JALプラチナカード徹底解説2020!JCBとAMEXの特典の違いや評判を総まとめ

jalカードプラチナ

JALカードの最高位である「JALプラチナカード」

JALの最高ステータスカードであり

  • JALマイルが効率よく貯まる
  • 24時間365日対応のコンシェルジュサービス
  • 世界1,200もの空港ラウンジを利用可能できるプライオリティパス
  • 旅行保険がかなり充実している

など魅力が盛りだくさん。

もちろん、JALマイルも貯まりやすいカードであり、JALカードの中でもっとも効率的にJALマイルを貯めることができます。

中でも旅行や出張などでJAL便をよく利用する場合には、JALプラチナカードを持っているとかなりJALマイルが貯まりやすく、発行しないと損と言っても過言ではないケースもあるでしょう。

この記事では、JALプラチナカードのメリットやデメリットについて説明します。

また、他のJALカードや、その他JALマイルが貯まりやすく人気のクレジットカードなどとも比較してみます。

年会費と獲得できるマイル数を考慮すると、年間で50万円以上JALの航空券を購入するなら、JALプラチナカードがもっともお得になります。

さらに空港ラウンジ特典やコンシェルジュサービスも付帯しており、年会費34,100円なのでコスパ良いクレジットカードです。

デメリットとしては、国際ブランドがJCBとAMEXだけである点ですが、これがOKならJALプラチナカードはオススメです。

>>JALプラチナカードの公式サイトはこちら

※今ならカード発行で10,500マイルもらえます(2020年1月15日申し込み分まで)

JALプラチナカードの特徴(JCB・アメックス共通)

JALプラチナカードの特徴を紹介します。

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

JCB
JALプラチナカードJCB
アメックス
JALプラチナカードAMEX
年会費34,100円34,100円
JALマイル
還元率
1.0%1.0%
フライト
マイル
25%アップ25%アップ
海外旅行
保険
最高1億円最高1億円
国内旅行
保険
最高1億円最高5千万円
アドオン
マイル
100円ごとに
4マイル
100円ごとに
4マイル
電子マネー
・WAON
・QUICPay
ありなし

JALプラチナカードにはブランドがJCBとAMEXがあり、発行元が違うため特典が若干違います。

それぞれの特典の違いなどは後ほど説明します。

まずは、JALプラチナカードの基本的なスペックや特典についてです。

JALプラチナの基本的な特徴や特典

  • 年会費は34,100円
  • 通常JALマイル還元率は1.0%
  • JAL便利用時の還元率が4.0%
  • 入会・毎年初回搭乗でボーナスマイル
  • フライトマイル積算率が常に100%
  • 世界1,200ものラウンジが使える
  • 旅行傷害保険が充実

①年会費はプラチナカードにしてはお得な価格帯

年会費は34,100円。

年会費が14万円以上もするプラチナカードがあるなか、34,100円は比較的お得な部類に入ります。

実際に他のプラチナカードと年会費を比較してみます。

年会費
セゾンプラチナ・
アメリカン・
エキスプレス・カード
セゾンアメックスプラチナ
22,000円
JCBプラチナカード
JCBプラチナカード
27,500円
JAL AMEX プラチナ
JALプラチナカード
34,100円
ANA JCB プラチナ
ANA JCBプラチナカード
77,000円
アメックスプラチナ
アメックスプラチナカード
143,000円

年会費がそれほど高くないので「せっかくプラチナカードを手に入れても、JALプラチナってそれほどメリットはないんじゃないか?」と思うかもしれません。

これから説明しますが、JALプラチナカードはJALの飛行機を利用する方にとってはとくにおすすめのプラチナカードです。

逆にいうと、JAL便をまったく利用しない人にとってはJALプラチナカードを発行するメリットは薄い可能性もあります。

②JALマイル還元率は残念ながらJALプラチナカードだからと言って優遇されていない

JALプラチナカードは100円ごとに1JALマイル貯まるため、JALマイル還元率は1.0%です。

JALカードにおけるJALマイル還元率は以下の通りです。

しかし、普通カードやCLUB-Aカードでも、年間3,300円を払えばJALマイル還元率が1.0%にすることができます。

つまり、一番グレードの低いJAL普通カードとプラチナカードのJALマイル還元率は同じになってしまうのです。

プラチナカードなら下位グレードと差別化して欲しいのですが、残念なポイントですよね。

ちなみにこの記事の最後で、JALプラチナカードに興味を持つ人におすすめなクレジットカードを2枚紹介しますが、どちらもJALプラチナカードの還元率を超えています。

なので、カード選びにおいて「ショッピングでJALマイルを貯めること」を重視するなら、JALプラチナカード以外のカードを選択したほうがいいかもしれません。

JALプラチナカードには、もう少し頑張ってほしいところです(苦笑)

ちなみにJALの航空券を買うときはプラチナカードのJALマイル還元率が4.0%ともっとも高いので、年間で50万円以上JALの航空券を購入するなら、年会費と獲得できるマイル数を考慮するとJALプラチナカードがもっともお得になります。

