JAL CLUB-Aカード完全ガイド!中途半端なのでコスパ重視なら普通カード・特典重視ならゴールドカードがおすすめ

jal_club-a

JAL普通カードとゴールドカードの中間のカードであるJAL CLUB-A カード。

JAL CLUB-Aカードは、ひとことでいうと「JALマイルを貯めたくて毎年1~2回はJAL便を利用する人向けのカード」です。

JAL CLUB-A カードの基本スペック

JAL CLUB-A カード
基本スペック
年会費 基本 10,000円
割引なし
国際
ブランド
VISA/Master/JCB
マイル
還元率
基本 0.5%
上限1.0%
航空券
購入時
2.0%
ポイント
制度
有効期限 3年間
サービス名JALマイル
交換可能
マイル
JALマイル
電子
マネー
楽天Edy
iD×
QUICPay
PASMO提携カード:OP
Suica提携カード:Suica
WAON提携カード:TOKYU
ボーナス
マイル
カード継続 2,000マイル
対象便
搭乗時
+25%
空港
ラウンジ
国内 ×
海外×
旅行
保険
国内最大:5,000万円
海外最大:5,000万円
家族
カード
発行可能
枚数
記載なし
発行費用
/枚
無料
年会費
/枚
3,500円〜
利用金額別の年間お得度
50万円利用の場合-3,500円
100万円利用の場合+4,000円
200万円利用の場合+19,000円
300万円利用の場合+34,000円
500万円利用の場合+64,000円
編集部レビュー

おもにカード決済ではなくJAL便利用でマイルを貯めたい人向けのカードです!
JAL CLUB-Aカードは5種類ありますが、自分がよく利用する電子マネー機能がついたカードを選べばOKです。

おすすめポイント
・JAL便利用時にJALマイルが貯まりやすい
・マイル還元率1.0%を実現可能
いまいちポイント
・マイル還元率を上げるのに年間3,000円必要
入会特典 最大7,050マイルもらえます!

マイル還元率は0.5%

ショッピングにおけるマイル還元率は0.5%であり、カード決済でマイルを貯めるのには物たりません。

しかしJALカードには、年間3,000円のショッピングマイル・プレミアムというサービスに加入するとマイル還元率を2倍の1.0%にできます。

ショッピングマイルプレミアムでマイル還元率1.0%

ショッピングマイル・プレミアムは、マイル還元率をアップさせるオプションであり、JALカード保有者の80%以上が加入しています。

ふだんの支払いなどでJALマイルを貯める場合には、加入しないと損をしてしまうかもしれません。

JAL CLUB-Aは年会費に3,240円(税込)をプラスして還元率1.0%

実際にショッピングマイルプレミアムに加入した場合と、加入しなかった場合で比較してみて、損益分岐点を見つけてみます。

たとえば、1マイルの価値が3円だったとします。

  • ショッピングマイルプレミアムに加入:100円ごとに1マイル=3円
  • ショッピングマイルプレミアムに未加入:100円ごとに0.5マイル=1.5円

100円ごとに1.5円の差がうまれます。

ショッピングマイル・プレミアムは3,000円なので、おおよそ20万円ほどの利用が損益分岐です。

1年間で20万円(月々1.5万円)ほどカードを利用すれば、ショッピングマイルプレミアム代の3,000円は回収できます。

逆に20万円以上の利用すると、ショッピングマイル・プレミアムに未加入だと損していくことになるので、JALカードを発行したときには加入必須です。

JAL特約店の利用で還元率はさらにアップ

JAL CLUB-Aカードは特約店での利用でマイル還元率はアップするので、効率的にJALマイルを貯めることができます。

JALの特約店やJALマイレージモールには以下のようなお店があります(人気ショップを厳選)。

JXTGエネルギーイオン
有楽町JALプラザランズエンド
大丸松坂屋紀伊書店
ディノス
(オンラインショップ)
スターバックス
(オンライン入金)
ファミリーマート家電専門店ノジマ
トヨタレンタカーJAL航空券
マツモトキヨシJALショッピング
日比谷花壇JAL DUTYFREE ショップ
ロイヤルホスト花キュープット
ウェルシアタイムズレンタカー
いきなりステーキオリックスレンタカー

もしもふだんの買い物で利用している場合は、JALカードを使うことでポイントが2倍になるのでお得にショッピングなどができます。

ちなみにスターバックスは2019年3月から特約店入りしたのですが、ツイッターでも反響が大きかったので、利用している人が多そうです!

