JALアメックスカード徹底比較2019!普通カード・ゴールド・プラチナの中でどれを選ぶべき?

更新日:

jalアメックスカード

「JALアメックスカードってどんなスペックなんだろう」
「グレードごとの違いを知りたい!」
「ANAアメックスカードと悩んでる・・・」

ひとことにJAL アメリカン・エキスプレス・カード(以下、JALアメックスカード)といっても、グレードが普通カード・ゴールドカード・プラチナカードの3種類あります。

3種類のJALアメックスカードは、付帯している特典はもちろん、基本的なスペックも違います。

なのでこの記事では3種類のJALアメックスカードの基本スペックや特典を紹介しつつ、比較して説明します。

この記事を読めば、JALアメックスカードのことを知れるのはもちろん、他の比較対象との違いもわかるので、ぜひカード選びの参考にしてみてください。

JALアメックスカードのグレードごとの基本スペック

JALアメックスカードは以下の3種類あります。

※表は左右にスクロールできます

年会費 JALマイル
還元率
ボーナス
フライトマイル
入会後初搭乗
ボーナスマイル
毎年初登場
ボーナスマイル
アドオンマイル 旅行保険 空港ラウンジ
普通カード
JALアメックス(普通カード)
6,600円 0.5% 10% 2,000マイル 1,000マイル なし 最高3,000万円 国内28空港
海外1空港
※同伴者1名まで無料
ゴールカード
JALアメックス(ゴールド)
20,900円 1.0% 25% 5,000マイル 2,000マイル 100円で1マイル 最高5,000万円 国内28空港
海外1空港
※同伴者1名まで無料
プラチナ
JALアメックス(プラチナ)
34,100円 1.0% 25% 5,000マイル 2,000マイル 100円で2マイル 最高1億円 世界中1,200の
空港ラウンジ利用可能

JALマイル還元率はどのカードも同じ

まずショッピングでのJALマイル還元率ですが、普通カードは0.5%で、ゴールドとプラチナは1.0%です。

しかし、普通カードでも年会費3,300円のショッピングマイル・プレミアム(ショッピングマイルが2倍)に加入することで、JALマイル還元率を1.0%にすることができます。

「年間3,300円も支払う価値があるのか?」と感じるかもしれませんが、結論から言うと加入は必須です。

JALマイルの価値は1マイル=1円ではなく、航空券と交換したら1マイル=3円以上にもなり得るので、仮に1マイル=3円としたときでも、ショッピングマイル・プレミアムで3,000円以上の価値を生み出すには年間で60万円も使えばOKです。

年間で60万円(月々5万円)のカード利用が損益分岐点になるので、ほとんどの方が該当するのではないでしょうか?

JAL特約店を利用すればJALマイル還元率はさらに0.5%アップ

基本的なJALマイル還元率は0.50%もしくは1.00%ですが、お店によってはJALマイル還元率がアップします。

その還元率がアップするお店などは、JALカード特約店と呼ばれます。

JALカード特約店には、JALグループ航空券の購入やJALやJTA機内販売をはじめ、ホテルやレストラン、ゴルフ場など日本全国に約52,000店舗あります。

▼JAL特約店の一例

JXTGエネルギーイオン
有楽町JALプラザランズエンド
大丸松坂屋紀伊書店
ディノス
(オンラインショップ)
スターバックス
(オンライン入金)
ファミリーマート家電専門店ノジマ
トヨタレンタカーJAL航空券
マツモトキヨシJALショッピング
日比谷花壇JAL DUTYFREE ショップ
ロイヤルホスト花キュープット
ウェルシアタイムズレンタカー
いきなりステーキオリックスレンタカー

>>JALカード特約店(公式サイト)

