シンガポール航空のマイル・マイレージ事情!ANAマイルとクリスフライヤーマイルはどっちを貯めるべき?!

更新日:

イギリス・スカイトラックス社による航空会社の格付けで実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World's 5-Star Airlines)」の認定を得ているシンガポール航空

今回はシンガポール航空のマイルに焦点を当てて

  • シンガポール航空の飛行機にお得に乗るには、どのような方法があるのか?
  • 効率的にマイルを貯めるならどんな貯め方が有効なのか?

などについて解説していきます。

シンガポール航空の基本情報

シンガポール航空のマイル事情

まずはシンガポール航空の基本情報を説明します。シンガポール航空はシンガポールの航空会社であり、チャンギ空港がハブ空港となって、世界中の空を飛んでいます!

名称 シンガポール航空
公式サイト http://www.singaporeair.com/
航空会社コード SQ
国・地域 シンガポール
ハブ空港 シンガポール・チャンギ国際空港
設立年月日 1947年

シンガポール航空はスターアライアンス

シンガポール航空はANAと同じスターアライアンスに属しています。

▼スターアライアンスに属する航空会社タイ航空はANAと同じスターアライアンス

なのでANAマイルを貯めてシンガポール航空の特典航空券を発券することができたりと、マイルの相互利用ができます。

参考記事アライアンスはマイルを貯める上で理解しておくべき重要項目!海外の航空会社のマイルを貯めたいなら必読!

ここで大切なことがあります。

それはシンガポール航空の特典航空券を獲得するために、シンガポール航空のマイルを貯めるかスターアライアンス (ほぼANA一択)のマイルを貯めるか、決める必要があることです。

どちらが最適なのかは、その人によって変わってきます。

結論からいうと90%以上の場合はANAのマイルを貯めることをおすすめしますが、ビジネスクラス・ファーストクラスに乗りたい場合にはシンガポール航空のマイルを貯める必要があります。

理由をこれから紐解いていきます。

マイレージプログラム「クリスフライヤー」とは?

ANAのマイレージプログラムはANAマイレージクラブ、JALのマイレージプログラムはJALマイレージバンクという名前があります。

それぞれのプログラムでのポイントがANAマイル、JALマイルであり、ANAやJALと同じように、シンガポール航空にもマイレージプログラム名があり、それがクリスフライヤーです。

航空会社の名称とマイレージプログラムの名称が違い、ややこしいので注意が必要です。

クリスフライヤーの登録はこちら

シンガポール航空にマイルを使って乗るには・・・

シンガポール航空にマイルを使って乗る

シンガポール航空にマイルを使って乗るには、以下の2パターンが考えられます。

  • クリスフライヤーのマイルを貯める
  • スターアライアンス(ほぼANA一択)のマイルを貯める*

※ANA以外のスターアライアンス加盟の航空会社などのマイルでも可能な場合がありますが、当記事ではANAマイルの場合で解説します

クリスフライヤーのマイルを貯めれば、エコノミークラスからファーストクラス(スイートも含む)まで発券が可能です。

しかし、ANAマイルの場合だと、場合によってはビジネスクラス・ファーストクラスが発券できないのです。

どういうことか?

シンガポール航空の次の機種(A350-900、A380-800、B777-200ER (retrofitted)、B777-300ER)ではスイートクラス・ファーストクラス・ビジネスクラスでの特典航空券での予約はできません。

引用:提携航空会社特典航空券

実はシンガポール航空の上級クラスはANAマイルでは予約ができなくて、シンガポール航空のマイレージプログラム「クリスフライヤー」のマイルを貯める必要があります。

ANAマイルでのシンガポール航空特典航空券の予約は、

  • スイートクラス予約不可(A380のみスイートクラス導入)
  • ファーストクラス予約不可
  • ビジネスクラス一部の古い機材(A330等)のみ予約可

という状況なので、上級クラスにマイルを利用した特典航空券で搭乗したい場合は「クリスフライヤーのマイル」を貯めるしかありません。

シンガポール航空を利用するときの必要マイル数

今回は日本発のみ、必要マイル数を見ていきます。ANAマイルを使ったほうが、圧倒的にお得です。

しかし、シンガポール航空の次の機種(A350-900、A380-800、B777-200ER (retrofitted)、B777-300ER)では、スイートクラス・ファーストクラス・ビジネスクラスでの特典航空券での予約はできませんのでご注意ください。

海外発着の場合は実際にシンガポール航空の公式サイトの予約フォームよりご確認ください。面倒な場合は日本語デスク(03-3213-3431)に電話するほうがスムーズかもしれません。

ANAマイルを使う場合

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

出発地 - 目的地 国・地域 必要マイル数
福岡 - シンガポール シンガポール 30,000(エコノミー)
60,000(ビジネス)
105,000(ファースト)
東京・羽田 - シンガポール シンガポール
大阪・関西 - シンガポール シンガポール
名古屋・中部 - シンガポール シンガポール
成田 - シンガポール シンガポール

参考:提携航空会社特典航空券(ANA公式サイト)

クリスフライヤーマイルを使う場合

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

出発地 - 目的地 国・地域 必要マイル数
福岡 - シンガポール シンガポール 50,000(エコノミー)
86,000(ビジネス)
130,000(ファースト)
東京・羽田 - シンガポール シンガポール
大阪・関西 - シンガポール シンガポール
名古屋・中部 - シンガポール シンガポール
成田 - シンガポール シンガポール

参考:マイル計算ツール(シンガポール航空公式サイト)

クリスフライヤーのマイルは実質無期限&購入できる?!