>>JALプラチナカードの公式サイトはこちら

※今ならカード発行で10,500マイルもらえます(2020年1月15日申し込み分まで)

JAL特約店の利用で還元率はアップ

これはJALプラチナカードに限ったことではないのですが、特約店での利用でJALマイル還元率はアップするので、効率的にJALマイルを貯めることができます。

JALの特約店やJALマイレージモールには以下のようなお店があります(人気ショップを厳選しました)。

JXTGエネルギーイオン
有楽町JALプラザランズエンド
大丸松坂屋紀伊書店
ディノス
(オンラインショップ)
スターバックス
(オンライン入金)
ファミリーマート家電専門店ノジマ
トヨタレンタカーJAL航空券
マツモトキヨシJALショッピング
日比谷花壇JAL DUTYFREE ショップ
ロイヤルホスト花キュープット
ウェルシアタイムズレンタカー
いきなりステーキオリックスレンタカー

もしもふだんの買い物で利用している場合は、JALカードを使うことでポイントが2倍になるのでお得にショッピングなどができます!

コンビニを利用するときはファミリーマートを使うなど、買い物先を特約店に合わせるのもいいかもしれません。

ちなみにスターバックスは2019年3月から特約店入りしたのですが、ツイッターでも反響が大きかったので、利用している人が多そうです!

他にもグルメ・百貨店・ファッション・家電・パソコン・スポーツ・美容健康・生活用品・資格など、特約店はなんと50,000以上あります!

なので知らないうちに「+αでポイントがもらえてる!」なんて状況もあるかもしれません。

③JAL便利用時は還元率4%とJALプラチナカードの威力発揮

JALグループ便を利用するときの航空券代などの支払いをプラチナカードですることで、100円ごとに4マイル貯まります。

100円につき4マイル
通常100円=1マイル
特約店100円=1マイル
アドオンマイル100円=2マイル
合計4マイル

JAL便の航空券以外にもアドオンマイルが貯まる商品などは以下の通りです。

  • 航空券など
    JALグループ国内線・国際線航空券
    ペット料金事前お支払いサービス*(国内線のみ)
  • 機内販売
    JAL国内線・国際線機内販売
    JTA機内販売
  • ツアー
    JAL eトラベルプラザ
    ジャルパック・リンリンダイヤル通販(国内線・国際線)
  • 通信販売
    機内誌「JAL SHOP(通信販売)」
    アゴラ通信販売ページ
    通信販売カタログ
    オンラインショップ「JALショッピング」
    JAL SHOP機内販売オンラインストア* など

詳しくは「対象商品と購入場所一覧」をご覧ください。

ちなみにJAL CLUB-Aゴールドカード(※AMEXのみ)にも、アドオンマイルがあります。

CLUB-Aゴールドカードの場合だとアドオンマイルは100円ごとに1マイルなので、JALのチケットを購入時などには100円につき3マイル貯まることになります。

JAL普通カードやJAL CLUB-Aカードだとアドオンマイルがないので、100円につき2マイルとなりプラチナとの差が顕著です。

実際にどのくらいの差が現れるか見てみましょう。

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

プラチナ
JALカードの選び方:プラチナカード
ゴールド(AMEX)
JALアメックス(ゴールド)
CLUB-A/ゴールド
JALカードの選び方:ゴールドカード
普通カード
JALカードの選び方:普通カード
10万円4,000マイル3,000マイル2,000マイル2,000マイル
25万円10,000マイル7,500マイル5,000マイル5,000マイル
50万円20,000マイル15,000マイル10,000マイル10,000マイル
100万円40,000マイル30,000マイル20,000マイル20,000マイル

50万円分ほどJALの航空券を買うと、プラチナカードとゴールドカード(AMEX)の差が5,000マイルです。

ゴールドカード(AMEX以外)や普通カードとの差は10,000マイルです。

たった10,000マイルと感じるかもしれませんが、国内線の往復分のマイルに相当するので、意外と大きな差になることがわかると思います。

▼国内線の特典航空券に必要なマイル数の一例

対象路線通常マイル(往復)JALカード割引
東京〜大阪12,0009,500
大阪〜福岡
東京〜札幌15,00011,500
東京〜福岡
東京〜沖縄
大阪〜札幌
大阪〜沖縄

ちなみにJALマイルの価値は1マイル=1円ではなく大体が3円以上になるので、50万円使ってプラチナとゴールドで15,000円ほどの差が生まれることになります。

もしも1年に一度でもJAL便でビジネスクラスやファーストクラスに乗るか、エコノミーだけど頻繁に乗るであれば、JALプラチナカードの恩恵を受けることができます。

>>JALプラチナカードの公式サイトはこちら

※今ならカード発行で10,500マイルもらえます(2020年1月15日申し込み分まで)

