おすすめのJALカード決定版2019!20種類のJALカードから現役の陸マイラーが厳選&比較してオススメを紹介!

更新日:

最新!当サイトで申込数の多いJALマイル向けカード
1.JALカード【5ヶ月連続No.1!】
2.SPGアメックスカード
3.セゾンプラチナ・ビジネス

※クリックすると当記事内の該当箇所にスキップします。

オススメのJALカード


「自分にぴったりなJALマイルが貯まるカードはどれなの?!」

「JALカードよりもJALマイルが貯まるカードがあるって聞いたんだけど・・・」

クレジットカードを活用してJALマイルを貯めようと思っても、JALカードはグレードが4種類あり、さらにそれぞれのグレードで提携カードが多くて8種類あり、合計で20種類以上。

なのでJALカードを選ぶのはとても大変に思えますよね。

しかも厄介なのが、「このJALカードを発行しておけばOK!」という最高の一枚はなく、「自分にぴったりのJALカード」は本当に人それぞれ・・・。

たとえば、以下の2パターンでは、持つべきカードが異なります。

  • 出張でJAL便をよく利用するからJALカードが欲しい!
  • ふだんのショッピングなどでJALマイルを貯めたいからJALカードが欲しい!

人によって選ぶべきカードが違うので、しっかりと調べて自分にぴったりのJALカードを見つけたいですよね。

長くても10分、この記事にお付き合いいただければ「自分にぴったりのJALカード」が見つけられますので、ぜひ参考にしてください。

また、JALマイルを貯めるのにおすすめなカードがJALカード以外にもあるので、JALカードの選び方を説明したあとで紹介します。

ふだんのショッピングにおいてJALカードよりもJALマイルが貯まりやすいカードがあるのです!

\JALマイルを貯めるのに発行した3枚のカード/
JALマイルを貯めるのにおすすめなクレジットカード

僕自身、ライフスタイルなどの変化からJALマイルを貯めるカードを3枚発行した経験があります。
なのでその体験談も混ぜつつ、それぞれのカードのメリットだけでなくデメリットもお伝えします。

ちなみに適切にカードを選びば、思った以上にマイルを貯めることは可能であり、1~2年に1度くらいのスパンでハワイに行けるほどのJALマイルを貯めることも出来ます!

JALマイルを貯めてハワイ旅行

さらにはビジネスクラスやファーストクラスすら手の届く範囲になることも・・・

JALカードを持つことで毎年のように家族でお得に旅行をしたり、優雅にビジネスクラスに乗って旅行をすることも現実になるので、この記事が少しでもメインカード選びの手助けになったら嬉しいです!

それでは、解説していきます!

【結論】JALマイルを貯めるのにおすすめクレジットカードはコレ!

さっそくですが、JALマイルを貯めるのに候補となりうるクレジットカードを紹介します!

先に結論をお伝えしておくと、ショッピングなどでJALマイルを貯めようとしている場合には、JALカード以外のクレジットカードも候補になってきます。

JALマイルを貯めるのにおすすめなクレジットカード

たとえば、SPGアメックスカードというカードは100円利用ごとに1.25JALマイル貯まります。
しかし、JALカードでは基本的に100円利用ごとに1JALマイルです(特約店などをのぞき、通常のマイル還元率)。

つまりJALカードよりもJALマイルが貯まりやすいクレジットカードが存在するわけです!

ちなみにJALカードよりもJALマイルが貯まりやすいカードは、SPGアメックスカードとセゾンカード(3種類)あります。

ふつうに考えると「JALマイルを貯めるならJALカード」と思いそうですが、まさかJALカードよりもJALマイルが貯まるカードがあるとは驚きですよね。

とはいえ、最初からJALカードとSPGアメックスカードなどをごちゃ混ぜにしてカードの選び方を説明するとチンプンカンプンになってしまいます。

なのでまずは、以下を参考に「自分はこのカードかな〜!」という目星をつけてみてください。
だいたいの目星をつけておくと、これからのカード選びがとてもスムーズになります!

※クリックすると当記事の該当箇所に移動します。

  1. これからJALマイルを貯めはじめる
    >>JAL 普通カード
  2. JAL便を年4以上で利用する
    >>JAL CLUB-A ゴールドカード
  3. 普段の買い物などでJALマイルを貯めたい
    >>セゾンプラチナ(+JALカード)
  4. 本気でJALマイルを貯めたい
    >>SPGアメックス(+JALカード)
  5. JALマイルが貯まってコンシェルジュも利用したい
    >>JALプラチナカード
  6. 年会費無料のクレジットカードで貯めたい(初年度のみ)
    >>JAL 普通カード

だいたいこのカードかな〜
みたいなのは目星がつきましたか?

JALカード以外だとSPGアメックスカードとセゾンプラチナが登場しています。
どちらもイチオシのカードなので、ぜひチェックしてみてください。

①マイル初心者でお得にJALマイルを貯めてみたいなら「JAL普通カード」

マイル初心者で少しずつJALマイルを貯めてみたいなら「JAL普通カード」

これからJALマイルを貯め始めたい、というマイル初心者の方におすすめなのが「JAL普通カード

JALカードの中で一番グレードの低い一般カードです。

一番グレードが低いからJALマイルが貯まりづらいのでは...?
と心配するかもしれません。

JAL普通カードは、オプションサービスであるショッピングマイルプレミアム(JALカード保有者の80%が加入)に加入することで、JALマイル還元率1.0%と高還元率を実現できます。
この1.0%という数字は1番グレードの高いJALプラチナカードと同じ数字です。

とはいえ、JAL便を利用したときに貯まるマイルは上位カードである、JALゴールドカードやJALプラチナカードに劣ります。

なので出張や旅行で年間4回以上、JAL便を利用する場合は上位カードを検討しましょう。
逆にJAL便をそれほど利用しない場合には、JAL普通カードで十分です(実際に僕はJAL普通カードを保有しています)。

また、電子マネーと組み合わせることでかなり効率的にJALマイルを貯めることができます!

対応している電子マネーとしては、以下の3種類。

  • Suica
  • WAON
  • PASMO

電子マネーと組み合わせることで、どうして効率的にマイルが貯まるのか?

たとえばWAONでいうと

  • JALカードからWAONにチャージ:
    1.0%還元
  • WAONの利用:
    0.5%還元

という感じで、ポイントの二重取りができるため、ポイント還元が1.5%になります。
SuicaやPASMOも同様の流れで、より多くのJALマイルを貯めることができます。

ところで、ひとことにJAL普通カードと言っても種類が8種類ありますが、おもな違いは対応電子マネーです。

JAL普通カードの種類

JAL普通カードの一部

自分自身が利用する可能性が高い電子マネーに対応したJALカードを選択しましょう。

  • Suica
    →JAL普通カードSuica
  • WAON
    →JAL普通カードTOKYU POINT ClubQ カード
  • PASMO
    →JAL普通カードOP

それぞれの電子マネーに対応したオススメのJAL普通カードは上記の通りです。

初年度年会費無料カードであり、ショッピングマイルプレミアムに加入しても初年度は3,240円で保有でき、JALマイルをしっかり貯められるので、これからJALマイルを貯めたいという方にオススメのカードです!

おすすめポイント
  • 年会費2,200円(初年度無料)とコスト削減できる
  • 還元率1.0%の高還元率(特定オプション)
  • 毎年継続で2,000マイルもらえる
  • JAL便を利用したときに+αでJALマイルがもらえる
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • ノーマルカードなのでステイタス性がない
  • 年4回以上JAL便を利用するならゴールドがオススメ
マイルの聖書(デメリット)

JAL普通カードの詳細はこちら

JAL普通カードの申込みはこちら

※今なら入会キャンペーンで最大1,850マイルもらえます!

▼JAL普通カードのことは以下の記事でまとめています。

②JAL便を年4以上で利用するなら「JAL CLUB-A ゴールドカード」

JAL便を年4以上で利用するなら「JAL CLUB-A ゴールドカード」JAL便を年4以上で利用する方でJALマイルを貯めたいなら「JAL CLUB-A ゴールドカード(以下、JALゴールドカード)」

ショッピングマイルプレミアムに無料加入なので、JALマイル還元率は常時1.0%と高還元率です。
また、JAL普通カードと同様に、電子マネーとの組み合わせで、ザクザクとJALマイルが貯まります(普通カードで紹介したのと同じ原理です)。

対応している電子マネーとしては、JAL普通カードと同じで、以下の3種類。

  • Suica
  • WAON
  • PASMO

電子マネーと組み合わせることで、どうして効率的にマイルが貯まるのか?

たとえばWAONでいうと、

  • JALカードからWAONにチャージ:
    1.0%還元
  • WAONの利用:
    0.5%還元

という感じで、ポイントの二重取りができるため、ポイント還元が1.50%になります。
SuicaやPASMOも同様の流れで、より多くのJALマイルを貯めることができます。

JALゴールドカードは7種類あり、それぞれで対応している電子マネーが違ったりします。

自分自身が利用する可能性が高い電子マネーに対応したJALカードを選択しましょう。

  • Suica
    →JALゴールドカードSuica
  • WAON
    →JALゴールドTOKYU POINT ClubQ カード
  • PASMO
    →JALゴールドOPカード

それぞれの電子マネーに対応したオススメのJALゴールドカードは上記の通りです。

ところでJALゴールドカードはJAL普通カードに比べ、JAL便利用時に貯まるマイルがかなり増えます

入会後搭乗ボーナスマイル、毎年初搭乗ボーナスマイル、フライトボーナスマイルを考えると、年間4回ほどJAL便に乗るのであれば、もらえるマイル数が5,000マイル以上の差にはなり得ます。

6,000マイルあると国内線の航空券と交換できるので、そう考えると年会費が上がったとしてもJAL便を利用する方ならゴールドにしておかないと逆に損してしまうかもしれません。

さらに国内主要空港のラウンジを利用することができたり、旅行保険が家族も対応したり、ステータス性もあるのも嬉しいポイント!

