MENU
カテゴリー

JALゴールドカード完全ガイド!高還元率&空港ラウンジを利用できる優れたクレジットカード!

※当記事ではJAL CLUB-A ゴールドカードをJALゴールドカードと表記します。

JALカードの中でゴールドカードに分類されるJALゴールドカード。

マイル還元率が1.0%と高還元率であり、JAL便利用時にマイルが貯まりやすく、さらに旅行保険が手厚くて空港ラウンジが利用できる万能なクレジットカードです。

年会費が16,000円ですが、付帯特典等を考えるとコスパいいと言えます。

JALゴールドカードは種類が多いですが、利用する電子マネーで選べばOKです。

SuicaならSuica・PASMOならOP・WAONならTOKYUです。

目次

【結論】向いている方とタイプ別オススメなJALゴールドカード

とにかく手っ取り早く「自分にあってるか知りたい!」「オススメのJALゴールドカードを知りたい!」という方のために、先に向いている方の特徴とタイプ別でのおすすめJALゴールドカードを紹介します。

向いている方

JALゴールドカードの特徴としては、以下の通りです。

  • JALマイル還元率1.0%(JAL便購入時3.0%)
  • JAL便利用時にボーナスマイル+25%
  • 国内主要空港ラウンジ利用可能
  • 旅行保険は一般的なゴールドカード級
  • 年会費は16,000円〜

基本的には効率的にJALマイルを貯めたい方向けのカードであり、その中でもJAL便を年4回以上利用する方向けです。

JAL便を利用しないかつ特典が不必要な場合には、下位カードのJAL普通カードがオススメです。

カード決済をせずに特典不要でJAL便利用時のみでいい場合には、下位カードのJAL CLUB-Aカードがオススメです。

また、もしもカード決済でしかJALマイルを貯める予定でない場合には、JALゴールドカード以上にマイル還元率がいいカードであるセゾンプラチナビジネスアメックスカードやSPGアメックスカードが候補に入ってきます。

タイプ別のおすすめJALゴールドカード

JALゴールドカードの選び方ですが、以下の5つのパターンのうちのどれに当てはまるか考えると、選ぶべき提携カードが明確になります。

※クリックすると公式サイトに移動します
※公式サイトではゴールドカードを選択後に提携カードを選べます。

  1. Suicaをよく利用する
    Suica
  2. PASMOを利用する
    OP(小田急)
  3. WAON(イオン系列など)を利用する
    TOKYU POINT ClubQ(東急)
  4. 世界中の空港ラウンジを使いたい
    ダイナースカード
  5. どれにも該当しない
    TOKYU POINT ClubQ(東急)

この選び方をすれば、JALゴールドカードの提携カード選びで間違えることはありません。

JAL CLUB-A ゴールドカードの基本スペック

国際ブランド VISA/Master/JCB
AMEX/Diners
年会費 常時 17,600円
AMEX:20,900円
Suica:20,900円
Diners:30,800円
割引 なし
還元率 常時 1.0%
上限 1.0%
航空券 2.0%
AMEX:3.0%
ボーナス
マイル
カード継続 2,000マイル
フライト
ボーナス
+25%
付帯保険 海外 最大5,000万~1億円
国内 最大5,000万円
空港ラウンジ ・国内主要空港
・ホノルル
・世界800以上(Diners)
キャンペーン情報 最大8,550マイル!
公式サイト >> 公式サイト

JALゴールドカードはマイル還元率1.0%

JALゴールドカードはマイル還元率が1.0%であり、特約店や電子マネーの利用で1.5%以上にもなるため、数あるクレジットカードの中でも高還元率カードです。

JALカードは通常、ゴールドカードもノーマルカードも還元率が0.5%ですが、JALゴールドカードは還元率を2倍にできるショッピングマイル・プレミアムという有償サービスに無料加入できるため、常時1.0%を実現できています。

※これはゴールドカードとプラチナカードだけの特典であり、ノーマルカードに該当するJAL普通カードや、ゴールドカードと普通カードの間であるCLUB-Aカードだと年間3,000円を支払う必要があります。