クリスフライヤーマイルの有効期限は原則3年間です。

しかしオンラインで1,200円(or 12ドル)、オフラインで2,000円(or 20ドル)の手数料を払うことで、1回につき6ヶ月間の延長が可能です。

さらに特典航空券は、会員本人を含む家族・友人5人までを指名して共有でき、交換に必要なマイルの70%以上を所有している場合は、1,000マイル=40米ドル(または自国通貨相当額)で購入することも可能なのです。

シンガポール航空を利用するためのマイルを貯める

シンガポール航空を利用するためにマイルを貯めるならANAマイルがおすすめです。

しかしビジネスクラスやファーストクラスを利用する場合にはクリスフライヤーのマイルが必要です。

もしもマイルを使ってビジネスクラスやファーストクラスを利用したい場合には「SPGアメックスカード」のように貯めたポイントをシンガポール航空のマイルに交換する方法をおすすめします。

ANAマイルを貯める場合

クリスフライヤーマイルを貯める場合

クリスフライヤーのマイルを貯める方法は、フライトマイルとクレジットカード利用の2種類あります。

フライトマイルは「スカイトラベラーカード」を持っていると効率よく貯まる!

フライトマイルはシンガポール航空をはじめスターアライアンスの飛行機に乗ることで貯まります。

そんなときにスカイトラベラーカードを持っているとかなり効率よくフライトマイルを貯めることが可能です。

マイル初心者にオススメのスカイトラベラーカード

スカイトラベラーカードの公式サイトはこちら

ブランド AMEX
年会費 10,800円
マイル還元率 1%~最大3.0%
(対象航空券購入時)
海外旅行傷害保険 3,000万円
(自動付帯)

スカイトラベラーカードは飛行機を購入するときのカード決済に使うと、かなりたくさんのポイントをもらうことができるクレジットカードなのです。

なんと100円決済ごとに3マイル相当のポイントが得られます。つまり還元率がなんと3%!

このスカイトラベラーカードの3%は、ゴールドカードなどと比べても高還元率でありフライトマイルがトップクラスに貯まります。

また、貯めたポイントは15*の航空会社のマイルに交換することができます。

※15の航空会社には、ANAやJAL、そしてシンガポール航空も含まれています

>>このカードの詳細はこちら
>>このカードの公式サイトはこちら

シンガポール航空に特化したクリスフライヤーVISAカード

ふだんのショッピングをクレジットカード決済することにより、直接クリスフライヤーマイルを貯めることができるカードがあります。

シンガポール航空のマイルを貯めるカード

シンガポール航空のマイルを貯めるカード

クリスフライヤーカードの公式サイトはこちら

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

カード名 一般カード ゴールドカード
年会費 2,500円
初年度無料
初年度:10,000円
次年度以降:15,000円
還元率 1.0% 1.0%
付帯保険
サービス
海外旅行障害保険
→最高3,000万円
ショッピングガード保険
→最高100万円(海外)
海外旅行障害保険
→最高1億円
国内旅行傷害保険
→最高5,000万円
ショッピングガード保険
→最高300万円(国内・海外)

貯めるマイルをクリスフライヤーだけに絞ると他の航空会社を利用したくなったときに不便です。

もしもシンガポール航空だけに特化したいならありですが、ANAなど他のスターアライアンス加盟航空会社も視野に入れているならおすすめ出来ません。

>>クリスフライヤーカードの公式サイトはこちら

クレジットカードでシンガポール航空のマイルを貯めるならSPGアメックスがおすすめ

SPGアメックスカード

SPG AMEXの公式サイトはこちら

ブランド AMEX
年会費 31,000円
マイル還元率 最大1.25%
(通常1.0%)
旅行保険 海外:最高1億円
国内:最高5,000万円
ポイント有効期限 無期限

SPGアメックスカードはマイル還元率が1.25%とクリスフライヤーJCBカードよりも高還元率。

さらにクリスフライヤーだけではなく、ANAやJALをはじめ35の航空会社のマイルに交換可能なのです

そしてSPGアメックスカードは利用するごとにスターポイントというポイントが貯まるのですが、このスターポイントには有効期限がないため、実質無期限でマイルを貯められます。

僕も保有しており現在メインカードとして使っています。

SPGアメックスカード

自分の好きなタイミングで35以上もの航空会社のマイルに交換できるのですごく気に入っています。

>>SPGアメックスをもっと知りたい場合はこちら
>>SPGアメックスカードの公式サイトはこちら

さあ、シンガポール航空をマイルで乗ろう!

シンガポール航空は世界でもトップクラスの航空会社。憧れを持つ人も多いはずです。

是非マイルを貯めてお得に利用して優雅な空の旅を楽しんでください。

マイルを貯めるのにはシンガポール航空への近道である「SPGアメックスカード」がおすすめです。

-航空会社毎のマイレージ事情
-

Copyright© マイルの聖書 , 2019 All Rights Reserved.