おすすめポイント
  • 還元率1.0%の高還元率
  • 毎年継続で5,000マイルもらえる
  • JAL便を利用したときに+αでJALマイルがもらえる
  • 国内主要空港のラウンジが使える
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • (しいて言えば)年会費が17,600円〜
マイルの聖書(デメリット)

JAL便を年4以上で利用するなら「JALゴールドカード」で決まりです。

JALゴールドカードの詳細はこちら

JALゴールドカードの申込みはこちら

※今なら入会キャンペーンで最大8,550マイルもらえます!

▼JALゴールドカードのことは以下の記事でまとめています。

③陸マイラーのようにザクザクとJALマイルを貯めたいなら「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」

セゾンプラチナ ビジネス・アメックス

JALマイル還元率が1.125%とJALカードをも凌ぐ高還元率カードである「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下、セゾンプラチナ・ビジネス)」

JAL便をそれほど利用せず、ショッピングなど中心でJALマイルを貯めるならJALカード以上にオススメです!

高還元率なのはもちろんのこと、プラチナカードなのでそのほかの特典も魅力的です。

24時間365日、専任のスタッフが対応してくれるコンシェルジュサービスも受けることができたり、世界中で1,200もの空港ラウンジを利用することができるプライオリティパスが無料で付帯。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスを発行すると「プライオリティパス」という世界中の空港ラウンジを利用できる会員証みたいなカードを発行

プライオリティパスでいうと、年間で$429(約4.6万円以)かかる最上位のプレステージ会員になることができるので、これだけでも年会費以上の価値です。

通常の年会費は22,000円です。
しかし、年間の利用額が200万円を超えると次年度の年会費が11,000円に割引されます。

たった11,000円でJALカード以上にJALマイルが貯まり、しかも魅力的な特典付帯コスパ抜群のカードと言えます(※仮に20,000円だったとしても十分にコスパ抜群です)。

ちなみに、2019年11月現在、セゾンプラチナ・ビジネスを2019年11月30日(土)までに申し込むと初年度年会費が無料になるキャンペーンを開催中です!

こんなキャンペーンは聞いたことがありませんので、セゾンプラチナ・アメックスが気になっている場合には、ぜひこの機会を逃さないでください(入会金・解約金はかかりません)。

ビジネスカードですが個人でも発行することができ、さらにインビテーション不要なので、誰でも申し込むことが可能です。

※実際の申し込みフォームに「会社員」という選択肢があります。

おすすめポイント
  • JALマイル還元率が常時1.125%以上
    ※最大で1.375%も実現可能
  • コンシェルジュサービスが利用できる
  • 世界中の空港ラウンジが利用できる
    $429のサービスが無償で付帯
  • 年会費22,000円とコスパ抜群
    ※年間200万円以上の利用で11,000円!
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • (しいて言うと)年会費がかかる
  • (しいて言うと)一般カードではなくビジネスカード
マイルの聖書(デメリット)

セゾンプラチナ ・ビジネスの詳細はこちら

セゾンプラチナ ・ビジネスの申込はこちら

※今なら初年度の年会費無料&入会キャンペーンで9,000円相当のポイントがもらえます!

▼セゾンプラチナ・ビジネスのことは以下の記事でまとめています。

④本気でJALマイルを貯めたいなら「SPGアメックスカード」

本気でJALマイルを貯めたいなら「SPGアメックスカード」

JALマイル還元率がなんと1.25%であり、さらにJALマイルの有効期限を気にしなくてよい「SPGアメックスカード

通常時のJALマイル還元率で見たら、JALカードを普通に上回りトップクラスの還元率を誇ります・・・!

SPGアメックスカードを利用して獲得できるポイントはJALマイルではなく、あくまでSPGアメックスカードのポイントです。
SPGアメックスカードのポイントをJALマイルに交換するときのレートが1.25%なので、JALマイル還元率が1.25%というわけです。

SPGアメックスカードはポイントはとても魅力的であり、その理由が「有効期限なし」と「40以上の航空会社のマイルに交換可能」という点です。

社会人だと、仕事や家族との予定などでいつでも旅行に行けるわけではなく、失効のリスクは比較的高いのが現実です。
マイルの失効を気にすることなくコツコツとマイルを貯めることができるのも嬉しいポイントです!

また貯めたポイントはJALマイルをはじめ、ANAマイルなど40以上の航空会社のマイルに交換可能。
なので、JAL以外の航空会社に乗りたくなった時に対応できるのは他のカードにはないSPGアメックスならではの魅力です。

+ 交換できるマイル一覧(クリックして開く)

アライアンス航空会社名
スターアライアンスANA
ユナイテッド航空
シンガポール航空
タイ国際航空
ルフトハンザ・ドイツ航空
エアカナダ
ニュージーランド航空
エアチャイナ
南アフリカ航空
ターキッシュエアラインズ
コパ航空
アシアナ航空
エーゲ航空
TAPポルトガル航空
アビアンカ航空
ワンワールドJAL
キャセイパシフィック航空
ブリティッシュエアウェイズ
カタール航空
アメリカン航空
カンタス航空
イベリア航空
LATAM航空
スカイチームデルタ航空
エールフランス航空
大韓航空
中国東方航空
サウジアラビア航空
アリタリア航空
アエロメヒコ航空
アエロフロート航空
非加盟エティハド航空
エミレーツ航空
ハワイアン航空
中国南方航空
アラスカ航空
ヴァージンオーストラリア航空
サウスウェスト航空
ジェットスター航空
ジェットブルー航空
ヴァージンアトランティック航空
フロンティア航空
海南航空

そして、SPGアメックスカードはもともとホテル系列のクレジットカードなので、マリオットボンヴォイ系列(マリオットやリッツ・カールトン、シェラトンなどなど)のゴールド会員になることができ、ホテル宿泊で優待(無償アップグレードやアーリーチェックインなどなど)を受けることが可能!

実際に僕はタイのリッツ・カールトンに宿泊したときに、部屋が2段階もアップグレードしました・・・!

リッツ・カールトンの客室

タイのリッツ・カールトンの「客室」

そして、マリオットボンヴォイに加盟する高級ホテルに毎年のように無料宿泊できる権利をもらえるので、年会費が34,100円なものの、一瞬でペイできてしまいます・・・!

マイルを貯めるということは、旅行をするということ。
1年に一回の旅行なら、航空券をマイルでお得にして、SPGアメックスカードの特典で1泊はいいホテル、なんて旅行のしかたができます!

ショッピング中心かつ全力でJALマイルを貯めたいならSPGアメックスで決まりです!

陸マイラーの間で人気沸騰中で、このカードをメインカードとしている方がどんどん増えています。

おすすめポイント
  • マイル還元率が1.25%
  • 40以上のマイルに交換できる
  • (実質)マイルの有効期限なし
  • 毎年高級ホテルに無料宿泊可能
  • SPG系列で上級会員になれる
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • 年会費34,100円かかる
  • 初年度は無料宿泊の権利なし
マイルの聖書(デメリット)

ショッピング中心かつ全力でJALマイルを貯めたいならSPGアメックスで決まりです!

陸マイラーの間で人気沸騰中で、このカードをメインカードとしている方がどんどん増えています。

高還元率&有効期限なし&ポイントは40ものマイルに交換可能と、まさにマイルを貯める人のために発行されているようなカードです!

ちなみに僕も発行して利用しています。

SPGアメックスの詳細はこちら

SPGアメックスの申込みはこちら

※今なら最大10,000マイル相当がもらえます!

▼SPGアメックスカードのことは以下の記事でまとめています。

⑤JALマイルが貯まってコンシェルジュも利用したいなら「JALプラチナカード」

JALマイルが貯まってコンシェルジュも利用したいなら「JALプラチナカード」

JALカードの中で最高位である「JALプラチナカード

ショッピングでのJAL還元率はゴールドカードと同じ1.0%ですが、JALグループ便を利用した時に貯めるマイル数や、JALマイルを貯める以外の部分の特典が超充実したカードです。

中でも24時間365日対応のコンシェルジュサービス・世界1,200もの空港ラウンジを利用可能できるプライオリティパス・有名レストランを2名様以上で利用すると1名様分が無料になる優待は人気の特典です!

提携カードはJCBとAMEXが用意されていますが、保険の充実と、対応電子マネーを考えるとJCBが圧倒的にオススメです。

年会費は34,100円ですが、獲得できるJALマイルやコンシェルジュサービスをはじめ、その他魅力的な特典を考えるとかなりお得なカードです!

