには直接ANAマイルが貯まりません。

たとえば陸マイラーで1番のANA VISAワイドゴールドカードは、利用ごとに「ワールドプレゼント」というポイントがもらえて、そのポイントをANAマイルに交換します(この場合の有効期限はワールドプレゼントが2年、ANAマイルに交換後3年)

他にもSPGアメックスカードスカイトラベラーというクレジットカードだと利用ごとにスターポイント・メンバーシップリワードポイント(有効期限なし)が貯まり、自分の好きなタイミングでANAマイルに交換できます。

このように保有するクレジットカードによっては有効期限を気にせずにコツコツ貯めることができますよ。

以下の記事では「ANAマイルの有効期限を気にしなくていいクレジットカード」も合わせてANAマイルを貯めるのにオススメなクレジットカードを紹介しています。

>>もう悩まない!ANAマイルを貯めるときのクレジットカードの選び方とオススメのカード4選

ANAの特典航空券は人気なので予約が少し難しい

せっかくANAマイルを貯めても予約できない!ということが起こり得ます。

これはマイルで予約できる座席数が制限されており、一般的な休みの日に予約が集中するためです。

対策として貯めたマイルをANA SKYコインという、航空券購入や燃油サーチャージなどに充てることができるANAのポイントに交換して航空券購入に使う方法があります。

陸マイラーが大量のANAマイルを貯める裏技について

陸マイラーが大量のANAマイルを貯める裏技について

ネットでANAマイルの貯め方について調べていると「裏技」「大量に貯める方法」などのコンテンツがたくさん出てくると思います。

僕自身マイルの貯め方を調べていた時に「やたらみんな紹介してるけど、なに?!」と最初は困惑しました(笑)今となってはぼくもその裏技を使っているひとりです。

現在保有しているANAマイル数

ポイントサイトを利用することで年間20万JALマイルという桁違いのマイルを獲得することもできます。

飛行機に乗ったりクレジットカードを使ってJALマイルを貯める正攻法だと、平均的な人でせいぜい4万JALマイルほどなので、文字通り桁違いです。

エコノミーだとハワイ5往復分でありビジネスクラスに止まらずファーストクラスも利用出来るほどのマイル数なので裏技と呼ばれるのにも納得せざるを得ません(笑)

陸マイラーがこぞってポイントサイトを紹介している理由は?

陸マイラーの方々がブログでポイントサイトでJALマイルを貯める方法を紹介しているのは、純粋に魅力を知ってもらいたいというのが大きいと思います。

ごくごく一般的な人でも大量のマイルを貯めてビジネスクラスやファーストクラスなど夢のような体験ができますからね!

JALマイルでエミレーツ航空

こちらはJALマイルを使ってエミレーツ航空のビジネスクラスに登場したときの写真です。エコノミークラスとは快適さが違いすぎました...

また、ポイントサイトを第三者に紹介することで自分自身にポイントが入りANAマイルを貯めることができるというのも理由のひとつです。

僕自身、ブログで紹介してくださっている方々のおかげでたくさんのマイルを貯めることができて感謝してもしきれない恩があります。有益な情報を教えその対価としてポイントを得ているのでWin-Winの良い関係になれていたと思っています!

陸マイラーのように大量のANAマイルを貯めるなら裏技を使おう!

エミレーツ航空のビジネスクラスのスパークリングワイン

20万ANAマイルなど大量のマイルを貯めるのにはポイントサイトが一番です。

家族でハワイ旅行に行きたい、ビジネスクラス・ファーストクラスを体験してみたい、を叶えてくれます!

当サイトでもポイントサイトを使ってたくさんのANAマイルを貯め方をわかりやすく解説した記事を用意していますので是非あわせてお読みください。

>>ANAマイルをポイントサイトで貯めよう!安全&オススメ案件から交換方法まで超わかりやすく解説

ANAマイルをポイントサイトで貯めよう!
ANAマイルを貯める最強の方法2019!ポイントサイト(ハピタス)を使って大量にマイルを貯めよう

マイルはなかなか貯めらないなか、爆発的に貯める方法がひとつあります。 それがポイントサイト(お小遣いサイト)の活用です。 ポイントサイトはちょこちょことポイントを集めるイメージがあるため面倒がる人が多 ...