JAL特約店とJALマイレージモールの利用で還元率はさらにアップ

特約店での利用でJALマイル還元率はアップするので、効率的にJALマイルを貯めることができます。

JALの特約店には以下のようなお店があります(人気ショップを厳選)。

JXTGエネルギーイオン
有楽町JALプラザランズエンド
大丸松坂屋紀伊書店
ディノス
(オンラインショップ)
スターバックス
(オンライン入金)
ファミリーマート家電専門店ノジマ
トヨタレンタカーJAL航空券
マツモトキヨシJALショッピング
日比谷花壇JAL DUTYFREE ショップ
ロイヤルホスト花キュープット
ウェルシアタイムズレンタカー
いきなりステーキオリックスレンタカー

もしも上記のようなお店でふだんの買い物で利用している場合は、JALカードを使うことでポイントが2倍になるので、お得にショッピングなどができます。

ちなみにスターバックスは2019年3月から特約店入りしたのですが、ツイッターでも反響が大きかったので、利用している人が多そうです。

他にもグルメ・百貨店・ファッション・家電・パソコン・スポーツ・美容健康・生活用品・資格など、特約店は50,000以上あります。

JAL便利用時にもらえるJALマイル多数

JAL便利用時にもらえるボーナスマイルは、申し分なしです、

ボーナスマイルはJALカードだけあり、他のクレジットカードと比べるとJAL便利用時にはダントツでJALマイルが貯まります。

下位カードであるCLUB-Aカードや、上位カードであるプラチナカードと貯まる量はまったく一緒なので、ゴールドカードだからこその特典ではないですが、もらえるだけ嬉しいですよね。

実際にもらえるマイルは以下の3パターンです。

  • 入会後搭乗ボーナスマイル:
    5,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナスマイル:
    2,000マイル
  • フライトボーナスマイル:
    +25%

旅行保険は充実(JCBとOPが一番)

ゴールドカードだけあり、どの提携カードでも旅行保険は充実しています。

→→→ 表を左右にスクロールできます →→→

JCB Mastercard Visa Suica AMEX ダイナース TOKYU OP
傷害死亡
傷害後遺障害
海外:1億円
国内:5,000万円
最高5,000万円 海外:5,000万円
国内:5,000万円
最高1億円 最高5,000万円 海外:1億円
国内:5,000万円
傷害・疾病治療費用 300万円 150万円 200万円 300万円 150万円 300万円
賠償責任 1億円 2,000万円 3,000万円 1億円 2,000万円 1億円
携行品損害 50万円/100万円(免責3,000円/1事故)
救援者費用 400万円 150万円 100万円 200万円 400万円 150万円 400万円