他にもグルメ・百貨店・ファッション・家電・パソコン・スポーツ・美容健康・生活用品・資格など、特約店はなんと50,000以上あります。

JAL便利用時にもらえるJALマイルは申し分なし

JAL便利用時にもらえるボーナスマイルは、JAL CLUB-Aカードの上位カードであるゴールドカードやプラチナカードと全く同じです。

実際にもらえるマイルは以下の3パターンです。

  • 入会後搭乗ボーナスマイル:
    5,000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナスマイル:
    2,000マイル
  • フライトボーナスマイル:
    +25%

JALの飛行機を利用するときには、JAL CLUB-Aカード以上のJALカードなら効率的にマイルを貯めることができます。

年会費は10,000円

JAL CLUB-Aカードの年会費は10,000円です。

それに加え、以下のような特典をつける場合には、その分だけ年会費はアップします。

  • ショッピングマイルプレミアム:
    3,000円
  • ツアーマイルプレミアム:
    2,000円

後ほど詳しく説明しますが、もしもショッピングマイルプレミアムに加入すると、JAL CLUB-Aカードの上位カードであるゴールドカードとの差額がたったの3,000円です。

たったの、というのは、ゴールドカードだと国内主要空港のラウンジが利用できたり、旅行保険に家族も含まれたり、ステータス性が上がるからです。

もしも「飛行機に乗ってマイルを貯めることしか考えていない!」というのであれば、ショッピングマイル・プレミアムに加入せずにJAL CLUB-Aカードを発行するのがおすすめです。

JAL CLUB-A カードの提携カードの種類と比較

JAL CLUB-Aカードには、提携カードが以下のように5種類あります。

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

国際ブランド Suica PASMO WAON
JCB JCB × ×
Visa/Mastercard Visa
Mater
× ×
Suica JCB × ×
OP JCB × × ×
TOKYU Visa
Matercard
×

提携カードでそれぞれ違う点があり、とくに着目すべきは「電子マネー」です。

SuicaだとSuicaに対応しており、JAL普通カードTOKYUだとPASMOとWAONに対応していたりと、使える電子マネーが提携カードによって異なります。

この電子マネーこそ、JALカードの還元率をアップさせる鍵となり、JALカードを選ぶ上でとても大切なので、ここだけでもしっかり読み込んでいただけたらと思います。

ライフスタイル(利用するお店など)によって、持つべき提携カードは変わってきます。

大まかには以下の3パターンに分けられます。

  1. Suicaをよく利用する
    →JALカード Suica
  2. PASMOをよく利用する
    →JALカードOP(小田急)
  3. WAON(イオン系列など)を利用する
    →JALカード TOKYU POINT ClubQ(東急)

※SuicaとOPはJCBブランド、TOKYUはVisa/Mastercardです

それぞれの提携カードの特徴を説明します。

①Suicaをよく利用するなら「JAL CLUB-A カードSuica」

JAL CLUB-A カードSuicaはSuicaへのオートチャージをはじめ、JR東日本での利用でJRE POINTが貯まります。

JRE POINTはJALマイルに交換可能です。

JALカードからSuicaにオートチャージする過程でもJALマイルが貯まる*ため、結果的にポイントの2重取りができることになりお得です。

JALカードからSuicaへのチャージで200円ごとに2JALマイル貯まり、Suicaの利用200円ごとに1JALマイル貯まるので、マイル還元率1.5%を実現できます。

デメリットとしてはSuica定期券として利用できないことです。

しかし、モバイルSuica定期券としては利用可能です。通常年会費1,000円がかかりますが、JALカードSuicaは無料です。

ふだんからSuciaを利用する方はJALカードSuicaが一番JALマイルが効率的に貯まるのでおすすめです!