もしも自分自身がよく使うお店がJALカード特約店であればラッキー。
もしも似たようなお店があれば切り替えることでよりたくさんのマイルを貯められます。

フライトマイルはゴールドとプラチナが優遇される

JAL便の飛行機に乗るとフライトマイルという名のJALマイルをもらうことができます。

フライトマイルは以下の計算式によって算出されます。

フライトマイル = 区間マイル × 利用運賃の積算率

つまり、距離が伸びれば伸びるほど、そして座席のグレード*が良いほどマイルが貯まります。

※座席のグレードにはエコノミーでも格安、低価格、標準価格などがあり、それぞれで積算率が異なります

そして、このフライトマイルに加え、おまけでもらえるのが「フライトボーナスマイル」です。

保有しているJALカードによってボーナスの割合が異なり、ノーマルのJALアメックスだと+10%であり、ゴールドとプラチナは+25%のボーナスをもらうことができます。

ところでJAL便を利用したら実際にどのくらいのJALマイルが貯まるのか?を計算してみます。
今回は【条件】羽田〜那覇・通常大人運賃・エコノミー・ステータス(上級会員)なしとしてみます。

上記の条件でそれぞれ貯まるフライトマイルは以下の通りです。

▼ゴールドとプラチナの場合JAL普通カードで貯まるフライトマイル

▼普通カードの場合JALCLUB-Aカードで貯まるフライトマイル

実は、羽田〜那覇区間だったとしても、普通カードとゴールド・プラチナの差はたったの150マイルほど。

いくらフライトマイルが25%アップすると言っても、海外などに頻繁にJALグループ便を利用する人でないと、フライトボーナスマイルの恩恵は受けられません。

アドオンマイルはプラチナが貯まりやすい

JALグループ便を利用するときの航空券代の支払いをJALカードでするときに、ボーナスでマイルがもらえるのですが、それをアドオンマイルといいます。

航空券の他にも、以下のような買い物などが対象です。

  • JALグループ国内線・国際線航空券
  • ペット料金事前支払いサービス(国内線のみ)
  • 機内販売
  • 通信販売
    例:JALのオンラインショップ「JALショッピング」・JALの通販カタログなど
  • ツアー
    例:JAL eトラベルプラザ・ジャルパックリンリンダイヤル通販など

アドオンマイルは、カードごとで以下のように貯まります。

  • 普通カード:
    なし
  • ゴールドカード(AMEXのみ):
    100円=1マイル
  • プラチナカード:
    100円=2マイル

例として、プラチナカードでJALグループ便の飛行機の決済をしたときに獲得できるマイルを紹介します。

アドオンマイル(100円につき4マイル)
通常 100円=1マイル
特約店 100円=1マイル
アドオンマイル 100円=2マイル
合計 4マイル

100円で4マイル貯まるので還元率はなんと4.0%です。さすがはプラチナカードと言ったところ・・・!

JAL便に関してはもちろん、航空券の購入でここまで還元率が高いのは、他のクレジットカードと比較してもトップクラスです。

普通カードとゴールドカードとプラチナでどのくらいの差が現れるか見てみましょう。

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

利用金額 プラチナ
JALアメックス(プラチナ)
ゴールドカード
JALアメックス(ゴールド)
普通カード
JALアメックス(普通カード)
10万の場合 4,000マイル 3,000マイル 2,000マイル
25万の場合 10,000マイル 7,500マイル 5,000マイル
50万の場合 20,000マイル 15,000マイル 10,000マイル
100万の場合 40,000マイル 30,000マイル 20,000マイル
200万の場合 80,000マイル 60,000マイル 40,000マイル
400万の場合 160,000マイル 120,000マイル 80,000マイル

ご覧の通り、50万円分使ってようやく、プラチナカードとゴールドカードの差が5,000マイルです(普通カードとの差は10,000マイル)

ちなみにJALマイルの価値は1マイル=1円ではなく、だいたい2円以上になるので、50万円使ってプラチナとゴールドで10,000円ほどの差が生まれることになります。

参考記事1マイルの価値はいくらなの?使い方によってかなり変動する様子をご覧ください

JALプラチナカードとJALゴールドカードの年会費の差額は13,000円ほどなので、もしも1年に一度でもJAL便でビジネスクラスやファーストクラスに乗るか、エコノミーだけど頻繁に乗るであれば、JALプラチナカードの方がお得になります。