続きを見る

ANAマイルの貯め方についてのFAQ

ANAマイルの貯め方についてのFAQ

初心者がANAマイルを貯めるにはまず何をすべき?

初心者がANAマイルを貯め始めるなら、まずはANAカードを発行してふだんのショッピングでコツコツとANAマイルを貯めるのがおすすめです。

もう悩まない!ANAマイルを貯めるときのクレジットカードの選び方とオススメのカード4選

カードさえ使っていれば自動的にANAマイルが貯まりますし、ANAグループ便や提携航空会社を利用したときも(気づかぬうちに)ボーナスでANAマイルがもらえたりします。

ANA一般カード(ノーマルカード)なら初年度無料で保有することができるので、1年間お試して使ってみつつANAマイルについて学んでみてはいかがでしょうか?

初年度無料のANAカードでお試し

>>ANAカードの詳細はこちら(公式サイト)

家族で協力してANAマイルを貯めることはできますか?

ANAマイルは2親等までだとマイルを共有することができるため、家族で協力して貯めることが可能です。

ANAマイルを共有できるようになるためにはいくつかの条件があるので以下の記事を参考にしてみてください。

参考:ANAマイルは家族や友人に譲渡できる?譲渡の仕方と裏技をわかりやすく解説!

ANAマイルとJALマイルを一緒に貯められますか?

JALマイルとANAマイルは一緒に貯めることができますが、おすすめはできません。

たとえばマイルでバンコク(必要マイル数:3万マイルとします)に行きたいとします。

ANAのマイルが2万マイル・JALのマイルが2万マイルあっても航空券は獲得できませんが、ANAマイルが4万マイルやJALマイルが4万マイルあるとバンコク行きの航空チケットをマイルで獲得できるからです。

分散させてしまうと、特典航空券(マイルを使って発券する航空券)までのハードルが上がってしまうため、JALかANAに絞りましょう。

ANAマイルを国外(海外)の航空会社でも利用できますか?

ANAはスターアライアンス という航空連合に属しているため提携航空会社があります。それらの航空会社にANAマイルを使って搭乗することができます

+ スターアライアンス加盟航空会社一覧

  • アドリア航空
  • エーゲ航空
  • エア・カナダ
  • エアチャイナ(中国国際航空)
  • エアインディア
  • ニュージーランド航空
  • ANA(全日空)
  • アシアナ航空
  • オーストリア航空
  • アビアンカ ブリュッセル航空
  • コパ航空
  • クロアチア航空
  • エジプト航空
  • エチオピア航空
  • エバー航空
  • LOT ポーランド航空
  • ルフトハンザ ドイツ航空
  • スカンジナビア航空
  • 深セン航空
  • シンガポール航空
  • 南アフリカ航空
  • スイス インターナショナル エアラインズ
  • TAP ポルトガル航空
  • タイ国際航空
  • トルコ航空
  • ユナイテッド航空
  • アビアンカ・エルサルバドル

スターアライアンスは世界最大の航空連合であり、28社加盟しており192カ国(1330空港)で就航しています。

また、中には使えない場合もあるので注意してください。たとえば、以下の場面ではANAマイルで特典航空券を発券することができません。

  • シンガポール航空のファーストクラス
  • スイスインターナショナルエアラインズのファーストクラス

まとめ:さあ、ANAマイルを貯めよう!

以上、ANAマイルの貯め方の解説でした。

ボリュームがある内容ですがこれだけ読んだもらえたら「ANAマイルの貯め方」はイメージでき、早速貯め始めることができるのではないでしょうか?

ANAマイルを貯めたいという方は是非このページをブックマークして定期的に読んで知識をつけてもらえると嬉しいです^ ^

ANAマイルの貯め方はややこしい部分もありますが一度貯め方を覚えてしまえばとくに労力をかけることなくザクザクと貯めて旅費をお得にできます。

是非家族でお得に海外旅行をしたり、そしてビジネスクラスやファーストクラスを体験してみてください!

ANAマイルの貯め方の整理

-マイルの貯め方
-,

Copyright© マイルの聖書 , 2019 All Rights Reserved.