②PASMOを利用するなら「JAL CLUB-A カード OP(小田急)」

JAL CLUB-A カード OP(小田急)は、小田急での買い物でお得にショッピングでき、PASMOへの自動チャージでポイントの二重どりができるカードです。

PASMOへのチャージについては、JALカードからPASMOへのチャージで200円ごとに2JALマイル貯まり、PASMOの利用で200円ごとに1JALマイル貯まるので、マイル還元率1.5%を実現できます。

小田急関連のお店をよく利用する場合もしくは、PASMOをよく利用する場合には、JALマイルを効率的に貯めることができるのでおすすめです。

③WAONを利用するなら「JAL CLUB-A カードTOKYU POINT ClubQ(東急)」

JAL CLUB-A カードTOKYU POINT ClubQはWAONのチャージとWAONの利用でポイントの二重どりができるためお得であり、またPASMOにもチャージできてポイントの二重どりが可能です。

PASMOへのチャージはJALカードOPよりも還元率が低いため、PASMOに特化したい場合にはOPがおすすめです。

しかし、どっちもどっちの場合にはTOKYUを選択しておくのがおすすめです。

2つの電子マネーに対応しているのはTOKYUだけなので、少しでもポイント還元率をアップさせたい陸マイラーに人気のある提携カードです。

JALカードからWAONへのチャージで200円ごとに2JALマイル貯まり、WAONの利用で200円ごとに1JALマイル貯まるので、JALマイル還元率1.5%を実現できます。

PASMOの場合は、JALカードからPASMOへのチャージで200円ごとに2JALマイル貯まり、Suicaの利用で400円ごとに1JALマイル貯まるので、マイル還元率1.25%を実現できます。

ふだんからWAONを使う方や、よく使うお店がイオン系列でWAON対応だった場合には、JALカードTOKYUが一番JALマイルが効率的に貯まるのでおすすめです。

JAL CLUB-Aカードのデメリットは?

JAL CLUB-Aカードにはデメリットもあります。

発行したあとで後悔しないように、デメリットも頭に入れておきましょう。

JAL CLUB-Aカードは空港ラウンジが利用できない

JALマイルを貯めるということは、少なからず飛行機を使って旅行をする機会があるはず。

そんな時に便利なのが「空港ラウンジ」ですよね。

JALカードで空港ラウンジが利用できるのはゴールドカード以上であり、JAL CLUB-Aカードでは利用できません。

JAL CLUB-Aカードはゴールドカードと年会費に大差がない

ふだんの支払いでもJALマイルを貯めようとする場合には、JALマイル還元率が2倍になるショッピングマイル・プレミアムに加入が必須です。

ショッピングマイル・プレミアムに加入するとJAL CLUB-Aカードの上位カードであるゴールドカードとの差額がたったの3,000円(月々でいうと300円ほどの差額)です。

たったの、というのは、ゴールドカードだと国内主要空港のラウンジが利用できたり、旅行保険に家族も含まれたり、ステータス性が上がるという理由があります。

JAL CLUB-A カードと他グレードカードの違いを比較!

JAL CLUB-A カードと他グレードカードの違いを比較!

飛行機に乗らないけどJALマイルを貯めたいなら「JAL普通カード」

JAL普通カード
基本スペック
年会費 基本 2,000円
割引なし
国際
ブランド
VISA/Master/JCB/AMEX/
マイル
還元率
基本 0.50%
上限1.0%
航空券
購入時
1.5%
ポイント
制度
有効期限 3年間
サービス名JALマイル
交換可能
マイル
JALマイル
電子
マネー
楽天Edy×
iD×
QUICPay
PASMO提携カード:OP/TOKYU
Suica提携カード:Suica
WAON提携カード:TOKYU
ボーナス
マイル
カード継続 1,000マイル
対象便
搭乗時
+10%
空港
ラウンジ
国内 ×
海外×
旅行
保険
国内最大:1,000万円
海外最大:1,000万円
家族
カード
発行可能
枚数
記載なし
発行費用
/枚
無料
年会費
/枚
1,000円
利用金額別の年間お得度
50万円利用の場合+9,500円
100万円利用の場合+24,500円
200万円利用の場合+54,500円
300万円利用の場合+84,500円
500万円利用の場合+144,500円
編集部レビュー

JAL便を利用する機会が年2回未満であり、できる限りお得にカード決済でJALマイルを貯めたい方におすすめなカードです!
JAL普通カードは6種類ありますが、自分がよく利用する電子マネーに対応したカードを選べばOKです。

おすすめポイント
・初年度無料
・マイル還元率1.0%を実現可能
いまいちポイント
・JAL便利用時でもあまりマイルが貯まらない
入会特典 最大1,850マイル相当もらえます!