ところで旅行保険で着目すべきなのは「傷害・疾病治療費用」です。

傷害・疾病治療費用は、怪我したり病気になったときの治療にかかった費用に対する補償です。

いざ海外で病気や怪我が原因で病院で治療を受けたり入院しても、JCBとOPなら300万円までカバーできます。

他の点だとダイナースカードは海外だけではなく、国内での旅行保険も充実しているのが特徴ですね。

空港ラウンジ

JALゴールドカードはどの提携カードにも空港ラウンジ特典は付帯します。

基本的には、国内主要空港+ハワイです。

地域空港名ラウンジ名
北海道・
東北
新千歳空港スーパーラウンジ
ロイヤルラウンジ
函館空港ビジネスラウンジ
A Spring
旭川空港LOUNGE 大雪
『TAISETSU』
青森空港エアポートラウンジ
秋田空港ロイヤルスカイ
仙台国際空港ビジネスラウンジ
EAST SIDE
中部新潟空港エアリウムラウンジ
富山空港ラウンジらいちょう
小松空港スカイラウンジ白山
中部国際空港レミアムラウンジ
セントレア
富士山静岡空港YOUR LOUNGE
関東成田国際空港
(第1ターミナル)
ビジネス&トラベル
サポートセンター内
ラウンジ
IASS EXECUTIVE
LOUNGE1
成田国際空港
(第2ターミナル)
T.E.Iラウンジ
IASS EXECUTIVE
LOUNGE2
羽田空港
(第1ターミナル)
POWER LOUNGE
CENTRAL
POWER LOUNGE
SOUTH
POWER LOUNGE
NORTH
羽田空港
(第2ターミナル)
エアポートラウンジ(南)
POWER LOUNGE
CENTRAL
POWER LOUNGE
NORTH
SKY LOUNGE
SKY LOUNGE
ANNEX
近畿伊丹空港ラウンジオーサカ
関西国際空港六甲
金剛
アネックス六甲
比叡
神戸空港ラウンジ神戸
中国岡山空港ラウンジマスカット
広島空港ビジネスラウンジ
もみじ
米子空港ラウンジ DAISEN
山口宇部空港ラウンジきらら
出雲縁結び空港エアポートラウンジ
四国徳島空港エアポートラウンジ
ヴォルティス
高松空港ラウンジ讃岐
松山空港ビジネスラウンジ
スカイラウンジ
九州福岡空港くつろぎの
ラウンジTIME
ラウンジTIME
インターナショナル
北九州空港ラウンジひまわり
長崎空港ビジネスラウンジ
アザレア
大分空港ラウンジ くにさき
熊本空港ラウンジ「ASO」
鹿児島空港スカイラウンジ
菜の花
沖縄那覇空港ラウンジ華 ~hana~

ダイナースカードだと一気に世界中850以上もの空港ラウンジを利用でき、アメックスだと同伴者も1名無料です(通常は1,000~3,000円ほど)。

空港ラウンジの視点からいうと、ダイナースやアメックスが優秀と言えます。

JAL CLUB-A ゴールドカードの提携カードの独自のスペック

JALゴールドカードには提携カードが8種類あり、それぞれで特徴が違うので、提携カードごとに特典を紹介します。

→→→ 表を左右にスクロールできます →→→

国際ブランド 年会費 付帯保険 空港ラウンジ 電子マネー①
WAON
電子マネー②
PASMO
電子マネー③
Suica
電子マネー④
QUICPay
①JCB JCB 17,600円 最高1億円 国内28空港
海外1空港
× ×
②OP 最高1億円 × × × ×
③Suica 20,900円 最高5,000万円 × × ×
④VISA/Master VISA
Mater
17,600円 最高5,000万円 × × ×
⑤TOKYU × ×
⑥AMEX AMEX 20,900円 最高5,000万円 国内28空港+海外1空港
※同伴者1名様まで無料
× × × ×
⑦ダイナース ダイナース 30,800円 最高1億円 国内28空港
海外900空港
× × × ×

①JAL JCBカード(通常デザイン)CLUB-Aゴールドカード

  • 年会費:16,000円
  • 付帯保険:◎(ダイナースに次いで充実)
  • 対応電子マネー:WAON
  • 特徴:JALゴールドカードで唯一QUICPayに対応

JALゴールドカードで唯一QUICPayに対応しているため、クレジットカードが利用できない場面でも、QUICPayが使えるお店であればJALマイルを貯めることができます。

カードからQUICPayへのチャージが100円ごとに1JALマイル貯まります。

また、WAONにも対応しており、カードからWAONヘのチャージ+WAON支払いで常時JALマイル還元率1.5%を実現できるのも魅力です。

付帯保険は充実しています。

怪我したり病気になったときの治療にかかった費用に対する補償する保証は300万円あるので、旅行のときも安心です。

デメリットとしてはJCBである点。

国内なら利用できないお店はほぼないですが、海外に行くと使えない場面が増えます。

②JALカード OPクレジット CLUB-Aゴールドカード

  • 年会費:16,000円
  • 付帯保険:◎(ダイナースに次いで充実)
  • 対応電子マネー:PASMO
  • 特徴:
    PASMOへのチャージがもっともお得
    小田急での買い物でポイントが増える