空港ラウンジはアメックスなので充実!中でもJALプラチナが圧倒的

アメックスは基本、国内28空港+ハワイの空港ラウンジを使うことができます。

地域空港名ラウンジ名
北海道
東北
新千歳空港スーパーラウンジ
ロイヤルラウンジ
函館空港ビジネスラウンジ A Spring
旭川空港LOUNGE 大雪『TAISETSU』
青森空港エアポートラウンジ
秋田空港ロイヤルスカイ
仙台国際空港ビジネスラウンジEAST SIDE
中部新潟空港エアリウムラウンジ
富山空港ラウンジ らいちょう
小松空港スカイラウンジ白山
中部国際空港レミアムラウンジ セントレア
富士山静岡空港YOUR LOUNGE
関東成田国際空港
(第1ターミナル)
ビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ
IASS EXECUTIVE LOUNGE1
成田国際空港
(第2ターミナル)
T.E.Iラウンジ
IASS EXECUTIVE LOUNGE2
羽田空港
(第1ターミナル)
POWER LOUNGE CENTRAL
POWER LOUNGE SOUTH
POWER LOUNGE NORTH
羽田空港
(第2ターミナル)
エアポートラウンジ(南)
POWER LOUNGE CENTRAL
POWER LOUNGE NORTH
SKY LOUNGE
SKY LOUNGE ANNEX
近畿伊丹空港ラウンジオーサカ
関西国際空港六甲
金剛
アネックス六甲
比叡
神戸空港ラウンジ神戸
中国岡山空港ラウンジマスカット
広島空港ビジネスラウンジもみじ
米子空港ラウンジ DAISEN
山口宇部空港ラウンジきらら
出雲縁結び空港エアポートラウンジ
四国徳島空港エアポートラウンジ ヴォルティス
高松空港ラウンジ讃岐
松山空港ビジネスラウンジ
スカイラウンジ
九州福岡空港くつろぎのラウンジTIME
ラウンジTIME インターナショナル
北九州空港ラウンジひまわり
長崎空港ビジネスラウンジ アザレア
大分空港ラウンジ くにさき
熊本空港ラウンジ「ASO」
鹿児島空港スカイラウンジ菜の花
沖縄那覇空港ラウンジ 華 ~hana~
ハワイダニエル・K・
イノウエ国際空港
IASS HAWAII LOUNGE

JALカードに限らず、ゴールドカード以上であれば、上記の空港ラウンジが利用できることが多いです。

ですが、アメックスブランドの強みは「同伴者1名無料」という点です。

家族や友達と空港ラウンジに行ったら1名しか入れない・・・と空港ラウンジの利用を断念することも無くなります。

ちなみにプラチナカードになると、なんと1,200もの空港ラウンジを使うことができるのですが、これは「プライオリティパス」を特典で無料で手に入れられるからです。

プラチナならプライオリティパスが特典で付く

JALプラチナカード特典のプライオリティパス

飛行機を利用するのであれば是非とも使いたい「空港ラウンジ」ですが、プラチナカードなら世界中で1,200もの空港ラウンジを利用することができるプライオリティパスが無料で付帯します。

ちなみにプライオリティパスには3つのランクがありますが、プラチナカードでは最高位である年間で$429(約4.6万円)プレステージ会員になることができます・・・!

プライオリティパスはカード会社提携の空港ラウンジであり、航空会社のラウンジではないので国内の評判はそれほど良くないが現実ですが、海外だと座席などの設備が比較的良く、軽食はもちろん、アルコール類ではワインやウイスキーやシャンパンなどがある空港ラウンジもあり、かなり有意義な時間を過ごすことができます。

旅行保険はアメックスならではの充実度

アメックスは旅行保険に定評がありますが、JALアメックスカードも旅行保険が充実しています。

付帯保険JAL普通カードAMEXJALゴールドカードAMEXJAL アメリカン・エキスプレス®・カード プラチナ
海外旅行保険死亡後遺障害3,000万円
自動付帯:1,000万円
5,000万円10,000万円
自動付帯:5,000万円
傷害治療100万円200万円200万円
疾病治療100万円200万円200万円
携行品損害100万円100万円100万円
賠償責任2,000万円3,000万円3,000万円
救援者費用100万円200万円200万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害3,000万円
自動付帯:1,000万円
5,000万円
自動付帯:2,000万円
5,000万円
入院保険金日額5,000円10,000円10,000円
通院保険金日額2,000円3,000円3,000円
手術保険金20万円40万円40万円
航空機遅延保険
ショッピング保険海外200万円300万円300万円
国内200万円300万円300万円