JAL普通カードの解説記事はこちら

JAL CLUB-AカードとJAL普通カードのスペックや特典の大きな差は「JALグループ便利用時」に+αもらえるマイルが増えることです。

ショッピングにおけるマイル還元率はまったく同じなので、ふだんのショッピングなどで利用した時に貯まるマイル数は変わりません。

もしもJALグループ便を利用する機会がそれほどないなら、JAL普通カードでもOKです。

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

普通カード CLUB-Aカード
年会費 2,000円
※初年度無料
11,000円
JALマイル
還元率
通常0.5% 通常0.5%
入会後搭乗
ボーナスマイル
2,000マイル 5,000マイル
毎年初回搭乗
ボーナスマイル
1,000マイル 2,000マイル
フライト
ボーナスマイル
なし 25%プラス
旅行保険 最高1,000万円 最高5,000万円

もしも飛行機に乗らない場合だと、JAL普通カードもJAL CLUB-Aカードもスペックや特典などがほぼ一緒です。

年会費の差が8,000円ほどあるので、JAL普通カードを検討してみてもいいかもしれません。

JAL普通カードは初年度無料であり、次年度以降も年会費2,000円とお得に保有することができます。

初年度無料のJALカードでお試し

私は、あまり自費でJALの飛行機に乗る機会がないので、年会費を抑えてショッピングでコツコツをマイルを貯めることに特化して、普通カードを保有しています。

\実際に発行したJAL普通カード!/JALカードでJALマイルを貯める

JAL便に乗ることがあまりなく、ふだんのショッピングなどの支払いでJALマイルを貯めたい場合には、コスパ抜群のJAL普通カードがおすすめです。

>>JAL普通カードの公式サイトはこちら

空港ラウンジや旅行保険重視なら「JAL CLUB-A ゴールドカード」

JAL CLUB-A ゴールドカード
基本スペック
年会費 基本 16,000円〜
割引-
国際
ブランド
VISA/Master/JCB/AMEX/Diners
マイル
還元率
基本 1.0%
上限1.0%
航空券
購入時
3.0%
ポイント
制度
有効期限 3年間
サービス名JALマイル
交換可能
マイル
JALマイル
電子
マネー
楽天Edy
iD×
QUICPay
PASMO提携カード:OP/TOKYU
Suica提携カード:Suica
WAON提携カード:TOKYU
ボーナス
マイル
カード継続 2,000マイル
対象便
搭乗時
+25%
空港
ラウンジ
国内
海外ホノルルのみ
旅行
保険
国内最大:5,000万円
海外最大:5,000万円
家族
カード
発行可能
枚数
記載なし
発行費用
/枚
無料
年会費
/枚
8,000円〜
利用金額別の年間お得度
50万円利用の場合-2,600円
100万円利用の場合+12,400円
200万円利用の場合+42,400円
300万円利用の場合+72,400円
500万円利用の場合+132,400円
編集部レビュー

カード決済でもJAL便利用時でもマイルが貯まりやすく、付帯特典も付いてバランスがいいカードです!
JALゴールドカードは8種類ありますが、自分がよく利用する電子マネー機能がついたカードを選べばOKです。

おすすめポイント
・マイル還元率1.0%
・JAL便利用時にもマイルが貯まりやすい
・国内主要空港ラウンジ特典
いまいちポイント
・年会費が少し高い
入会特典 最大8,050マイルもらえます!