JALゴールドカードでPASMOへのチャージがもっともお得にできるカードです。

カードからPASMOへのチャージ+PASMO利用で常時JALマイル還元率1.5%を実現できます。

のちほど紹介するTOKYUでもPASMOチャージができますが、TOKYUの場合だと1.25%が限界なのでOPには敵いません。

また、小田急ポイントサービス加盟店でカードを利用する場合、JALカード OPクレジットで支払うともっとも多くのJALマイルを貯められます。

そして付帯保険は充実しています。

怪我したり病気になったときの治療にかかった費用に対する補償する保証は300万円あるので、旅行のときも安心です。

デメリットとしてはJCBである点。

国内なら利用できないお店はほぼないですが、海外に行くと使えない場面が増えます。

③JALカード Suica CLUB-A ゴールドカード

  • 年会費:19,000円
  • 付帯保険:○(一般的)
  • 対応電子マネー:Suica
  • 特徴:
    唯一Suicaへのチャージができる
    WEB明細登録で年間200マイルほど

JALゴールドカードで唯一Suicaにチャージできるカードです。

1,000円チャージするとJRE POINTが15ポイント貯まり、JRE POINTは1,000ポイントで500マイルと交換できるので、1,000円チャージで5マイル相当のポイントが貯まります。

Suicaを利用するときはマイル還元率が1.5%と高還元率です。

また、WEB明細ポイントサービスに登録しておくと、毎月20ポイント(年間240ポイント)貯まり、JALマイルに交換すると大体200マイルが獲得できます。

デメリットとしてはJCBである点。

国内なら利用できないお店はほぼないですが、海外に行くと使えない場面が増えます。

④JAL VISA/Mastercard CLUB-Aゴールドカード

  • 年会費:
    16,000円
  • 付帯保険:
    ○(一般的)
  • 対応電子マネー:
    WAON
  • 特徴:
    発行する価値はない

JALゴールドカードの中で、もっとも特徴がなく発行をオススメできないのが、通常のVisaとMastercardです。

理由としては、このカードの上位互換がTOKYUであるからです。

⑤TOKYU POINT ClubQ Visaカード CLUB-Aゴールドカード

  • 年会費:16,000円
  • 付帯保険:○(一般的)
  • 対応電子マネー:WAON・PASMO
  • 特徴:
    WAONが使える
    PASMOが使える

WAONとPASMOの2つにチャージ出来る唯一のカードです。

WAONへのチャージで200円ごとに2JALマイル貯まり、WAONの利用で200円ごとに1JALマイルたまるので、マイル還元率1.5%を実現できます。

また、PASMOの場合は、JALカードからPASMOへのチャージで200円ごとに2JALマイル貯まり、Suicaの利用で400円ごとに1JALマイル貯まるので、マイル還元率1.25%を実現できます。

2種類の電子マネーを使えることから、より多くの場所で効率よくJALマイルを貯められるため、JALカードの中で陸マイラーに人気高い提携カードです。

デメリットはとくにありません。

⑥JAL アメリカン・エキスプレス・カード CLUB-Aゴールドカード

  • 年会費:19,000円
  • 付帯保険:○(一般的)
  • 対応電子マネー:なし
  • 特徴:
    空港ラウンジで同伴者無料
    手荷物宅配サービスを無料利用

アメックスは旅行保険や空港ラウンジなどの旅行関連の特典に定評のある国際ブランドですが、JALゴールドにおいてはアメックスの強みを発揮できていません。

その理由として、JALゴールドカードの基礎スペックとしての付帯保険と空港ラウンジが充実しているからです(差別化するためかアメックスは同伴者無料です)。

唯一嬉しい特典としては、スーツケース1個分の荷物を自宅まで無料配送です。

海外から帰国したときに限りますが、成田国際空港・羽田空港・中部国際空港・関西国際空港のいずれかなら空港から自宅までスーツケース1個分の荷物を無料配送できます。

JALマイルを効率よく貯めるためのカギである電子マネーに対応もしていないので、年間19,000円も払って保有すべきかと聞かれたら、個人的にはNOです。

⑦JALダイナースカードCLUB-Aゴールドカード

  • 年会費:28,000円
  • 付帯保険:◎(もっとも充実)
  • 対応電子マネー:なし
  • 特徴:
    世界800以上の空港ラウンジ
    レストラン・旅行優待
    手荷物宅配サービスを無料利用