プラチナカードですが、インビテーションなしで直接申し込み可能なので「持ちたい!」と思ったらぜひ発行してみてください。

自分自身の信用情報だと心配・・・という場合にはゴールドカードからスタートして利用実績を積むのもありかもしれません。

ちなみに申し込み条件は「日本に生活基盤のある、20歳以上でご本人に安定した収入のある方(学生を除く)」なので申し込みハードル自体はそれほど高くないと言えます。

※インビテーションなしでも申し込むことができます

おすすめポイント
  • 還元率1.0%の高還元率
  • JAL便チケット購入時の還元率が4.0%
  • 国内主要空港のラウンジが使える
  • コンシェルジュサービスが使える
  • 旅行保険が充実している
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • (しいて言えば)年会費が34,100円
マイルの聖書(デメリット)

JALプラチナカードの詳細はこちら

JALプラチナカードの申込みはこちら

※今なら入会キャンペーンで最大10,550マイルがもらえます!

▼JALプラチナカードのことは以下の記事でまとめています。

陸マイラーに人気のJALカード

マイル初心者で少しずつJALマイルを貯めてみたいなら「JAL普通カード」

年会費2,200円(初年度無料)とコストを抑えつつ、陸でも空でもJALマイルを貯められるJAL普通カード。
追加で年間3,300円支払えば、JALマイル還元率1.0%と高還元率にできます。
その他特典は少ないものの、まずはJALマイルを貯めるのに慣れたい、という方にオススメ!

詳細はこちら 申込はこちら
JAL VISA/Mastercard CLUB-Aゴールドカード

ふだんの決済からJAL便利用時まで高還元率でJALマイルがたまるJALゴールドカード。
JALマイルが貯まりやすいだけではなく、空港ラウンジや旅行保険など、付帯特典も充実!
年間4回以上JAL便を利用し、ふだんの生活でもJALマイルを貯めたい方にオススメ!

詳細はこちら 申込はこちら
セゾンプラチナ ビジネス・アメックス

JALマイル還元率が1.125%とJALカード以上の高還元率であるセゾンプラチナ・ビジネス。
世界中の空港ラウンジが利用できたり、365日24時間対応のコンシェルジュなど、付帯特典も魅力。
11月30日までの申込で初年度無料&9,000マイルもらえる激アツなキャンペーン中なので、発行するなら今がチャンス!

詳細はこちら 申込はこちら
本気でJALマイルを貯めたいなら「SPGアメックスカード」

マイル還元率1.25%とかなり高還元率であるSPGアメックスカード。
貯めたポイントはANAやJALをはじめ40以上の航空会社のマイルに交換可能&ポイント有効期限が無期限!
さらに2年目からは年1泊高級ホテルに無料宿泊できる特典付きで、陸マイラーの人気沸騰中のカードです!

詳細はこちら 申込はこちら
JAL プラチナカード

通常JALマイル還元率は1.0%なものの、JAL便を購入時に超高還元率を誇るJALプラチナカード。
24時間365日対応のコンシェルジュサービスや、世界中の空港ラウンジを利用できる特典、その他グルメ特典など、付帯特典がかなり充実!
おまけにステータス性も抜群なので、JALに特化してとにかくマイルを貯めたい方にオススメ!

詳細はこちら 申込はこちら

ここからは、

  • JALマイルを貯めるのにJALカードが必携の理由
  • JALカードの選び方
  • JALカード以外の選択肢

などについて、よりふみこんで説明します!

JALマイルを貯めるならJALカードは必携!

もしもJALカード以外のカードをメインカードにしてJALマイルを貯めるにしても、JALカードはぜひとも発行しておいてほしいカードです。

オススメのJALカードであるJAL普通カード

その理由は、JALカードは保有しているだけでJALマイルを貯められる場面が多々あるからです。
また他にもJALのサービスで優遇されることもあるので持っているだけで得する場面多数です。

JALカードの特典で、JALマイルを貯める人にとって嬉しい特典を紹介します!

  1. 5万店以上の特約店があり、多めにマイルが獲得できる場面多数
  2. 毎年初回搭乗ボーナスマイルがもらえる
  3. JALグループ便搭乗ごとにボーナスマイルがもらえる
  4. 家族でマイルを共有できる(JALカード家族プログラム)
  5. 特典航空券に必要なマイルが減額される
  6. 航空券を先行予約できる

これらの特典は、一番グレードの低いJAL普通カードから最高位のJALプラチナカードまであります。

タクマ

もしかしたらピンと来ないかもしれませんが、JALカードは年会費を払ってでも持つ価値がある、ということだけ頭の片隅においといてください!

JALカードの特約店やJALマイレージモールの活用で効率よくJALマイルが貯まる

特約店での利用でJALマイル還元率はアップするので、効率的にJALマイルを貯めることができます。

JALの特約店には以下のようなお店があります(人気ショップを厳選しました)。

JXTGエネルギーイオン
有楽町JALプラザランズエンド
大丸松坂屋紀伊書店
ディノス
(オンラインショップ)
スターバックス
(オンライン入金)
ファミリーマート家電専門店ノジマ
トヨタレンタカーJAL航空券
マツモトキヨシJALショッピング
日比谷花壇JAL DUTYFREE ショップ
ロイヤルホスト花キュープット
ウェルシアタイムズレンタカー
いきなりステーキオリックスレンタカー

もしもふだんの買い物で利用している場合は、JALカードを使うことでポイントが2倍になるのでお得にショッピングなどができます!

コンビニを利用するときはファミリーマートを使うなど、買い物先を特約店に合わせるのもいいかもしれません。

ちなみにスターバックスは2019年3月から特約店入りしたのですが、ツイッターでも反響が大きかったので、利用している人が多そうです!

他にもグルメ・百貨店・ファッション・家電・パソコン・スポーツ・美容健康・生活用品・資格など、特約店はなんと50,000以上あります!

特約店でJALカードを使えば、よりたくさんのJALマイルを獲得できるので有効活用しましょう。
JALカードを利用すると、勝手にJALマイルとして加算されるので、使うだけでOKです!

JAL便を利用する頻度が高い場合はとくに持つべき

JAL便を利用する場合には「毎年初回搭乗ボーナスマイルがもらえる」という特典と「搭乗ごとにボーナスマイルがもらえる」という特典も魅力です。

JALカードは必携

たとえばJAL普通カードだと、毎年初搭乗で1,000マイルをもらうことができ、搭乗時のボーナスマイルも10%上乗せでもらうことが出来ます。

他のグレードだと毎年初搭乗で2,000マイルをもらうことができ、搭乗時のボーナスマイルも25%上乗せでもらうことが出来ます。

また「ツアーマイルプレミアム」という有料オプションに加入することで、飛行機利用時にもらえるマイル数が上がります。

ツアーマイルプレミアム加入でさらに効率的にJALマイルが貯まる

ツアーマイルプレミアムは、年間2,200円のJALのサービスであり、JAL便搭乗時にもらえるJALマイルが増量されるサービスです!

たとえば、先得割引などでチケットを購入するとお得ですが、もらえるマイル数は正規料金の75%になってしまいます。

ツアーマイルプレミアムに加入していることで、割引チケットでももらえるJALマイル数を正規料金と同じだけもらえるのです。

▼スマホの場合は表を左右にスクロールできます

対象割引運賃
(予約クラス)
通常の
フライトマイル
ツアープレミアムに
登録した場合
JAL
国際線
ビジネス
予約クラス:
I
70% 通常のフライトマイル

ツアープレミアム
ボーナスマイル

合計で区間マイルの100%
エコノミー
予約クラス:
H/K/M
エコノミークラス
予約クラス:
L/V/S/E*/N*/O/G/R
50%
JAL
グループ
国内線
先得割引
スーパー先得
ウルトラ先得
75%
乗継割引28
ダイナミックパッケージ 50%
パッケージツアーに適用される
個人包括旅行割引運賃

とはいえ、イメージがつかないと思います。

具体例として「東京からパリにダイナミックパッケージでエコノミークラスで行った場合」を例にして「どのくらいお得か?」を見てみます。

ダイナミックパッケージの場合だともらえるマイル数が50%になってしまい、ツアーマイルプレミアムに加入した場合と比較して6,000マイル以上の差になります。

6,000マイルあると、国内線の片道分のチケットと交換できたり、どこかにマイルという往復6,000マイルで行けるミステリーツアーに行くことができます。

+ 国内線の特典航空券に必要なマイル数の一例(クリックして開く)

対象路線 通常マイル(往復) JALカード割引
東京〜大阪 12,000 9,500
大阪〜福岡
東京〜札幌 15,000 11,500
東京〜福岡
東京〜沖縄
大阪〜札幌
大阪〜沖縄

また、1マイル=3円*と考えると18,000円の差ということになるので、1回の渡航でツアーマイルプレミアムの年会費を回収することが可能です!

※マイルの価値は1マイル=1円ではなく変動します。特典航空券と交換すると3円以上になり得ます。

出張や帰省などで頻繁にJAL便に乗る場合には、JALカードを発行し、ツアーマイルプレミアムに加入するだけで気づかぬうちにJALマイルが貯まるでしょう!

JALカードは普通カードなら2,200円(初年度無料)で保有できる!

ちなみにJAL普通カードなら年会費2,200円(初年度無料)で保有できるので、持っていても大きな負担にはならないはず。

それどころか、毎年もらえるボーナスマイルや、フライト時にもらえるボーナスマイルを考えると、保有していないと損してしまうかもしれません・・・

JALマイルを貯めるなら、ぜひJALカードは保有しましょう!