④フライトマイルの積算率がJALプラチナカードなら100%

JALには「JALカード ツアープレミアム」という区間マイルの100%マイルが貯まるオプションがあります。

ツアーマイルプレミアム加入でさらに効率的にJALマイルが貯まる

ツアーマイルプレミアムは、通常年間2,160円のJALのサービスです。

たとえば、先得割引などでチケットを購入するとお得ですがもらえるマイル数が減ってしまう傾向にあります。

しかし、そんな時にツアープレミアムがあれば、先得割引のような時でももらえるマイル数が正規料金の時と同じだけになります。

そもそも飛行機搭乗時にもらえるマイルは「区間マイル(距離) × 積算率」で計算されるのですが、早割料金だと積算率が低く、正規料金だと積算率が高くなる傾向にあります。

早割料金だと積算率が50~75%くらいなのですが、ツアーマイルプレミアムに加入していれば積算率を常に100%にできます。

とはいえ、イメージがつかないと思いますので【東京からパリにダイナミックパッケージでエコノミークラスで行った場合】を例にして「実際どのくらいお得か?」を見てみます。

※ボーナスマイルという部分は一旦無視してください(次の章で解説します)。

ダイナミックパッケージの場合だと料金的にお得なのですが、積算率が50%になってしまうため、ツアーマイルプレミアムに加入した時と比較してもらえるマイル数が50%になってしまいます。

今回の場合だと、もらえるマイル数の差が6,000マイルにもなります。

仮に6,000マイルあると、国内線の片道分のチケットと交換できたり、どこかにマイルという往復6,000マイルで行けるミステリーツアーに参加もできます。

そう考えると、JAL便を利用する機会があるならJALプラチナで無料加入できるツアーマイルプレミアムの恩恵を受けることができます!

ところで、プラチナカードを発行したいという方は、JAL便以外の航空会社も利用する場合もあるかもしれません。

JAL便以外にも、ワンワールドの航空会社やJALとの提携航空会社でもツアーマイルプレミアムは適応されて、積算率が100%になります。

JALカード ツアープレミアムが適応される航空会社なので、上記にあるような飛行機をよく利用する場合には、かなり効率よくJALマイルが貯まっていきます!

>>JALプラチナカードの公式サイトはこちら

※今ならカード発行で10,500マイルもらえます(2020年1月15日申し込み分まで)

⑤ボーナスマイルはJALプラチナカードの優遇なし

JALプラチナカードに限った特典ではないのですが、JALカードを保有していることでJALグループ便の飛行機に乗ることで以下のようにボーナスマイルをもらえる機会があります。

入会・毎年初回搭乗でボーナスマイルがもらえる

しかし、プラチナカードだからといって優遇されるわけではありません。

以下の表にまとめましたが、下位カードであるゴールドカードやCLUB-Aカードとまったく同じです(入会ボーナスマイルを除く)。

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

プラチナ
JALカードの選び方:プラチナカード
ゴールドカード
JAL CLUB-Aゴールドカード
CLUB-A
JAL CLUB-A カードvisa
普通カード
JALカードの選び方:普通カード
入会ボーナスマイル最大10,550マイル最大8,550マイル最大7,550マイル最大2,050マイル
入会後初搭乗
ボーナスマイル
5,000マイル5,500マイル5,000マイル2,000マイル
毎年初搭乗
ボーナスマイル
2,000マイル2,000マイル2,000マイル1,000マイル
フライト
ボーナスマイル
+25%+25%+25%+10%

入会ボーナスマイルではプラチナが優遇されています。
しかし、最初の1回だけなので、次年度からはゴールドカードやCLUB-Aカードとまったく同じです。

ちなみにフライトボーナスマイルは、JAL便などを利用時にもらえるフライトマイルに10~25%上乗せしてマイルがもらえる特典です。

たとえば「東京〜那覇・エコノミークラス・早割・JALカード保有」の場合だと、貯まるフライトマイルは738マイルであり、普通カードだと10%の74マイルがもらえるというものです。

プラチナカードをはじめ、JAL CLUB-Aカード以上のグレードだとフライトボーナスマイルは25%です。

ボーナスマイルがもらえるといっても、実は雀の涙のようにかすかなマイルにしかなりません。

なのでJAL便での出張が多いの方などでなければ恩恵を受けられないのが現実です。

⑥JALプラチナカードなら世界中の空港ラウンジを使えるプライオリティパスが無料付帯!

飛行機を利用するのであれば是非とも使いたい空港ラウンジ。

プラチナカードを保有することで世界中で1,200もの空港ラウンジを利用することができるプライオリティパスが無料で付帯します!

JALプラチナカード特典のプライオリティパス

ちなみにプライオリティパスには3つのランクがありますが、年間で$429(約4.6万円)かかる最上位のプレステージ会員になることができます。

海外だと座席などの設備が比較的良く、軽食はもちろん、アルコール類ではワインやウイスキーやシャンパンなどがある空港ラウンジもあり、かなり有意義な時間を過ごすことができます!