他のJALゴールドカードと比べて年会費が10,000円以上アップし、税込だと30,000円越えのダイナース。

国内・海外で合わせて850ヵ所以上の空港ラウンジを会員とその家族が無料で利用することができ、対象レストランの所定のコース料理が会員を含む2名様以上の利用で1名様分が無料になるグルメ優待もあります。

他のJALゴールドカードに比べて、付帯特典がかなり充実します。

ですがJALマイルを貯める観点で言うと、電子マネーに対応していないのが微妙な点です。

ダイナースは世界シェアが少なく、海外で使えないことも多いので注意が必要です(日本でも使えない割合は高いかもしれません)。

JAL CLUB-Aゴールドカードの提携カードの選び方

提携カードの選び方ですが、以下の5つのパターンのうちのどれに当てはまるか考えると、選ぶべき提携カードは明確になります。

  1. Suicaをよく利用する
    Suica
  2. PASMOを利用する
    OP(小田急)
  3. WAON(イオン系列など)を利用する
    TOKYU POINT ClubQ(東急)
  4. 世界中の空港ラウンジを使いたい
    ダイナースカード
  5. どれにも該当しない
    TOKYU POINT ClubQ(東急)

この選び方をすれば、JALゴールドカードの提携カード選びで間違えることはありません。

JALゴールドカードと他のグレードのJALカードを比較!

JALマイルを貯めるためのJALゴールドカードの選び方

JALゴールドカードと、それ以外のグレードの違いについて説明します。

もしも他のグレードと迷っている場合に「ゴールドで間違いなかった!」と納得したい場合には、合わせてお読みください。

ステータスや特典はそれほど必要ないなら「JAL普通カード」

→→→ 表を左右にスクロールできます →→→

普通カード ゴールドカード
年会費 2,000円
※初年度無料
16,000円〜
JALマイル
還元率
通常0.5% 通常1.0%
入会後搭乗
ボーナスマイル
2,000マイル 5,000マイル
毎年初回搭乗
ボーナスマイル
1,000マイル 2,000マイル
フライト
ボーナスマイル
なし 25%プラス
旅行保険 最高1,000万円 最高5,000万円

ショッピングでJALマイルを貯めることに特化するのであれば、JALゴールドカードではなくJAL普通カードでもOKです。

年会費の差が14,000円あるのに、ショッピングにおけるマイル還元率が変わらないのが理由です。

JAL普通カードは、初年度無料、次年度以降は年会費2,000円で保有することができます。

私はあまり自費でJALの飛行機に乗る機会がないので、年会費を抑えてショッピングでコツコツをマイルを貯めることに特化して、普通カードを保有しています。

\実際に発行したJAL普通カード!/JALカードでJALマイルを貯める

提携カードはTOKYU POINT ClubQであり、WAONとPASMOを活用してJALマイルを貯めています。

ステータス性にこだわりがなく、ふだんの支払いでJALマイルを貯める予定の場合にはおすすめです。

ステータスを重視してコンシェルジュも利用したいなら「JALプラチナ」

→→→ 表を左右にスクロールできます →→→

プラチナカード ゴールドカード
年会費 31,000円 16,000円~
JALマイル
還元率
通常1.0% 通常1.0%
入会後搭乗
ボーナスマイル
5,000マイル 5,000マイル
毎年初回搭乗
ボーナスマイル
2,000マイル 2,000マイル
フライト
ボーナスマイル
25%プラス 25%プラス
アドオンマイル 100円ごとに
2マイル
なし
AMEXのみ100円
ごとに1マイル
旅行保険 最高1億万円 最高5,000万円
空港ラウンジ 世界1,200箇所 国内主要空港など30箇所ほど
※ダイナースは異なる
コンシェルジュ あり なし