「ところで、自分はどのJALカードを選べばいいのか?」
と悩むかもしれません。

続いては、JALカードの選び方をまずは紹介します。
そのあとでJALカードよりもJALマイルが貯まるカードも候補に入れてオススメのカードを紹介します。

おすすめのJALカードの選び方&比較

ひとことにJALカードと言っても、その種類は20種類以上・・・!

グレードが、

  • 普通カード
  • CLUB-Aカード
  • CLUB-Aゴールドカード
  • プラチナカード

の4種類あり、それぞれで

  • Suica
  • 東急
  • 小田急
  • AMEX
  • ダイナース

などの提携カード(最大で1グレードで8種類)があるからです。

表を左右にスクロールできます

 JCBOPSuicaVISA/MasterTOKYUAMEXダイナース
普通カードJAL普通カードJCBJAL普通カードOPJAL普通カードSuicaJAL普通カードVISAJAL普通カードTOKYUJAL普通カードAMEX

×

CLUB-AカードJAL CLUB-AカードJCBJAL CLUB-AカードOPJAL CLUB-AカードSuicaJAL CLUB-AカードVISAJAL CLUB-AカードTOKYU

×

×

CLUB-AゴールドカードJALゴールドカードJCBJALゴールドカードOPJALゴールドカードSuicaJALゴールドカードVISAJALゴールドカードTOKYUJALゴールドカードAMEXJALゴールドカード ダイナース
プラチナカードJAL・JCBカード(通常デザイン)プラチナ

×

×

×

×

JAL アメリカン・エキスプレス®・カード プラチナ

×

まずはグレードを選びましょう!

JALカードのグレードの選び方

自分自身がどのグレードを選ぶべきなのかは、以下の4パターンのうちのどれに当てはまるかで、大まかにわかります!

  1. 年に1度もJAL便の飛行機に乗らない
    →JAL普通カード
  2. とにかくお得&飛行機のみでマイルを貯める
    →JAL CLUB-A カード
  3. 年に4回程JAL便の飛行機に乗る
    →JAL CLUB-Aゴールドカード
  4. コンシェルジュサービスを利用したい
    →プラチナカード
  5. 学生の場合
    →JALカードnavi

※上記は一旦年会費の制限を無視した場合でのおすすめなグレードなので、もしかすると別グレードが候補になるかもしれません。

ちなみに、グレードによってショッピングにおけるJALマイルの貯まりやすさには差がほぼありません。グレード選びでは「特典」と「対応電子マネー」が重要になります!

それぞれのグレードごとに特徴を紹介していきます。

表を左右にスクロールできます

年会費 JALマイル
還元率
入会搭乗
ボーナスマイル
毎年初回搭乗
ボーナスマイル
フライト
ボーナスマイル
アドオンマイル
普通カード
オススメのJALカード:普通カード
2,200円〜
※初年度無料
通常0.5% 1,000マイル 1,000マイル 通常より10%プラス なし
CLUB-A
オススメのJALカード:CLUB-Aカード
11,000円 通常0.5% 5,000マイル 2,000マイル 通常より25%プラス なし
CLUB-Aゴールド
オススメのJALカード:ゴールドカード
17,600円〜 通常1.0% 5,000マイル 2,000マイル 通常より25%プラス 100円で1マイル
※アメックスのみ
プラチナ
オススメのJALカード:プラチナカード
34,100円 通常1.0% 5,000マイル 2,000マイル 通常より25%プラス 100円で2マイル

①JAL普通カード

オススメのJALカードであるJAL普通カード

年会費 2,200円(初年度無料)
※AMEXのみ6,600円
JALマイル還元率 0.5%
入会後搭乗
ボーナスマイル
1,000マイル
毎年初回搭乗
ボーナスマイル
1,000マイル
海外旅行保険 最大1,000万円
※AMEX:最高3,000万円
救援者費用 100万円
JAL機内販売割引 10%オフ
JALパックの割引 最大5%オフ

JAL普通カードは、ショッピングなどの普段の支払いでJALマイルを貯めるのに特化したカードです。

JALマイル還元率は0.5%ですが、JALショッピングマイルプレミアムという年間3,300円のサービスに加入するとJALマイル還元率を1.0%にアップさせられます!

この還元率はJALカードのゴールドやプラチナと同じ還元率です。

ちなみにショッピングでマイルを貯めるのには還元率がかなり大切なので、JAL普通カードを選ぶならJALショッピングマイルプレミアムは加入必須です。
仮に年間200万円利用すると0.5%の差が10,000マイルにもなります(JALカード会員の8割が加入しているそうです)。

旅行保険や空港ラウンジなどの特典はお世辞にもいいとは言えませんが、年会費2,200円(初年度無料)+ショッピングマイルプレミアム3,300円の合計5,500円でJALマイルを効率よく貯められるコスパ抜群のカードです。

また、アメックスだけ年会費が6,600円であり特典も異なります。
旅行保険が充実し、さらに国内主要空港のラウンジが利用できる特典が付帯しています!

年会費は上がりますが、旅行をよくする方はアメックスを選択するのもいいかもしれません。

おすすめポイント
  • JALマイルが貯まるカードの中で年会費がダントツでお得
  • 還元率1.0%と効率よくJALマイルを貯めることができる
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • 旅行保険や空港ラウンジなどの特典に期待できない
  • ノーマルカードなのでステータス性はない
マイルの聖書(デメリット)

ふだんの支払い中心にJALマイルを貯めたい、できる限りお得にJALマイルを貯めたい、という方にオススメです!

JAL普通カードの詳細はこちら

JAL普通カードの申込みはこちら

※今なら入会キャンペーンで最大1,850マイルがもらえます!

②JAL CLUB-Aカード

オススメのJALカードであるJAL CLUB-Aカード

年会費 11,000円
JALマイル還元率 0.5%
入会後搭乗
ボーナスマイル
5,000マイル
毎年初回搭乗
ボーナスマイル
2,000マイル
フライト
ボーナスマイル
+25%
海外旅行保険 最高5,000万円
疾病治療費用 150万円
JAL機内販売割引 10%オフ
JALパックの割引 最大5%オフ

JAL CLUB-Aカードは、とにかくお得に、そしてショッピングでマイルを貯めずに飛行機搭乗のみでマイルを貯める方向きのカードです。

入会後搭乗ボーナスマイルや毎年初回搭乗ボーナスマイル、フライトボーナスマイルなどはゴールドカードやプラチナカードと同じなので、JAL便搭乗で効率的にJALマイルを貯めることができます。

JALマイル還元率は0.5%なので、お世辞にもショッピングでマイルが貯まりやすいとは言えません。

還元率をアップさせたい、という場合には「JALショッピングマイルプレミアム」という年間3,300円のサービスに加入してJALマイル還元率を1.0%できます。

しかし、JALショッピングマイルプレミアムに加入すると年会費が14,300円になり、JAL CLUB-A ゴールドカードとの差が3,300円になるので、ゴールドカードも検討した方が良いかもしれません・・・!

ゴールドカードには国内主要空港のラウンジが利用できたり、海外旅行保険の充実度がアップするので、たった年3,300円の差ならCLUB-Aを発行するならゴールドを選択するのがオススメです。

おすすめポイント
  • JAL便利用時に貯まるマイルがゴールドやプラチナ級
  • 11,000円とわりとお得に保有することができる
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • 空港ラウンジ特典なし
  • 海外旅行保険が家族は対象にならない
  • ステータス性が少し低い
マイルの聖書(デメリット)

基本的にJAL便の利用でJALマイルを貯めて、ふだんのショッピングでマイルを貯める予定がなく、できる限り年会費を抑えたい!という方にオススメのカードです。

JAL CLUB-Aカードの詳細はこちら

JAL CLUB-Aカードの申込みはこちら

※今なら入会キャンペーンで最大7,050マイルがもらえます!

③ JAL CLUB-Aゴールドカード

オススメのJALカードであるJALゴールドカード

年会費 17,600円
SuicaとAMEX:20,900円
ダイナース:30,800円
JALマイル
還元率
1.0%
入会後搭乗
ボーナスマイル
5,000マイル
毎年初回搭乗
ボーナスマイル
2,000マイル
フライト
ボーナスマイル
+25%
海外旅行保険 最高5,000万円~1億円
※提携カードによる
疾病治療費用 150〜300万円
※提携カードによる
JAL機内販売割引 10%オフ
JALパックの割引 最大5%オフ
空港ラウンジ 国内主要空港+ハワイ
※ダイナース:世界中900の空港ラウンジ

JAL CLUB-A ゴールドカードは、ふだんのショッピングでもJAL便利用時でも効率的にJALマイルを貯められる魅力的なカードです!

JALゴールドカードはJALショッピングマイルプレミアムに無料加入しているため、JALマイル還元率は常時1.0%と高還元率!

効率的にJALマイルが貯まるのはもちろん、ゴールドカードだけありその他の特典もかなり魅力的。
国内主要空港のラウンジが利用することができ、さらに旅行保険は充実しているので旅行の時も安心です!