空港ラウンジにはwifiや電源などがあるので、フライトまでの待ち時間で仕事をすることも出来ます。

\国内の空港ラウンジ(成田)/成田空港国内線の空港ラウンジであるIASSラウンジ成田空港国内線の空港ラウンジであるIASSラウンジ
\海外の空港ラウンジ(タイ)/プーケット空港の国内線空港ラウンジのCoral Lounge(コーラルラウンジ)の様子ドンムアン空港国内線空港ラウンジミラクル コワーキング スペース

\海外の空港ラウンジ(ドバイ)/
ドバイの空港ラウンジドバイの空港ラウンジ

忙しいビジネスパーソンには嬉しいですね!

もちろん、プライベートの旅行でも活躍します。
同伴者も1名まで無料で利用できます。

プライオリティパスの無料付帯はプラチナカードだけなので、他のグレードのJALカードとの差別化ポイントです!

>>JALプラチナカードの公式サイトはこちら

※今ならカード発行で10,500マイルもらえます(2020年1月15日申し込み分まで)

⑦付帯保険はさすがはJAL最高位のプラチナカードの充実!

さすがはプラチナカードだけあり、旅行保険は充実していると言ってもいいレベルでしょう。

JCBとAMEXで保険の内容は異なり、JCBの方がより充実しています。

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

JCB
JAL JCBプラチナカード
アメックス
JAL AMEXプラチナカード
海外傷害死亡
傷害後遺障害
最高1億万円海外:最高1億円
自動付帯は5,000万円
国内傷害死亡
傷害後遺障害
最高1億万円国内:最高5,000万円
傷害・疾病
治療費用
1,000万円200万円
※要注意ポイント!
賠償責任
限度額
1億円3,000万円
携行品損害
(1旅行限度額 / 年間限度額)
100万円 / 100万円
免責3,000円 / 1事故
50万円 / 100万円
免責3,000円 / 1事故
救援者費用
(年間限度額)
1,000万円200万円
日本語による
救急サービス
JALカード
ゴルファー保険

プラチナカードだけあり充実していますが、注意が必要な箇所があります。

それはAEMXの傷害・疾病治療費用(限度額)です。

アメリカで20代の旅行者が盲腸の手術費と入院費などで575万円もの請求があった事例がありますが、アメックスだと限度額が200万円なのでカバーできていません。

以下の引用をご覧ください。

2017年度は「29人に1人」がなんらかの事故・病気等に遭われ海外旅行保険を利用しています。

(中略)

当社で2017年度治療・救援費用」の支払いが300万円以上の高額医療費用事故は68件、そのうち1,000万円を超えた事故は8件となっています。

また、治療・救援費用の保険金支払最高額は、3,588万円となりました。

引用:2017年度海外旅行事故データ

2018年には、ハワイで襲撃を受けた方が旅行保険に入っておらず、治療費800万円の請求を受けたことも記憶に新しいです。
筆者は一度タイで一晩入院したことがありますが、15万円でした。

上記の事例を考えると、JCBならまだ安心ですが、AMEXだと心もとないです。

>>JALプラチナカードの公式サイトはこちら

※今ならカード発行で10,500マイルもらえます(2020年1月15日申し込み分まで)

JALプラチナカードの「JCB」と「アメックス」の違い

ここまでJALプラチナカードのJCBとアメックスに共通する基本的なスペックを紹介してきました。

ここからはJCBとアメックスで異なる特典を紹介し、JALプラチナカードを発行するならJCBかアメックスのどちらを選択すべきか比較します。

結論をいうと、以下の理由からJCBがオススメです。

  • WAON対応なので還元率アップできる場面あり
  • QUICPay対応なので支払いが便利
  • 付帯保険がアメックスよりかなり充実している

では、実際にそれぞれの違いを紹介します。

JAL JCB プラチナカード独自の特徴や特典

  • JCB Lounge 京都が使える
  • グルメ・ベネフィットで一人分の食事が無料になる
  • JCBプレミアムステイプランが使える
  • ドクターダイレクト24(国内)

JCB Lounge 京都が使える

京都駅ビル内にある「JCB Lounge 京都」を利用することができます。

ドリンク、ガイドブック・情報誌の閲覧、手荷物の一時預かり、無料Wi-Fiなどのサービスが受けられます。

また、一人がけのテーブルや電源もあるので、出張などのときにパソコン仕事(作業)などで利用するのもいいかもしれません。

グルメ・ベネフィットで一人分の食事が無料になる

日本国内の厳選した有名レストランの所定のコースメニューを、2名以上で予約するとに1名様分の料金が無料となる優待プランです。

プライベートなご会食やビジネスでの接待などでも利用できるので、人によってはこの特典だけでもプラチナカードの年会費の元を取れるかもしれませんね。

JCBプレミアムステイプランが使える

日本全国の上質で人気の高いホテルと旅館を厳選し、優待プランを用意してくれています。

ですが、ホテル予約サイトで予約した方が安いことが多々あるので、それほど利用者はいないかもしれません・・・。

ドクターダイレクト24(国内)