少し懸念点があるとすると、傷害治療と疾病治療です。

傷害・疾病治療費用は300万円なので十分そうに思えますが、アメリカで20代の旅行者が盲腸の手術費と入院費などで575万円もの請求があった事例などもあります。

2017年度は「29人に1人」がなんらかの事故・病気等に遭われ海外旅行保険を利用しています。

(中略)

当社で2017年度「治療・救援費用」の支払いが300万円以上の高額医療費用事故は68件、そのうち1,000万円を超えた事故は8件となっています。

また、治療・救援費用の保険金支払最高額は、3,588万円となりました。

引用:2017年度海外旅行事故データ

クレジットカードの中で、300万円は良い部類なのですが、十分ではないことを頭に入れておいてください!

傷害・疾病治療費用は別カードとも合算が可能なので、旅行保険目的でクレジットカードを複数枚持っておくのを推奨します。

もちろん、JALカード以外のカードでもOKです!

たとえば、エポスカードだと270万円まで保障があるのでオススメであり、実際に僕自身も保有しています。

JALアメックスカードならではの特典

JALアメックスカードならではの特典を紹介します。

  • JALビジネスきっぷ
  • JR東海プラスEX
  • 銀聯カードが発行可能
  • 国内・海外レンタカー割引
  • おみやげ予約宅配サービス利用可能&マイル2
  • ビルボードライブJALカードご優待
  • ダスキンお掃除サービス割引&マイル2
  • ニュース・インフォメーション
  • アメリカン・エキスプレス・セレクト

なかでも「アメリカン・エキスプレス・セレクト」は注目です!

日本をはじめ、世界100以上の国や地域の8,000以上のホテルで10%~70OFFの優待を中心とした特典があります。

アメックスの指定した高級ホテルのスイートルームが半額になったりも!

110万円なら5万円で泊まれるのでかなりお得です...

ちなみに、もしもそれぞれのグレードでもっと詳しく知りたい!という場合には、以下の記事を参考にしてみてください。

▼JAL普通カード

▼JALゴールドカード

▼JALプラチナカード

JALアメックスカードのデメリットはあるの?

ここまでJALアメックスの特徴などを解説してきました。

マイル還元率もよく、空港ラウンジも充実していたりとメリットが多いJALアメックスですが、デメリットもあります。

  • 電子マネーに対応していない
  • 海外での利用に弱い

①電子マネーに対応していないので不便かつJALマイル還元率が少し悪い

JALアメックスカードは電子マネーに対応していません。

ふだんの支払いでコツコツとJALマイルを貯めようと考えていなかったり、電子マネーを使う予定がない場合にはまったく気にしなくてもいいポイントです。

ですが、JALマイルを少しでも多く貯めたい場合には、電子マネーに対応していないことはデメリットです。

その理由は、JALカードは電子マネーと組み合わせることで、ショッピングにおけるJALマイル還元率を最大で1.5倍にできるからです。

もしも仮に年間200万円決済したら10,000マイルの差になりますが、10,000マイルあれば国内旅行ができますし、2年貯めれば近場の海外にも行くことができます。

よりJALマイルを貯めたければアメックス以外を検討すべし

ポイント還元率が0.5%変わるだけだと、微々たるものに思えます。
ですが、まさに塵も積もれば山となる、と言った具合に貯まるマイル数にかなりの差ができます。

なので、ふだんの支払いでJALマイルをコツコツ貯めたいなら、アメックス以外も検討することをおすすめします。

ここでは一例として、WAONに対応しているJALカードでポイント還元率がアップする仕組みを紹介します。

  • JALカードでWANOに200円チャージで1マイル
    ※ショッピングマイル・プレミアム加入なら2マイル
  • WAONで買い物をすると200円ごとに1マイル