▼ゴールドの付帯保険(参考までにCLUB-Aと比較)

CLUB-Aゴールドカード
JALゴールドカードVISA
CLUB-Aカード
JAL CLUB-AカードVISA
海外旅行保険
(傷害死亡・傷害後遺障害
最高1億円 最高5,000万円
国内旅行傷害保険
(傷害死亡・傷害後遺障害)
最高5,000万円 最高5,000万円
傷害・疾病治療費用*
(海外旅行時の限度額)
最高300万円 150万円
賠償責任
(海外旅行時の限度額)
海外旅行時の1旅行限度額:50万円
年間限度額:100万円
海外旅行時の1旅行限度額:50万円
年間限度額:100万円
救援車費用
(海外旅行時の年間限度額)
最高400万円 100万円
日本語による救急サービス
(海外旅行時)
無料 無料
JALカードゴルファー保険 自動付帯(最高限度額1億円) なし

※傷害・疾病治療費用は、診療費・入院費をまかなう補償です。付帯保険でもっとも重要な項目のひとつです。

ショッピング保険や国内・海外航空機遅延保険の自動付帯でもゴールドカードの方がかなり充実しています。

ゴールドカードなのでステータス性があるのも嬉しいポイント。

ちなみに、AMEXとダイナースは少しだけ年会費と特典などが異なります。

AMEXの場合だとアメリカン・エキスプレス・インバイツという特典が加わり、厳選したチケットの先行販売や特別なプラン、また音楽イベントの舞台裏へのアクセスができるようになります。

ダイナースの場合だと、国内・海外で合わせて850ヵ所以上の空港ラウンジを会員とその家族が無料で利用することができたり、対象レストランの所定のコース料理が会員を含む2名様以上の利用で1名様分が無料になるグルメ優待もあります。

おすすめポイント
  • ふだんの支払いでもJAL便利用時でもJALマイルが効率的に貯まる
  • 空港ラウンジや旅行保険などの特典が充実している
  • ステータス性がある
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • とくになし(しいて言えば年会費)
マイルの聖書(デメリット)

JAL CLUB-A ゴールドカードは、JALマイルが貯まりやすく、特典も充実しているのでバランスのとれたオススメのカードです!

JALゴールドカードの詳細はこちら

JALゴールドカードの申込みはこちら

※今なら入会キャンペーンで最大8,050マイルがもらえます!

④JALプラチナカード

オススメのJALカードであるJALプラチナカード

年会費 34,100円
JALマイル
還元率
1.0%
入会後搭乗
ボーナスマイル
5,000マイル
毎年初回搭乗
ボーナスマイル
2,000マイル
フライト
ボーナスマイル
+25%
海外旅行保険 AMEX:5,000万円
JCB:1億円
疾病治療費用 AMEX:200万円
JCB:1,000万円
JAL機内販売割引 10%オフ
JALパックの割引 最大5%オフ
空港ラウンジ 世界1,000以上の空港ラウンジ

JALプラチナカードはJALの最高ステイタスカードであり、付帯する特典が超魅力的なカードです。

ふだんのショッピングやJAL便利用時に貯まるJALマイルは、ほぼゴールドカードやCLUB-Aカードと同じですが、これから紹介する特典を魅力的に感じたら発行する価値が十分にあります!

JALプラチナカードの特典のなかでもとくに注目すべきは以下の3つです。

  • 24時間365日対応のコンシェルジュサービス
  • 世界1,200もの空港ラウンジを利用可能できるプライオリティパス
  • 有名レストランを2名様以上で利用すると1名様分が無料になる優待

コンシェルジュサービスでは、旅行やレストラン、プレゼント(贈り物)などの手配をお願いすることができたりするので、忙しい方にはうれしい特典です。

さらに提携レストランでは2名のうち1名分が無料になるので、お得に食事を楽しむこともできます!
1回利用すると10,000円以上のお得になるので、年間3回ほどの利用で、年会費分の元が取れます。

また、プラチナカードを保有することで世界中で1,200もの空港ラウンジを利用することができるプライオリティパスが無料で付帯します!
年間で$429(約46,000円)かかる最上位のプレステージ会員になることができるので、これだけでも年会費以上の価値です。

年会費は34,100円ですが、それ以上の価値を簡単に生み出すことができる一枚です。

他にも特典が盛りだくさんです。

 

▼JCB独自の特徴や特典

  • JCB Lounge 京都が使える
  • グルメ・ベネフィットで一人分の食事が無料になる
  • JCBプレミアムステイプランが使える

▼アメックス独自の特徴や特典

  • アメリカン・エキスプレス・セレクト
  • スーペリア・エキスペリエンスの特典で割引などの優待が使える
  • ハーツレンタカーのハーツGoldプラス・リワーズが年会費無料になる

などがあります!

プラチナカードですが、インビテーションなしで直接申し込み可能なので「持ちたい!」と思ったらぜひ発行してみてください。

自分自身の信用情報(クレジットヒストリー)だと心配・・・という場合にはゴールドカードからスタートするのもありです!

ちなみに申し込み条件は「日本に生活基盤のある、20歳以上でご本人に安定した収入のある方(学生を除く)」なので申込ハードルはそれほど高くないと言えます。

おすすめポイント
  • ふだんの支払いでもJAL便利用時でもJALマイルが効率的に貯まる
  • 特典がかなり充実している
  • JALカード最高位であり、ステータス性あり
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • とくになし(しいて言えば年会費)
マイルの聖書(デメリット)

JALプラチナカードは、JALマイルの貯まりやすさこそゴールドカードとあまり変わらないものの、付帯している特典はJALカードの中で圧倒的です・・・!

JALプラチナカードの詳細はこちら

JALプラチナカードの申込みはこちら

※今なら入会キャンペーンで最大10,550マイルがもらえます!

⑤JALカードnavi(学生専用)

オススメのJALカードであるJALカードnavi

さいごはJALが発行する学生カードであるJALカード。

ポイント還元率が1.0%と高還元率であり、さらには減額マイルキャンペーンというマイルを航空券と交換するときに最大60%オフで発券できる特典つき!

JALマイルの有効期限も無くなったり、資格取得でボーナスマイルをもらえたりと学生でもマイルを貯めて旅行できるカードです!

さらに驚くのは、ここまでのスペックにもかかわらず年会費は完全無料であるという点・・・。

学生でマイルを貯めたいならJALカードnaviを発行しておけば間違いありません。

おすすめポイント
  • 年会費はずっと無料
  • ポイント還元率1.0%と高還元率
  • 少ないマイルで特典航空券と交換可能
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • なし
マイルの聖書(デメリット)

JALが学生に旅してもらいたいという想いで発行しているのが伺えます!

学生ならJALカードnaviを選択して間違い無しです。

JALカードnaviの詳細はこちら

JALカードnaviの申込みはこちら

※今なら入会キャンペーンで最大1,050マイルがもらえます!

ここまでのまとめ!

 

以上、JALカードのグレードの選び方の説明でした!
自分に合いそうなグレードは目星つきましたか?

あとは、どの提携カードにするか?が分かれば、あなたが発行すべきJALカードが明確になります!

 

JALカードの提携カード(ブランド)の選び方

グレードが決まったら、つぎは提携カードの選び方です。

プラチナカードには「JCB」と「AMEX」しかなかったりと、グレードによって提携カードの種類が異なります。以下の表の横軸が提携カードです。

 JCBOPSuicaVISA/MasterTOKYUAMEXダイナース
普通カードJAL普通カードJCBJAL普通カードOPJAL普通カードSuicaJAL普通カードVISAJAL普通カードTOKYUJAL普通カードAMEX

×

CLUB-AカードJAL CLUB-AカードJCBJAL CLUB-AカードOPJAL CLUB-AカードSuicaJAL CLUB-AカードVISAJAL CLUB-AカードTOKYU

×

×

CLUB-AゴールドカードJALゴールドカードJCBJALゴールドカードOPJALゴールドカードSuicaJALゴールドカードVISAJALゴールドカードTOKYUJALゴールドカードAMEXJALゴールドカード ダイナース
プラチナカードJAL・JCBカード(通常デザイン)プラチナ

×

×

×

×

JAL アメリカン・エキスプレス®・カード プラチナ

×

ところで提携カードを選ぶときの基準となるのは主に「電子マネー」です。

JALカードは、提携カードによって対応している電子マネーが違い、SuicaやPASMO、WAONなどがあります。

自分自身がよく使う電子マネーに対応していると便利なのはもちろん、さらにJALカードからのチャージとJALカード経由での電子マネー利用でJALマイルを貯められます!

なので、提携カードを選ぶときには電子マネーに着目してください。

また、提携カードのなかでAMEXとダイナースは、対応している電子マネーがないものの、旅行保険や空港ラウンジ特典が充実しているので、場合によってはAMEXやダイナースも選択肢に入るかもしれません。

自分が選ぶべき提携カードはシンプルであり、以下の4パターンに1番当てはまるカードを選びましょう!