健康・医療・介護・育児などに関する相談や各種医療機関の案内などを、医師・看護師などの専門スタッフが電話で対応してくれます。

相談料は無料です。

JAL アメックス プラチナカード独自の特徴や特典

  • アメリカン・エキスプレス・セレクト
  • スーペリア・エキスペリエンスの特典で割引などの優待が使える
  • ハーツレンタカーのハーツGoldプラス・リワーズが年会費無料になる
  • プラチナ・グルメセレクション
  • 海外アシスタンスサービス「ハローデスク」

JALアメックスプラチナカードは、MUFJがアメックスからライセンスを受けて発行しているため、アメックスとMUFJのプラチナ特典を享受できます。

アメリカン・エキスプレス・セレクト

アメリカン・エキスプレス・セレクトは、アメリカン・エキスプレスが厳選したチケットの先行販売や特別なプラン、また音楽イベントの舞台裏へのアクセスを楽しむことができる特典です。

先行販売チケットやリザーブチケットがあるので、もしも興味があるイベント等がある場合に利用すると便利そうですね!

プラチナ・グルメセレクション

プラチナ・グルメセレクションは、MUFJのグルメの優待プログラムです。

日本国内の厳選した有名レストランの所定のコースメニューを、2名以上で予約すると1名様分の料金が無料になります。

これはJAL JCB プラチナで言うところの「グルメ・ベネフィット」です。

スーペリア・エキスペリエンスの特典で割引などの優待

スーペリア・エキスペリエンスは、ホテル・グルメ・エステの優待プログラムです。

ホテルの場合は、特別優待料金・朝食サービス・アーリーチェックイン・レイトチェックアウトなどの特典があります。

そしてグルメだと特別ディナーの用意・ウェルカムドリンクのプレゼントが、スパ・エステだと特別優待料金などがあります。

ハーツレンタカーのハーツGoldプラス・リワーズが年会費無料になる

ハーツGoldプラス・リワーズは、簡単に言うと、レンタカーの優待です。

お得な料金で利用できたり、手続きが短縮されてスムーズにレンタルすることができます。

海外アシスタンスサービス「ハローデスク」

海外旅行に関する各種サービスの案内や予約手配等海外旅行に関するサポートをしてくれる窓口です。

現地の最新情報、各国の通貨や最近の気候などをはじめ、海外でのさまざまな予約や手配、そしてパスポートなどの紛失、事故など、海外旅行中にトラブルへの対処サポートもあるので、旅行するときも安心です!

JALプラチナカードのブランドは「JCB」がオススメ!

以上、JALプラチナカードのスペックと、JCBとAMEXの独自の特典の紹介でした。

もしも

  • より効率的にJALマイルを貯めたい
  • 出張や旅行でよくJAL便を利用する
  • コンシェルジュを利用したい
  • 世界中の空港ラウンジを利用したい
  • 充実した旅行保険が欲しい
  • お得なレストラン優待を受けたい
  • ステイタス性が欲しい

などに当てはまった場合には、JALプラチナカードはおすすめです。

年会費33,480円とプラチナカードでは比較的お得な金額ですが、特典は充実しており、特典を使うことで年会費以上のリターンが見込めます。

また、今なら発行すると最大で10,500マイルもらえるキャンペーン中なので、手に入れたい場合には早速申し込んでみてはいかがでしょうか?

>>JALプラチナカードの公式サイトはこちら

※今ならカード発行で10,500マイルもらえます(2020年1月15日申し込み分まで)

JALプラチナカードと他のグレードのJALカードを比較!

JALカードのグレードの選び方

JALカードのプラチナとその他のグレードを比較してみます。

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

年会費JALマイル
還元率
入会搭乗
ボーナスマイル
毎年初回搭乗
ボーナスマイル
フライト
ボーナスマイル
アドオンマイル海外旅行保険国内旅行保険空港ラウンジ
普通カード
JALカードの選び方:普通カード
2,200円〜
※初年度無料
通常0.5%1,000マイル1,000マイル通常より10%プラスなし最高2,000万円なしなし
※AMEXのみ国内主要空港
CLUB-A
JAL CLUB-A カード
11,000円通常0.5%5,000マイル2,000マイル通常より25%プラスなし最高5,000万円最高5,000万円なし
CLUB-Aゴールド
JALゴールドカード
17,600円〜通常1.0%5,000マイル2,000マイル通常より25%プラス100円で1マイル
※アメックスのみ
最高5000万円
※OPカードのみ1億円
5,000万円国内主要空港
プラチナ
JALプラチナカード
34,100円通常1.0%5,000マイル2,000マイル通常より25%プラス100円で2マイル最高1億円JCB:1億円
AMEX:5,000万円
世界1,200箇所