JAL CLUB-A ゴールドの解説記事はこちら

年会費の差が6,000円あるように思えますが、もしもJAL CLUB-Aカードでショッピングマイル・プレミアム(年会費を1.0%にするオプション)に加入すると、年会費の差額はたったの3,000円。

差額がたったの3,000円違うだけですが、ゴールドカードだと空港のカードラウンジが利用できる特典もあり、旅行保険も充実してたりと、ワンランク上の特典があります。

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

ゴールドカード CLUB-Aカード
年会費 17,600円〜 11,000円
JALマイル
還元率
通常1.0% 通常0.5%
入会後搭乗
ボーナスマイル
5,000マイル 5,000マイル
毎年初回搭乗
ボーナスマイル
2,000マイル 2,000マイル
フライト
ボーナスマイル
25%プラス 25%プラス
旅行保険 最高1億円 最高5,000万円
空港ラウンジ 国内主要空港
ハワイ・仁川など
なし

※ゴールドカードの年会費と空港ラウンジは提携カードによって少し異なります。

旅行保険だけ、より詳細を整理しておきます。

▼付帯保険の比較表

ゴールドカード CLUB-Aカード
海外旅行保険
(傷害死亡・傷害後遺障害
最高1億円 最高5,000万円
国内旅行傷害保険
(傷害死亡・傷害後遺障害)
最高5,000万円 最高5,000万円
傷害・疾病治療費用
(海外旅行時の限度額)
最高300万円 150万円
賠償責任
(海外旅行時の限度額)
1旅行限度額:
50万円
年間限度額:
100万円
1旅行限度額:
50万円
年間限度額:
100万円
救援車費用
(海外旅行時の年間限度額)
最高400万円 100万円
日本語による救急サービス
(海外旅行時)
無料 無料
JALカードゴルファー保険 自動付帯
(最高1億円)
なし

※ゴールドカードは提携カードによって補償金額が異なります。

飛行機に乗ってマイルを貯めることしか考えていない!」というのであれば、ショッピングマイル・プレミアムに加入せずにJAL CLUB-Aカードを選択するとお得に済みますし、問題なくJALマイルは貯まっていきます。

しかしふだんの支払いでもJALマイルを貯めたい場合には、JAL CLUB-Aゴールドカードを選択するのがおすすめです。

>>JALゴールドカードの公式サイトはこちら

ステータスを重視してコンシェルジュも利用したいなら「JALプラチナ」

JALプラチナカード
基本スペック
年会費 基本 31,000円
割引なし
国際
ブランド
JCB/AMEX
マイル
還元率
基本 1.0%
上限1.0%
航空券
購入時
4.0%
ポイント
制度
有効期限 -
サービス名JALマイル
交換可能
マイル
JALマイル
電子
マネー
楽天Edy
iD×
QUICPay
PASMO×
Suica×
WAONJCBのみ
ボーナス
マイル
カード継続 2,000マイル
対象便
搭乗時
+25%
空港
ラウンジ
国内
海外
旅行
保険
国内最大:1億円
海外最大:1億円
家族
カード
発行可能
枚数
記載なし
発行費用
/枚
無料
年会費
/枚
15,500円
利用金額別の年間お得度
50万円利用の場合-19,100円
100万円利用の場合-4,100円
200万円利用の場合+25,900円
300万円利用の場合+55,900円
500万円利用の場合+115,900円
編集部レビュー

様々な場面でJALマイルが効率的に貯められるJALカードの最高峰。
とにかくJALマイルを貯めたいならこのカードで決まり!国際ブランドは基本的にはJCBがおすすめです。
JCBならWAONと紐づけることができて支払いの幅が広がり、さらに旅行保険がAMEXよりも充実しているからです。

おすすめポイント
・マイル還元率1.0%
・JAL便購入時には4.0%
・JAL便利用時にもマイルが貯まりやすい
・世界中の空港ラウンジ特典
・コンシェルジュサービス
いまいちポイント
・JCBとAMEXなので海外で使えない場面もあり
入会特典 最大10,500マイルもらえます!