  1. 通勤などでSuicaを利用する
    →JALカード Suica
  2. 通勤などでPasmoを利用する
    →JALカード OP
  3. WAON(イオン系列など)を利用する
    →JALカードTOKYU POINT ClubQ
  4. 旅行が好きでラウンジを使いたい(ゴールド・プラチナ除く*)
    →AMEX

※ゴールドカードとプラチナカードは空港ラウンジが基本特典として利用できます

①Suicaをよく利用するなら「JALカードSuica」

通勤などでSuicaをよく利用するならJALカードSuica

JALカードSuicaはSuicaへのオートチャージをはじめ、JR東日本での利用でJRE POINTが貯まります。

このJRE POINTはJALマイルに交換可能です。

さらにJALカードからSuicaにオートチャージする過程でもJALマイルが貯まる*ため、結果的にポイントの2重取りができることになりお得です。

  • JALカードからSuicaへのチャージで200円ごとに2JALマイル*貯まる
  • Suicaの利用で200円ごとに1JALマイル貯まる

→JALマイル還元率1.5%を実現(※ショッピングマイルプレミアム加入時)

デメリットとしてはSuica定期券として利用できないことです。

しかし、モバイルSuica定期券としては利用可能です。
通常年会費1,100円がかかりますが、JALカードSuicaは無料です。

プラチナカード以外のグレードで、JALカードSuciaは用意されています。

ふだんからSuciaを利用する方はJALカードSuicaが一番JALマイルが効率的に貯まるのでオススメです!

②PASMOを利用するなら「JALカード OP(小田急)」

②PASMOを利用するなら「JALカード OP(小田急)」

JALカード OP(小田急)は、小田急での買い物でお得にショッピングでき、PASMOへの自動チャージでポイントの2重どりができるカードです!

PASMOへのチャージについては、以下の通りです。

  • JALカードからPASMOへのチャージで200円ごとに2JALマイル*貯まる
  • PASMOの利用で200円ごとに1JALマイル貯まる

→JALマイル還元率1.5%を実現(※ショッピングマイルプレミアム加入時)

小田急関連のお店をよく利用する場合もしくは、PASMOをよく利用する場合には、JALマイルを効率的に貯めることができるのでオススメです!

③WAONを利用するなら「JALカードTOKYU POINT ClubQ(東急)」

PASMOやWAONを利用するなら「JALカードTOKYU POINT ClubQ」

JALカードTOKYU POINT ClubQはWAONのチャージとWAONの利用でポイントの2重取りができるためお得!

またPASMOにもチャージできてポイントの2重どりが可能です。

PASMOへのチャージはJALカードOPよりも還元率が低いため、PASMOに特化したい場合にはOPがオススメですが、どっちもどっちの場合にはTOKYUを選択しておくのがオススメです!

2つの電子マネーに対応しているのはTOKYUだけなので、少しでもポイント還元率をアップさせたい陸マイラーに人気のある提携カードです。

▼WAONの場合

  • JALカードからWAONへのチャージで200円ごとに2JALマイル*貯まる
  • WAONの利用で200円ごとに1JALマイル貯まる

→JALマイル還元率1.5%を実現(※ショッピングマイルプレミアム加入時)

▼PASMOの場合

  • JALカードからPASMOへのチャージで200円ごとに2JALマイル*貯まる
  • PASMOの利用で400円ごとに1JALマイル貯まる

→JALマイル還元率1.25%を実現(※ショッピングマイルプレミアム加入時)

ふだんからWAONを使う方や、よく使うお店がイオン系列でWAON対応だった場合には、JALカードTOKYUが一番JALマイルが効率的に貯まるのでオススメです!

④旅行が好きでラウンジを使いたいなら「AMEX」

jalカードアメックス

AMEXはプラチナカードを除いて、年会費が他の提携カードと比べて少し高めですが、アメックス独自の充実した特典が魅力です。

とくに旅行が好きで「旅行保険が充実していたり空港ラウンジが使えると嬉しい!」という方にはAMEXはオススメ。

空港ラウンジが使えるだけでも嬉しいのですが、それに加えて同伴者1名が無料なのが嬉しいポイント!

JAL便を利用するかは一旦置いておいて、旅行や仕事や帰省などで年に数回飛行機を利用する場合には、持っておいて損がないカードです!

おすすめのJALカードの選び方のまとめ

以上、JALカードの選び方でした!

JALカードを選ぶときは①グレート②提携カードの順で絞っていくと、自分にぴったりのカードが見つかりますので、ぜひ参考にしてください。

▼グレードの選び方は以下の通りです。

  1. 年に1度もJAL便の飛行機に乗らない
    →JAL普通カード
  2. 年に4回程JAL便の飛行機に乗る
    →JAL CLUB-Aゴールドカード
  3. コンシェルジュサービスを利用したい
    →プラチナカード
  4. 学生の場合
    →JALカードnavi

▼提携カードの選び方は以下の通りです。

  1. 通勤などでSuicaを利用する
    →JALカード Suica
  2. 通勤などでPasmoを利用する
    →JALカード OP
  3. WAON(イオン系列など)のお店を利用する
    →JALカードTOKYU POINT ClubQ
  4. 旅行が好きでラウンジを使いたい(ゴールド・プラチナ除く*)
    →AMEX

※ゴールドカードとプラチナカードは空港ラウンジが基本特典として利用できます

もしも「JALカードを発行する!」と決めていて、自分に合いそうなカードが見つかったら、ぜひ早速発行してみましょう!

JALカードの公式サイトはこちら

>>JALカードの詳細はこちら

ちなみに20代なら、JAL CLUB ESTという、かなり魅力的な特典があるので一緒にチェックしてみてください!

20代でJALカード保有者はCLUB ESTの加入がオススメ!

JAL CLUB ESTは20代限定のサービスであり、JALカードを保有して+αで年会費を5,400円支払うことでさまざまな特典を受けることができるオプションです。

\僕もCLUB ESTに加入しています/

つまり普通カード・CLUB-Aカード・CLUB-Aゴールドカード・プラチナカードの4種類それぞれでCLUB ESTに加入できます。

グレード 年会費
※est入会後
普通カード
JAL CLUB EST 普通カード
7,700円
※アメックスは
12,100円
CLUB-A
JAL CLUB EST CLUB-A
16,500円
CLUB-Aゴールド
JAL CLUB EST CLUB-Aゴールド
23,100円
※ダイナースは
33,000円
プラチナ
JAL CLUB EST プラチナ
36,300円

ちなみに実際に特典の中には、JALが運営する空港ラウンジを年5回も無料で使うことができたり、マイルの有効期限が伸びたり、というものがあります!

いくつかピックアップして紹介します。

  1. 年間5回もサクララウンジが利用できる
  2. マイルの有効期限が2年も延長
  3. e JALポイント年間5,000円分積算
  4. JALビジネスクラス・チェックインカウンターの利用ができる
  5. 搭乗ボーナスマイル・FLY ON ポイント優遇
  6. ショッピングでマイル2倍

JAL CLUB ESTに加入することでトクする想定金額は年間25,000円ほど・・・!

20代なら、是非一緒に加入することをおすすめします!

またJALカードを発行したあとでも加入できるので、まずはJALカードを発行するだけでもOKですよ。

JAL CLUB ESTの申込みはこちら

JAL CLUB ESTについては以下の記事でまとめています。

jal_club_est
【20代限定のJALカード】 CLUB EST完全ガイド2019!保有者がメリット・デメリットを徹底解説

「JAL CLUB EST(エスト)ってなに?」 「20代なら加入必須って言われる理由は?」 20代の筆者はJALカードを発行すると同時に、+αのサービスであるJAL CLUB ESTに加入しました。 ...

続きを見る

今ならJALカード発行でJALマイルをたくさんもらえます!

jalカードキャンペーン

現在のJALカードの入会キャンペーンは以下の通りです!

表を左右にスクロールできます

合計 カード入会
ボーナス
ショッピングマイル・プレミアム
入会ボーナス
JALカードアプリを
ダウンロード&ログイン
カード利用ボーナス* 入会搭乗ボーナス
普通カード
オススメのJALカード:普通カード
1,850マイル 300 500 50 抽選でAmazonギフト券
3,240円分
1,000
CLUB-A
オススメのJALカード:CLUB-Aカード
7,050マイル 1,500 500 50 抽選でAmazonギフト券
3,240円分
5,000
CLUB-Aゴールド
オススメのJALカード:ゴールドカード
8,050マイル 2,500 500 50 抽選でAmazonギフト券
3,240円分
5,000
プラチナ
オススメのJALカード:プラチナカード
10,550マイル 5,000 500 50 抽選でAmazonギフト券
3,240円分
5,000

※JALカードショッピングマイル・プレミアムに同時入会+合計3万円以上のカード利用で10分の1の確率でAmazonギフト券プレゼント

入会後にJAL便を利用したときにもらえるJALマイルが多いのですが、それを除いても850~5,500マイルをもらえるので、入会キャンペーンを利用しない手はありませんね・・・!

上記のキャンペーンはWeb限定なので、空港などで営業マン経由で申し込むのではなく、Web(ネット)から申し込む必要がある点だけご注意ください。

JALカードの公式サイトはこちら

>>JALカードのキャンペーンをチェック!

JALカード以外でJALマイルを貯めるのにおすすめなクレジットカード

ここまでJALカードの選び方について紹介してきましたが、ショッピングにおいてJALカード以上にJALマイルが貯まるクレジットカードが存在します!

出張や旅行などでJAL便を利用するという機会がそれほどなく、ショッピングなど普段の支払いでJALマイルを貯めたい場合には、JALカード以外を検討してもいいかもしれません。

実際に僕はふだんの支払いではSPGアメックスカードという100円利用ごとに1.25JALマイル貯まるカードを使っています(2019年11月現在、JALマイルを貯めるのに最強カードです)。

JAL便などの搭乗でJALマイルを貯める予定がない場合には、ぜひ検討して欲しい2枚のカードがあるので紹介します!