ご覧の通り、プラチナカードが優遇されている点もあります。

しかしそれは旅行保険や空港ラウンジなどであり、JALマイルの貯まりやすさにはゴールドカードやCLUB-Aカードと大差ありません。

なので、下記の項目に当てはまる場合にはJALプラチナカードを選び、もしも当てはまらなければ、他のグレードやはたまた別カードを選ぶのがおすすめです(どちらも後ほど紹介します)。

  • JALカードの最上位ステイタスカードがほしい
  • JAL便の決済額が年間50万円以上超える
  • JALカードしか持ちたくなく、総合的に充実度を求める

上記に当てはまらず、JALカードの中で選びたい場合は、以下の分類分けが参考になります。

年1回もJAL便を利用しないなら「JAL普通カード」

JAL普通カード
マイル還元率
0.50%
年会費
2,200円〜
国際ブランドVISA/Master/JCB/AMEX/
空港ラウンジなし
海外旅行保険自動付帯(最高1,000万円)
交換可能マイル JALマイル
JAL便を利用する機会が年2回未満であり、できる限りお得にカード決済でJALマイルを貯めたい方にオススメなカードです!

JAL普通カードは、ショッピングなどの普段の支払いでJALマイルを貯めるのに特化したカードです。

JALマイル還元率は0.5%ですが、JALショッピングマイルプレミアムという年間3,300円のサービスに加入するとJALマイル還元率を1.0%にアップさせられます!

この還元率はJALカードのゴールドやプラチナと同じ還元率です。

ちなみにショッピングでマイルを貯めるのには還元率がかなり大切なので、JAL普通カードを選ぶならJALショッピングマイルプレミアムは加入必須です。

仮に年間200万円利用すると0.5%の差が10,000マイルにもなります(JALカード会員の8割が加入しているそうです)。

旅行保険や空港ラウンジなどの特典はお世辞にもいいとは言えませんが、年会費2,200円(初年度無料)+ショッピングマイルプレミアム3,300円の合計5,500円でJALマイルを効率よく貯められるコスパ抜群のカードです。

また、アメックスだけ年会費が6,000円であり特典も異なります。
旅行保険が充実し、さらに国内主要空港のラウンジが利用できる特典が付帯しています!

年会費は上がりますが、旅行をよくする方はアメックスを選択するのもいいかもしれません。

ふだんの支払い中心にJALマイルを貯めたい、できる限りお得にJALマイルを貯めたい、という方にオススメです!

>>JAL普通カードの公式サイトはこちら

※今ならカード発行で1,850マイルもらえます(2020年1月15日申し込み分まで)

▼JAL普通カードの詳細はこちら

JAL普通カード
JAL普通カード徹底解説2020!お得&効率的にマイルがたまるコスパ抜群クレジットカード!

「JAL普通カードってどんなカードなんだろう?」 「一番グレードが低いJALカードだけど、JALマイルはたまるの?」 JAL普通カードはJALカードの中で一番グレードの低いカードであり、他社のカードで ...

続きを見る

年会費を抑えつつ充実した特典を希望なら「 JAL CLUB-Aゴールドカード」

JALゴールドカード
マイル還元率
1.00%
年会費
17,600円〜
国際ブランドVISA/Master/JCB/AMEX/Diners
空港ラウンジ国内主要空港
海外旅行保険自動付帯(最高5,000万円)
交換可能マイル JALマイル
カード決済でもJAL便利用時でもマイルが貯まりやすく、付帯特典も付いてバランスがいいカードです。
種類が8種類ほどありますが、利用する電子マネーで選ぶのがオススメです。

JAL CLUB-A ゴールドカードは、ふだんのショッピングでもJAL便利用時でも効率的にJALマイルを貯められる魅力的なカードです!

JALゴールドカードはJALショッピングマイルプレミアムに無料加入しているため、JALマイル還元率は常時1.0%と高還元率!

効率的にJALマイルが貯まるのはもちろん、ゴールドカードだけありその他の特典もかなり魅力的。
国内主要空港のラウンジが利用することができ、さらに旅行保険は充実しているので旅行の時も安心です!

▼ゴールドの付帯保険(参考までにCLUB-Aと比較)

CLUB-Aゴールドカード
JALゴールドカードVISA
CLUB-Aカード
JAL CLUB-AカードVISA
海外旅行保険
(傷害死亡・傷害後遺障害
最高1億円最高5,000万円
国内旅行傷害保険
(傷害死亡・傷害後遺障害)
最高5,000万円最高5,000万円
傷害・疾病治療費用*
(海外旅行時の限度額)
最高300万円150万円
賠償責任
(海外旅行時の限度額)
海外旅行時の1旅行限度額:
50万円
年間限度額:
100万円
海外旅行時の1旅行限度額:
50万円
年間限度額:
100万円
救援車費用
(海外旅行時の年間限度額)
最高400万円100万円
日本語による救急サービス
(海外旅行時)
無料無料
JALカードゴルファー保険自動付帯(最高限度額1億円)なし