つまり、ポイントの2重どり(1度の買い物で2回ポイント獲得)ができるので、マイル還元率を最大で1.5%にできるのです。

WAONのように、SuicaやPASMOでもポイント還元率を1.50%にして、より効率的にJALマイルを貯めることができます。

ちなみにJALカードと対応する電子マネーの関係性は以下の通りです。

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

Suica PASMO WAON
JAL ダイナース
JALカードVISA
JALカード Master
JAL JCBカード
JALカードSuica
JALカード 東急
JALカード 小田急
JAL AMEX

※上記の表のカード名は正式名称ではありません

②アメックスブランドは海外での利用に弱い

アメックス自体の話ですが、日本での利用はほぼ確実にできます。JCBが使えるところではアメックスカードが使えるからです。

しかし、海外だとまだまだVISAやMasterが優勢であり、アメックスは決済できるお店などが相対的に少ないです。

参考までに2015年のデータを載せておきます(古くてすみません)

  • VISA:56%
  • Mastercard(マスターカード):26%
  • 中国銀聯(ぎんれん):13%
  • AMEX:3%
  • JCB:1%

2019年現在、この割合は変わっていますが、やはりVISAが強いのには変わりないです。

状況別|あなたが持つべきJALアメックスカードはこれ!

ここまでJALアメックスカードのスペックや特典を紹介してきました。

しかし「結局どれがいいか迷う・・・!」と悩んでいるかもしれません。
なので状況別でオススメのJALアメックスカードを紹介します。

年会費を抑えたいなら「JAL アメリカン・エキスプレス・カード」

JALアメックスカード

年会費を抑えつつJALアメックスカードを持ちたいなら「JAL アメリカン・エキスプレス・カード」がオススメです。

ちなみに年会費は6,600円(月々だと500円ほど)と、他のJAL普通カードと比べると4,400円高いのですが、それを上回るコスパの良さがあります。

まず、他のJAL普通カードは空港ラウンジが利用できなかったり、旅行保険もアメックスと比較すると劣ります。

さらに日本をはじめ、世界100以上の国や地域の8,000以上のホテルで10%~70OFFの優待を中心とした特典もアメックスだけ!

海外旅行をする方にはとくにオススメのクレジットカードです。

JALアメックスカードの申込みはこちら

※今なら入会キャンペーンで最大1,850マイルがもらえます!

年に2,3回以上JAL便に乗るなら「JAL アメックス ゴールドカード」

JAL アメリカン・エキスプレス®・カード CLUB-Aゴールドカード

もしも年に2,3回以上JAL便に乗るなら「JAL アメックス ゴールドカード」がオススメです。

JAL便利用時にもらえるマイル数が普通カードとゴールドカードでは差があるのですが、だいたい年に3,4回以上乗ったときにもらえるマイル数を考慮すると、年会費の差額は結構埋まります(飛行距離や予約クラスにもよるので、一概には言えません。)
そしてステータス性や旅行保険の充実度、旅行時手荷物無料配送をはじめとする付帯特典を加味するとゴールドカードを発行してもいいという判断です。

ですが、筆者としては年会費20,900円支払うのであれば、13,200円を上乗せしてプラチナを検討するのもオススメです。

とはいうのも、13,200円(月々でいうと1,100円ほど)を上乗せするだけで「24時間365日対応のコンシェルジュサービス」「世界1,200もの空港ラウンジを利用可能できるプライオリティパス」「有名レストランを2名様以上で利用すると1名様分が無料になる優待」などが付いてきます!

レストラン優待を年1回使えば10,000円以上は得するので、結果的にゴールドカードよりもやすくなるといっても過言ではありません。

しかしいきなりプラチナはハードルが高いな...という場合には、まずはゴールドカードを発行し、利用実績を積んでからプラチナカードに切り替える流れでもいいと思います!

JALアメックスゴールドの申込みはこちら

※今なら入会キャンペーンで最大8,050マイルがもらえます!