ところで、飛行機搭乗でマイルを貯めるのは難しく、一般的に陸マイラー(飛行機搭乗ではなくカードなどを活用してマイルを貯める人)が多いのが現状です。

その理由から紐解いていきます!

飛行機搭乗だとJALマイルは貯められない?!

一般的に飛行機に乗るとマイルが貯まると認識されているフライトマイルと呼ばれています。

JALマイルを飛行機で貯めるのは難しい

フライトマイルは、

  • 自分が乗る飛行機の距離
  • グレード
  • 予約プラン
  • 航空会社でのステイタス

などによって算出されます。

仮に「東京〜那覇・エコノミークラス・早割」の場合だと、貯まるフライトマイルは738マイルです。もしも往復だと1,476マイル。

※ボーナスマイルはJALカード保有特典です。

JALのフライトマイルたとえば東京〜ハワイ往復に必要なマイル数は4万マイルほどですが、その分を貯めようとすると東京〜那覇を27往復分です。

出張族でもない限り、飛行機だけでJALマイルを貯めるのは現実的ではないのに納得ですよね・・・

なので、マイルを貯めてお得に旅行している方の多くは、クレジットカードを活用しているのです。

少しでもJALマイルが貯まりやすいカードを選ぶ理由

そこで陸マイラーはポイント還元率を重視して、少しでもマイルが貯まりやすいカードを選びます。

たった0.25%違うだけでも、1年で200万円利用する場合には、5,000マイルの差になります。

6,000マイルあれば国内線のチケットと交換できる*ので、0.25%の差の大きさにも納得ですよね!(一部区間を除く)

タイプ別:JALマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカード

ここまでJALマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカードを紹介してきました!

とはいえ「結局自分にはどれが合ってるんだろう?」と疑問が残ることもありますよね。

さいごにタイプ別におすすめのカードとその理由を紹介します!

※クリックすると公式サイトに移動します。

  1. 初心者でこれからJALマイルを貯めてみたい
    >>JAL 普通カード
  2. JAL便を年4以上で利用する
    >>JAL CLUB-A ゴールドカード
  3. 陸マイラーのようにザクザクとJALマイルを貯めたい
    >>セゾンプラチナ(+JALカード)
  4. 本気でJALマイルを貯めたい
    >>SPGアメックスカード(+JALカード)
  5. JALマイルが貯まってコンシェルジュも利用したい
    >>JALプラチナカード

①マイル初心者でお得にJALマイルを貯めてみたいなら「JAL普通カード」

マイル初心者で少しずつJALマイルを貯めてみたいなら「JAL普通カード」

これからJALマイルを貯め始めたい、というマイル初心者の方におすすめなのが「JAL 普通カード

JALカードの中で一番グレードの低い一般カードです。

一番グレードが低いからJALマイルが貯まりづらいのでは...?
と心配するかもしれません。

JAL普通カードは、オプションサービスであるショッピングマイルプレミアム(JALカード保有者の80%が加入)に加入することで、JALマイル還元率1.0%と高還元率を実現できます。
この1.0%という数字は1番グレードの高いJALプラチナカードと同じ数字です。

とはいえ、JAL便を利用したときに貯まるマイルは上位カードである、JALゴールドカードやJALプラチナカードに劣ります。

なので出張や旅行で年間4回以上、JAL便を利用する場合は上位カードを検討しましょう。
逆にJAL便をそれほど利用しない場合には、JAL普通カードで十分です(実際に僕はJAL普通カードを保有しています)。

また、電子マネーと組み合わせることでかなり効率的にJALマイルを貯めることができます!

対応している電子マネーとしては、以下の3種類。

  • Suica
  • WAON
  • PASMO

電子マネーと組み合わせることで、どうして効率的にマイルが貯まるのか?

たとえばWAONでいうと、

  • JALカードからWAONにチャージ:
    1.0%還元
  • WAONの利用:
    0.5%還元

という感じで、ポイントの二重取りができるため、ポイント還元が1.50%になります。

SuicaやPASMOも同様の流れで、より多くのJALマイルを貯めることができます。

ところで、ひとことにJAL普通カードと言っても種類が8種類ありますが、おもな違いは対応電子マネーです。

JAL普通カードの種類

JAL普通カードの一部

自分自身が利用する可能性が高い電子マネーに対応したJALカードを選択しましょう。

  • Suica
    →JAL普通カードSuica
  • WAON
    →JAL普通カードTOKYU POINT ClubQ カード
  • PASMO
    →JAL普通カードOP

それぞれの電子マネーに対応したオススメのJAL普通カードは上記の通りです。

初年度年会費無料カードであり、ショッピングマイルプレミアムに加入しても初年度は3,240円で保有でき、JALマイルをしっかり貯められるので、これからJALマイルを貯めたいという方にオススメのカードです!

おすすめポイント
  • 年会費2,200円とコスト削減できる
  • 還元率1.0%の高還元率(特定オプション)
  • 毎年継続で2,000マイルもらえる
  • JAL便を利用したときに+αでJALマイルがもらえる
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • ノーマルカードなのでステイタス性がない
  • 年4回以上JAL便を利用するならゴールドがオススメ
マイルの聖書(デメリット)

JAL普通カードの詳細はこちら

JAL普通カードの申込みはこちら

※今なら入会キャンペーンで最大1,850マイルもらえます!

▼JAL普通カードのことは以下の記事でまとめています。

②JAL便を年4以上で利用するなら「JAL CLUB-A ゴールドカード」

JAL便を年4以上で利用するなら「JAL CLUB-A ゴールドカード」JAL便を年4以上で利用する方でJALマイルを貯めたいなら「JAL CLUB-A ゴールドカード(以下、JALゴールドカード)」

ショッピングマイルプレミアムに無料加入なので、JALマイル還元率は常時1.0%と高還元率です。
また、JAL普通カードと同様に、電子マネーとの組み合わせで、ザクザクとJALマイルが貯まります(普通カードで紹介したのと同じ原理です)。

対応している電子マネーとしては、以下の3種類。

  • Suica
  • WAON
  • PASMO

電子マネーと組み合わせることで、どうして効率的にマイルが貯まるのか?

たとえばWAONでいうと、

  • JALカードからWAONにチャージ:
    1.0%還元
  • WAONの利用:
    0.5%還元

という感じで、ポイントの二重取りができるため、ポイント還元が1.50%になります。

SuicaやPASMOも同様の流れで、より多くのJALマイルを貯めることができます。

JALゴールドカードは7種類あり、それぞれで対応している電子マネーが違ったりします。

自分自身が利用する可能性が高い電子マネーに対応したJALカードを選択しましょう。

  • Suica
    →JALゴールドカードSuica
  • WAON
    →JALゴールドTOKYU POINT ClubQ カード
  • PASMO
    →JALゴールドOPカード

それぞれの電子マネーに対応したオススメのJALゴールドカードは上記の通りです。

ところでJALゴールドカードはJAL普通カードに比べ、JAL便利用時に貯まるマイルがかなり増えます

入会後搭乗ボーナスマイル、毎年初搭乗ボーナスマイル、フライトボーナスマイルを考えると、年間4回ほどJAL便に乗るのであれば、もらえるマイル数が5,000マイル以上の差にはなり得ます。

6,000マイルあると国内線の航空券と交換できるので、そう考えると年会費が上がったとしてもJAL便を利用する方ならゴールドにしておかないと逆に損してしまうかもしれません。

さらに国内主要空港のラウンジを利用することができたり、旅行保険が家族も対応したり、ステータス性もあるのも嬉しいポイント!

JAL便を年4以上で利用するなら「JALゴールドカード」で決まりです。

おすすめポイント
  • ふだんの支払いでもJAL便利用時でもJALマイルが効率的に貯まる
  • 空港ラウンジや旅行保険などの特典が充実している
  • ステータス性がある
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • とくになし(しいて言えば年会費)
マイルの聖書(デメリット)

JALゴールドカードの詳細はこちら

JALゴールドカードの申込みはこちら

※今なら入会キャンペーンで最大8,550マイルもらえます!

▼JALゴールドカードのことは以下の記事でまとめています。

③陸マイラーのようにザクザクとJALマイルを貯めたいなら「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」

セゾンプラチナ ビジネス・アメックス

JALマイル還元率が1.125%とJALカードをも凌ぐ高還元率カードである「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下、セゾンプラチナ・ビジネス)」

JAL便をそれほど利用せず、ショッピングなど中心でJALマイルを貯めるならJALカード以上にオススメです!

高還元率なのはもちろんのこと、プラチナカードなのでそのほかの特典も魅力的です。

24時間365日、専任のスタッフが対応してくれるコンシェルジュサービスも受けることができたり、世界中で1,200もの空港ラウンジを利用することができるプライオリティパスが無料で付帯。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスを発行すると「プライオリティパス」という世界中の空港ラウンジを利用できる会員証みたいなカードを発行

プライオリティパスでいうと、年間で$429(約4.6万円以)かかる最上位のプレステージ会員になることができるので、これだけでも年会費以上の価値です。

通常の年会費は22,000円です。
しかし、年間の利用額が200万円を超えると次年度の年会費が11,000円に割引されます。

たった11,000円でJALカード以上にJALマイルが貯まり、しかも魅力的な特典付帯コスパ抜群のカードと言えます(※仮に22,000円だったとしても十分にコスパ抜群です)。

ちなみに、2019年11月現在、セゾンプラチナ・ビジネスを2019年11月30日(土)までに申し込むと初年度年会費が無料になるキャンペーンを開催中です!