JALプラチナカードの解説記事はこちら

JAL CLUB-Aカードとは年会費が21,000円以上もあるので、もしかすると候補にはまったく入っていなかったかもしれませんが、一応紹介しておきます。

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます

プラチナカード CLUB-Aカード
年会費 31,000円 11,000円
JALマイル
還元率
通常1.0% 通常0.5%
入会後搭乗
ボーナスマイル
5,000マイル 5,000マイル
毎年初回搭乗
ボーナスマイル
2,000マイル 2,000マイル
フライト
ボーナスマイル
25%プラス 25%プラス
アドオンマイル 100円ごとに
2マイル
なし
旅行保険 最高1億万円 最高5,000万円
空港ラウンジ 世界1,200箇所 なし
コンシェルジュ あり なし

プラチナカードとJAL CLUB-Aカードでは、年会費の差額が21,000円以上もありながらショッピングや飛行機搭乗では貯まるマイルの差はさほどありません。

では「プラチナカードの価値って何?」と思いますよね。

プラチナカードの魅力は、専任のスタッフが24時間365日会員の方のご相談やご要望を承るコンシェルジュサービスがあることでしょう。

他にも世界1,200箇所の空港ラウンジが利用できるプライオリティパス(通常年間$429)が無料付帯するのを魅力に感じるかもしれません。

年会費は31,000円とCLUB-Aカードよりも21,000円以上高いですが、至高の一枚です。

プラチナカードですがインビテーションなしで申込可能なので、もしも興味ある場合にはプラチナを選んでもいいかもしれません。

申込基準は「日本に生活基盤のある、20歳以上でご本人に安定した収入のある方(学生を除く)」なので、申込ハードルはそれほど高くないと言えます。

>>JALプラチナカードの公式サイトはこちら

今ならCLUB-A カードの入会で最大7,050JALマイルがもらえる!

現在のJALカードの入会キャンペーンは以下の通りです。

表を左右にスクロールできます

合計 カード
入会ボーナス
ショッピングマイル
プレミアム
入会ボーナス
JALカードアプリを
ダウンロード
カード利用
ボーナス*
入会搭乗
ボーナス
普通カード 1,850マイル 300 500 50 Amazonギフト券
3,240円分(抽選)
1,000
CLUB-A 7,050マイル 1,500 500 50 Amazonギフト券
3,240円分(抽選)
5,000
CLUB-Aゴールド 8,050マイル 2,500 500 50 Amazonギフト券
3,240円分(抽選)
5,000
プラチナ 10,550マイル 5,000 500 50 Amazonギフト券
3,240円分(抽選)
5,000

※JALカードショッピングマイル・プレミアムに同時入会+合計3万円以上のカード利用で10分の1の確率でAmazonギフト券プレゼント

入会後にJAL便を利用したときにもらえるJALマイルが多いのですが、それを除いても850〜5,500マイルをもらえるので、入会キャンペーンを利用しない手はありませんね。

上記のキャンペーンはWeb限定なので、空港などで営業マン経由で申し込むのではなく、Web(ネット)から申し込む必要がある点だけご注意ください。

>>JAL CLUB-Aカードの公式サイトはこちら

まとめ:JAL CLUB-Aカードを発行して賢くJALマイルを貯めよう!

以上、CLUB-Aカードの紹介と他のグレードのJALカードとの比較でした。

JAL CLUB-Aカードは、正直なところ中途半端なカードなので、普通カードかゴールドカードを選ぶのをおすすめします。

普通カードなら年会費が8,000円安い2,000円で保有でき、JALマイルが貯まる条件がそれほど変わりません。

ゴールドカードなら年会費が3,000円上がるものの、空港ラウンジ特典や旅行保険が充実したり、ステイタス性があるので魅力的です。

タクマ
JAL CLUB-Aカードは「飛行機でJALマイルを貯めたい人向けカード」という感じです。

ふだんの生活でJALマイルを貯めたいなら、普通カードやゴールドカードを検討してみてください。

また、自費で年間50万円以上のJALグループ便のチケットを購入するなら、獲得できるマイル数を加味するとプラチナカードが一番お得です。

他のJALカードを検討したい場合には、以下の記事を参考にしてみてください。

おすすめのJALカード決定版!20種類から現役の陸マイラーが厳選&比較して紹介

タクマ
以上で、記事はおしまいです。
自分に合ったマイル向けクレカを見つけたい!という方は、以下のカード検索機能をご活用ください。
ぴったりのクレカを探す!
貯めたいマイル
月々の決済額
年間の航空券代※ANAもしくはJAL
電子マネー

-JALカード, クレジットカード, マイルの貯め方
-

© 2021 マイルの聖書