年間50万円分以上JAL便に乗る&コンシェルジュなど特典重視なら「JAL アメックス プラチナカード」

JALプラチナカード

年間50万円分以上JAL便に乗る&コンシェルジュなど特典重視なら「JAL アメックス プラチナカード」で決まります。

JALプラチナカードはJALカードの中で、圧倒的にJALの航空券購入時のマイル還元率が高いため、50万円以上利用するなら結果的に普通カードよりも得することになり得ます。

JALプラチナカードの特典のなかでもとくに注目すべきは以下の3つです。

  • 24時間365日対応のコンシェルジュサービス
  • 世界1,200もの空港ラウンジを利用可能できるプライオリティパス
  • 有名レストランを2名様以上で利用すると1名様分が無料になる優待

コンシェルジュサービスでは、旅行やレストラン、プレゼント(贈り物)などの手配をお願いすることができたりするので、忙しいビジネスマンにはうれしい特典!

さらに提携レストランでは2名のうち1名分が無料になるので、お得に食事を楽しむこともできます。

また、プラチナカードを保有することで世界中で1,200もの空港ラウンジを利用することができるプライオリティパスが無料で付帯します!年間で$429(約4.6万円)かかる最上位のプレステージ会員になることができるので、これだけでも年会費以上の価値です。

ところで、JALプラチナカードでいうと、実はアメックスよりもJCBの方がおすすめです。なので、プラチナカードを発行する前に、一度JCBと比較してみてください。

jalカードプラチナ
JALプラチナカードを徹底解説2019!JCBとAMEXの特典の違いや評判を総まとめ

JALカードの最高位である「JALプラチナカード」 JALの最高ステータスカードであり JALマイルが効率よく貯まる 24時間365日対応のコンシェルジュサービス 世界1,200もの空港ラウンジを利用 ...

続きを見る

ですが、「絶対にアメックスがいい!」という場合には、アメックスを発行した方がいいと思います!身もふたもない話ですが、自分が持ちたいカードを持つのが一番ですからね・・・!

JALアメックスプラチナカードの申込みはこちら

※今なら入会キャンペーンで最大10,550マイルがもらえます!

2019年10月現在:入会キャンペーン中!JALアメックス発行+利用でJALマイルがもらえます

JALカードのキャンペーン

2019年10月現在、JALカードはWeb限定で入会キャンペーンが開催されています!

たとえば、JALアメリカン・エキスプレス・カード(普通カードに該当)の場合のキャンペーンの内訳は以下の通りです。

  • 入会ボーナス:
    2,500マイル
  • ショッピングマイルプレミアム加入:
    500マイル
  • 入会搭乗ボーナス:
    5,000マイル
  • JALカードアプリDL&ログイン:
    50マイル

これがゴールドやプラチナになっても項目は変わらず、もらえるマイル数がぐっと増えます。

せっかくなので、ぜひこの機会を利用して、お得にJALカードを発行してください。

もらえるものは貰っておかないと損ですからね・・・!

>>JALカードのキャンペーンを見る(公式サイトへ)

まとめ:JALアメックスでマイルを貯めよう!

アメックスカードは特典が豊富であり、JALでもあるのでJALマイルが貯めやすい環境が整っています。

ぜひJALアメックスを手に入れて快適なクレジットカードライフを実現しつつ、JALマイルを貯めてみてはいかがでしょうか?

JALアメックスカードの詳細はこちら

JALアメックスカードの申込みはこちら

※グレードを選択後にアメックスカードを選択できます

また、他のJALカードや、はたまた違うJALマイルがたまるクレジットカードを検討したい場合には以下の記事を合わせてお読みください。

オススメのJALカード
おすすめのJALカード決定版2019!20種類のJALカードから現役の陸マイラーが厳選&比較してオススメを紹介!

「自分にぴったりなJALマイルが貯まるカードはどれなの?!」 「JALカードよりもJALマイルが貯まるカードがあるって聞いたんだけど・・・」 クレジットカードを活用してJALマイルを貯めようと思っても ...

続きを見る

-クレカでマイルを貯める
-,

Copyright© マイルの聖書 , 2019 All Rights Reserved.