こんなキャンペーンは聞いたことがありませんので、セゾンプラチナ・アメックスが気になっている場合には、ぜひこの機会を逃さないでください(入会金・解約金はかかりません)。

ビジネスカードですが個人でも発行することができ、さらにインビテーション不要なので、誰でも申し込むことが可能です。

※実際の申し込みフォームに「会社員」という選択肢があります。

おすすめポイント
  • JALマイル還元率が常時1.125%以上
    ※最大で1.375%も実現可能
  • コンシェルジュサービスが利用できる
  • 世界中の空港ラウンジが利用できる
    $429のサービスが無償で付帯
  • 年会費22,000円とコスパ抜群
    ※年間200万円以上の利用で11,000円!
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • (しいて言うと)年会費がかかる
  • (しいて言うと)一般カードではなくビジネスカード
マイルの聖書(デメリット)

セゾンプラチナ ・ビジネスの詳細はこちら

セゾンプラチナ ・ビジネスの申込みはこちら

※今なら初年度の年会費無料&入会キャンペーンで9,000円相当のポイントがもらえます!

▼セゾンプラチナ・ビジネスのことは以下の記事でまとめています。

④本気でJALマイルを貯めたいなら「SPGアメックスカード」

本気でJALマイルを貯めたいなら「SPGアメックスカード」

JALマイル還元率がなんと1.25%であり、さらにJALマイルの有効期限を気にしなくてよい「SPGアメックスカード

通常時のJALマイル還元率で見たら、JALカードを普通に上回りトップクラスの還元率を誇ります・・・!

SPGアメックスカードを利用して獲得できるポイントはJALマイルではなく、あくまでSPGアメックスカードのポイントです。
SPGアメックスカードのポイントをJALマイルに交換するときのレートが1.25%なので、JALマイル還元率が1.25%というわけです。

SPGアメックスカードはポイントはとても魅力的であり、その理由が「有効期限なし」と「40以上の航空会社のマイルに交換可能」という点です。

社会人だと、仕事や家族との予定などでいつでも旅行に行けるわけではなく、失効のリスクは比較的高いのが現実です。
マイルの失効を気にすることなくコツコツとマイルを貯めることができるのも嬉しいポイントです!

また貯めたポイントはJALマイルをはじめ、ANAマイルなど40以上の航空会社のマイルに交換可能。
なので、JAL以外の航空会社に乗りたくなった時に対応できるのは他のカードにはないSPGアメックスならではの魅力です。

+ 交換できるマイル一覧(クリックして開く)

アライアンス航空会社名
スターアライアンスANA
ユナイテッド航空
シンガポール航空
タイ国際航空
ルフトハンザ・ドイツ航空
エアカナダ
ニュージーランド航空
エアチャイナ
南アフリカ航空
ターキッシュエアラインズ
コパ航空
アシアナ航空
エーゲ航空
TAPポルトガル航空
アビアンカ航空
ワンワールドJAL
キャセイパシフィック航空
ブリティッシュエアウェイズ
カタール航空
アメリカン航空
カンタス航空
イベリア航空
LATAM航空
スカイチームデルタ航空
エールフランス航空
大韓航空
中国東方航空
サウジアラビア航空
アリタリア航空
アエロメヒコ航空
アエロフロート航空
非加盟エティハド航空
エミレーツ航空
ハワイアン航空
中国南方航空
アラスカ航空
ヴァージンオーストラリア航空
サウスウェスト航空
ジェットスター航空
ジェットブルー航空
ヴァージンアトランティック航空
フロンティア航空
海南航空

そして、SPGアメックスカードはもともとホテル系列のクレジットカードなので、マリオットボンヴォイ系列(マリオットやリッツ・カールトン、シェラトンなどなど)のゴールド会員になることができ、ホテル宿泊で優待(無償アップグレードやアーリーチェックインなどなど)を受けることが可能!

実際に僕はタイのリッツ・カールトンに宿泊したときに、部屋が2段階もアップグレードしました・・・!

リッツ・カールトンの客室

タイのリッツ・カールトンの「客室」

そして、マリオットボンヴォイに加盟する高級ホテルに毎年のように無料宿泊できる権利をもらえるので、年会費が34,100円なものの、一瞬でペイできてしまいます・・・!

マイルを貯めるということは、旅行をするということ。
1年に一回の旅行なら、航空券をマイルでお得にして、SPGアメックスカードの特典で1泊はいいホテル、なんて旅行のしかたができます!

ショッピング中心かつ全力でJALマイルを貯めたいならSPGアメックスで決まりです!

陸マイラーの間で人気沸騰中で、このカードをメインカードとしている方がどんどん増えています。

おすすめポイント
  • マイル還元率が1.25%
  • 40以上のマイルに交換できる
  • (実質)マイルの有効期限なし
  • 毎年高級ホテルに無料宿泊可能
  • SPG系列で上級会員になれる
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • 年会費34,100円かかる
  • 初年度は無料宿泊の権利なし
マイルの聖書(デメリット)

高還元率&有効期限なし&ポイントは40ものマイルに交換可能と、まさにマイルを貯める人のために発行されているようなカードです!

僕も発行して利用しています。

SPGアメックスの詳細はこちら

SPGアメックスの申込みはこちら

※今なら最大10,000マイル相当がもらえます!

▼SPGアメックスカードのことは以下の記事でまとめています。

⑤JALマイルが貯まってコンシェルジュも利用したいなら「JALプラチナカード」

JALマイルが貯まってコンシェルジュも利用したいなら「JALプラチナカード」

JALカードの中で最高位である「JALプラチナカード

ショッピングでのJAL還元率はゴールドカードと同じ1.0%ですが、JALグループ便を利用した時に貯めるマイル数や、JALマイルを貯める以外の部分の特典が超充実したカードです。

中でも24時間365日対応のコンシェルジュサービス・世界1,200もの空港ラウンジを利用可能できるプライオリティパス・有名レストランを2名様以上で利用すると1名様分が無料になる優待は人気の特典です!

提携カードはJCBとAMEXが用意されていますが、保険の充実と、対応電子マネーを考えるとJCBが圧倒的にオススメです。

年会費は33,480円ですが、獲得できるJALマイルやコンシェルジュサービスをはじめ、その他魅力的な特典を考えるとかなりお得なカードです!

プラチナカードですが、インビテーションなしで直接申し込み可能なので「持ちたい!」と思ったらぜひ発行してみてください。

自分自身の信用情報だと心配・・・という場合にはゴールドカードからスタートして利用実績を積むのもありかもしれません。

ちなみに申し込み条件は「日本に生活基盤のある、20歳以上でご本人に安定した収入のある方(学生を除く)」なので申し込みハードル自体はそれほど高くないと言えます。

※インビテーションなしでも申し込むことができます

おすすめポイント
  • ふだんの支払いでもJAL便利用時でもJALマイルが効率的に貯まる
  • 特典がかなり充実している
  • JALカード最高位であり、ステータス性あり
マイルの聖書(メリット)
いまいちポイント
  • とくになし(しいて言えば年会費)
マイルの聖書(デメリット)

JALプラチナカードの詳細はこちら

JALプラチナカードの申込みはこちら

※今なら入会キャンペーンで最大10,550マイルがもらえます!

▼JALプラチナカードのことは以下の記事でまとめています。

まとめ:JALカードを活用してJALマイルを貯めよう!

JALマイルはふだんの生活でもコツコツと貯めることができ、塵も積もれば山となるというように、JALマイルは貯まっていきます!

クレジットカードを有効活用すれば、1~2年に1度くらいのスパンでハワイに行けるほどのJALマイルを貯めることも出来ます!
さらにはビジネスクラスやファーストクラスすら手の届く範囲にあることも・・・

まとめ:JALカードを活用してJALマイルを貯めよう!

JALマイルが貯まるJALカードを手に入れて、旅行をお得にできるライフスタイルを獲得してみてください!

カード探しで悩んでいても一向にマイルは貯まらないので、是非、発行して今日カードを発行してJALマイルを貯めていきましょう!

この記事で紹介したクレジットカードはJALマイルを貯める上で、どれも間違いなしのカードです。

※クリックすると公式サイトに移動します。

  1. 初心者でこれからJALマイルを貯めてみたい
    >>JAL 普通カード
  2. JAL便を年4以上で利用する
    >>JAL CLUB-A ゴールドカード
  3. 陸マイラーのようにザクザクとJALマイルを貯めたい
    >>セゾンプラチナ(+JALカード)
  4. 本気でJALマイルを貯めたい
    >>SPGアメックスカード(+JALカード)
  5. JALマイルが貯まってコンシェルジュも利用したい
    >>JALプラチナカード
この記事のまとめ!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

「自分にぴったりかも?!」というカードは見つかりましたか?
もしもそのお手伝いができたなら嬉しく思います^^

ぜひカードを活用してJALマイルを貯めて、お得に旅行するきっかけにしてください!

 

-クレカでマイルを貯める
-

Copyright© マイルの聖書 , 2019 All Rights Reserved.