※傷害・疾病治療費用は、診療費・入院費をまかなう補償です。付帯保険でもっとも重要な項目のひとつです。

ショッピング保険や国内・海外航空機遅延保険の自動付帯でもゴールドカードの方がかなり充実しています。

ゴールドカードなのでステータス性があるのも嬉しいポイント。

ちなみに、AMEXとダイナースは少しだけ年会費と特典などが異なります。

AMEXの場合だとアメリカン・エキスプレス・インバイツという特典が加わり、厳選したチケットの先行販売や特別なプラン、また音楽イベントの舞台裏へのアクセスができるようになります。

ダイナースの場合だと、国内・海外で合わせて850ヵ所以上の空港ラウンジを会員とその家族が無料で利用することができたり、対象レストランの所定のコース料理が会員を含む2名様以上の利用で1名様分が無料になるグルメ優待もあります。

JAL CLUB-A ゴールドカードは、JALマイルが貯まりやすく、特典も充実しているのでバランスのとれたオススメのカードです!

>>JALゴールドカードの公式サイトはこちら

※今ならカード発行で8,050マイルもらえます(2020年1月15日申し込み分まで)

▼JALゴールドカードの詳細はこちら

JALゴールドカード
JALゴールドカード徹底解説2020!高還元率&空港ラウンジを利用できる優れたクレジットカード!

※当記事ではJAL CLUB-A ゴールドカードをJALゴールドカードと表記します。 「JALゴールドカードのスペックやメリット・デメリットを知りたい!」 「JALゴールドカード以外のグレードのJAL ...

続きを見る

JALプラチナよりもJALマイルを貯める上でおすすめクレジットカードの提案

JALプラチナカードは、JALマイルの観点に限らず、魅力的な特典が盛りだくさんです。

しかし、もしもJALマイルを貯めるためにJALプラチナカードを選ぼうとしているなら「SPGアメックスカード」や「セゾンプラチナビジネスアメックスカード」を検討してみてはいかがでしょうか?

JALマイルを貯めるのに適したクレジットカードの詳細は以下の記事で詳しく説明しています。

興味がある場合は是非合わせてお読みください。

オススメのJALカード
おすすめのJALカード決定版2020!20種類のJALカードから現役の陸マイラーが厳選&比較してオススメを紹介!

ところで、当サイトではカード検索機能を用意しています。 自分に合ったクレジットカードの候補が一発で分かるので、ぜひご活用ください! ※JALマイル向けカードの場合は、貯めたいマイルで「JAL」を選択し ...

続きを見る

①JALマイル還元率1.125%のプラチナカード「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード
マイル還元率
1.125%
年会費
11,000円
国際ブランドAMEX
空港ラウンジ
海外旅行保険
交換可能マイル JALマイル
普段の支払いでJALマイルを貯めたいなら、このカードがもっともオススメ!
年会費11,000円(年間200万円決済で割引)でJALマイル還元率が最大1.375%は驚きのレベルです。

JALマイル還元率が1.125%とJALカードをも凌ぐ高還元率カードである「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下、セゾンプラチナ ・ビジネス)」

JAL便をそれほど利用せず、ショッピングなど中心でJALマイルを貯めるならJALカード以上にオススメです!

ところで、2019年4月よりセゾンクラッセという、自分自身のクラス(ランク)に応じて特典がプラスされてさまざまな場面でおトクになったり、優待が受けられる新サービスが登場したのですが、セゾンクラッセを活用することでJALマイル還元率を最大1.375%にできます・・・!

※その仕組みについて、ここでは割愛します。気になる方は「セゾンクラッセの記事」をご覧ください。

高還元率なのはもちろんのこと、プラチナカードなのでそのほかの特典も魅力的です。

24時間365日、専任のスタッフが対応してくれるコンシェルジュサービスも受けることができたり、世界中で1,200もの空港ラウンジを利用することができるプライオリティパスが無料で付帯。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスを発行すると「プライオリティパス」という世界中の空港ラウンジを利用できる会員証みたいなカードを発行

プライオリティパスでいうと、年間で$429(約4.6万円以)かかる最上位のプレステージ会員になることができるので、これだけでも年会費以上の価値です。

年会費は22,000円ですが年間の利用額が、200万円を超えると次年度の年会費が11,000円に割引されます。

たった11,000円でJALカード以上にJALマイルが貯まり、しかも魅力的な特典付帯コスパ抜群のカードと言えます(※仮に22,000円だったとしても十分にコスパ抜群)。

ビジネスカードですが個人でも発行することができ、さらにインビテーション不要なので、誰でも申し込むことが可能です。

※実際の申し込みフォームに「会社員」という選択肢があります!

>>セゾンプラチナ・ビジネスの公式サイトはこちら

※今なら入会キャンペーンで9,000マイル相当のポイントがもらえます!