JALカードの最高峰である「JALプラチナカード」

JALゴールドカードとは年会費が15,000円の差があるので、もしかすると候補には入ってなかったかもしれません。

ショッピングや飛行機搭乗では貯まるマイルの差はほぼありませんが、JAL便の航空券を買うときにプラチナカードだと還元率が4.0%になり、ゴールドカードの2倍近くなります。

「JAL便を自費で買うことが多い(目安として年間50万円)」という場合にはプラチナカードを選択肢に入れてみてください。

JALプラチナカードの魅力は何と言っても「専任のスタッフが24時間365日、相談や要望を聞いてくれるコンシェルジュサービス付き」でしょう。

さらには世界1,200箇所の空港ラウンジが利用できるプライオリティパス(通常年間$499)が無料付帯します。

年会費は31,000円とゴールドカードよりも15,000円高いですが、至高の一枚です。

プラチナカードですがインビテーションなしで申込可能なので、もしも興味ある場合にはプラチナを選んでもいいかもしれません。

申込基準は「日本に生活基盤のある、20歳以上でご本人に安定した収入のある方(学生を除く)」なので申込ハードルはそれほど高くないと言えます。

今ならCLUB-Aゴールドカードの入会で最大8,050JALマイルがもらえる!

現在のJALカードの入会キャンペーンは以下の通りです。

表を左右にスクロールできます

合計 カード入会ボーナス ショッピングマイル・プレミアム
入会ボーナス
JALカードアプリを
ダウンロード&ログイン
カード利用ボーナス* 入会搭乗ボーナス
普通カード 1,850マイル 300 500 50 抽選でAmazonギフト券
3,240円分
1,000
CLUB-A 7,050マイル 1,500 500 50 抽選でAmazonギフト券
3,240円分
5,000
CLUB-Aゴールド 8,050マイル 2,500 500 50 抽選でAmazonギフト券
3,240円分
5,000
プラチナ 10,550マイル 5,000 500 50 抽選でAmazonギフト券
3,240円分
5,000

※JALカードショッピングマイル・プレミアムに同時入会+合計3万円以上のカード利用で10分の1の確率でAmazonギフト券プレゼント

入会後にJAL便を利用したときにもらえるJALマイルが多いのですが、それを除いても850~5,500マイルをもらえるので、入会キャンペーンを利用しない手はありません。

上記のキャンペーンはWeb限定なので、空港などで営業マン経由で申し込むのではなく、Web(ネット)から申し込む必要がある点だけご注意ください。

JAL CLUB-A ゴールドカードの審査・申込ハードルについて

JALゴールドカードは公式サイトで以下のように審査基準を公表しています。

→→→ 表を左右にスクロールできます →→→

カードの種類 申込資格
VISA・MasterCard 20歳以上で、一定以上の勤続年数・営業歴と安定収入のある方
(DCカードをお持ちの方は利用実績があり、会員規約を遵守されている方)
JCB 20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
(学生の方はお申し込みいただけません。)
アメックス 原則として20歳以上で、ご本人に安定した収入のある方(学生を除く)
ダイナースカード 原則として27歳以上で、安定継続収入のある方
Suica 日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる20歳以上の安定した収入のある方
TOKYU POINT ClubQ
(東急)
20歳以上、一定以上の勤続年数・営業歴と安定収入のある方
OP(小田急) 20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
(学生の方はお申し込みいただけません。)

まとめ:JAL CLUB-AゴールドカードでJALマイルを貯めよう!

JALゴールドカードは

  • JALマイルをたくさん貯めたい!
  • 出張や旅行などでJAL便を利用する!
  • 空港ラウンジなどの特典も欲しい!

という方におすすめなカードです。

マイル還元率が1.0%と高還元率でありながら、フライトマイルが貯まりやすく、さらに旅行保険が手厚くて空港ラウンジが利用できる充実度なので、発行して損することはありません。

JALマイルを貯めたい方はもちろん、出張族のかたや旅行好きで空港ラウンジや旅行保険も重視する方にもおすすめです。

JALゴールドカードを手に入れて、JALマイルをたくさん貯めてお得に旅行してみてはいかがでしょうか?

目次
閉じる