▼セゾンプラチナ ・ビジネスのことは以下の記事でまとめています。

②JALマイル還元率1.25%を誇る「SPGアメックスカード」

SPGアメックスカード
マイル還元率
1.25%
年会費
34,100円
国際ブランドAMEX
空港ラウンジ
海外旅行保険
交換可能マイル JALマイル
ANAマイル
その他マイル
1.25%の高還元&ANAマイルとJALマイルのどちらにも交換可能であり、圧倒的にマイル向きカードです。
陸マイラーに大人気であり、当サイトの編集長もメインカードとして使っています。

JALマイル還元率がなんと1.25%であり、さらにJALマイルの有効期限を気にしなくてよい「SPGアメックスカード」

JALマイル還元率で見たら、JALカードを普通に上回りトップクラスの還元率を誇ります・・・!

さらにSPGアメックスカードはポイントの有効期限ありません。

社会人だと、仕事や家族との予定などでいつでも旅行に行けるわけではなく、失効のリスクは比較的高いのが現実です。

マイルの失効を気にすることなくコツコツとマイルを貯めることができるのも嬉しいポイントですよ!

また貯めたポイントはJALマイルをはじめ、ANAなど40以上の航空会社のマイルに交換可能。

なので、JAL以外の航空会社に乗りたくなった時に対応できるのは他のカードにはないSPGアメックスならではの魅力です。

+ 交換できるマイル一覧(クリックして開く)

アライアンス航空会社名
スターアライアンスANA
ユナイテッド航空
シンガポール航空
タイ国際航空
ルフトハンザ・ドイツ航空
エアカナダ
ニュージーランド航空
エアチャイナ
南アフリカ航空
ターキッシュエアラインズ
コパ航空
アシアナ航空
エーゲ航空
TAPポルトガル航空
アビアンカ航空
ワンワールドJAL
キャセイパシフィック航空
ブリティッシュエアウェイズ
カタール航空
アメリカン航空
カンタス航空
イベリア航空
LATAM航空
スカイチームデルタ航空
エールフランス航空
大韓航空
中国東方航空
サウジアラビア航空
アリタリア航空
アエロメヒコ航空
アエロフロート航空
非加盟エティハド航空
エミレーツ航空
ハワイアン航空
中国南方航空
アラスカ航空
ヴァージンオーストラリア航空
サウスウェスト航空
ジェットスター航空
ジェットブルー航空
ヴァージンアトランティック航空
フロンティア航空
海南航空

そして、SPGアメックスカードはもともとホテル系列のクレジットカードなので、マリオットボンヴォイ系列(マリオットやリッツ・カールトン、シェラトンなど)のゴールド会員になることができます。

ゴールド会員になると、部屋のアップグレードやアーリーチェックイン・レイトチェックアウトをはじめ、さまざまホテル優待があります!

実際に僕はタイのリッツ・カールトンに宿泊したときに、部屋が2段階もアップグレードしました・・・!

リッツ・カールトンの客室

タイのリッツ・カールトンの「客室」

そして、そのような高級ホテルに毎年のように無料宿泊できる権利をもらえるので、年会費が34,100円なものの、一瞬でペイできてしまいます。

もしも年1くらいでいいホテルに泊まるなら、SPGアメックスを持たないと損と言っても過言ではありません・・・!

ショッピング中心かつ全力でJALマイルを貯めたいならSPGアメックスで決まりです!

陸マイラーの間で人気沸騰中で、このカードをメインカードとしている方がどんどん増えています。

>>SPGアメックスカードの公式サイトはこちら

※今なら入会キャンペーンで10,000マイル相当のポイントがもらえます!

▼SPGアメックスカードのことは以下の記事でまとめています。

まとめ:JALプラチナカードを発行するなら「JAL JCB プラチナ」がオススメ!

JALプラチナカードを発行するなら「JAL JCB プラチナ」がおすすめです。

しかし、ほかのグレードのJALカードや、はたまた別のクレジットカードという選択肢もあります。

是非、自分にぴったりのクレジットカードを見つける参考になったなら幸いです。

※クリックすると公式サイトに移動します

この記事のまとめ!

JALプラチナカードは、JAL便を自費で利用する機会が多い人なら、かなり恩恵が受けられるカードです。

しかし、もしも自費購入が年間で50万円未満なら、別のグレードを検討してもいいかもしれせん。
※空港ラウンジ特典・旅行保険・コンシェルジュなどの付帯特典が魅力なので、一概に「マイル」だけでは判断できませんが...。

また、主にショッピングでJALマイルを貯めようと考えているなら、SPGアメックスカードのようなJALカード以外のカードも選択肢に挙がってきます。

カード選びは大変かと思います。
この記事があなたのカード選びの参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

以上で、記事はおしまいです。もしも「自分に合ったカードを見つけたい!」という方は、以下の検索機能をご活用ください。
ぴったりのクレカを探す!
貯めたいマイル
月々の決済額
年間の航空券代※ANAもしくはJAL
電子マネー

-JALマイル向けクレジットカード
-,

Copyright© マイルの聖書|陸マイラー直伝!マイルの貯め方・使い方ガイド〜クレジットカードを活用してANA&JALマイルを貯めよう〜 , 2020 All Rights Reserved.